• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作ホワイトライアー

陣ノ内大河,若手人気俳優,22歳
白石慧,美容師,28歳

その他の収録作品

  • Redcarpet(描き下ろし)

あらすじ

28歳、美容師として働く慧は、過去の恋愛のせいで人間不信ぎみ。
長らく本気の恋から遠ざかり”遊び相手<オトモダチ>”とその場の熱を分け合ってきた。

ある日、仕事で超人気俳優・大河を担当することに。
不愛想に見えた大河だったが、カットが終わると人懐っこく豹変して――?

「慧の匂い、落ち着く」
急に近づく距離感、熱っぽく呼ばれた名前。
流されるまま関係を持ってしまう。

これまでの”オトモダチ”とは違う大事そうに見つめる視線も触り方も、芝居だったとしたらタチが悪い。

そう思うのに、知ってしまった体温は簡単に手放せるものではなくて……

作品情報

作品名
ホワイトライアー
著者
芹澤知 
媒体
漫画(コミック)
出版社
オーバーラップ
レーベル
リキューレコミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784824006028
4.4

(475)

(309)

萌々

(106)

(39)

中立

(12)

趣味じゃない

(9)

レビュー数
44
得点
2098
評価数
475
平均
4.4 / 5
神率
65.1%

レビュー投稿数44

No Title

冒頭の大河は掴みどころがない感じだけど中盤ある事が明らかになるとまた印象が変わっていくんだよね。憑依型の俳優で、役に入っていくとき抜ける時の表情の変化がかっこいいんだよな…!慧の前で見せる表情はまた別でね☺️ 100%人を信じ切れない慧は恋だけでなくて仕事でも大きな挫折を経験しているわけで、大人になるって痛みからの回避を覚えることだったりもするよな…とか感じながら読みましたな…。大河の寝顔見てちょっと泣けちゃうとこ私までギュンしたわ 大河にとって慧は「スイッチ」なのに気持ちがすれ違う2人切なかった!

0

2周目からの大河がもっと好きになる

どんな役でも憑依した様に演じられるカメレオン俳優の大河と、たまたま大河のカットを担当になった慧のお話。
初めて髪をカットしてもらったあと、すぐに食事から、体の関係まで発展してしまう二人。食事の際に慧はゲイではあるけど、恋愛には良い思い出がなく、恋愛する気は無いと話します。一方大河も売れっ子俳優という立場上、体だけのセフレの様な状態が続きます。
当て馬という立場では無いけど、ここで大河に片思いする女優リリアが出てきます。彼女の大河への思いを知り、慧は体だけでなく大河を自も好きになっていくのを自覚します。
しかし、ここで、憑依したように役にのめり込む大河は、慧と一緒の時も役が抜けずに別人の様な感じがするのを、慧はやはり自分は一時の遊び相手なんだと、勘違いしてしまいます。恋に臆病になっている慧と、俳優という立場からあまり人間関係で波風立てない様に振舞っていた大河。
しかし、告白してきたリリアに他に好きな人がいるけど、これからも友達で居られたら…って言う大河に、リリアはそんな言い方酷いと怒ります。そして、自分も慧に対して、そういう煮え切らない態度をとっていた事を反省します。
リリアちゃんが居なかったらこの2人くっつかなかったんじゃないかな?って思います。それくらいリリアちゃんの役割が重要でした。リリアちゃん見た目可愛いけど、ちゃんと人の気持ちを理解出来るとても素敵な子でした。
慧に告白したのに、「ウソをつくのが仕事だろ」と言われてしまった大河だけど、自分の全身全霊の演技を慧に見せる事で、本当の自分を慧に感じさせ、そんな大河を見て慧から告白してしまうラストは、ドラマの様に美しい景色でした。
最後まで読んでみると、最初から大河は慧をずっと好きで探していて、たまたま見つけた時の光を取り戻す目の感じや、慧が「恋愛は勘弁、遊び相手なら良いよ」って言われてその言葉道理に大河は演技して慧の相手に徹してしまうところとか、そして、役にのめり込んでしまうとそこから抜けられないのを慧の匂いで落ち着いて自分を取り戻す所とか、もう最初から大河は慧の事大好きなんだ!って気づきが読んでいてキュンとなります。
美容師の先輩の笠松さんに、慧が、「大河ね…時々笑うとアンタそっくりだから」っていわれるところは、慧の笑顔を見て恋した大河の純粋さを感じて、このセリフ最高だな!って感じていました。
読み返す度にさらに好きなところが増えていって、とてもお気に入りの作品です。

0

体から始まる恋

あらすじが面白そうで、試し読みしたら絵も好みだったので読んでみました。

始めての作家さんでしたが絵がとてもきれいで好きです。

驚くような展開や後からあっと気づく伏線とかもありませんが、ゆったりのんびりしたいときに読みたいです。
ストレスなく楽しく読めるお話でした。

心理描写が的確で、感情の動きとか心の動きがいい感じであらわされていてので共感できました。

お仕事BLとしてもきっちり描かれているところがよかったです。

0

良い意味で難しすぎなくて読みやすい

作者さんが最後まで読んだらもう一度読み返して欲しいと書いていたので2周してみた。特に序盤の方は大河が印象的に感じたであろうシーンが同じカットで再現されていたり、大河の表情にも1周目とは違う意味が読み取れたので、2度読むのは確かに正解だと思った。ついでにタイトル回収も綺麗だったし、絵も綺麗。
ただ若干最初の方からヒントはあるので、読みながら展開が推測できる頭の良い人は1回目と変わらないのかも。私はなんの疑問も持たずに読み進めてたので2周目も退屈しなかった。

過去の話端折りすぎって指摘も多いけど、1巻完結で読める作品として描いてるならこれでいいと思う。過去の恋愛も深堀りした上で2人の恋愛も…って感じのお話はどっちも中途半端になってる事多いし。
あと個人的には文字数が多すぎず、吹き出しの配置も読みやすいようになってたのが良かった。

濡れ場は多くないからエロ目的の人には不向き。
女の子とお泊まりまでする?あまりにも鈍感すぎない?」とか「恋愛には懲り懲りって言ってる割にはチョロすぎない?」とか、言われてみれば確かにそうかもと感じる部分もあったけど、読みやすくて綺麗なハピエン作品で良かったと思う。

0

ピュア!

