龍の不屈、Dr.の闘魂

龍の不屈、Dr.の闘魂
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×23
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
50
評価数
12件
平均
4.3 / 5
神率
58.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
講談社
シリーズ
X文庫ホワイトハート(小説・講談社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784062867306

あらすじ

「僕の男に何をするんですか」
 明和病院に勤める美貌の内科医・氷川諒一には年下の恋人がいる。指定暴力団眞鍋組の若き二代目組長であり、金看板の橘高清和だ。清和がヤクザであることに憂いを感じながら暮らしていた氷川だったが、突然、清和が組長の座を追われることになり!? 氷川は清和を引き取り、ヤクザとは
縁を切ると宣言し……。

(出版社より)

表題作龍の不屈、Dr.の闘魂

眞鍋の龍と言われる二代目組長 橘高清和
病院の内科医で清和の恋人 氷川諒一

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

まさかの京子?!

久々のシリアスもの?! 
発売前からのあらすじで、かなりワクワクしながら読んでました。
今回の敵は誰なの?!と。

まさか今頃になって京子が出しゃばってくるとは考えてもみなかった!!
いまだに、清和くんや氷川に恨みがあるのでしょうか…(あるでしょう…)

今回は本当に3代目や京子、名取グループに対して腹の立つ内容。
まさかショウまでもが寝返り?!(全ては人質問題のため)

ですが清和くん達だって黙って指くわえてるだけじゃないでしょうよ!!
次巻の反撃が凄く楽しみなんですが!!
本当にそろそろ名取グループのアホ息子を何とかして欲しい!!

相変わらずの姐さんといい、千鳥達といい、シリアスな中にも笑い有りで楽しめましたvv

1

清和くん堅気になるの巻?

前回はお花畑親子が登場して和ませてくれたりハラハラさせてくれたりと、
目が離せない展開で楽しませてくれましたが、今回はスリリング感が大きくなってます。
2代目組長として生きる事を余儀なくなれた清和くんですが、今回は理不尽にも
その2代目を剥奪される緊急事態になりました。
新たに3代目を襲名したのが曰く付きの加藤のバカ息子、父親が死んだ事で清和くんに
理不尽な恨みを抱くやからが、清和の元女である京子の後押しで三代目になる。
初代の組長が植物状態から目覚め、清和くんでは無く、加藤を組長に任命したと・・・
なにやら裏があり過ぎる感じでかなりきな臭いのです。

そして、危うく腕を切り落とされるような事態が清和くんを襲いますが、
そこで頑張るのがもちろん姐さんである氷川先生ですよね。
日本刀を付きつけられても毅然とした態度で、加藤を口で黙らせ、清和くんを堅気にして
自分が面倒をみると啖呵を吐きながら眞鍋本家から脱出。
しかし、加藤の手先があらゆるところで待ち伏せしていて、毎回ピンチです。
氷川先生は、清和くんを始め、残った側近連中もみんなで堅気になってやり直そう!
続きなんて頑張るけれど、そんな夢のような事が起こる訳も無く、身近な人間の裏切りや
身近な人間の死で、怒りを抑えておくことも限界になってくる。

今回の3代目襲名の裏にうごめく陰謀の一端が知れてくると、加藤のバックに京子の
思惑と、名取グループのバカ息子が手を組んでいる事が解ってくる。
一旦引いていた清和くん達ですが、背景が見え始めてくると、このままにしておくことが
出来ない事態になり、皆で堅気と言う氷川先生の夢も儚く終わる予感です。
気になる展開で終わったけれど、いよいよ次回は清和くんたちが動き出す予感です。
人質の救出や、本当の裏切り者はいるのか?次回の展開が待ち遠しい内容です。
先生曰く、ばばシャツ必須の頃発売予定と言っていたので(笑)楽しみにしたいですね。

2

あっ!っと驚く展開へ

龍Dr.シリーズもすでに20冊近く展開してきましたが、展開に緩急があるんだな~と再確認。
ここ最近、深刻ではあるけれどちょっと諸国漫遊風味が取り入れられたりして、軽さが目立っていましたが、今まで出ていた話はそれぞれの布石になる。
今回の話ではそれが、実にタイトルの如く驚愕の展開を見せて、もうハラハラしっぱなし!
久々に行き詰まる緊張感を感じながらページをめくる手が止まりませんでした!!

卓の叔父の詐欺事件に端を発し、前回登場した千鳥&千晶の天然親子は今回、緊迫するストーリーに癒しとなごみを与えてくれました♪
今回は、なんと!清和くんがヤクザを辞める!?
いえ、正確には追い出され逃げたということになるのでしょうか。
意識がなくずっと入院していたという清和の実父の1代目の意識が戻り、その間に清和が組長を継いだことに驚いた1代目が新しく3代目に指名した加藤という男。
彼の姐には、元清和の恋人だった京子が座り、彼女がどうも裏で糸をひいているようなのです!
自分を袖にした清和への、清和を奪った氷川への恨み、それに親の因縁もあるようで、まさかよもやの、今回の仕掛け人に驚くばか続きり。
氷川はその場へ連れてきたのは、舎弟の阿部。
氷川の堂に入った対応で、清和とリキを氷川が引き取りカタギにすると連れて行きますが、彼等に恨みを抱くメンツで加藤が舎弟を構成したために、彼等は包囲されます。
そして、信頼のおけるいつもの面々の清和の舎弟たちも加藤の標的にされたり、ねがえったとの情報が!
清和と氷川は残った者たちで、小田原に一旦逃げるのですが、なんとショウも寝返ったと!
小田原まで、追っ手が迫り、果たして・・・!?

今回のシリアス展開の中、氷川の姐さんが実に男前でした!
日向さんの「極」シリーズの姐さんたちと戦わせても勝つんじゃないか?ってくらい(爆笑!)なかなかよかったです。
相変わらず天然は全開してますがw

導入部分はいつもの楽しい始まりなんですが、小田原の天然親子の父親のほう千鳥が卓と結婚する!とか、愉快な導入部分にまさか、こんな後半シリアスが待っているとは本当に想像もつきません。
そして、京子という女ですが、過去にも氷川を恨んでヒットマンを飛ばしたりしましたが、こんな策に出るとは。
そして名取グループと手を結び、せっかくクリーンな稼ぎで持ち直した眞鍋組を、再び薬や暴力で・・・なんて!
しかしながら、謎はいっぱいあるのです。
最初、ひょっとしていつもの不穏分子の一層作戦で佑が大掛かりな何かを。。。と思ったのですが。
だって、諜報のサメもロシアに行っていたりして全然今回は役に立ってなかったり、前作登場した情報やの木蓮とかも、それに桐島も。
なにより、清和の育ての親である橘高と典子さんが全く登場しないです。
1代目の回復というのもどうやら裏があるようで、それを黙認する1代目の姐の心は?
ひょっとして、最大の危機なのでしょうか?
こういう時にシャチとかエビとか出てきて、皆総出で巻き返すとか、ひょっとしてオールスターキャストになるのか?とか
いろいろ想像してしまって、非常にドキドキワクワクする展開でした!
久々にターボかかった、って感じで再び目がはなせません。
次作、超期待です!!

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