とにかくめちゃめちゃピュア。
話の内容もだけど、作者様の絵のタッチがとても好きでした。
ぜひ続きが読んでみたいです。

0

内容スカスカ

絵が綺麗なだけで中身はないし色気は無いしエロさも足りん。
途中で面白くなさすぎて読むのやめました。
セックス表現するのに汁気ないのがまず気持ち悪い。
本当にお互い好きで求め合ってるの?って思う熱量の無さ。

3

絵がきれい

芹澤先生作品初読みです。
絵がすごくきれいですね。
最初の先生のお言葉「最後まで読んだら、また最初から読んで頂けると嬉しいです。きっと味が変わると思います」とあり楽しみに読みました。
が、読後そうでもないような…と思ってしまいました。私の感受性不足ですみません。
最初から大河が彗を知っている描写があり、彗は大河のことを忘れている。
それがわかったので大河の心理を想像しながら読めました。
大河が少年時に彗にやさしく接してもらったことがうれしく原体験になってずっと探し思い続けてきた。
よくあるパターンだし、それ以外の裏切りや謎解きはなくすんなり読めましたので。
他の要素があれば、あの時どうだったのかなと読み返して発見があるとは思いますが。

全体的にセリフで説明されていて、わかりやすかったです。
終始客観的に読んでいました。

大河の演技がウソと呼ぶにはあまりに純粋だというタイトル回収はよかったと思います。

3

美しい裸体

芹澤先生の絵は美しいです。とくに裸体!!芸術作品並みなんじゃないかと。惚れ惚れします!多感な時期に受ける影響って大事だよなと思いました。一途に思い続けるの本当に尊い。素敵です。

1

No Title

絵はすごく綺麗です。
なので、正直ありがちなストーリーだと思いますが、絵だけでも見る価値はあります。
ただ、やはりストーリーに関してはちょっと期待外れというか…評価が高かっただけに期待も大きくなっていたので、読んでみてちょっとだけ拍子抜けでした。
受・慧の心境の変化というか、攻・大河に惹かれる過程をもっと丁寧に描いてほしかったかな。
そもそも慧がこれまでダメ男ばかり好きになって傷ついてきて、もう恋愛はこりごりだと思うくらいなのに、なぜこれだけ美形で愛情をくれる大河に対して「好みじゃない」と何度も思うのか。
好みじゃなくても体の相性良ければいいんかいって感じですし、序盤。

うーん…この作家さんの作品を読むの初めてだったんですが、あまりにも画力があり過ぎて、その分ストーリーへの期待度のハードルも上がるかもなと思いました。
これだけ綺麗な絵を描くなら、ストーリーもすごいに違いない!みたいな。

5

意外とあっさり

人気俳優の大河が美容師の慧に髪を切ってもらうところから始まります。

最初に大河と慧が初対面ではないことを匂わせているので、二人の出会いを楽しみに読み進めました。
しかし、大河の初撮影時のヘアメイクを慧が担当しただけだったので、それだけで?と拍子抜けしてしまい、意外とあっさり読み終わりました。

大河が本気で探そうと思えば笠松さん繋がりでもっと早く慧を探し出せた気がしますし、慧が先に大河から離れたのに大河が離れようとしたら引き止めるので慧の身勝手な振る舞いが気になりました。

シーモアは違和感があるほど太くて長い白抜き修正だったので残念ながら萌えられなかったです。

4

美しさ

芹澤先生の作品のレビューを書くとき、いつも結局絵の美しさについてばかりになってる気がする。この作品も、本当に絵は美しいのだけれど、評価が高いからこそ(ポジティブな感想は他の方のレビューをご覧いただいて)書くと、自分にとっては正直毒にも薬にもならない。むしろ既刊の『グレープフルーツムーン』や『雪の妖精』の徹底的な美しさから、今作はそこそこ遊んでる俗っぽさのある主役になったことで、美しさが損なわれ、それを補うだけの何かを読み取ることは自分はできなかったなぁ。

最初に目に入る著者近影で「最後まで読んだら、また冒頭から読んで」と書いてしまうのも私にとってはマイナスだった。そういう構造の作品なんだなという目線で読むことになる…つまりネタバレなんですよね。後書きに書いていただいた方が良心的。

4

二度読み必須!です

主人公・慧と、「オトモダチ」の大河が出会ったことで生まれる慧の変化がすごく良かったです。あと……芹澤先生のお話は、ベッドシーンの会話が直球に甘くて、それはそれで良きなのですが、今作は駆け引きをはらんだやりとりが多く読んでいて楽しかったです。また、コミックスの折り返しに、「最後まで読んだら、また冒頭から読んでいただけると嬉しいです。」と芹澤先生からのメッセージがあります。ぜひぜひ二回読んでいただきたいです!一度目は、ストーリー通り、主人公・慧の視点で。二度目は、慧のオトモダチ・大河の視点で。きっと、クライマックスの感動が一層鮮やかになります!

1

美しい物語

美容師として働く慧は、過去の恋愛のせいで人間不信ぎみ。セフレ(オトモダチ)とその場の関係を楽しんでいます。
ある日、仕事で超人気俳優・大河を担当することになり、カットの後に食事に行ってそのまま関係を持つことに…

身体から始まる2人ですが、実は…があります。
なんとも美しいお話だったなー!
まず絵が本当にキレイ。全体的にすごくキレイでエッチシーンもエロいというよりキレイです。
先生の絵がとにかく美しいです。

作者様が言うように1度読んでから2周目を読むと印象が変わります。
なるほど、だからこの感じが〜と2度美味しい!
1度目のあれ?の答え合わせにもなります。

ものすごい試練やら事件は起きないのですが、大河がずっと前から慧を思っていた気持はピュアでたまらないな〜と思いました。
なかなか大河を信じられない慧ですが、恋に踏み出す勇気が持てたのもよかった!

実はずっと好きでした…は定番ではありますが、やっぱり良いものです。

2

今年、芹澤先生の作品で何度身悶えただろうか…

年下カメレオ俳優×恋を諦めたフリーの美容師のお話。

ずっと単話で追っていて、何度も何度も繰り返し読んではいたけれど、改めて紙本で読み返してもやはり面白い(にんまり)
で、書き下ろしがえっちいのと、大河の耳につけていた指輪がエモかった……

最後の最後までずるい作品だわ(褒め言葉!)

メイトの小冊子は「First Night」ということで、知りたかったあの夜の大河の心境に、ずーーっっと大河は慧のことが好きだったんだね、よかったね(感動の涙を光らせながら)って、最後まで読んだ今だからこそ思えた、感慨深い小冊子でした。

単話のお表紙が開いてすぐの中扉にあるのもよかったです!!エモし。

続きを読みたい気もするけれど、個人的にはこの作品はここで終わるのも、ある意味綺麗なのかなとも思ったりする。
リリアちゃんもカレシができて本当によかったね!


芹澤先生、素敵な作品をありがとうございました(最敬礼)。





2

最強にリピート

とても面白くて何冊もある家の中のBLでもかなり上位で好きな作品です。どちらもゲイの男の子でとにかく絵が綺麗でセクロスの場面がとても色っぽくて好きです。攻めの誘い方がとにかく良いです。ストーリーからくっつくところまで完璧でした。攻めが純愛で切ない。受けも男運が悪かったけど最高の男が待ってましたねって感じです。全員におすすめします。

4

誘い文句がストレートなワケ

慧の前だと16歳の自分に戻っちゃうと大河が言って、ああなるほどと思いました。
慧に対してずっと可愛くて、誘い文句がストレート、子供っぽくもある理由は本当の自分を慧の前では自然に出せるからなのかと。
やけに可愛いんですよねえっちの誘い方が笑
年下攻めというのもあるんでしょうが、それにしても可愛らしい。マネージャーに対しては狙ってやってると言ってるところから、それが余計に際立ちました。

対して慧は大河をずっと信じ切ることができずに二の足を踏む。まぁ超人気俳優が急に昔自分と会ったことがあって、それからずっと好きだと告げてきたのですから、嘘だと思ってしまう慧の反応はごく普通の反応だと思いました。過去のこともあるし。年齢的にもまた騙されたら今度こそ立ち直れないと怯えてしまいますよね。

大河が慧のことをはじめから、というか前から好きなのかなというのはなんとなく察することができたので全体を通して安心して読むことができました。
そしてエロがエロくて素晴らしい…画力がものすごいので温度感まで伝わってくるようでした。
大河はこの後海外に行くのかな?慧はもしかしたらヘアメイクアシスタントでついていくのかもしれないですね。
いつまでも慧が大河の縁になって、大河の愛を慧はたくさん感じて、幸せでいてほしい二人でした。

4

布教する程よい

絵のタッチがとにかく好みで読んでみました。
心理描写がリアルで丁寧でストーリーがとても奥深く感じられて...
ドラマ見てるかと思うほど。
布教したら周りもハマって芹澤先生の過去作も買い漁ってしまうほどフィーバー起きてます^^

2

光のBL

ちるちるのスト重BLで紹介されていたので軽い気持ちで購入、読んだらとんでもなく名作でした。一途な愛最高です!
光のBLってこういう作品のことを言うんでしょうね。大河のまっすぐな想いが溢れていて感動しました。クライマックスの魅せ方が凄くて、何回読んでも涙が出ます。読んだ後の多幸感も凄いです。スト重BL好きな方是非ご覧になってください。

3

どんなホワイトライアーかと思っていたら

途中まで、単話で追っていました。

思ってもいないとこから関係が始まって
気軽な大人のやりとり、それから
そのつもりがなかったのに
肌を合わせて感じる心地良さ
重なっている身体がとても美しくて
そしてドキドキヒリヒリして

これからどうなっちゃうのかな、と
思っていたんですけど

蓋をあけたら、あぁこのパターン。
とか思ってしまいました。

個人的な好みになってしまいますけど、
もう象徴的な出会いとかきっかけじゃなくても
自然と恋に落ちる話の方が沁みるんだよね…

でも、2人の柔らかい表情とか
とても素敵で惹かれずにはいられず。
これからも先生の作品を楽しみにしてます。

6

なんて美しくて純粋な愛なんだ

ちるちるランキング上位で気になってた作品。めっちゃ高評価だし、気になるー…と思ってたら、な…なんとぉ!「秘め婿」の作者さんだったんですね!!
それなら、と速攻で購入しましたが…

めちゃくちゃ(×100)良かったぁぁ〜!!
ウルトラ最高でした。

えー…っと。発売日が9月15日ですか。
発刊から1ヶ月ほどで気付くとは、私のチェックもまだまだですね。ランキングに感謝至極です^ ^


ストーリーが超きれい。なんなのこの純粋で汚れのない蒸留水のような一途な恋と愛情は。
"セフレ"や"遊び"という単語が飛び出すもんだから邪な目でみていたけど、とんでもねぇ素敵な世界に包まれていました。2人の関係に秘められた真実への展開と回収が切ないけど、それも含めこれがまた良い!!

偶然かと思えた2人の出会いが、何年もの時間を経て巡り合ったものだと知ったとき、胸が熱くなり震えました。
「笑い方を教えてもらった」価値の重さにシビれるのなんのって…。1人の少年を俳優の道へと導かせ、人生を変え、そして人を深く愛する気持ちを抱かせるなんてすごい出会いだと思いません?
慧にとってはいつもの仕事の1つだったかも知れないけど、大河にとっては忘れられない出会いになったことが、なんて一途で清らかな恋なんだろうと昂る気持ちが止まりませんでした。


もちろんストーリーだけじゃないですよ!絵も繊細できれいで、ストーリーの美しさを十分に引き立てています。ベッドシーンも美しい…
2人を取り巻く空気がキラキラと輝いていて、誰も入り込めない神聖領域って感じ。ずっとこの時が続けば良いのにと見惚れてしまいました(//∇//)


2人の関係がセフレという方向から始まったことで、うまく噛み合わず、すれ違いを生むこともありましたが、この切なくて苦しい展開ですら、この作品をクライマックスへの高みへと押し上げるのに必要なシーンなんですよね。
その時は気付かないけど、終わってみればあの時の苦しさは現在の幸せに繋がる足掛かりなんだなって思えるし、感動も何倍にも膨れ上がったように思いました!

んもーーーーめっちゃ良かったぁぁぁ〜
大河がカッコいい〜

ランキング上位と神評価の多さの理由は納得です。この素晴らしき世界をスルーしようとしていた自分をぶん殴りたいっっ。
色んな美しさが際立つ胸打つ作品でした。

個々人の好みもあると思いますが、私のように購入を迷っている方がいたら、まずは読んでみてって背中を押してあげたいです。

3

なんか全てがすごくキレイな作品

人気俳優と、その髪を切ることになった美容師さんとのお話。

いろんなところに思わせぶりな伏線的表現が描かれていて、先がすごく気になる感じで読み進めていきました。

たまたま髪を切ることになったのではなくて、ずっと探してた。ずっと好きだった。
そして、先輩俳優さんの言葉を見ると、大河は最後どうなっちゃうの!?最後まで生きてる?って心配になっちゃったのは私だけでしょうかw

絵も2人の心理描写も、空気感も、なんか全てがキレイで透明感のある作品だなぁって感じました。
何回も読み返したくなるお話だなぁっていう作品です。

4

読後、また読み返したくなります

ずっと気になっていた作家様ですが、本作が初読みです。高評価で試し読みも面白かったので読んでみました。
本作は前知識少なめの方が作品を楽しめると思います。ネタバレレビューは読後に読むことをお勧めします。なるべくネタバレ少なめでレビューします。


過去の恋愛で失敗を重ね、人間不信気味の美容師慧(けい)は、若手人気俳優の大河と出会い、体の関係を持つようになるが…というお話。

以前から思っていましたが、絵柄がすっきりと美しいですね。冒頭の大河の目のアップ、キラリと美しくて惹きつけられます。

大河が本当にカッコよくて好きなキャラです。イケメンで体もしっかりして慧より大柄。筋肉も美しくついています。目の保養になります♪

1話の大河が慧に迫る一連のシーンは、大変官能的でドキドキしました。また全体的に濡れ場もそんなに多くはないですが、綺麗でエッチです。

中盤までは展開が面白くてどんどん読み進みました。
大河の丸々1ページの告白シーン、すごい破壊力ですね。イケメンの告白、ヤバいです。心臓がギュッと掴まれました。

中盤までは、大河が壊れてしまいそうな危うさが匂わされていたのですが、後半にはそれがほとんど感じられず、何だか肩透かし感がありました。

後半の展開は、大河の想いが美しくて、正統派な愛を感じられたんですけど、それが自分には少し物足りなく感じました。
とにかく大河が、スレてなくて真っ直ぐな強い人で、スパダリというんですかね。振られても真っ直ぐな愛で慧と向き合うのが美しいです。
これぞ光のBLというんでしょうか。その真骨頂を読んだ気がします。その光が自分には眩しすぎました。
もうちょっと心に闇を抱えている人の物語の方が好きみたいです。それは本作では慧だったのかもしれませんが、物足りませんでした。

美しい作品なのに、自分には少し合わなくて残念でした。とはいえ前半部分の、大河の告白までの流れは好きです。最後まで読んだら、もう一度読み返したくなります。

書き下ろしの大河はキラキラしてカッコいいです!ラストの笑顔がとっても清々しくて素敵でした。

ebookjapan購入 ライトセーバー修正(真っ白に発光していて残念すぎる‼︎)
※電子限定書き下ろしは1P

9

遠回りしたけど

こちらはずっと単話の配信で追いかけてました。
やっとコミックスになって、楽しみにしてました。
まとめて読めるとストーリーに入り込めて良いですね。
若手新人俳優の大河と美容師の慧。たまたまヘアカットに指名されて対応することになった慧だったけど、なんだかその後意気投合してずるずるセフレのような関係に。
慧は今までの彼氏がことごとくダメ男で、ちょっと疑いつつも大河のくれる愛情を役者だから自分の望みを体現してくれてるんだとちょっと疑いつつも一緒にいると心地良いので、割り切った関係として付き合っていたけど、実は大河は昔慧に会ったことがわかって。
2人とも肝心なことは言わないのですれ違ってしまったりもしますが、年下わんこな大河がとても魅力的で。
ちょっと恋愛はもういいかなと思ってた慧が段々変わっていくところも良かったです。
先生の描く漫画はとても繊細な心の動きを表現するところが素晴らしいと思っているのですが、なんだかモダモダしてる二人も分かりやすくてかわいかったです。

7

空気感が良かった

ストーリー重視のお話だなぁと思いました。
そこに体の関係を足してそういう描写はしっかりありますが、あくまでもえち重視にならず関係性を伝えたいという感じのお話かなぁと。
こういう系のお話って短くまとめるのが難しいと思うんですよね。他の方も書かれてますがちょっと話が凝縮されすぎてるのかなぁ?とも思いましたが...ふわっとした雰囲気が良かったのでしっかり読めました。

初心者の方やあまり激しいものを求めてない方には読みやすいお話かなぁと思います!

14

カメレオン俳優

とても良かったです!
絵柄がとても綺麗で登場人物の感情が伝わってきました。途中出てくる島もとても綺麗でした。夜行虫をTVで見たばかりだったのも想像しやすくて良かったです。綺麗です。

お話は俳優さんと美容師さんでした。
カメレオン俳優の苦悩など分かりやすく、セフレから始まるストーリーですがストーリー重視の作品でエロエロではないです。
特典小冊子は、とらのあな・アニメイトともにエロエロ甘々でした!
特にとらのあな小冊子の、ラストページのセリフが良いですね…!
アニメイト小冊子は初めての時の大河くんの気持ちが分かってこちらも最高でした…!






紙本購入
コミックスの修正は白斜線沢山です。
アニメイト小冊子・とらのあな小冊子の修正は白抜きです。

7

ホワイトライアー

思わず目を奪われる表紙で読むの楽しみにしていました。
も~画力が素晴らしい。どこを切り取っても美しかったです。
1話からえろもあって芹澤先生の新たな試みを感じる!とウキウキしながら読み進めました。お話しも良かったのですが、サラっと綺麗に読めたな・・・という印象です。二回目読んで新たな気づきもありましたが、唸るほど良いかと聞かれたらうーん・・一冊完結だったからかな。上下巻でじっくり読めたらまた違っていたのかもしれないです。

17

何度か読むと初読時とは違う萌が広がる〜

購入前にあらすじは読んでいたので、体の関係から始まって、お互いにすれ違ったり、もだもだするんだろうなーと、なんとなく予想しながら、原作とCD同時に購入し、初読は同時に楽しみました。

その後で何周か読むと、やっぱりだいぶ印象が変わりました。

最初はただただ絵とストーリー含めて透明感のある世界観をふわ〜っと楽しんだ感じだったんですが、二周目以降は二人の感情の動きを細かく考察する感じで楽しめます。

特に、再会して初めて会った時〜ご飯に誘って、夜のお誘いして、初めてセックスして、別れ際に連絡先交換するまでの流れ……めっちゃ大河視点で読んでみたい!!と思いました。

いや、自分の生き方を変えたと言っても過言じゃない何年も再会を願っていた相手と、たとえ体だけの関係だとしても、再会したその日の内に本心を隠したままセックスしちゃうって、やべぇな!?と。

大河くん澄ました顔してますが、あの時、頭の中どうなってたの?俳優だからだとしてもすごいなって。

(もし私が大河と同じ状況だったらずっと頭ん中で「ハァ…ハァ…やべぇ…これは夢か…天国か…」って天に召されてると思います/笑)

もしかすると慧とは一夜限りになる可能性もあったわけで…最後かと思ったら離したくなくて寝起きえっちに持ち込んだのかな…とか、連絡先交換する時も、本当は断られるかもしれないって、ドキドキしてたのかな?とか勝手に妄想して胸がギュンとしました。

なんていうか、このお話って読者側が考察して萌える余地を絶妙なバランスで残して描かれている作品のような気がしました。

(2人の全てを書ききるのではなく読者の妄想に委ねる感じ。その上である程度こんな風に妄想して欲しいって、ストーリーの流れで示してくれてる)

なので深掘りして考察するかしないかで、結構評価が左右されそうだな……とは思いました。

だから芹澤先生自身、読み終わったら、もう一度読んで欲しいっておっしゃってたのかなって。

まぁ、芸能界、俳優、美容師、再会物ってBLだとそんなに珍しくないと思うんですけど、そこは先生の絵の説得力が素晴らしいので既視感とかはあまり感じませんでした。本当に美しい。

ついでにグッズとか発売カウントダウンで描かれてたカラーイラストで二人が着てる服の圧倒的ブルベ冬(大河)×イエベ秋(慧)感もおしゃれで好きです。

何かCDの方のレビューで声ヲタ目線な感想ばかり書き殴ってしまったので、原作についてこれだけは言っておきたかった個人的感想をレビューしてみました(笑)

10

いいよ

きれいなお話でした

3

なんか端折りすぎの感。

これはつまらないとも面白くないとも言わないと思うけど、なんだか微妙だなぁーという感想です。

完全に見逃してたドラマの「最終回直前スペシャル これまでのお話をダイジェストで振り返り!」を観たような感じというか。本来もっと長い物語だったのを圧縮して一冊にまとめたのだろうか? と思ったりなど。

ストーリーや登場人物の心情に解り難さは感じず、むしろ分かりやすいと思いましたが、なにしろ展開が速い。もっとじっくり読みたかったです。

あと濡れ場が……。まぐわってはおられるけど色気とフェチが清々しいほどにないのはいったい。なんか、「こういう画角のスケベがそそると思う」とか「男の身体のここら辺が好きだ!」とか無いのだろうか。

(強いて言うなら攻めのお尻がこんなに細かく描写されてるのは珍しいような気がしましたが、そこに別にゲヘヘとはならないのはさすがに私の個人的感性のせいかも。攻めのお尻フェチの人には大好物なのかなぁ、だいぶ小さな画だけど、あまりにも小さな遠景なため修正がかかっていないので、攻めのお尻フェチな方はチェックしてみてくださいね。あの、座裏屋蘭丸先生の『シャングリラの鳥』の背景にしれっと描かれた通りすがりのフィーの局部にまで律儀に白い光を灯したKindleですら修正しなかったのですから)。

致しているところを読むからには、ちょっとはむらむらしたいです。

でも朝チュンのシーンが好きです。大河の寝顔が美しい……! ほんの僅かな瞬間に目に飛び込んでくる煌めきが捉えられていていいなぁと思うし萌えました。

14

何度でも読み返したい

作家様買いです。
本当に絵が美しい!!ストーリーも爽やか!
先生の作品はエロ少なめな印象なんですが、今回は結構ある(歓喜)
細身だけど筋肉質な身体に萌えます
発売前に試し読みで読んだのですが、たぶん設定がものすごく好きで数ページ読んでから単行本になるのを楽しみにしてました。

先生も描かれている様に、2週目はまた違った感じで楽しめます
なんなら何度だって読み返したい。


一見クールな大河だけど、慧の前では素直になったり甘えたり、そんな事いっちゃうの~なんてのもありでとても可愛い。
1巻では難しいのかもしれないけど、大河にはもう少し壁にぶちあたるというか、もう少し違った形の困難があったらよかったのかなと思いました。

慧が島に着いてから2人で散歩をしながら話すシーンが切なくて美しいし、フランスでの大河は本当にかっこいい

素敵な作品をありがとうございました!

8

原点に戻れる場所

人気若手俳優の大河と美容師の慧。
知り合ってからセフレになるまでの流れはものすごく早かったふたりでしたが。
心の距離の縮め方はじっくりだったので、ふたりそれぞれの気持ちを確かめながら読み進めることができました。

男を見る目がないことを自覚していて元カレたちとの過去を思い返し「恋愛なんてもうこりごり!」という慧に対して、さらっと遊び相手に立候補する大河はとても軽い人のように映ってしまったけれど。
少しずつわかっていく大河のことを知るたびにその印象は変わっていって、どこまで行ってもまだ見えていない部分がたくさん出てくるような不思議な魅力に惹きつけられました。
俳優としてはもちろん、それが彼"そのもの"の魅力というのがまた良かったです。

慧もまた、何度も会ってセックスをしたり大河自身を知っていくその中で、彼に惹かれている自分に気が付いていたのに。
いつまで経っても過去の恋愛に引っ張られて、直接想いをぶつけられても受け止める勇気もなくて投げ出してしまうような…
一歩を踏み出せないでいる慧にものすごくヤキモキしてしまったのだけど。
ふたりが出会った原点の場所で、しっかり想いを通わせることができる結末になってくれて本当に良かったなと思いました。

ただそのラストが駆け足気味に感じてしまったんですよね…。
どの辺りで大河を受け入れようと思ったのか?という慧の感情が切り替わった部分はやっぱりきちんと知りたかったので、そこをもっとしっかり見せてほしかったなと思いました。

芹澤先生の作品を読むと毎回感じますが、人物はもちろん、背景やお部屋のインテリアなど細かな部分までがとても綺麗で美しくて目が幸せ!
カメレオン俳優らしい大河の表情の変化も本当にツボで、たくさん楽しませてもらいました。

7

目の保養&ストーリーが好き

きっと3次元に居たらこんな感じかな…と実在する某有名俳優さんを思い浮かべつつ楽しく読ませていただきました。芸能人もの大好きです。
絵が綺麗で目の保養。そしてストーリーもとっても良かったです。
年下攻めはやっぱり最高だな~~~~~~~~!!

しあわせな気持ちで締めにかかっていたところ、
「ん!?ピアス…!?イヤーカフではなく…!?」
とあのアクセサリーの構造がもの凄く気になる病にかかり最後を迎えました。

先生!!続きないですか?恋人編的な!是非読みたい…!

3

その台詞も表情も、演技ウソなんでしょう

作者買い。この作者さんの作品は度々話題になるから毎回買ってるんだけど私にはどうも刺さらないみたいだ…。

俳優と美容師の話。
俳優って何かに化ける事ができてしまうぶん、本当の自分が嘘偽りになってしまう事もあるんだって、俳優の使い方本当無限大過ぎない??役者さん起用した物語が多い理由はこれかー!ってなった。
話逸れるけどアイドルとはまた違うところもいいよね。

この物語の俳優さんは他人に化けることができる驚異的なポテンシャルをもったキャラクターで、正直この類のキャラクター設定はよく見るやつだなと思った。もう一人のキャラクターがどんな設定にしろ「自分」を連れ戻してくれる役になるのが必然的だから。
だからその設定で重要なのが山場?の乗り越え方だよね、この漫画はなんか結構話の流れ読めちゃう感じの内容だった。
いっそ私はこの俳優さんのほうにもっと大きな壁にぶち当たってもらっても良かったんじゃないかと思う。大袈裟に言ったらバッドエンドもやむなしで。
その大きな山場が結構、というかあまりにも緩やかすぎて個人的に読んでてつまらないかなと思った。
作者さんが好きなら買うのもいいけど私はオススメする程じゃないかな。

9

慧がどうも…

一周目、ふう〜ん。絵はキレイだしきっとすごく良いお話なんだろうけど刺さらない!と残念で。作者さんが2度読んでとカバーに書いてあったので、二周目。

確かに一周目よりは大河〜!!!と思うけどやっぱり刺さらない。
大河の6年を思うと、ただれた恋をしてきてすっかりセフレ募集中な慧が罪深いですね。

慧の求める態度をとったり大事に抱いたりする大河。やっぱり大河のことを思うとたまらないですね。でも慧は初めまして!って言っちゃうし、セフレとしての距離感を警戒してるし…。

最後も、慧にあなた都合よくないですか?とちょっと言いたくなってしまった。う〜ん、慧は悪い人ではないの、相手は売れっ子俳優で警戒したのもわかるけども…。

そして大河のりりあちゃんへの対応も不思議。ゲイだからってお泊りまでしちゃう?同じマンションに誘う?

まとまりません。はまらなかった自分が残念でした。

8

作画の美しさにうっとり。ストーリーには入り込めず…

あらすじを読んで「苦手な芸能界もの(※受けは美容師)かあ…」と悩んだ末、作画の美しさに惹かれて店頭で表紙買い。

瞳の描き方や人物が本当に美しく、キラキラしていて、うっとりします。

ストーリーについては…

一回目読了後、もう一度読み返してみたのですが、やはり攻めの大河の気持ち、受けへの執着理由がいまいち分からず…
もらった名刺を手がかりに上京先で探そうとした割に、お店を辞めていて会えなかった…となってからは、もう探すことはしていなかったようだし、中途半端な感じが拭えず、もやもや。

体から始まった関係だけど、大河の方は”訳あり”で、彗に対してただならぬ気持ちを持っていることが冒頭で分かったので、その理由に期待して読み進めたのですが、肩透かしをくらってしまった感じでした。

やっぱり”忘れられず追いかけ続ける理由”を、ストーリーの軸としてもっと見たかったなあ。。

当て馬役のリリアちゃんが出てくるシーンも、彼女の気持ちに気付いていなかった?とはいえ、「同じマンションに引っ越して来れば?」なんて声をかけた(そして実際そうなった)理由が不明で、そちらにもなんとなくモヤモヤしてしまいました。

★とらのあなさんで購入
特典小冊子付き
ラブラブな二人のベッドシーン。美しいです。

12

相変わらず絵柄が美しい

いつも先生の素晴らしい作画に目を奪われます。
しかし今回は残念ながら心までは…

正直、大河の気持ちがよく分かりませんでした。
慧の事が大好きすぎるってのは伝わってきたんですけど―

元の自分に戻るための「スウィッチ」って? 慧が⁇
なんで?どうしてあそこまで彼に執着するの?
大河のバックストーリーが大きく欠けているっていうか、
やっぱ物足りない感じがしました。

出会いの場面を何度か読み返してもはっきりとした理由が見つからず、
最後のページまで頭ポリポリ (^^;)

これがコメディとかホラー系だったら「そういう事かぁ」って流せるんですけど、
超マジメな話だからどうしても、ね。

んん~ ついていけなかったの、ただ自分の脳みそが足りないせい?w

なんにしろ、先生の次作に期待。

9

大満足な1冊

個人的に芹澤先生の特徴って線が太めで力強いキャラデザと光の使い方だと思っているんですが、今回も余す所なくその魅力が生かされてて最初から惹き込まれました。

名優への道を進むカメレオン俳優×ヘアスタイリストをやめ恋に臆病な美容師のお話。

まずレストランや美容室の使い方や芸能人の日常から身近にいそうで、でも遠い世界の人たちというリアリティがあって世界観に入り込みやすかったです。そしてだからこそ慧が非日常に入り込んだり、街中を歩いたり熱愛の噂を聞いてその距離の遠さを実感したりするシーンの不安だったり寂しい気持ちが伝わってきました。

そして何よりカメレオン俳優と言われている大河。彼の危うさを描くのがうますぎる…見た目は確実に同じ人物なのに表情や雰囲気で別人かのように描く描き分け、さすがです。だからこそ自分すらもわからなくなってしまう自分、どれが本当の自分なのかわからなくなってしまう不安や危うさがビシバシ伝わってきて緊張しましたし、逆に確実に自分を本来の自分に戻してくれる慧の存在の偉大さや大切さが伝わってきてもどかしくなりました…

いやでも慧側の気持ちも理解できすぎる…ただでさえ過去の恋愛で疲弊しているのに芸能人でしかもどれが本物のその人なのか自分では判断できないのって不安すぎますよね…嘘つかれてても見抜けない、ずっと裏切られてるかもしれないって思いながら恋愛するのなんて精神的ダメージ、すごいでしょ…

だからこそ最後までなんとか証明しようと頑張った大河も、逃げずに向き合った慧も心から応援できる2人でした!
これ本当に1冊!?って思いたくなるぐらいの大満足な作品でした。

5

瞳がもの言う丁寧な心理描写

少しぼやけて映る笑顔の慧をバックに、座って佇む大河。
印象的なカバーイラストだなあと思っていたら、読後に見るとこれがなかなかに憎い演出で、やられた〜!と思いました。なんて素敵なセンスなの。

事前情報を何も入れていない状態で読んだのですが…
人気俳優と美容師の恋…と、もっとパッと華やかな雰囲気なのかと思いきや、じっくりと浸れる系のお話ではないですか。
芹澤先生のコメント通り、初読時と2度目とで違った味わいが楽しめる作品でした。
目は口ほどに物を言うなんて言葉がありますが、まさに「目は口以上にその人の感情を表す」繊細な心理描写が登場人物たちの瞳から伝わって来るんです。
真っ直ぐな言葉と表情で魅せる素敵な作品だったと思います。

冒頭数ページ。直近の役が抜け切れず、抜け殻のようになってしまっていた大河の瞳が輝き出す。
これまた憎い演出だなと思ったのです。
よく見ると慧のシルエットが瞳に映り込んでいるんですよ。
ああ、きっとこの作品は好きな作品かもしれないなとアンテナが反応しました。
憑依型の人気俳優と美容師のセックスフレンドのような曖昧な関係が、実は…と一変していく様がもどかしくもたまらないもので、初読時は恋愛に対して臆病になっている慧に。
そして、2回目は大河の一途さと長年の想いにどっぷりと感情移入をして読みました。
特に2回目は、先述の通りあれもこれも初読時とは異なるものに見えてきて、読めば読むほど大河のことが愛おしくて仕方がなくなってしまう。好きです。

やはりどちらかと言えば慧よりも大河に肩入れをしてしまいますが、すぐに上手くはいかず複雑に揺れる慧の感情の描き方が丁寧でとても良かった。
正直、早よくっついてくれ〜!と、ものすごく歯痒かったのですけれど…!
でも、今まで受け取ったことがない大きな愛を臆病な慧が素直に受け取るためには、本来の大河と現場で見せる役者としての大河の両方の姿を自分自身の目で見て、信じられる・信じたいと確信する必要があったのではないかな。

人を想う気持ちが繊細に描かれた素敵な作品でした。
大河の俳優のお仕事シーンも添え物のようなあっさりさではなく、説得力と読み応えのある描き方だったのも嬉しいポイントのひとつでしたね。
もし入手が可能であれば、初めての夜を大河視点で見られるアニメイトさんの小冊子付きがおすすめです。

4

作画が天才

焼肉って、えっちだったんですね・・・♡

最後まで読んだら冒頭から読み返して、と作者さまが書いてらしたので、2回読みました。

そりゃ、目も輝くよねえ・・・!

慧が全然覚えてなさそうで内心傷ついただろうなぁとか、ご飯誘うとき本当は心臓バクバクだったのかな?とか、慧の恋愛対象が同性だとわかったときどんな気持ちだったんだろう?とか、2週目はめちゃくちゃ味わい深い。こんなに真剣に2回連続で読んだの久しぶりかも。

それと。大河がセックス上手くて本当に!よかった!あそこで慧の感想が『普通』だったらきっと連絡先交換は無かったから!遊んでてよかった!笑

出がけのキスはさすが俳優という感じでめちゃくちゃカッコいいし・・・そんなの好きになるやん・・・_(:3 」∠)_

からの「舐めてくれる?(傷の話です!」はめちゃくちゃえっちだし、寝顔みて泣いちゃう慧はぐぅかわだし・・・という感じで確実に神に向かって進んでたんですが。

すれ違ってから再び寄り添うまでの流れがなんとなくモヤっと・・・理由がわからないのがより一層モヤっと・・・自分の想像力不足なのかもしれませんが、なんかパーッと開く感じじゃ無かったです。でも好き。

あとシーモアさんのtnkのボカシがすごくおっきくてキョコーンなのか?!と思いました(台無し!

1

芹澤先生の画がほんと、大好きです…‼

芹澤先生だから…!
語弊を生まないようにうまく言えるか、、、不安ですがこの作品の読後の感想は「芹澤先生だからこそ」だな。。。というのが正直な感想

芸能界もの、すれ違い、片想い、再会、体先行、、、
結構これらの設定を組み合わせて出来る王道と言えば王道なお話しだと思うんです
王道だからこそ読める展開というのも正直避けられなかったし、もどかしさもありました
でも、、、分かっているのに読後に「あ~…やっぱり好きだなぁ。。。芹澤先生の作品!」って”ほぇ~”ってしてしまうんですよねぇ
そして先生に促された通り、読後に再度読み返してまた”ほわぁ~”って幸せになっちゃう (ღˇ◡ˇ*)♡

そう思わせるプロットももちろんしっかりしてると思うのですが、私的には作画の威力が圧倒的に凄いんだと感じられて釘付けになります!
王道であろうがそうでなかろうが間違いなくキャラの心理描写は私には結構大事で、とりわけ今回の大河のような実力派俳優さんの設定だと本音を秘める表現とか、慧のように諦めながらももがいてる意地っ張りさんの感情って複雑ですよね……
こういう設定だとモノローグとか、相手の独り言セリフを多用しがちな印象なのですが、芹澤先生はそこだけではなくってしっかり「画」でその心象表現を魅せて下さるんです!
その画の説得力で全てを気持ちよくねじ伏せてくれるんです

私がコミックスを好きな理由ってやっぱこういう画で語ってくれる作品に出会いたい!って思う事も多いと思います
芹澤先生作品には私のそんな願望を叶えて頂いてるなぁ~と…(*˘︶˘*)
だからこその「芹澤先生作品だからこそ!」という感想でございます

因みに私はロン毛大河くんも好みでした~♡ロン毛大好き( ´3`)~♡

4

最高です!

お名前は拝見してましたが、お初の作家さんでした。
まず、絵がめっっっっちゃ上手いのと、最後までドキドキしながら楽しく読ませていただきました。
お互いゲイ設定なのですが、攻めのゲイ要素はほぼないかな〜とは思いつつ、受けに心酔しているところが良き。
※芸能人(人気俳優)×美容師(スタイリスト?)ですが、攻めが俳優を本格的に目指したきっかけが受けに会ったのが理由でした。

焼肉ってエッチな食べ物なのかも…

全体を通して優しいお話で、有償特典の小冊子も欲しくなってしまいました。
(既に通販はどこも売り切れてましたが…)

続きがあったら絶対買います!!
そして作家買いします!!

4

まぶしいっ!

芸能界物があまり好きではないんです、が!
さすが芹澤先生‥!!!
イケメンだけどピュアで危なかっしいところもある攻め、男運悪く一度仕事につまづいたことのある、大人で甘えたくなるような受け‥。
いやもう素敵。

芹澤先生の美麗な絵に芸能人がバッチリはまってて、大河のカッコ良さがとんでもないことになってます。

分からなすぎる世界なのでなんでもありになって嘘くさく思ってしまうことのある芸能界ものなんですが、受けが美容師、ヘアメイクもできますってあたりがかなりよく効いてます。
そう、一緒にいたけりゃ慧を雇えばいいじゃないっていう。

表情というか瞳がすごいんです。
眼力。瞳のもつ底力で作品のいいところがさらに輝いてる感じです。

いきなりのワンナイトラブかと思いきやめちゃくちゃ長い片思いのなれの果て。いやもう伝えてくれ!ともだえました(笑)
慧のほうもすぐにはほだされず、考えて考えて考えてからの両思い!成就!
ストーリーの盛り上げ方がとても気持ちいいです。

できすぎな展開もありますが、もうくっついたらとにかくなんでもいいですー。幸せになってください。

最初にもどってすぐ読み直す前にまず読後一回浸ってから最初から!がおすすめです。

8

まるでドラマや映画を観てる様な臆病な二人の恋模様

芹澤知先生の紡がれるストーリーと画力の魅力がこれでもか!と言う程迸る名作品だと思います。

恋に臆病なスタイリスト・慧とカメレオン俳優・大河の本気の恋。

連載を追っている時はこの二人の感情面だったり背景にある真相や事実と今後の展開に常に注目していたんですが…

1話から最後まで通して読むと最早そんなレベルではなくてドラマや映画を観ている様でした。

慧の感情面の動きの描写が特に秀逸で恋に臆病でその場限りの関係を続けて来たのにふとしたキッカケから大河と一夜を共にしてからはずるずると…

段々とその熱を手放せなくなっているのに自分の気持ちと中々向き合わなくて身体だけの関係だと言い聞かせてる…

でも大河に「ちゃんと恋愛した方がいいよ」とか言っちゃうんですがその時の表情がもうね、本当に情緒乱されました。

この辺りの感情描写だったり表情からキャラの気持ちが読み手にダイレクトに伝わるのは知先生の筆の凄さだと思います。

慧が大河を受け入れるまでのストーリーがメインになり見所でもあるのですが大河視点の感情もしっかり描かれてるのでそこが更に素晴らしいです。

大河が「カメレオン俳優」と評される理由、まるで透明な器の様で何色にも染まり切れる底知れなさがあります。

でもそれが本当に危うさも孕んでいて見ていて時々怖くなってしまう程。

そんな彼の一世一代ともいえる本気の恋がもうとんでもなくエモくて最高です。

作中で彼が見せる表情だったり言葉だったり…

慧と大河、どちらかに感情を寄せても片方だけでは足りないです。

二人に対して感情移入してしまうしそれがこの作品の一番の魅力だと感じました。

作中に色んなピースがあってひとつずつ埋まって行く感じ、

彼らの見せる表情や言葉、そして想いや感情の集大成がラストに繋がっている様な感じでした。

とても抽象的にしか表現できずこの作品の良さを伝える語彙が無いのがもどかしい…

でも本当にそれくらい素晴らしい作品なので絶対読んで欲しいです。

4

セフレから始まる嘘と真実の恋

大河×慧


セフレから始まる関係。
隠された純粋な恋心と、
好きだからこそ臆病さと躊躇に満ちた心境と、
嘘や傷つけ合いが痛々しく入り混じり・・・
2人のどうしようもないほどの巨大な感情に圧倒され、
胸を締め付けるほど切なく、愛しいのだ。


過去の恋で人間不信、恋愛に臆病になってしまった美容師、28歳の慧。
尊一途人気俳優、22歳の大河。

2人がのセフレ関係の中で、

慧が、
体の欲望と恋の不安の間で揺れ動き続けて、
不信感がどんどん心を侵してまうために、
大河に向き合わない。
ついに、
好きという本心を押し殺して
大河から逃げる・・・痛々しい。
無意識に愛を探していた自分を
大河から引き出してくれることも感動する。

大河が、
16歳の頃からの一途な姿勢、尊敬してしまう。
その想いが、役者としての道を歩む勇気に変わるなんて素敵。
美しい外見と演技力の裏に、
本当の自分を上手く表現できない一面もある。
慧から本気に向けられなくて、
苛立つと、
一見強靭で有能な彼が、
役者としての落ち度や,
悩みが加速していくところが心にズシンとくる。

慧は、信じない。
大河は、彼に信じさせたくても、
慧を傷つけないようにしていて、
お互いに好きなのに、
なかなか素直になれなくて、
矛盾だらけの感情が渦巻いて、
微妙な空気感が2人の間に突き進むと、

本当の愛は、
ウソしていいか、
誰かのために演じるものか、
その境界線が曖昧になってしまい、
すれ違って、
もどかしくて切なくて・・・。

連絡先を交換した直後、
大河が突如仕掛けてくるキスの光景がお気に入り。

エロいシーンが多くないけど、
良い萌えで心地よい。

女性当て馬が、
2人の関係を燃焼させる大役を担っている。

俳優の世界と美容師の模様もリアルで、
2人の心理が丁寧に描写され、
セフレから恋人として結ばれるまでの過程が、
心が一致しない点が苦しすぎて、
ついに本当の感情へと向かう愛が眩しい!
共感できる部分の多い、
心に強く響く作品でした。



気になる点:
再会した時、
大河が事実を言えばいいのに。
ずっと探していたから、
普通はすぐ言うでしょう。
当時のことが慧を傷つけることはないと思うけど・・・、
隠す必要はあるのか?



・コミコミスタジオ限定特典ミニドラマCD(有償特典):
「a short break」
(ドラマCDのコミコミスタジオ限定特典16小冊子収録された漫画のドラマCD)
キャスト:
慧 → 田丸篤志
大河 → 笠間淳
時間:‎9分
大河の休暇中、
2人はプチ同棲生活を楽しんでいる・・・、
恋人同士のやり方がわからない慧に、
大河が愛される方法をを教える。
キスが熱い〜!

4

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP