どうしても触れたくない

doushitemo furetakunai

どうしても触れたくない
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神902
  • 萌×2154
  • 萌117
  • 中立64
  • しゅみじゃない57

128

レビュー数
217
得点
5541
評価数
1294
平均
4.4 / 5
神率
69.7%
著者
ヨネダコウ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
ミリオンコミックス CRAFT Series
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784813051473

あらすじ

…なんか変なコトしたくなるよ、お前… 新しい職場に初めて出社した日、嶋はエレベーターで二日酔いの男と一緒になる。それが、新しい上司・外川との出会いだった。無遠慮で図々しいように見えて、気遣いを忘れない外川に惹かれる嶋だが、傷ついた過去の経験から、一歩を踏み出せずにいる。一方、忘れることのできない記憶を抱えながらも外川は傷つくことを恐れず、嶋を想う心を隠さない。好きだけど、素直にはなれない…… 不器用な想いの行方は?
出版社より

表題作どうしても触れたくない

外川陽介,29歳,辛い過去を持つシステム課長
嶋俊亜紀,26歳,トラウマをかかえる部下

その他の収録作品

  • 週末
  • 小野田課長は憂鬱
  • 夜明け前

レビュー投稿数217

過大評価ではないですか?

期待して読みましたが、単純すぎるストーリーですし、泣ける要素も萌える要素も自分には全くありませんでした。もっと中身の濃く面白い小説、漫画は他にいくらでもあるのになぜこうもこの作品に人気が偏ってるのかわからないです。難解でこねくり回した作品だからいいともいえませんし、単純でありがちでもよい作品は確かにあります。ただ、あまりに高評価なレビュー数と読んでみて実際の中身とのギャップがこれほどある作品は初めてでした。映画も観ましたが、ほぼ本の内容に沿ったもので、映像ならもっと話を広げて面白くできそうなものなのに、思った通り駄作に感じました。元が単純すぎてストーリーを広げようがなかったのでしょうか。これでは他の実力のある作家さんたちがあまりに理不尽です。。

3

泣けた

課長カワイイ

0

「夜明け前」まで読むとわかる。

表題作を読み切った時点では、
「酒も煙草もやる外川は、欲に忠実なタイプとして設定されている?
それにしたってノンケが、いくら可愛くて好意を向けられてると勘づいているからって男と寝るかね...」
と腑に落ちなかったけど、『夜明け前』を読んで全てがストンと落ちました。

外川は母親が怖くて、でも恋しかった。
母親に素直になれなかった外川。
それって嶋が外川に抱く想いと同じ。
外川が好きなのに、怖くて踏み出せない。
外川に素直になれない嶋。
だから外川は、どうしようもなく嶋に情が湧いて、可愛くて、大切にしたいと思うようになったんですね。


それから、外川が母からの手紙を読むシーン。
母親の気持ちは理解こそできないけど、書かれていた彼女の気持ちを泣く泣く受け止めたように思います。
(※外川が上司に言った『生きてさえいりゃなんとでもなりますよ』って、きっと手紙の『あの子が生きていてくれている...たったひとつの救いでした』という一文から来てると思うので)
それを踏まえると、
『俺の お前を好きな気持ちまで踏みにじる権利はない』
というあの台詞の重みが違ってくる。
だって外川自身は母親の思いを踏みにじれなかったんだから。
寂しさとか悲しさとか、やるせなさがグッと伝わってきます。


母親と外川、外川と嶋。
ぴったり立場が重なるわけじゃないけど、似たような想いが交錯していたんですね。

ちなみに今回、三度目の読み返しでの感想です(笑)
深読みしてみると(合ってるか不明ですが)、人物の言動にいかに矛盾がないかに気付かされました。
矛盾はいい意味でギャップにもなりますが、やっぱりどこまでもキャラに一貫性があるこういうお話が好きだと思いました。

0

不朽の名作

思い出の BL作品です。商業 BL漫画を読み出して最初に買った数作のうちの一つなので、思い入れが熱い。そうでなくとも皆様思い入れのある作品でしょうけれど!この世の商業 BL好きは全員読んでると勝手に思ってます。

最初に買った数作がどれも名作揃いだったので、ずるずると沼にはまりここまで来てしまいました。
それにしてもこの時分の BL漫画は奇をてらった特殊設定のものが少なくて、勿論そんなのも好きではありますが、恋愛をじっくり描く作品はいいなぁ。

◾︎外川(課長 29歳)×嶋(ゲイ 26歳)
最早説明不要な気もします。
外川が無神経なようで物凄く気配りができて物凄く優しい人なんですよね。
嶋のダメな部分に外川がしっかり言及しながら、それごと好きであることも分かるのが、たまらない。

ヨネダコウ先生、元から絵がお上手でしたが、この頃に比べると更に線が綺麗になってるな。

0

好き・・・。

この作品は、自分が初めてBLの映画を観た作品。
ドラマCDも聴き漫画も買いととにかく素晴らしい作品!
嶋の過去にあった事で心を閉ざし、それを溶かし包み込む外川さん。
本当に2人のやりとりが好き!
映画もドラマCDも漫画、全て大満足の作品!

0

ドラマチックが過剰なんだと思う

初めて読んだのは2014年頃。
すでに大変な名作として有名で、だけど私は「それでも、やさしい恋をする」の方が好きだな、と思ってた。
今、久々に再読して…
多分ドラマチックすぎるんだと思う。
当時は、嶋の暗い性格がウジウジしてるように思えてイマイチだなぁって思ってたんだけど、今読んでみると嶋みたいな人ってごく普通にその辺にいるリアルなのよね。
元恋人とこじれて会社辞めて人間不信っぽくなる人、男女で普通にいるでしょ。嶋みたいに長い時間縮こまる人だっている。
だけど外川の抱えている家族の過去っていうのが、もうとてつもなく重い。
ここがドラマチック装置。
BLで多い記憶喪失とかもこういう感じ。こういうのが過剰なんだと感じた。
外川にこんな過去を配さなくても、2人の噛み合わない恋は表現できたんじゃないだろうか。
嶋の葛藤は同じだったんじゃないだろうか。
そもそも他人同士が恋をする時に、噛み合わなさというものは普遍的な現象なんじゃないだろうか。
ちるちるのデータ見ると本作はヨネダ先生の初コミックスのようだから、そのへんやはり若さが出ているのかもしれません。
ただ、色々書きましたがやっぱりグッとくることは間違いない作品です。
嶋が外川を通じて世界に心を開いていけることを願っています。

6

納得の名作

嶋くんのモノローグ
「望んでも仕方のないことは 考えないようにしてきた~どうして俺は男なんだろう 不毛だと知りながら どうして恋をするんだろう」
ここの一連のシーンが好きです。
最高に切なくなる。

有名な作品だとは知らず、初読みの時はわりとサラッと読んだ気がします。
ただ、それまで何冊か読んだエロいだけのBLとはなんか違うな~というのは感じていて。
で、読めば読むほど嵌まっていく。
同じような設定のいわゆる王道ものってたくさんあると思うのですが、やはり名作と言われる作品は何かが違う。何なんでしょうね?うまく言葉では説明できないんですが。
シチュエーションや台詞ひとつひとつが印象的で、何度読み返しても何度も心掴まれる。
そういう作品だと思います。

2

限りなく繊細でリアルな物語。

BLを読み始めた私に友人がお勧めしてくれて読んだ作品です。
心から感動しました。

もう傷つきたくない頑なな嶋くん。でも惹かれていく。
外川さんは初めは興味本位で、しだいに離れられなくなる。

他のBLだとどうして好きになったんだろうと
慣れていないせいか不思議に思うことがあったのですが
この作品は二人が近づいていくのがすごく自然でした。

絵柄はすみません、好みではなかったのですが
表紙のカラーの美しさには目を奪われました。
センスがいいんですね。

ためらう嶋くんに触れようとする外川さん。
不思議なタイトルを一枚の絵で表し尽くしていて見とれます。

静止画なのに映画のラッシュのような見事な画面構成。
微妙な表情の変化でキャラクターの気持ちが伝わることに
震えます。
ウイットに富んだ会話でクスッと笑わされつつ
主人公二人の抱える壮絶な過去と辛い現実に胸が切なくなって...。

実写版で外川を演じた谷口賢志さんが
「『どうしても触れたくない』はこの題名に尽きる。触れたいのに
触れたくないそんな繊細な感情が表された素敵な作品です。」という趣旨の
ことをおっしゃっていて映画もそういう作品になっているから見て欲しい
とおっしゃってましたが
原作の魅力も谷口さんのこの一言で表されてるなぁと思いました。

ラストの嶋くんの
「どんなに少ない時間でもいい・・・っ外川さんが心変わりするまでで
いいから一緒に・・・」

と告白するシーンは号泣!!
そしていつも余裕を見せていた外川さんが
嶋くんを抱き寄せて苦しそうに「俺のこと好きか?」って尋ねるのがね~
もうね~苦しいくらいキュンキュンしました♡

その後の「もう絶対駄目だと思った」っていう弱い部分を見せる
外川さんにも激萌えです。

本当に素晴らしい作品でずっと手元に置いておきます。


3

10年振りに読み返して

発売して少し経ってから、作品の存在を知って購入。初めて購入した商業誌でした。

戸川さんの「俺に過去を恨めっていうのか」という言葉の演出が、二重に苦しくて。ただ、結果的に嶋くんは自分の気持ちに素直になれたんだよね。
最初から手の届かない存在だと思ってた戸川さんに惹かれて、冷静に取り繕おうとする嶋くんが切なかったので、ふたりが幸せに過ごしてる姿が嬉しかった。

途中の「生きてさえいりゃなんとでもなりますよ」って言葉も好き。
一言一言に感動を表せそうなくらい、今でも大好きで大切な作品です。

4

攻めの男前さが好み

 何年か前に一度読んでいたんですがその時はあまり良さが分からず、年月が経ってから読めば感じ方が変わることもあるだろうと熟成させていました。多分以前はトラウマ持ち×トラウマ持ちというところがちょっとくどいなぁ、受けの性格の湿っぽさが強過ぎるかなぁと感じたからハマれなかったんだと思います。途中まではスムーズに読めていたのに、外川の熱い告白を嶋が彼の過去を引き合いに出して拒絶するシーンで一気に萎えた記憶があります。しかし、改めて読んでみると外川の過去を嶋がずっと気にしてしまうのは当然だなと印象が変わりました。

 ノンケの外川が嶋を可愛いと思っただけで、いきなり同性とキスどころかセックスにまで及んでしまうところだけはどうしてもリアルさを感じられませんでしたが、それ以外は2人の傷付いた男同士が過去をきっちり清算できるような新たな関係を築いていく過程が、非常に丁寧に描かれていたと思います。台詞も現実にありそうなものばかりで、淡々と進んでいくところは好きですね。

 BL初心者だった頃の私にはあまり響かなかった作品なので、自信を持って初心者にオススメとは正直言い切れません。ただ、これだけ有名でレビュー数も多いのは、やはり分かりやすい切なさという点で群を抜いているからなのかな、とも思いました。切なさを感じさせる作品は多々あるわけですが、なぜ切ないのかが非常に分かりやすい作品なんですよね。BLが好きじゃない人でも外川と嶋、それぞれのトラウマや孤独はきっと十分理解できる。そういう点ではある意味初心者向きなのかもしれません。

0

小説派の人にも、ぜひ読んで欲しい作品です。

 BLに目覚めてから、ずっと小説派でしたが…初めて読んだコミックでした。
 単純にに作品リストの中の神評価№1だっだから選んだだけでレビューは一切読みませんでした。小説の場合はネタバレも含めて徹底的に読み漁るのですが「所詮、漫画」と、侮っていたかもしれません。
半分読んでみた時点で切なくて切なくて胸苦しくなりました。
 ちょっとした表情の変化や繋ぐ言葉の間合いなど…画力????なのでしょうか…後半は、もう、泣きながら読み終えました。
 この湧き上がってくる涙は一体なんなんだろう?でも心がどうしようもなく震えました。
 コミックは長くて一時間、早ければ30分程度で読み終えてしまいます。小説なら数時間の時間をかけて頭や心の中で作品の世界観を築きあげていき心のどこかにあるスイッチが触れられたりして気持ちが放出されるのでコミックでは長編ではない限り揺さぶられることは無いだろうと思ってました。
っが、まさかほんの15分程度で心を鷲掴みにされるとは…ヨネダコウ先生、心の中に思い切り刻みつけられました。間違いなく何度も読み返す作品だと思います。
こんな感じの素晴らしい作品(コミック)に、また出会えたらいいな。と思いました。

4

切ない

私自身、ヨネダコウ先生の作品が大好きになったきっかけがこの作品です。
過去に辛い思い出を背負うつつも幸せを求めて今を生きる、そんな姿にとても感動しました。
作品のタイトルや表紙も本当に素敵で勝手損はないと思います!
私の知人もこのサイトで一位になっていることを知って購入しドハマリしてしまった子もいます(笑)
個人的には過去に何かがあった設定や、すれ違う二人などの設定が大好きなのでオススメです!ただ、エロシーンが少なめの作品ではあります。

0

これぞボーイズラブ

はじめて読んだのがたしか四年くらい前だったかな?
名作と知りつつ絵が苦手でずっと読まず嫌いの状態だったのですが、読んだあとには『もっと早くに読めばよかった!!!』と後悔したくらいの激しい萌えと感動がありました。

私の中では、これぞBLという作品です。
なぜ男同士で恋をするのか?どうしてこの人でなければだめなのか?という、BLならでは恋愛の難しさがすごく丁寧に描かれていて、読んでいて『BLってやっぱり最高だな』と改めて感じました。
嶋くんのウジウジっぷりははたから見ていてもどかしいものがありますが、過去の恋愛を思うとああやって臆病になってしまうのが痛いほどわかるし、そんな嶋くんを丸ごと愛してそれを真摯に伝えてくれる外川さんは本当にいい男だなぁと思います。
嶋くんが外川さんに出会えて本当に良かった…個人的にBL界ナンバーワンベストカップルです。

何度読み返しても同じところでときめくし同じところで涙が出るし、読んだ後には心の底からBLが大好きと思わせてくれる大名作です。本当に大好きです。

5

永遠に。バイブルにしてBLの金字塔。

最新刊の「Op」を読了したのもあって、読み返すことにしました。
もぅ何度も読み返しているので、平気かと思いきや…やはり号泣でした。涙が止まらない。
孤独な魂と魂の邂逅を描いた傑作だと思います。
嶋にとっては、「囀る鳥は羽ばたかない」にある言葉の様に。
「人を好きになる孤独を知った。それが “ 男 ” だという絶望も知ったーーー。」
それでも。人は生きていくし、人を好きにならずにはいられない。
嶋は外川を愛して行くという覚悟をしていく。
外川がまた、カッコいいんです。心にも無い別れを口にする嶋に言います。
「お前の気持ちはお前のモンだけど…。俺の、お前を好きな気持ちまで、踏みにじる権利は無い。」
嶋はこの言葉にガツンと来ます。読み手側にもこれは突き刺さります。
幸せは、その人のものであって。誰か他の人が決める事では無い。
そして、不幸だと思う過去も痛みも自分で乗り越えて、生きていくしか無い。
とてもシリアスなテーマだけど、外川の飄々とした態度や、同僚の小野田の温かさにホッとするところもあって。その温かさにもまた涙。
「囀る〜」もそうですけど、ヨネダコウ先生は作品を貫くこの大きなテーマをまるでライフワークの様に描き続けているのだとも思いました。
いつ読んでも永遠に。バイブルにして金字塔だと思います。

6

時間を経ても、素晴らしい作品です。

久しぶりに読み返して、じわっと涙してしまったので、レビューさせていただきます。

正直、最初に読んだときは嶋くんの煮え切らない感じがあまり好きではなかったんですが、訂正します。
この作品の凄い所は、恋愛、だけではなくて、恋をする、ずっと一緒にいたいと思う、家族になる、子供を持つ…フツーなら出来ると思われていることが出来ないと思っている嶋くんを通して、恋愛とは何か?好きになるって何か?を考えさせてくれる所です。もちろん、他にもたくさん凄いんですが。
葛藤した結果、どんなに少ない時間でもいいから一緒にっ、って外川さんに言えた嶋くん。外川さんは悩みながらも『好き』に正直で、何だか安心します。

そして「それでもー」の方もまた読んでしまうんですよね。

5

スルメみたいな作品です。

受の嶋の過去が可哀相過ぎて、踏み切れない気持ちも、信じられない気持ちも、凄くわかるんです。
そんな陰気な嶋くんに、あっさり手を出し、じんわりじんわり好きになっちゃった攻の外川。
まぁ、外川の方が実は暗い過去を抱えているのに、前向きな感じや、ダルダルな感じがきっと嶋くんを救ったんだろうなぁと思います。

読んでいて号泣ではないけど、うっすら涙がでました。
高評価な作品で、惹かれて読みました。最初に読んだ時も物語に引き込まれましたが、その後何度も読んで、どんどん好きになりました。後からくる良さ!があります。読めば読むほど、好きになる!

6

珠玉のBL入門書

私はこの作品からBLの沼へとはまっていきました。

NLにないBLの魅力は同性であるが故に生じる障壁だと思います。
嶋は外川のことを思うからこそ、"普通の"幸せを手に入れてほしいからこそ、自分の気持ちを抑えて離れることを決意した。
どうしても触れたくない、ふれないでほしい、この決心が揺らぐから
私はそんなふうに捉えましたが、読み返す度に考えさせてもらえます。

コマ割りも映画のワンシーンのような静けさを感じます。中でも外川に預けられたタバコを落としたシーンは格別です。

友人に貸してもらって読んだものの、後日自分で購入しました。
買って後悔しないずっと手元においておきたい作品です。
非常に読み応えがあり、何年経っても色褪せません。
もうドラマCDや実写化などもされてますので知名度は十分すぎるほどですし、評価も賛否両論ありますが、私は入門書としてこれ以上の作品はないと思います。

12

受けの感じる顔にきゅんとしませんでした。

あまり好みではありませんでした。

2人ともキャラとしては好きだし、絵柄は可もなく不可もなくといった感じなのですが、どうもCPとしてはハマりませんでした。

どちらかというと、『それでも、やさしい恋をする』の方が好みです。

ここまで健気で大人しめな受けが得意ではないのもありますが、現実味がある題材にやや現実味がない受けキャラが組み合わさったのがダメだったのかもしれません。

もし世界観が学生物であったなら、受けキャラにも現実味が帯びてきっと今より面白く読めたと思います。
ある意味、学生ものと比べ社会人ものはキャラの性格に多様性を出しづらい、または違和感が出やすいのかもしれません。(個人的な、意見です)

8

好きになればなるほど相手の事を考えるんですよね

この作品に出会いまた腐の世界に舞い戻ってきた、思い出深い作品です。
発売からもう10年近い時が経ってるんですね。
いつまでも色褪せない名作だと思います。

外川に惹かれるが、惹かれる思いと共に外川の過去が重くのしかかる。
外川を思えばこそ、自分の気持ちに素直になれない嶋の気持ちが痛々しくて悲しくてどうしょうもなかったです。
【禁】の煙草を見た時の嶋の涙に私も号泣。。。

嶋の性格上、その後も外川に翻弄されそうだけど、外川はそんな嶋をずっと大事にしてくれそう。
読み終わったあとそんな未来も見える、素敵なラブストーリーでした。

8

もうなんか最高です

BL界でもとても有名な作品なのでずっと読んでみたいと思っていました
攻めも受けも王道な感じがして、異常なものばかりを最近読んでいたので腐女子になったころの初心に返りながら読み進めていました

題名の通り切なく、でも甘く、一筋縄ではなかなかうまくいかなくとてももどかしかったです
ああもうくっつけ!!! と読みながら悶えていました

その分、最後にくっつくシーンはクるものがありますね
トラウマを抱えた受けを温かく包み込む攻めのイケメンさにただただ惚れました

本当にこの人の作品ははずれがないですね
作者買いをこの人はしても安心できます

8

今更ですが

有名な作品なのでレビューや神評価が多いですが、それらに惑わされずにまっさらな心で読んでもらいたい作品です(と言いつつレビューを書いているのですが笑)。
今更感がすごいですが、とても好きな作品で初めてのレビューはこれにしようと思っていたので書かせていただきます。
とにかく嶋くんがかわいくて、外川さんはかっこいいです。何度も読みましたが、何度読んでも読んだ後にこのシーンは良かった、あのシーンは感動だったと思い返してはまた読みたくなる、そんな作品です。
CDも実写も素敵でしたが、ぜひ原作を楽しんで頂きたいです。

8

同性同士の恋愛の辛さを巧みに描いている名作

レビューするか悩んだのですが自分にとって特別な作品なので思いきってレビューさせていただきます。(回りくどい言い回しはご愛敬でお願い致します笑)

この作品はBL (男同士の恋愛)という設定を最大限かつスマートに、けれどエンタメであるということを忘れることなく萌えを押さえながらも巧みに活かしている名作だと思いました。

同性同士の恋愛における悩みが2人の過去によって提示されるのですが
この過去が物語の中で進行していく2人の恋愛に、障害であり動機として無駄なく本当に見事に絡んできます。
読後すぐより冷静になった後、反芻した時に凄いな匠かよ!と思わせてくれるんです。

そしてセンスが如実に現れる(と私が勝手に思っている)、構図の上手さ(間の空け方)とセリフのセンスの良さですよ!
毎作品ごとに思うのですがヨネダさんのセリフ選びが私は本当に大好きです!

表現の上手さは要所要所のセリフのチョイスだけでなく差し込み方や小道具の使い方にも現れていて(小道具の使いかたも本当にお上手ですよね!スピンオフともさりげなく絡んでいたり)、どこまで計算して作られているんだろうと感心するのと同時に
構成の上手さも含めプロ漫画家さんってこういうものだよね!というプロの凄さを改めて実感させてくれました。

なんだか少し大袈裟に聞こえるかもしれませんが私の素直な感想は、「これはBL漫画の1つの完成形なのかもしれない!」です。

そして、そして何よりも嶋くんが健気可愛い!外川さんなんだかんだカッコイイ!

そんな2人にいつまでも幸あれ!

9

BLの入門であり教科書であり頂点。

BL王道、初心者入門は中村春菊!世代ど真ん中なのですが、個人的にはこの作品こそ王道であり入門であり頂点だと思います。(中村春菊先生の作品の方が本命ですが...名前出してしまってすみません。)

BLはファンタジーとはいうけれど男同士だからこその悩みや苦悶、ぶつかり合い、壊れないようにそっと握りしめる幸せが描かれています。
今更すぎますがレビューしたのは1人でも多くの人に読んでほしいと思ったからです。
劇的なドラマがあるわけでもなく2人に寄り添う優しい描写は何年経っても色褪せません。
実写映像でも原作でも音源でもなんでもいいので是非是非読んでいただきたい一冊です!!

7

今さら感ハンパないですが・・・

外川陽介×嶋俊亜紀のリーマンものです。
正直、今さらレビュー・・・って感がハンパないですが、所持しているで・・・。
この作品は実写から入りました・・・。

友人から勧められて、実写→CD→原作と変な順番で観たり、聴いたり、読んだりしたのですが、どれも良かったと思いましたね!
実写が、かなり原作に忠実に制作されていたので、実写で分からないところが原作で分かるって感じでした!

嶋の再就職先での上司とのなれそめですね。
嶋はゲイで前の職場で、そのことが原因で退職したので、あまり周りと関わらないようにしようと思っていたのに、外川が、からんでくるところから始まります。そこで、なんじゃーかんじゃーとHしちゃうのですが・・・。
まぁ・・・同じ職場の人間と、お互い勃起したからってだけでHしちゃうのって、すごくないか?というマジレスは置いといて・・・

お互い、トラウマを持っていて、嶋は前の職場で付き合ってた人のこと、外川は家族のことでトラウマのことを考えたら利害は一致しないのですが・・・
外川の過去と「正直、家族ってもんには憧れる」って言葉は、どうあがいても嶋にはキツイ言葉と思いますね・・・。だってゲイだし、子供産めないし・・・って・・・
でも結局、一時は別れて、外川が転勤になってしまって、このまま別れたままになるのか?って感じでしたけど、最後はよりが戻って本当に良かったと思いました。

BLはやっぱり葛藤しているのがいいとは思いますが、嶋はちょっと女々しいかな・・・って思っちゃいました。ごめんなさい。

1

ヨネダコウさんに感無量

何回も読み直しました。
それくらい大好きです。読むたび毎回うるっときます。
ヨネダコウさんの作品はストーリー、エロ、そして男性の体のたくましい描写、どれをとっても感無量です。この作品のスピンオフの「それでも優しい恋をする」もとってもおすすめなのでそちらとセットで泣いてください

2

泣きました。自分でも驚きました。
参考にならないレビューで申し訳ないのですが、何回でも読み直したくなるような作品です。

読み終わった後に最初の2ページを読み返すとぐっと心にくるものがあります!

0

ゲイ側の気持ちが凄くリアル

「囀る鳥は~」にハマって、この作者の他の作品を読みたくなり読んでみましたが
「ゲイの気持ち」を本当にリアルに綴ってると思います。
このサイトには女性の方が多いと思いますが、多分、分からない人多いんじゃないかなと
思わざるをえないです。それくらいに"ゲイの"心情の表現がリアルな作品です。


女性やノンケの男というのは将来の夢や願望を考えるにあたって少なからず
「自分の子供」「家族」などがチラつくのが殆どです。成人だと特に意識します。

子供も産めず「世間一般的な家庭」を築く事ができないゲイは、それらとは無縁です。
そんな嶋がノンケの外川にトラウマを抱えながらも惹かれ、体だけの関係になり
「(トラウマからの)自分の学習力の無さ」に呆れつつもズルズル流されます。

体の関係だけって事で嶋も割り切る事だってできたはずだし(ゲイには多い)
なのに色々考えてしまうのはやっぱ思いを寄せてるからなんですよね。
そんな中でふいに聞かされた外川の過去と「正直、家族ってもんには憧れる」って言葉。
これはもうね、ほんっと『トドメ』ですよ。

だって無理ですもん。幾ら2人がどれだけ愛し合っていても家族(家庭)は作れない。
自分が思いを寄せてる人からそんな事を吐露されたら引き下がるしかないですよ。
それに外川のあの過去でしょ?もう説得力ありすぎというね・・・・。

あと、"ゲイには結婚が無い"から『付き合ってもいずれ別れる』っていう真理を嶋が
「どんなに少ない時間でも良い、心変わりするまででも良いから一緒に・・・」って
言うあのシーンは本当にウルっときた。本当にリアル過ぎる。


ゲイに限らず、結婚に至らない恋愛なんて「いずれ別れるもの」じゃないですか。
でも「どーせ別れるから」っていう前提で付き合う人なんて居ませんよね。
それはどうしてなのかっていう、その心情をうまく表現できてるなぁと思いました。
この方の作品は他にも色々あるみたいなのでもっと読んでみようと思えた作品でした。

39

初心者の方にもオススメです。

何回も読み返したくなる作品です。私がBLを読み始めた頃に読んだのですが、いい作品で最初の頃に出会えてよかったと思います。

0

おもい...

おもい!
重かったっす...いやマジで...
でもすごいリアルで... 切なくて...
結ばれたのに離れ離れになって...
すごく重かったし、ずっとシリアスで...
面白い場面は少なかったけど
最後泣きました......それぐらい良かったです...。

嶋くんは過去にひどい扱いを受けていてそれを吹っ飛ばしてくれる外川さんが優しくて、でもそれが逆に悲しくて......
外川さんの過去ももっと重くて、それでも前向きでいて......
そんな2人のお話
ぜひ読んでみてください。

1

bl初心者にも

たしかまだBLを1,2冊しか読んでなかった頃、この作品のおかげでどっぷりハマりました。

絵柄もストーリーも地味目で重い話かなと尻込みしましたが、そこまでシリアスでもなくリアルっぽくて静かにお話が進行していきます。
BLというより、ゲイとノンケの恋愛ドラマっぽく初心者にも読みやすい本だなと感じました。
読み終えると程よく切なく、そして幸せに浸れるので、ふと思い出すたびに繰り返し読んでおります。
絡みもありますが激しくない、というか綺麗に描かれているのでそういうのが苦手な人にもおすすめです。一度は読んでほしい作品。

1

名作!

作家買いだったのですが、思っていた以上にいい話でした‼︎

以下ネタバレ含みます↓

嶋くんも外川さんもお互いに過去に重たいものを抱えていて、これは最後どうなるんだろう…まさかの悲恋か…?と思っていたのですが、最終的にくっついてくれて本当救われました。

基本シリアスっぽいのに、たまにはいる外川さんのギャグ要素がとても好きでした。心理描写がワンパターンじゃなかったことも楽しめました。また、スピンオフで嶋くんを好きになる前の小野田さんがみられて楽しかったですw

1

合わなかった

切なく泣けるBLを探していて、高評価のこの作品を購入しましたがまったく感情移入できず…わたしには合いませんでした!

7

不朽の名作

作家買い。本作のスピンオフを先に読んでいたんですが私はこちらの方がより好みでした。

過去のトラウマを抱える嶋が新しい職場で出会った上司の外川と体の関係から始まって惹かれ合い、恋に落ちていく話。

とても辛い過去を持つ外川さん。
それでも立ち直り、前向きに生きている姿や嶋に対する優しさに胸が締め付けられました。
過去のトラウマからノンケとの恋はもう懲りごりだと思いながらも外川さんに惹かれていく嶋。素直になれなくて不器用な彼に気付いたら感情移入していました。

ノンケの外川さんが嶋に惚れるのが速いと感じましたが読み終わる頃にはすっかり忘れていた程。ヨネダさんの作品は読めば読むほど良さが分かるので、何回も何回も読み返すのがオススメです。心理描写が巧みで、煙草などの小道具を使っての演出も見事。やっぱりヨネダさん凄いな~と。

スピンオフから読んだこともあり、嶋を好きになる前の小野田さんを見れたのは新鮮でした。

1

甘く切ないストーリー

ゲイがノンケに恋をして、最初は体だけの関係が徐々に両思いになってノンケだった外川さんから告白される。嶋にとっては願いが叶って嬉しいはずなのに、、、しかし嶋には過去のトラウマで告白を受け入れられない、とても切ないストーリーですね。
外川さんが転勤する前に2人で会って話していたシーン、好きなのに無理して突き離そうとする嶋、それを受け入れる外川さん、そして別れる最後にする悲しいエッチ。
何度読み返しても胸がズキンとします。
結局、最後にはくっつくのだけど、他の恋愛漫画にはない甘くて切ないストーリーが素敵でした。

1

私のBLの原点です

この作品を読んで間、ヨネダ先生の独特な空気感に当てられて、何も手に付きませんでした。読み終えてしまうのが本当に悲しくて、毎日少しずつ読んでは止めて、の繰り返し。一番好きなシーンは、外川さんと嶋くんが初めて二人で焼肉屋さんに行った帰り道、外川さんに頭を撫でられ俯いた嶋くんの表情が、読者側には描かれておらず、外川さんだけが唖然としてキスに及ぶ描写です。その時のノンケキラー嶋は、さぞいじらしかったに違いない・・・

3

アニメで映画にしてほしかった・・・

8年たってこの人気!!!

先日読み返したので、少し・・・
相変わらずの萌えですね。ゲイである嶋くんの悩みというか苦悩はありがちな話ですが、王道が萌えるんだ(/_;)
外川さんの過去が少し重めだけど、あの飄々とした外川さんの嶋くんへの愛情がたまらなく好きです!!一冊じゃたりない!!遠距離になっちゃったけどもっとラブラブしてんのが見たいんじゃ!!

と、いいつつも保存用と読むようで二冊購入しましたけどね(-_-;)
擦り切れるほど読みます。間をあけても萌えなおします。
ぜひ一読をば!!

3

映画になっていたので

嶋くんだけじゃなく、外川さんにも過去があって、お互いが相手の過去を考えさせられてしまうので、もどかしかったです。「同情ですか?」と聞く嶋くんに「同情だってなんだって情は情だろ、俺はお前に情が湧きまくりだよ」って外川さんが言うシーンがキューン!でしたね。
それと、嶋くんが体の関係だけだと思い込もうとしているのに、ある時普通に自分の家に来て、ご飯食べて、テレビ見て寝てしまった外川さんを見て、どうしようもなく泣きたい衝動にかられたというところも、ジーン

0

名作

二人がすれ違いつつもお互いを大切に思っているところがいいと思いました。ハッピーエンドになったので良かったと思いました。

1

大好き。

これを読んでblにハマってしまいました。
切ない話が好きな人にはぴったりじゃないかな。
ヨネダコウさん以上の作家さんをまだ見つけてないので、出てくるといいな!
それぐらいこの人の作品は心を揺さぶられます。

3

トラウマ克服だー

お友達から本屋さんで進められて即購入いたしました。作者さんは名前は知っていたし、作品も多分読んだことが有ったと思いますが、あまり覚えていません。
今回の作品はとても良い仕上がりです、心理描写やトラウマが切なくなりました。ゲイとノーマルとの垣根とか会社員というか社会にばれたらとか両思いになったとしても、ぐるぐるしている姿が健気です。
掛け合いがとても楽しいし、周りの仲間もいい味出していて今後にも期待です。
上司と部下の関係なんですけど、上司が攻めで小気味が良いし、部下の受けが頑な態度が段々と打ち解けて行く姿に涙ものです、可愛い
しかし転勤で離れ離れになってしまう・・
エロシーンも結構沢山出て来ますし、良い感じに仕上がっています、タバコやアルコールの小道具の使い方がとても良いです
素直になれるのか・・是非読んでみて下さい

3

合わない

う~ん…かなり高評価の作品ですが、私は合わなかった。
綺麗な雰囲気でカップリングも嫌いじゃないんですけどね、何だろ。
きちんと呼んだのに内容もほとんど覚えてない(汗)。

2

淡々とした

切ないラブストーリーでした。
外川さんの過去、辛すぎる。でも乗り越えて
皆を元気にしてくれる前向きなキャラクター。
嶋さんもゲイという事で辛い思いをしましたが
ハッピーエンドになってよかったです

0

ノンケ×ゲイのリアルさ

今更のようにレビューを。
ヨネダコウさんの作品では一番読みやすく、読者をあまり選ばないのではないかと思います。
個人的にはこの作品が一番好きです。
体格差とか年の差とか、わたしの美味しさのツボが詰まってますので。
あらすじはたくさん上がってますので感想のみ。

ノンケ×ゲイなので、基本スルスルとは行きません。
しかしそこが良いです。
ヨネダさんの絵柄はキャピキャピとは真逆なので、やはりリアルさを求められると思いますし。
泣くというほどではない(基本、コミックでは頭の中で想像する部分が少ないのであまり泣かない)のですが、ひじょうに切ない。
胸にギリギリきました。
もともと攻めキャラが好きなのもありますが、飄々とした外川が特に好きです。
彼はオヤジ攻めの資質ありでしょう。
今はまだ20代ではありますが(苦笑

BL読みに復帰して、コミックでは多分最初に買った作品だと思います。
わたしは、最初がこの作品で良かったなあと思いますよ。
今現在ずっぽりBL沼にハマってますしね。

5

普遍的なラブストーリー

初めてBLを読んで泣きました。私のBLの志向はわりとこういうシリアスなものが好きなのでゲイとノンケのあいだにあるそれぞれの葛藤というのはすでに読んだことのあるテーマでした。が、そういうテーマを読者にどう届けるかが作者の腕なんだなあ、と読み終わって生意気に感心したものです。

恋をする気持ち、恋をしたときの臆病さ、一人ではどうしようもできないのに言葉にするのは難しい複雑な感情。性別、性的志向に関係なく、恋愛をした人、大切な存在が出来た人が誰もが抱えるもの。この著者はシーン、言葉が巧みなのでしょうか、嫌でも自分の記憶が思い出されます。

私は主人公の嶋くんに感情移入しながら読んだので、相手を傷つけてしまったことに気付いたところなんか、後悔と自己嫌悪で嶋くんと一緒に辛くなりました。
でも、嶋くんは偉いんですね、頑張るんです。傷つけたと知ったとき、自分の弱さにも心底気づいてしまうんです、それってすごく辛いです、こんな自分を嫌いにならずにいられようか。自分は相手の望むものをあげられないから、きっといつか家族を作るためにゲイの自分からは離れていってしまうはずだと。
相手の望みを叶えられない自分を攻める気持ちでいっぱいになってすでにこころはズタボロなので、身勝手な考えに陥っていることに一人では気付けないんですね。やっと気づいたときには、すでに彼は遠く。でも、きちんと思いを伝えにいくんです。怖いだろうに、もう手遅れだと思っただろうに。気持ちを伝えるシーンはとてつもなく不器用でした、不器用というか精一杯というか、ほんとに気持ちだけで行動したというのが伝わりました。嶋くんに心のそこからエールを送りました、結果は大体想像つくんですが外川さんの反応がどうくるのか怖かったです。でも、ハッピーエンドで良かったです、良かったね嶋くん。

と感情移入しまくりで読みました。これは同姓愛の方のみならず、普遍的なストーリーだと思いますのでBLでくくられてしまう本作がもったいないです。と言いつつもBLを読んでいることをリアルに友人に言えない私はここて密かにレビューを書いて、著者へのささやかなエールとします。

3

ほんまに名作です。

話題だし読もうかな思てたんですが、元々ガッチリ系男子が好みなゲイの為に、なかなか女性向けのBLの絵柄に手が出せなかったんですが、開き直って色々手を出し始めたのと共に買いました。なので、ハマりだしたのがかなり遅いかとは思いますが、この思いをどっかで吐き出したかったので。
率直に言うとこんなに泣けるBLは多分もう出てこないんじゃないでしょうかってぐらい感動しました。ゲイ向けでもありますねこれ。
だってノンケと恋をしてゲイだとバレた時の周りの反応が怖いから冷静でいようとする主人公の考えや言動が凄く現実的ですし、特に自分自身が傷つきたくないが為に相手を突き放そうとする行動もわかるんです物凄く。
特にカラダからの関係で始まると、けっこう拗らせてしまうし、相手が家族を持ちたい願望があると手を引いてしまいそうになるその駆け引きの描写もかなり訴えかける感じで泣きながら読み進めてました。それでいて所々ある性描写は過激ではなく大人の恋愛って感じで決して無駄だと感じられなかったです。
長文失礼いたしました。

18

いいお話しではある

切なく、温かいストーリー。

たしかにそうなのですが、
なぜこの作品がこんなにもフィーバーしているのか
ちょっとわからないかなと思ってしまいました。

もちろんふたりが出会いそして心を通わせるまでの過程は
とても切なくてそして優しい気持ちになりました。
ですがそれも他の作品にくらべてズバ抜けてという感じでもなく
泣けて感動できる作品ならば他にもあるなと思ってしまい
なんだか周りの「どうしても〜」フィーバーに置いてきぼりにされてしまった感じがしています(´・_・`)

ヨネダ先生の作品でしたら
「囀る〜」のほうが私的には切ないかなと…




2

何度読んでもせつない

まさに不朽の名作!

過去の恋愛でトラウマを抱えてしまった嶋の心を少しづつ解きほぐしていく外川の自然体な優しさが大好きです。
徐々に惹かれあっていくふたり、そして一歩踏みだしていいのか葛藤する姿。
何度読んでもせつなく・心温まる作品です。

0

とにかく読んで下さい

BL好きなら全員に読んで頂きたい、そんな作品です。
まさしく人間ドラマ。葛藤と苦悩。
そして優しい思いやりが溢れている作品です。
落ち着いていて、まるで小説を味わっているような気持ちになります。
私は何回も繰り返し読み、その度に味わい深さを堪能しています。

私は本棚が小さいので、本当にお気に入りの漫画しか手元に
残していません。
どうしても触れたくないは勿論本棚入りです!

映画間に合わなかった為今度はDVDだなって思っています。

ヨネダコウ先生という作家に会えて私は幸せ~と思います!

1

その距離間がもどかしい

こんなに胸が締め付けられるほど苦しくなったことはない。タイトルの意味を理解した時、涙が止まらなかった。ゲイの嶋が経験した苦い思い出。それゆえに次の恋に進めず、自分の殻に閉じこもるように。そんな嶋の内側に入り込んできた外川。でも彼には嶋が抱えているよりも、ずっと深く重い闇を抱えていて。数々のすれ違いを超えてようやく触れ合える距離に近づいても、嶋は外川に触れることが出来なかった。どうしても触れたくないその距離に、読み手としてもつらいものがあった。

2

これはもう神作です(>_<)

ヨネダコウさんのファンになったきっかけになったのがこの作品*\(^o^)/*
これはもう、神作!!(>_<)
思わず入り込んで泣いてしまった作品でしたww
今まで読んだ中で1番内容が深いなあ、と思いました
切なくて、読んでるだけでもー胸がいっぱいになっちゃいましたww
ストーリーもしっかりしてて
ほんとにおすすめの作品です!

1

良いは良い

確かに良い話しで絵も綺麗ですが
私の中ではベスト10にも入りません…

どちらかと言うとファンタジーが
好きですのですごく現実的な内容でした。

1

感動

前々から購入しようか迷っていましたが、買って正解でした!
あまりBL作品で感動したことはなかったのですが、読み終わってから、もう胸がいろいろな感情でいっぱいになりました。

外川さんが嶋くんに言う、一言ひとことにすごく重みがあって泣きそうになりました。

本当にいい作品ですし、嶋くんと外川さんがとにかくきゅんきゅんします♪(/ω\*)

実写化のほうもドキドキしました♪
ほんとに買ってよかったです!

2

これは後からじわじわくる。

1回読み終わって、ちょっとして再読するとじわじわくる。作品かな。
最初に読んだ時は、さらっと読めて変に嫌なところもないきれいな印象だけで、特別な萌を感じることが無かったんですが、再読して相手の気持ちについて考えてみると急に愛おしくなりました。

外川が案外ロクでもない(笑)し、気遣いをする人なのにちょっと無神経なところもあって。嶋くん切ない~(;_:)と思いましたけど。小野田のナイスアシストに救われました。…主に私の心が(笑)

外川は歓迎会で嶋の離職理由に話が及んだ時に、なにかを感じて話を逸らしていたりして、外川さんステキ!!気遣いできる!!と思ったけど、嶋と関係しておいて『正直家族ってもんにはちょっと憧れんだよなァ』とか言って、全く意図してないけど予防線張ったみたいになってて、対しての嶋が『――外川さんは いいお父さんになりそうですよ』って返しが切なかった。その上、外川が嶋が帰る背中に『だってさぁ お前可愛いんだもん』て!なま殺し感ハンパない!外川さんほんとは悪い人なんじゃないよね!?と思いましたが、小野田のナイスタイミングのアシストがあったからこその外川の行動!
外で会う時は必ずエッチな事してた外川と嶋だけど、外川が初めて嶋の家に来た日は、コンビニごはん食べて、バラエティー番組見て、お風呂に入って狭いシングルベットでくっ付いて眠っただけ。
嶋の方はいつも通りエッチするんだろうなって思ってて『…これで最後だ これで…』と密かに決意してたのに…。
終わりにしようと思った日に、エッチが目的じゃなくて家に来られたら、いろいろと思うところあるんだろうな~と。ジタバタが止まりませんでした。

この本は、全体を通して静かに物語が進んで行くんですけど、嶋が表情を崩したとき、そのトリガになったのはなんだろう??と考えていくと、思わず萌えまくる事に気づいてからは、ほんとジタバタしまくりで良かったです。
そしてほんと小野田。いいよ小野田!!てか、小野田!でした←小野田愛ひどい(笑)でも、ほんといてくれて良かったw

1

脇役に持っていかれた

「それでも、優しい恋をする」を先に読みました。(その話も少し混ざってます)
ヨネダさんの作品は受け攻め両方に感情移入してしまうほど入り込んでしまうのですが、それらと比べると今作は心に響くものが弱かったです。
主人公の2人にあまり感情移入できなかったからだと思います。
でも楽しめる要素がとてもあったので萌×2になりました。

嶋君の可愛さはよく分かりませんでしたが、彼は魔性のノンケキラーなのだそうですね。(「それでも~」で小野田が言ってました。)
こいつとなら…ゴクリ。という雰囲気を持っていて、そこに戸川が引っかかったと。
戸川は性別の拘りが薄そうだし、普通にバイだと思っていたのでノンケと言われて逆に驚きました。
それよりも問題なのは手の早さなのではないかなと思います。
しかも入社したての部下って冷静に考えたらなかなか凄いと思いました。
彼の真剣度とか感情の変化などを読みとることが難しかったです。
嶋君はミステリアスさや健気な部分よりも、戸川をバッサリといなしている時のほうが魅力的に見えました。

でも一番グッときたのは嶋君の元彼です。
自分の世界を必死に守ろうとあがいている部分が、滑稽でもあり痛々しくもあって思わず引き込まれました。
同情はしないけど、どこにも持っていきようがない気持ちと嶋君に対する甘えも垣間見れて脇役なのに凄く気になる存在です。
なんというか、彼が一番生々しさを感じました。
こういうちょっとした脇役がただの酷い男で終わらないのが他の作家さんと違うなと思う所です。

あとやっぱり小野田!!
あて馬にすらならない草食系ですが、恋人がいる人を好きになって早々に諦めることなんて普通にあるよなとも思いました。
好きになったタイミングに笑えましたけど。
そんな小野田のささやかな想いすら許せない戸川にも笑いました。
この作品の小野田を見ると「それでも優しい恋をする」で出口さんとくっつくことがとても驚きです。

読み方が少しずれているのかもしれませんが、ほのぼのな内容でも凄く面白そうだと思いました。

3

どうにか、と泳ぐ。スクわれる為に。


萌かどうかだと判断し難い。
絵柄的にもえっちシーンに萌えたりすることはないのですが、やはり何処かリアルな言い回し等に涙する作品。
題名も成程と思える程ではないけれど、何かを否定したいのが伝わってきます。

受の嶋くんはすっごくネガティブ。
攻の外川さんは語尾を伸ばすあたりに実は嶋くんよりも心を開かなそうな、そんな感じが含まれていると思います。
過去、過去、な話です。引き摺った二人。
これから未来を生きるのかといえば、そうでもない感じも。
過去を想って生きるような気がします。

「年上の前ではまだって言え」だとか電話のシーンだとか、そういうさりげない台詞に現実味を感じるのはヨネダさんの強みだろうなぁと。
こう言いたい時、人はどう言うか。
自然と練られているようでした。

何かを抱えて何かに臆病な人が、自分の常識で想定していたこと以外のことが起こるとどう思うのか。
それを「幸せ」と捉えずに、「怖い」と捉える。
サプライズだ!わあ〜じゃない。
何で?どうして?自分がこの人を変えたのか?自分の所為で…こうなっている。

外川さんの設定が辛いもので、嶋くんも合わせるようにオフィスBL(シリアスめの)ならでは…といった感じだったので、「ありがとな」に変わる、外川さんを変えるような一言があればいいなと思いました。
この場合のありがとな、は、何だか悲しい。

トラウマ×トラウマは、彼らの周りか間に、ずっと寂しさが佇んでいるような気がしています。

あと個人的には小野田さんがノンケじゃなくなるそうでよかった。外川さんはやっぱり年下彼氏の為に煙草やめませんか!高田くん、君は良い奴…
この三点です。

確かに情は情だけれど、同情以外の可哀想が外川さんにあるから……子どもを育てる二人が見たいです。
なんとなく。そう考えると少し微笑める気がする。

2

ひねくれ者の自分が悲しい…

切なくも甘いストーリーに綺麗で繊細な絵…。普段なら間違いなく萌2以上の評価をつけていたことでしょう…。しかし、しかし私は哀れなひねくれ者。たくさんの神評価を前にそこまでは面白くなかったな~と思ってしまったのです(´・ω・`)これがもし何の評価も見ずに読んでいたらヤバい作品を見つけてしまった!と大喜びしていた気もします。淡々と薄暗く丁寧なストーリーにひたすら酔うこともできたでしょう。評価が良すぎて期待値を上げすぎたがゆえの悲劇です。この作品をまだ読んでいないひねくれ者の同志に告げます。そんなに面白くなかったから期待せずに読めよ!

5

うーーーん

今年この作品の名前を聞くことが多く、映画化もされていて評価もなかなかだったので、これははずれないなと思い購入しましたが、私のハードルが上がりすぎていたのか面白かったけど言うほどでもないなといった感じでした。

素直になれない受けに過去あり攻めといううますぎる設定で、ストーリーもしっかりしていたけれど、私にはちょっと平坦な感じに思えて1回読んで満足という感じでした。でも泣きました。泣けるのは間違いない。

3

これはハマる

ここの通算ランキングで他を寄せ付けない評価数で上位を独占しているヨネダコウさんとは一体何者なのかと気になり過ぎて、その中でもダントツ1位だったこの作品から読んでみました。

すでに相当数のレビューが付いていますので内容に触れるのは割愛しますが、神評価に全力で納得です。
こんなにもきちんと男同士がマイノリティであることを根底に置いて描いているBLはないんじゃないでしょうか。
痛いです。。。
嶋くんが外川さんのような男性に出逢えて本当に良かったです!

1

腐の道への案内人

腐の道へ入ってから、5カ月になりますが、きっかけはこの1冊でした。
購入するにあたり、前評判を調べたりするのですが、泣いたの記載が多数で
ほんとに?泣けるの?BLで?と安易に手に取ったわけですが、
すみませんでした、甘く見てました。
嶋くんの受けの目線で、書かれているのですが、読み進んでいくうちに、
嶋くんになって、外川さんを想って、ガチで、ぎゃん泣きしてました。
読了してから、印象に残るストーリーは、一波乱を超えて、か~ら~の、
❤なんですが、これはトラウマが一枚かんでますね。
本来は、甘々シュチュエーションが好きなんですが、腐の道案内本としての
神評価にしました。

2

神としか言えない


最初は絵が好みじゃなかったから
買わずにいたけど
レビュー評価をみてついに買ってしまいました!

読んだら完璧にハマりました!

今ではヨネダコウ先生の大大大ファン!
ヨネダコウ先生の作品 同人誌を含めて
全て持っています(笑)

先生の作品は登場人物の行動や気持ちが
最小限に書かれている、という印象です。


なので何回も読んでしまい
どんどん世界観にのみこまれていきます(笑)


この作品では恋愛にトラウマをもっていて
なかなか前に進めない嶋、
辛い過去をもっているが前向きに生きている外川。

この2人の距離感が絶妙です!

私のオススメ作品NO.1です!!

1

再度読み出して

ここ数年BL漫画ってのに全然読んでなくて、また読み出して1番最初に手を出した作品です。
今まで切ないシリアルなお話は読んでいなくて少し手を出すことにも迷っていたのですが、

切ないっていうか、胸が苦しくなるようなそんなお話でした。最後には二人とも幸せになってほんとよかったって思います。
定期的に読みたくなる作品の一つです。

1

綺麗

今更ながら読みました。
とりあえず、「綺麗」の一言でした。
切ないとは聞いていましたが、想像以上です。
本当に切なくて泣きそうになりました。
正直こういう切ない系のBLを読んだのは初めてに近いのですがとても良かったです。

一度結構前に古本屋かどっかで手にとって立ち読みしたことがありましたが、すぐ戻した記憶があります
でも、今思えば凄く良い作品にもっと早く気づけてたのになーって思います。
実は受けや攻めの「ゲイ」設定、それに対しての「ノンケ」設定は苦手だったのですが
そんなのは気にしないくらいおもしろく読めました
外川さんのあの、かるーい感じのキャラも良いですし
嶋くんの根暗だけど言うときはいう感じのあの二人の間の雰囲気がとても好きです。
本当に笑あり涙ありですね。
BL本を読んでこんな泣きそうになったのは初めてです。

外川さんの過去を聞いて
家族っていいなぁ的なことを聞いてから
いっぱいいっぱい考えて
外川さんの幸せをと思って引こうとするけど
やっぱり好き。
でも、自分の過去のトラウマが怖くてやっぱり考えて。
嶋くんのあの悲しそうに笑う感じ。
あれは本当に切ない。
切ないけど最後は嶋くんもちゃんと思いを伝えて
遠距離だけど、連絡取り合ったりよく会ったりしてて
なんか、ホッとしました。
終わり方も凄く綺麗で好きです。
(内容と違うこと言ってるかもしれませんがあくまで私の感じ方です)

あと小野田さんのあのポジション。
凄いですね。
紳士です。惚れました。


1

可愛すぎ!

高評価だったので買ってみたら…もう最高!
嶋君がとにかく外川さんの事を意識しまくってて可愛かったですね///
ヤること散々やってるのにちょっと触れられたとか軽いキスとかで顔真っ赤にしちゃって…ニヤニヤしまくりですよw

2

切なさで涙が溢れました

色々なところで高い評価がされているので、前から非常に気になっていた作品で、見つけた瞬間全力で買いましたとも。
…想像以上でした。
切なさと甘さ、そして嶋くんの可愛らしさと外川さんの格好良さ(※一見ダメっぽいけどサラッと助け船を出すとか素敵過ぎやろっ!)がもうすっごい良かった゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
嶋くんの電光石火なツッコミも楽しかった。

でも楽しいだけなわけがない。
口論して一旦距離が開いちゃう時なんてもう…「禁」と書かれたタバコの箱に涙腺ぐわっとなりましたから…。・゚(´pωq`)゚・。うぁ゙うぁ゙ぁ…。
タバコの箱というアイテムにあんなに心揺さぶられると思いませんでしたよ。

嶋くん、外川さんお幸せに~☆^(*・ω・)ノ~~~

小野田さんも素敵な男性です。
オマケ漫画には笑いました(*≧m≦*)プププw

もっと早く読めば良かった。
本当にこれはもうお気に入りの一冊となりました。
手放すなんて考えられないっ!

2

はじめて読んだオリジナルBL

オリジナルBL漫画をはじめて購入して読んだのがこの一冊です。
外川と嶋の過去もさることながら、外川の一言

「俺に過去を、恨めっていうのか」

。・゜・(ノД`)・゜・。
ああああああ!!!!!!

バッドエンドでも曖昧エンドでもなく、きっちり甘々ハッピーエンドで安心しました。
はじめて読んだオリジナルBL漫画がこれで良かったです( ´ ▽ ` )ノ

2

クライマックスシーンで全てが結実する構成美

なんと152番目のレビュー!
もうこの上評価もレビューも必要ない!と言われそうですが、実写版鑑賞記念に、ダメ押しの神評価を重ねちゃいます。
映画の感想もほんの少し書いてしまうので、ネタバレNGの方はご注意を・・・

今や腐を自称する人なら誰もが知っている作品ですから、あらすじの説明は必要ないでしょう。
連載中の「囀る鳥は羽ばたかない」同様に、この作品では主人公2人(外川と嶋)が、それぞれ不幸な過去に起因するトラウマを抱えています。
外川の場合には、或る雪の降る日に、母親が仕掛けた無理心中で家族を失ったという重い過去、嶋の場合には、同性である自分を好きになったことが恋人を苦しめ、人格を豹変させたという、恋愛の傷痕。
この、2人が抱えるトラウマが、2人の恋の成就によって見事に昇華される・・・というところが、この作品の大きな特色に思えます。
勿論そんな構図の作品は決して少なくはないのですが、「どうしても~」は、その見せ方が抜群にうまい、という意味で、ここがポイントなのかなと。

見るからにトラウマを抱える嶋と、一見、不幸な過去に負けない強さと明るさを備えた外川。
しかし、外川もまた実は心の奥底で救い=愛される確信を欲する人間だったということは、最後の最後、描き下ろしで明かされます。
一方が一方を救うという構図ではなく、お互いがお互いにとって救いをもたらす存在、という構図を描き切るのは、簡単ではないはずですが、この作品では、2人それぞれの心情がとてもバランス良く描写されているんですよね。
作中、心理描写のウエイトは嶋のほうに置かれているため、ダイレクトに響いてくるのは、嶋の側の心情。
ただ、その場その場では自分の感情を受け止めるのが精一杯な嶋が、時間を置いて少し冷静になると、外川の苦しみにも気づいていく・・・という形で、嶋の眼を通した外川の心情も、時間差で見せられていきます。

嶋との別れを決意した場面で外川が言った言葉、
「お前は酷い奴だ 俺に過去を恨めっていうのか」
は、そのシーンでは敢えて読者には「聞かせず」、後日の嶋の回想の中で、初めて明かされます。
胸を抉るような外川の言葉と、その言葉の真意に気づく嶋の表情とが共鳴し合って、もうめちゃめちゃ切ない。
この場面、何度読んでも涙が止まりません。
辛い恋愛経験のせいかネガティブな雰囲気を漂わせる嶋という人間には、個人的にあまり魅力を感じないんですが、このシーンばかりは嶋も外川も、2人ともが、切なく、美しくて、惹き込まれます。

そういう部分の見せ方が、とてもテクニカルで、まさに匠の技。
奇をてらわず、素材の目新しさを追わずに、とことん見せ方で勝負した作品だと思います。

クライマックスの、ふりしきる雪の中での2人の抱擁にしても、およそ使い古されたシーンにもかかわらず読むたびに心に沁みるのは、外川にとって忌まわしい記憶そのものだった「雪」が、初めて幸せな思い出に変わった瞬間だからこそ。
2人のトラウマの昇華と、恋愛の成就が、全てこの雪の抱擁シーンで焦点を結ぶという構成の美しさに(あまりに自然にその瞬間が訪れるため、一度や二度読んだだけではこの高難度なワザに気づきさえしないんですが)、ただただ感嘆させられます。

個人的には、冒険的な試みも含まれている「囀る~」のほうに惹かれてしまうのですが、何度読み直してもよくできている――と言う意味で、これはもう神しかないなと。
ほんと、今さらなんですが。

◆ちょっとだけ映画の感想◆

映画は、原作に忠実に作品の幹を捉えた作りになっていました。
ただひとつひっかかってしまったのは――
外川がBLの攻めが絶対に脱いではいけないアレを脱いでしまうこと!
家に帰ってさっそく原作を読み返しましたが、原作には彼がアレを脱ぐ場面はありません。(正確には、脱いではいるけど描かれてはいない、と言うべきでしょうか。)
映画はBL的美意識に敢えてとらわれないスタンスなのかもしれません(といってBLという特異な世界観の作品が原作である以上、BL以外のものにはなりえない気はしますけど)が、個人的には、ちとげんなり。
百歩譲って脱ぐとしても、黒パンはなぁ・・・

しかしタイトルデザインの的確さはさすが! やはりキーワードは「雪」ですよね。

8

yoshiaki

むぼちさま

ゲイ術なんて・・・嬉しい汗をかきました(;^_^A アセアセ
ありがとうございますぅ

むぼち

yoshiakiさんが下さったお返事の最後の二行に、傑作BLと出会った時くらいの衝撃と感動を覚えています。

私と同じ映画を観て、たぶん私と同じように、「漫画>映画」と感じられたに違いないのに、この発想の違いはなんだ。

yoshiakiさんのお陰で、映画への評価が「観なくても良かった」から、「観てよかった」に変わってしまいました。

きっとBLに限らず、世界の全てが、yoshiakiさんには、より豊かに、意味あるものに映っているのでしょうね。

ほとんどの人には見えないことを、取り出して見せることが、芸術ではないかと思います。
yoshiakiさんも芸術家なのだなあ、レビューなどを拝読し、たびたび感動させられるのも、無理はないなあ、と思います。

yoshiaki

むぼちさま

コメントありがとうございます。映画観に行かれたんですね!

>せめて、色はグレーにして欲しかったなあ。

グレーはアリなんですかwww
でも黒はなんだかゲイビっぽくて、ちょっと違和感ありますよね。
三次元で観ると、出来事としてはこれだけのことだったのか・・・ということが見えて、逆に「これだけのこと」がこれほどの情感を生む二次元の凄さを思い知らされました。

むぼち

私も映画を観てきました。
yoshiakiさんのご感想どおり、確かに、黒いおパンツはナイですね。
BLの攻様とはいえ、彼はそこまで性的に描かれてよい人ではないと思います。
せめて、色はグレーにして欲しかったなあ。

繊細な感情の動きなどは原作を思い浮かべて補完するしかなくて、漫画の表現力を思い知った作品でしたが、終幕で「原作 ヨネダコウ」の文字を見た時は、ヨネダ先生の熱烈なファンでない私も少し感動しました。

yoshiaki

むぼちさま

コメントありがとうございます!
だ、抱かれたい・・・うひゃ(≧▽≦) わたし攻めちゃっていいんですか?(照)

私はBLは二次元が最高だと思ってるんですが、映画もこの作品の一つの解釈を味わうという意味で、面白かったですよ。軽くオススメです(*'ω'*)

むぼち

yoshiakiさんの素晴らしい読み解きによって、この漫画が一層面白い、魅力あるものになりました。
私なら、「一度や二度」どころか百回読んでも気付きませんね!
ヨネダ先生でさえ、無意識なのではないでしょうか。(そうならば、無意識にできる、ところも天才的だと思います)

「レビュアー萌え」問答に投稿する勇気がないのでここで言わせて下さい。

私にとって、抱かれたいレビュアーナンバーワンはyoshiakiさんです!!!

気になりつつ買わなくてやっぱり気になって買いました

前々からすごく話題になっていて、気になってたものの、感動涙もんのお涙頂戴話なのかな〜と思って買ってなかったんですが、やっぱり気になったので買って読んでみました!
重い話で読了後は落ち込むかとおもったのですが、セリフの自然な流れとか人物の表情の自然な感じが、実際に起こった話のようにスーッと頭に入ってきました。最後らへんは本当に感動しました!切ないです〜。やっぱりハッピーエンドはイイですね〜。嶋君支えてくれる人見つかってよかったね〜涙
外川さんと嶋君のケンカというか別れ話エロシーンめちゃエロかったですごちそうさまです(^p^)嶋君エロいわ〜嶋君エロいわ〜

BLでたまにあるツンツンすぎてすぐ逃げる主人公、追いかけまくる半ストーカー気味な攻め、問題が起きた時にお互い喧嘩別れして数日経過、数ページで問題解決エチして円満ってパターンに会うたびに、何でこいつら逃げてばっかで気持ちぶつけねーんだよー受けも受けでちゃんと向き合えよ〜泣 て思うこと多々あったんですが、このお話はお互いちゃんと向き合ってて、胸の内をさらけ出して、素直に気持ちぶつけ合ってて、これだ!これぞBLの恋愛だ!!と思いました。
お互いが問題に向き合って一歩ずつ進んでいく過程がよかったです。BLはファンタジーといえども、やっぱり気持ちぶつけ合う場面を読んでると感動します。

2

評価に流されない

評価がとても高い作品で、手に取ってみたくなりますよねw

個人的には「神」と付けましょう
ヨネダコウ先生の空気感と言いますか間が自分は好きなのですが

わーと叫ぶほどの波はありませんが
とにかく薄暗い中をフラフラしている感じに陥ります
最後の最後で鍋のシーンで救われたような気がします

この作品では脇役ですが小野田がいい味を出してくれます
次作品では大活躍ですがw


好みの作品ではなくても1度は手に取ってみることをお勧めします

2

再読して……

以前読んだ時、いい話だが何故それ程大絶賛されるのか分からなかった作品。
今回「それでも、やさしい恋をする」を読んで、再読してみました。

よくできた作品……というのが、再読しての感想。
ただ、何か特別な思いを残すか?と言われたら、残念ながら私にとっては違いました。

以前に読んだ時にも感じた、映画的な作りやセリフの秀逸さは流石。
表情や行間を読ませる描写は好きですし、全体のまとまりもいい。
ただ、個人的には主人公2人にそれほど心が動かないというのが大きいかな。
何故お互いに、特に外川が惹かれていくのかがよくわからないけれど、
そこは雰囲気に流されて読めばOKと言う感じでしょうか。
大筋の納得よりは、細部のセンシティブさで読ませる感じでしょうか?

最後の外川が高校に上がる頃のエピソードは、
人間ドラマとしては胸に迫るのだけれど、先に嶋との恋愛話を読んでいるだけに
作品の作りとしてはちょっとあざとい感じが否めませんでした。
ウルッと来たんですけれどね!

個人的にはスピンオフの「それでも、〜」の方が好き。
ひとえにキャラに対する好み度の違い(出口>>嶋)だと思いますが、
遡って読むと、小野田のキャラがピンと来なかったこともあるかも。

10

画面から伝わる空気

沢山のレビューがあるので今更ですが,実写化記念に(´ω`)とりあえず一言。外川さんカッコよすぎ!!!とくに後ろ姿にキュンキュン(///ω///)n[g

本題→コチラの受:嶋くんはとにかくネガティブで話を暗く重くしていきますが,攻:外川さんの明るい性格でバランスが重くなりすぎず,思ったよりサクサク読めます。
暗く重く話が進む割には画面から伝わる空気がどことなく温かく優しく,繰返し読めば読むほどハマっていきました。

こちらの本は中古で買ったのですが後悔です(;´д`)新品を買い直して大切に大切にしたいという取り扱い行動は神本ですが,人様にオススメする度合いとしては萌②です。

2

本当に、本当に好きです。


この作品は、今まで買ったBL作品(借りたもの含む)の中で一番お気に入りです。

ヨネダコウさんの作品はこれがはじめてだったのですが、この作品がきっかけでヨネダコウさんの他の作品も買いました。

書店とかでよく、表紙が見えるように置いてあるのは見ていたのですが、もっと早く手に取っていればと後悔するほどです。


エロいだけ、甘いだけではない、ストーリーがしっかりしています。

いままで3,4回読みましたが、毎回号泣です(笑)

2

なんだか泣ける・・・

実写化ということで、もう一度読み返しました。

最初に本を手に取った時「~触れたくない」という意味が?でした。
最後まで、それも何度か読んでいるとわかってくる・・・
そんなストーリーでした。

派手な恋愛ドラマではなく、静かな大人のお話でした。
生きていればこそつらい経験もしてきた・・・
トラウマになるほど、辛く悲しい過去。
恋愛に臆病になることもある。わかっていても1歩前に踏み出せない・・
そんな受け嶋くんと、同じように辛い過去を抱えながらも
ぐいぐい自分を出していく攻めの外川さん。

好きがゆえにその先が怖い嶋くんが出した答えに、外川さんが言った言葉
「お前の気持ちはお前のモンだけど・・俺の・・・
お前を好きな気持ちまで踏みにじる権利はない」
のセリフにグッときました。外川さんカッコいい!

最後には静かなハッピーエンドに・・
「幸せだ・・・」
この一言が、2人の未来に光をさしてくれた気がしました。

同僚(後に課長)小野田さんも良い方ですよね。
なんだかちょっと場がなごむ感じでした。





3

良作ではあると思います

実写化するらしいので読み直しました。

評判がよかったのでずいぶん前に買って読んだのですが、あんまり印象に残ってなかった作品です。再読後も印象は変わりませんでした。
よくも悪くも静かな話というか、筋立てはさておき書き方に起伏がないので終始シリアスな雰囲気です。淡々としてます。攻めは飄々としてるし受けは無表情キャラなので、よけいその雰囲気に拍車がかかっているかんじ。攻めがノンケなんですけどこれといって受けに対する感情にじたばたしないんですよね。キャラの個性として消化されてて不自然ではないんだけど、なんだかもったいない。受けには攻めが言うようなかわいさを感じず、愛着があまり持てませんでした。
基本的に明るくて軽くてときどきおばかなエンタメエンタメしたBLが好きなので、合わなかったんだと思います。

とはいえ絵はきれい(受けのほくろがまあ色っぽい)だし、話はすごくしっかりしています。とくに攻めの過去にまつわるエピソードと、それをダシにする受けがよかった。少女漫画じみたべたべたしたモノローグがないところも好きです。よくできた作品なので、読んで損するってことはないと思います。

12

ツボが違ったのかも。

切ないと評判なので、期待して読んだ記憶があります。
それで「?」となりました。
確かに切ない状況かなとは思うのですが、全く入ってこなくて。
切なさのツボが微妙に外れてしまっているのかもしれません。
そもそもノンケの筈の攻が受に傾いていく過程が早いというか、あっという間にそういう事になっていた印象です。
男女なら、これもありかなと思うのですが、男同志でどうだろう。
それでもなおっていう何かが欲しかったのかもしれません。

映画化されるそうなので、そこらがどう変わるのかは気になるところではあります。

神評価乱舞の中、こういう評価の人もいたよという事で。

24

なんかわからないけど

気付けば泣いてました。
なんだろう…思いが込み上げてきちゃう感じ。

読んだのは今更ですが、この本に出会えてよかった。
心からそう思えます。
うまくレビューできないけど、これだからBL好きなんだよな。

2

神評価になるのわかります。

今まで読んだ中でトップ3に入る作品です。何回読み返しても最高です。

2

神以外の評価があるであろうか?

私がBLを知ったきっかけは他の作品でしたが、
BLに引き込まれたのはこの作品です。
今となっては「あぁ私はこういう切ない葛藤のある話が好きなんだな。うん。どうしても触れたくないは私のドストライクだな。」
なんて冷静に思えますが読んだ当初はもう衝撃的でした。
ぼろっぼろ泣いて毎日のように読んでいました。
先にも書いた通りこの作品の一番の魅力は葛藤だと思います。
最近のBL漫画はさも当たり前のように男同士で恋愛しているようなものも多くありますが(もちろんそういった類も大好きです)この作品は自分がマイノリティーであるとおびえているというリアリティーのある点があるからこそ深みがあってそれが魅力になっていると思います。
本当にすばらしい作品でした。
まだ読んだ事がないという方は是非一度、ティッシュを準備して読んでください(笑)

3

噛めば噛むほど

この作品を買ったのは、私がまだBL好きなりたてだったんですけど、
神評価がとにかく多くて買ってみたら、
あれ?そこまで...?
って感じで、本棚の奥深くに眠ってたんですよ。

最近、ヨネダさんの『囀る鳥は羽ばたかない』をお友達にかしていただいて、凄くよかった!
そういえば私、ヨネダさんの作品持ってるじゃないか、と思って、奥から引っ張りだしてきて読んだんですよ。

皆さんの神評価も納得‼あー...いいなぁ...って。
気付くのがとても遅かったですねww
色々な作品をよんで、色々なジャンルを経験してわかりました。大人のおっさんって静かに萌えますね。

その上、読めば読むほどいいなぁと思えるんですよね。

『囀る鳥は羽ばたかない2』も読み終わったことですし、また読むとしようか。

1

ファーストキスは焼肉と煙草と酒の味

初対面は今にも吐きそうな臭い男、初めてのキスも流れで
そんな29歳のSEと24歳のSEのラブストーリーです

リアルをプラスに評価するかマイナスに評価するかで真っ二つに評価が分かれそうです
なかなか感情を暴発させず、みんな『読めない』のも今風でリアルですよね
よく漫画だと会社でも啖呵切ってたりしますけど
(ついでに、それに対して社長が感銘を受けちゃったりもする)
そんなことしでかしたら、今のご時世すぐクビですからね……

本物のゲイカップルの裏側を垣間見た気分にさせてくれるので
街中でリーマンがイチャついてるのに萌えられる方にもオススメです
(私はBLは二次元専門)

『泣けるBL』としてよく紹介される本書ですが
号泣というよりはじんわり系です

5

心に残る作品

ヨネダコウ先生の、世界観が好きです。無言の間とか、登場人物の気持ちにシンクロしながら読めます。
最初は「どうしても触れたくない」というタイトルにひっかかりました。(凄い作戦!?)
珍しいタイトル。「触れたい」ならば、カップルが好き同士なんだなと予測できるし、頭に引っかからなかった。でも触れたくないとくれば、え?なんで?触れたくないのは何に対して?まさか相手が嫌いなの?とかすごく興味を引かれました。

読んで結局、「触れたくなかった」のは・・・トラウマだったのか何だったのか曖昧です。まだ頭の中に??が残っています(笑)

お話はとてもシンプルで現実にありそうながら、こんなハッピーエンドもあるんだなあと、幸せな気分になりました。
ゲイではなくても主人公の気持ちに共感できる部分もあります。恋愛で怖い経験をすると、人は倍以上に臆病になり、気持ちを隠すしかなくなるから。
それに対して戸川さんの愛情は広く深いです。サバサバしててふざけているっぽいのに、とても真剣で、傷だらけの嶋くんを包み込んでくれるような人です。
戸川さんの幸せを奪ってしまうかもしれないと踏み出せなかった嶋くん。それでも頑張ってみたいとやってきた京都で戸川さんが「ありがとう」と言った場面はいろんな気持ちが溢れてジーンときました。

番外編ではその後週末の遠距離恋愛してるなあという話。あんなに不安だったのに、幸せって思えて、嶋くん良かったよ。

1冊の短い中で上手に完成されています。、ストーリーが解りやすく、登場人物にも愛着が沸いてくるし、感動しました。(小野田さんもすごく良いキャラでした)最高に素晴らしい作品でした。

4

身体に染みる切なさ

嶋のトラウマと外川の過去はそれぞれに重くて苦しいものですが、それを本人以上に相手の方が慮ってしまう。
傷を癒そうとするような心の寄り添いがまた却って相手への負担になってしまったり、スレ違ってしまったり。

表情の乏しい絵とコマ割りの多いせいかスローモーションで見ているような錯覚と無言の中に痛みが凝縮されているようで心が掻き立てられます。

嶋が外川に与えてあげたい世界と外川が嶋に与えてあげたい優しさが、想えば思う程切なく、ゲイであること、ノーマルであることの覚悟を突き付けているみたいでとても息苦しい。
嶋の一歩がとても重たくて一挙手一投足隅々までがもどかしくて待ち遠しい。
ラストまで集中の切れない素晴らしい作品でした。

5

何度読み返しても涙がこぼれます。

私は最初電子書籍で購入したのですが、どうしても紙媒体で読みたくて後日コミックスを購入しました。
コミックスを買ったのは、コマ割りが絶妙なのでこれは是非きちんと全体を見たい!と思ったからです。(私が最初に読んだのは携帯のコミックシーモアです)

何度も何度も読み返していますが、繊細な感情の描写と登場人物の微妙な動作や台詞、間なども良く、ストーリーも完成されていて且つ萌える場面もあると思います。

ただBLというよりML、絵柄もややクセがあるので万人受けはしないみたいですね…。
加えて、「うわああああああ萌ええええ!!!!!」と滾るような感じではなく、熱い気持ちがこみあげて胸が切なくなるような萌えだと思うので、自分の求めているものと違った…と思われる方もいらっしゃるのかもしれません。冒頭は電子書籍の試し読みが利用できるので、購入前に確かめてみるのがよろしいかと思います。

ともあれ、私はこの漫画をオススメします。この作品には神以外の評価をつけられません。本当に素晴らしいです!
このレビューを参考にして頂けたら嬉しいです。

5

半年後、再読したらやっと良さがわかりました。

初めて読んだのはまだBLの道に突っ込んだばかりのとき。
レビューを読んで、よしこれにしてみようと決意し、恐る恐るレジに持っていった記憶があります。笑

しかし、そのときはさらーっと読んでしまい、
あれ?好みじゃなかったのかな?とちょっと拍子抜けだったんです。その後2,3回読んでも変わらず。

しかし半年後、BLにもどっぷり浸かり、いろいろ読み漁っていたころにふと思い出して再読しました。
そこで…うるっときました。初めてのときとは大違いでした!

さらに半年後、いつまでも衰えない独特の静寂が気持ちいい…すっかり神BLの仲間入りです。

細かい内容は他の方がたくさん書かれているので割愛しますが、
もしかしたらこの本は、ドタバタしていることの多いBLをたくさん読んだ後、
(という私もドタバタなラブコメ ー世界一初恋や腰乃先生作品などー がストライクゾーンなのですが)
あーこんな雰囲気も素敵だな…良かったね…ホロリ。
と、くる作品なのかもしれません。

5

何故?

驚きのレビュー数。そして驚きの神の数。
期待しすぎたか?それともBL歴が浅すぎてよさがわからないのか?

本当に全くわからない。

まず嶋。感情を表すのが下手というより感情があるの?と疑問に思ってしまった。
なんかこれじゃ、彼を会社から追い出した前の会社の彼の方が人間くささがあって同調できるなぁなんて考えてしまった。
外川は嶋のどこに惹かれたのか、全くわからない。

そして外川のトラウマが、なんかさらりと書かれすぎていてもっと掘り下げてほしかったし、心の内を見せてほしかった。

なんてうか、お互い心の本当の奥底が見えず、さらりと終わってしまった感があって、読み終わったあとなにも残らなかった。

20

はなのすけ

ピピンさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

そうなんです、そうなんです!
凄く評判がいいので自分に問題があるんじゃないか?と思い、レビューを書くのもかなり躊躇ったんですが、やはり合わないと思う人もいる。ということも書くべきだなと思い書きました。

なるほど。何回か読んでみると理解できるのかもしれないですね。
頑張って読み直ししてみます。

ピピン

同感でした。
私も初読みでは、良さがちぃともわからなかったです。
3回読んでみて「あ、なるほどね」とやっと得心いった感じでした。
どうも私はヨネダコウさんのマンガの読み方がわからないようです。
皆が褒めている本を、「わからない」と不安ですよね。

孤独のあとには。

ドラマCD聞いて買おう!と決めて買いました。

つうかこんなにレビューがある作品ってあります???
130を超えるレビューに驚いてます。
それぐらいBL好きの心をわしずかみしたんですねぇ。
ドラマCDのほうが感情豊かに表現されてるのでわかりやすいですが
原作はまた霞がかった二人の距離感が表現されていてよかったです。

二人の初キスが焼き肉とたばこ臭いってのがリアル~。
ヨネコウさんのリアルな男くささがまたみんなの萌え気持ちをふるわせるんでしょうなぁ~。
孤独なノンケが孤独なゲイにホレていくさまはすごく引き込まれます。

明るいようで暗い過去をもつ攻めとトラウマを抱えたゲイの恋模様
二人がお互い必要としあって魅かれあう過程は萌えますなぁ・・・・。
遠距離の二人に挟まれる小野田は大変だ(笑)

5

私には合わなかった。

ヨネダコウさん初めてです。
絵はスッキリしていてよかったのですが、話と雰囲気が暗い、それに萌え所が全くなかったです。

嶋は暗い過去があるのはわかるけど、もう少し笑った顔とかみたかったなあ。そういう設定だからしょうがないのか。ホクロはかわいい。過去に好きな男にフラれてイジメみたいなの受けてたけど、相手の男にすごくむかつきました。女々しい!嶋かわいそうです。

外川の喋り方がなんかダメでした。それに外川の過去がかわいそうすぎます。辛い。

CPを好きになれない。私の中ではダメです。
最後はハッピーエンドなんですけど、そこで冷静に無表情で見てた私。
好きな作品なら、顔ニヤけたり泣きそうになったりそのハッピーエンドの部分を何回も何回も見たりするのですが、この作品では何も思わなかったなぁ。

二人とも基本かわいそうなので、一回読んだらもうそれでいいかな。


12

まさか泣くとは思わなかったな~

人気作らしいので手を出してみたのですが、
泣いちゃいましたね~!!
体だけの関係で大丈夫だと思い込んでいるシマ君の、
つよがりが可愛かったです。
外川さんは中身は鼻の下伸ばしてるエロおやじっぽかったけど、
この人かっこいいと思った。
辛い過去にメソメソしていない男らしさがよかったです。
最後にシマ君が外川さんに会いに行くところは超泣けました。
感動!

5

自分には普通。

表紙は素晴らしい。タイトルも切なく、レビューもいい。絶対に購入してしまう作品。だか、神作品とまでいかないです。自分がこれまで多くの作品を読んできた中では別に珍しくないストーリー、これ以上の切ない作品を経験してるせいか自分には読み終えてもこんなものかって感じで終わりました。良く言えば、blとしの王道、切なさ苦しさを詰めこんだ涙を誘う万人受けしやすい作品。悪くいえば、癖がない。きっとbl歴が長く、多くの作品を読んでる人には物足りない。読み手側に考えさせられる何かが足りない。以上。

9

「お前を好きな自分が嫌なんだよ」

この本のレビューしてなくて自分でビックリしました。

この本は名作だと思います。絶妙な間とか雰囲気とか
お話の内容とか、どれをとっても凄く良く出来ています。
ホモの話だけど、結構共感できるところもあったりしてw

例えば「お前を好きな自分が嫌なんだよ」とかw
私も昔おんなじことを言われたことがあります。
そういうことを言う人は自分のエゴをめっちゃぶつけてくる。
だから嶋くんの気持ちがわかるっていうか、
あそこまで臆病になっちゃう気持ちが分かる感じが
しました。

そして、一番突き刺さったセリフは
「俺のお前を好きな気持ちまで踏みにじる権利はない」です。
当然のようなセリフだけど、言われてハッと気付くというか……
”どうせ別れるんだし”とか最初からネガティブな気持ちを
抉られる感じで素敵でした。

3

触れたら終わってしまう

外川さんが嶋に言った「なんか変なコトしたくなるよお前」がすごくよく分かります。
他人となるべく関わらないように壁を作っている嶋ですが根本的には人と【関わりたくない】わけではないと思うのです。普通の人間関係くらいは無事に築きたい…んじゃないかなぁと。
臆病になっているからすごく小出し小出しというか。
逆にそういうのだからこそ興味をもたれるのですよね。
外川さんは普通の人で、しかもどちらかといえば面倒見の良い、部下思いなところもある、ちょっと臭いしちょっとやかましいしちょっとややこしいけれどイイ人ですよね。しかも黒髪天パの短髪ってあたりもたまらんと思います。

臆病になっていた嶋だからこそ外川さんの強引さが怖くてそれでいて嬉しくて心地よくて、嶋にとっては最初から外川さんの存在に救われていたんでしょうね。NEXTに入社して、こわごわだったことを何もかも気がつけば外川さんが取っ払ってくれていった。
嶋はだめだだめだって、そう考えていても外川さんはぐんぐん歩み寄ってくる。【どうしても触れたくない】っていうのは、それ以上触れてしまうことが怖いのかなと思いました。触れて、もっと近くなったら、また離れる。この時の嶋には望みなんてちっとも持てなかったんだろうな。
外川さんは、はじめこそ構いたがりからはじまって、そうして過度に触れていくうちに時を過ごすうちに嶋のことを知って、変なことしたくなる・構いたくなる。
強引なはずの外川さんが嶋のTAGでの過去を知ったときに、いつもならなし崩しでセックスがはじまるところをただ抱きしめて傍で眠るだけにしたあの夜は…ある意味で嶋にとってもはじまりの時だったのかな。
つらかった過去を溶かしてくれる。ただ肉体関係を結ぶだけじゃなくて、そばに居るだけのことも選んでくれる。でもきちんと受け入れられない。

この本では終始、嶋の葛藤に充ち溢れていました。
外川さんを信じたい、でも困らせたくない、もう嶋自身も困りたくない、悲しい思いも辛い思いもしたくない。だから触れたくない、もう触れたくない、でも触れたい、触れたくて触れたくて仕方ないけど、触れたらだめなんだって。
嶋の少し困った顔、照れた顔、読者である私でもこんなに苦しくなったり辛くなったりするのですから、そばに居る外川さんは胸をかきむしられるような思いなのではないかな。ポーカーフェイスを、つくっていても。たばこを吸っていても…。
たくさんの愛でくるみたくて、自信を失っている嶋を満たしたくて、つとめて優しくする外川さんの行動にも胸打たれました。これで嶋も自信持ってくれれば…いいんですけども…!

外川さんが本社に転勤して、そののち嶋が引き出しのなかからあの頃にあずかったたばこを見つけてしまうあのシーン。嶋と共に泣いてしまいました。
あたたかくくるまれるような優しい愛をしっかり感じていたのに、どうして逃げてどうして触れなかったんだろう。どうして突き放すようなことをしてどうして傷つけたんだろう。
嶋の心が痛いほど伝わってきました。すごく切なかったです。

雪がふりしきる京都で、ふたりがまた出会ってきちんと心を通わせれたこと、そうしてそのあとのベッドシーンはとても素敵でした。お互いのことを確かめあうようにしっかりと触れ合っている様子に安心しました。
臆病な嶋のことを外川さんは大切に大切にしてね、そして外川さんが抱える家族への憧れや懐かしい記憶を、嶋が癒してね、そう思いました。

番外編での小野田さんのメールはもう……「仕方ないんじゃないかな!!」
だって外川さんだってそうだったわけですしね!(笑)

9

でも、やっぱり。触れたい、

表紙の、触れるか触れないかの距離感が素敵。
触れたいけど、触れたくない。


一見飄々とした外川と
人間関係に潔癖な嶋

家族に憧れる外川と
それを与えられないことに苦しむ嶋

嶋を可愛いと思う外川と
外川に惹かれながらそれを諦めようとする嶋



「可愛い」

愛しい


「同情」

愛情



「情」という名の「愛」
執着のような独占欲ような、切ない感情が作品全体を包んでいる。



 お前に出会えて よかった



一生のうち、ひとりでもそう言ってくれる人に出会えれば。

6

BL歴長いですけど、久々に胸に刺さる素敵な恋愛物語に出逢えました

ヨネダコウさんのデビュー作。
トラウマがあり恋が始まる物語という王道路線の話です。派手さは全くない、説明は少なめで淡々としたシンプルなストーリーなんですが、登場人物の言葉の掛け合いだったり、表情だったり、テンポよく進む会話、読ませる行間だったりが凄く絶妙でした。絵柄も上手すぎるというわけではないんですけど、お話のテイストにとてもよくあっていました。全体的に説明は少なめですが、丁寧に描かれているのでとてもリアルな作品です。一つの作品としての完成度が、本当にきらめいていて、デビュー作とは思えない、奥深い魅せてくれる作品を作り上げた作家さんに脱帽です。久々に凄い人がでてきたなあと嬉しくてなりません。題名とカバーイラストも素晴らしくて大好きです。

内容は、ノンケの上司・外川さん×トラウマを抱えて恋に臆病になっているゲイ・嶋くんのお話です。嶋くんは、上司である外川にひかれているけど、辛い恋をひきずっている彼は…そのうち飽きられる、迷惑になりたくない、早くやめないと…グルグル可愛いんです。せつなくて、健気で愛しいんです。ホクロも色っぽく好きでした。攻めの外川も、過去に色々ある大人の男性だけれど、ガサツに見えて凄く思いやりある優しい人。大人な2人なだけに、現実味のある心の葛藤と、言葉だけではない、思いやりあふれる行動と間がいいんです。気がついたら2人の世界の虜でした。
雪という重要なモチーフが全編通して現れるのですが、最初は冷たく悲しいイメージをまとっていたものが、最後は『ありがとう』の一言で、ほろ甘い暖かな幸せを運んできてくれます。涙なくては読めませんでした。本当にリアルな恋愛を見た気がしました。人間の出会い、気持ちの移りゆく様を、魅力的に「絵」で余すところなく描かれた素敵な作品です。
読後感も確実に心に何かを残される素晴らしい作品でした。しばらく放心状態でした(笑)しみじみ良いお話だったなあと嬉しくなりました。

わすれてはならないサブキャラの小野田課長が、おもしろい素敵な人でいいんです(笑)

BLジャンルだけに捕らわれず、セクシャルマイノリティーの恋愛物として、BLを読まない方でもおもしろいと思う1冊です。もし、まだ読んでいない方がいるなら?是非オススメさせて頂きたい作品です。

7

疑って読んだけど泣いたよね。

随分と前から存在は知っていたこの作品。
発売から約5年?を経て、やっと手を付けました。

BLを読んでない頃の「BLってちょっと気になるな~」レベルの時から
名前を聞いていた作品だったので、本当に有名なんだね…
でも!
だからこそ、読まず嫌いだったというか。
期待しすぎてそうでも無かったらいやだなぁって思ってました。
そんなことなかった。泣いたよ。。。

リアルな世界では、
実際、嶋くんみたいな心の葛藤があるんだろうなと
悶々と考えを巡らせたりもしました。
BLはファンタジーと思う面もあるものの、
実際にゲイの友人がいる自分は
結構こういうリアル感がある作品を好んで選んでる節があるので、
よりリアルで、「くる」モノがあったんだろうなぁ。

ヨネダコウさんの別作品も読んでみたくなった。
893モノ好きじゃないから躊躇してるのもあるけど、
女装モノダメと言いながら他作家さんのでハマったやつもあったしな…

とにかく、「リアルを感じる切ない系」が
自分のドストライク好みなんだな、と
実感できた作品でした。

5

萌えた

純粋で切なくてこれぞBL!!みたいな感じの作品でした。
絵も綺麗だし、耽美系です。
ホモが普通なBLが多い中で、同性愛のことをちゃんと触れてる、でもゲイじゃなくってBLですって感じ。面白いです!!

5

クライマックスの大胆さ

はかなげで壊れそうで、
庇護欲を掻き立てられるルックスを持ち、
トラウマから人と関わることを避ける
素直じゃない性格の嶋。

彼の仕草や表情は、
いちいち萌えツボを刺激します。

最初のキスシーンの
嶋の困ったような不安そうな表情などは
無自覚な小悪魔というか…、
いっそ魔性性がある気がします。

お話自体は、
深く人と関わることを恐れ、
傷つきやすくネガティブな嶋が、
外川と出会ったことで
自分らしさを取り戻して行くという
ヒューマンドラマ風味のBL。

序盤では死にそうな顔をしていた嶋が
後半では笑顔を見せるのが
純粋に「本当に良かった」と思えます。

そして、いっそ恨まれても、
忘れずにいてくれることに希望を感じる
嶋の深い想いが、外川に届いて本当に良かった。

台詞や心の声などは控えめで、
視線やふとした表情、雰囲気などで
読み手に判断を委ねる場面が多く、
それがこの作品の美しさに繋がっています。
言葉がなくとも、感じ合い、お互いを
大切に思う気持ちが伝わって来ます。

そして何事にも動じないノンケの外川が、
嶋だけに見せる弱さに心を揺さぶられました。
トラウマの描き方も、
これみよがし感や浮いた感がなく、
この世界の空気になじんでいて自然でした。

また、クライマックスはコマも絵柄も大きく、
たたみかけるようなドラマチック展開です。
息をつく暇もなくグイグイ引き込まれ、
二人の生み出す空気感に
どっぷりとはまってしまいます。

盛り上がり後のエンディングは
とても優しい雰囲気です。
私は、外川の寝顔を見つめながら、
幸せだと一人泣いてしまう嶋のお話が一番好きです。

静かで深い、暖かな幸せです。

10

今の時代の空気感にピッタリ!のメガヒット作品

私がレビューする必要ないほどの大大大ヒット作!!!

今更内容について触れる必要はないと思いますので、
メガヒットの理由について勝手に分析してみようと思います。
決して酔っ払った勢いなどではなく、真面目に考えました。←前置きする所が怪しい

この作品は「過去に付き合った相手に酷い仕打ちを受けて恋愛に踏み込めないでいる嶋君」と、「ノンケだけど相手の心にドーンと踏み込むことが出来る外川さん」というキャラが異常なほどマッチしていると思いました。

嶋君という人間は、恋愛に臆病なのは傷ついた過去も影響してはいますが、元々相手に踏み込んで自分が傷つくことが怖いと思っている「立ち入らないことが優しさ」のタイプだと思います。だから前に付き合っていた人とは分かり合えずにあんな事になってしまった気もします。嶋君が変に空気読んで自分の気持ちを伝えないから。
一方外川さんは相手の心の中に入り込んでそこに座り込み、一緒に笑ったり苦しんだりすることが出来る大きな優しさを持った「立ち入ることが優しさ」のタイプだと思います。
二人が違うタイプの優しさを持っているためにすれ違うんですが、ところがデコとボコが一旦噛み合うと最強のカップリングになるという。これ以上ないほどお似合いの二人じゃないかと思います。

嶋君の優しさは一見相手を思いやってのことのように見えますが、自分が傷つかないための防衛手段であることは明白です。嶋君だって本当は外川さんが自分を傷つけるような人じゃないと分かっているはず。それでも嶋君のようなタイプは「外川さんを傷つけて、自分も傷つくようなことが起きたらどうしよう」と思うわけです。それだったら最初から傷つかないための防衛手段として外川さんから離れたほうがいいんじゃないかと考えます。

ここがこのストーリーの最大のポイントじゃないかと思います。
相手の心に踏み込まないことは優しさではあるけれど、でも例え傷つけ合うことになったとしても、
相手の心に踏み込まなければ深い絆や深い愛情が生まれるわけがない。

でも誰しもが踏み込んだ結果、相手を傷つけたくないけど、自分も傷つきたくない。
多分こう思うことは自然なことだと思います。
特に恋愛に関しては傷つきたくないと思っている人は多いと思います。

だから嶋君が傷つくかもしれないけど、それでも勇気を出して外川さんの所まで追いかけて行った姿や、正直に気持ちを伝えた場面に感動した人も多かったんじゃないかと思います。

また外川さんのほうも嶋君よりよっぽど重い過去があるけれど、それを前面に出していない所がこの作品の良い所だと思います。そういう部分を見せつけるわけでもなく、かと言って隠しているわけでもなく。
何かを乗り越えた人物として登場したところに、重苦しさがなくてウケたんじゃないかと思います。こういうのをもっと重く出して欲しい人には物足りなかったと思うのですが、傷をえぐり出して見せつけるような人物として外川さんを登場させてしまうと、嶋君はああいうタイプなので恐れをなして近づくことは難しかったように思います。

外川さんタイプの人はどの世代にもいるタイプだと思うのですが、嶋君タイプは新人類に多いタイプだと思います。
というわけでこの作品は嶋君のような「立ち入らないことが優しさ」であるというタイプに共感できるかどうかで作品への評価が大きく分かれそうだと思いました。
嶋君タイプが理解不能、めそめそ泣くなんてそれでも男か!好きなら好きって言え!!と思った人には全然楽しめない内容だったと思います…。

内容自体は王道中の王道ですが、二人の重い部分を全面に出さずに、今の時代にマッチした空気感で描いたことがヒットに繋がったのかもしれません。

それに、嶋君のような過去に傷ついて臆病になっている人間が、誰かに強引に説得されたわけじゃなく、自分から外川さんの所に飛び込んで行ったことが、感動を呼んだのではないかと思いました。傷つくことを恐れて防波堤を張っていた人間が、自分の殻を破って相手の方に飛び込むっていうイベントこそが今の時代の人が求めている人間関係なのかもしれません。
傷つかないために上辺だけの付き合いをしたって、本当は虚しいですから。

他の作品にもこの作品と似通ったような設定はいくらでもあると思うのですが、
この作品は他の作品と違って、唯一、嶋君タイプの人間が相手の心に飛び込む瞬間までの道のりを実によく描いている作品だと思います。

で、ここまで長々と書いといてなんですが、
…とか言って実は大人の事情で売れただけだったらビックリだわ。
いやでもかなりの実力のある方には間違いないです!

すみません、ヒットの理由を理屈っぽく書く事はできませんでした。ただの感想です←
なのでお分かりだとは思いますが、誰かにこの考え方を押し付けようと思って書いたものではありません。ほぼ自分に向けて書きました←おい!

11

触れたくてたまらない今でも

コミック発売時期になかなか手に入らなかった思い出があります

文章力のない私が今更語れることは
ない気がしますが

大好きでたまらない作品です

嶋は正直どうなのよ?と思います

・初出勤日に外川に名前を聞かれ
「そっちこそ目ついてますか」
声のトーンや雰囲気もあるだろうけど
文字でみるとイラっとしました

・外川から預かった禁煙マーク記入のタバコを見て
泣き崩れます
職場でそんなの迷惑です

嶋ってどうなんだよと
イライラしちゃうのですが

間違いなく何度読んでも
時代劇の印籠のごとく
次タバコくるくる!とわかっていながら
必ず涙してしまう自分がいます

とにかく外川が良い男です
というか、大好きです嶋羨ましい

ついついかまいたくなる
その様子が踏み込みすぎず
引きすぎず、非常に心揺らします

初めてキスをした時
外川は 見られちゃった と言います
もごもごする嶋に、チュウと言う間
僅かな時間だと思いますが
逃げない隠れない
まっすぐな外川はが現れていると思いますし
嶋も、見られても恥ずかし隠したいという
態度じゃないことにきがついたのだと思います

嶋の葛藤は外川の過去を知ったことで
より重い強い葛藤を抱えます

子供を産むことができない
これは、男女であっても色々な事情でありうることですが
男と男であれば、そもそもってことですので
基本の基本である、元の根源から
悩んだと思います

一方外川はそんなもんとはっきり言ってくれます
辛い想いをした分以上に優しさを持った
優しい男ですね

二人の性格が現れているのが
情事のあと、嶋は上半身も布団かけてますが
外川は上半身出しているあたり
かわいい

好きすぎて文が長くなってしまいすみません
とにかく、大好きです
正直ヨネダさんの絵柄は好きとはいいきれませんが
ヨネダさんの描く男は大好きです

髪切ってすっきりしたか?
と言っている外川の表情最高に好きです

普通に恋愛していても、辛いことがあるが
気持ちが通っているのに、その相手から
ひどい仕打ちを受けてしまうこと
二人だけではなく、社内の人間も巻き込んでの
トラブルは、簡単になくなるわけないので
嶋の怖さは切実だったと思います

嶋のいう頑張ってみてもいいですかは
一方踏み出した強い意思ではないのかな


小野田のスピンオフシリーズも最高に面白いので
是非是非読んでみてください

外川最高


4

鼻がぐずぐず・・・。

このサイトでの神評価の多さに魅了され購入。
エロ重視だった私の価値観が変わった一冊でもあります。

私が涙もろいだけなのか、泣きました。
泣けるBLです。
個人的にはドストライクでした!
おすすめです♫

4

心にじわりと染み込む物語

初めて読んだのは発売日頃だったと思います。
「ノンケ」の外川さんと「ゲイ」の嶋くんのお話。

『どうして俺は男なんだろう
 不毛だと知りながらどうして恋をするんだろう』

この言葉の中に嶋くんの心の葛藤が現れていると思います。
過去の出来事から家族に憧れを持つ「ノンケ」の外川さんに
「ゲイ」の嶋くんは家族を作ってあげることは出来ない。
こういう葛藤って男同士ならでは、なので私は好きです。

淡々と進んで行くので凄く読みやすいです。
どこにでもありそうなお話でさらりと読める。
それなのに、読み終えた後は胸がぎゅーっと
締め付けられるような切なさと暖かさを感じます。

過去にとらわれて、立ち止まっていた二人がお互いに
一歩を踏み出し、共に未来を歩み始めるまでの物語。

何度も読み返す事で、深みが増していく作品です。
きっと、いつの間にかじわりと心に染みこんでいます。

4

初々しいというか…ピュア??…おっさんだけど



レビューの評価が高かったので買ってみました。
失敗したとは思いませんでしたが想像してたよりかは涙は出ませんでした;

でもこれは個人的なもので自分が見てきたBLでほんとに心がずたぼろになるような
もっと世界観が広い号泣ものを読んでいたから、ただそれと無意識のうちに
比較してしまっているからだと思いますが・・・;

こんな事言ってますが2回は読みました笑、ので萌萌にしました

でも読んだあとは何か暖かくなりましたね。
嶋の素直じゃない感じ、てんぱるとよく喋る
とか、可愛かったですね、いじらしいというか。
ノンケにはもう…、だけど…っていうどうしようもなく
外川に惹かれて。

外川の軽い感じも好きでした。からかってんのか本気なのか、みたいな。
ふわふわした感じ。
まぁでも彼も彼で過去があって、またその過去に嶋も引っかかって・・・
中後半の栄転話のあと、切ないですよねぇ。。。お互い。

すごいネタばれ的な感じになっちゃいますが・・・
場面ごとでの外川のセリフには切ないものがありましたね

俺の お前を好きな気持ちまで踏みにじる権利はない

俺に過去を恨めっていうのか

ってけっこう胸にきましたね

1番きたのは それならそれで 忘れずにいてくれるだろうか

かなぁ…あれはお互いの心だったのか、はたまた嶋だけのものだったのか…

振り返ってみるといいシーンが多々ありますね
嶋が泣きだすとこも…あの場面で泣かされた人も多いのでは

迷ってる人は是非。
いい歳の男2人ですけど触れたくて触れたくなくてっていうのが
初々しいというかピュアというか。いい言葉が見つかりませんけど;
タイトルのおっさんはちょっと言い過ぎたかな;
外川さんもまだ若いです…まだ笑

3

泣けました!

評価の良さに前々から気になっていたので買ってみました!
内容はすごく感動しました!
最初の方は「あれ?なんかそうでもなくない?」とか思ってたんですけど、そうでもありました!!!

ただ、私はどちらかというとハッピーなほうが好きなので、神よりかは一歩で!

でも、本当に感動したし、絵も素敵でした!

他の方もいっていますが、最初はたいしたことない風に思いますが、
じっくり読んでみると最初とは違った印象を持てるお話だと思いました!

3

始まり

もう読んだのは数年前ですが僕がBLを読むきっかけになった作品です。

今までBLってエロいだけのものだと思っていたのでこれほどストーリーがあるなんて知って当日は衝撃でした。

僕自信、男が好きだということもあって嶋くんの気持ちに共感するところが多かったです。

何か特別な魅力を感じざるをえない作品だと思います。

9

初めてBLで泣きました。

今まで読んだ中で一番好きな本です。

4

かさぶたのような恋

初めて目を通した時に、涙した本です。
嶋は過去をひきずっていて、もうノンケは嫌だと思っていて、それでも外川に惹かれていきます。
外川はちゃんと嶋のことが好きなのに、嶋は受け入れる事が出来ません。

明確な関係性を示した言葉(恋人とか)は最初は出てこなくて、それでもふたりが惹かれあっている事は読んでいて判ります。
関係性を一度明確にしようとして、関係が壊れて、そしてまた…。
涙が出るというのは、きっと傷つけあった経緯がとてもリアルに感じるられるからかな、と思います。

4

不器用さが切ない

ノンケとの辛い恋愛経験で、二度と同じ過ちを繰り返さないと誓っていた嶋。
なのに、外川が気になりどうしても意識してしまう。
外川もそんな嶋の様子に気付いていました。
そして、なんとなく勢いでヤッちゃいます。
この、最初のキスとエッチの時の嶋がカワイイです!
「なんか変なコトしたくなるよ、お前」と言うスケベな外川の気持がわかる(笑)

その後も関係は続きますが、嶋は過去の辛い経験が忘れられず、
外川に強く惹かれながらも悩みます。
そして外川もまた、嶋を本当に好きになるんですが・・・
そんな時に外川の栄転が決まります。

この、別れの場面が本当に切なかったです。
外川の事が本当はすごく好きなのに、いつか飽きられ捨てられる事が恐くて、
どうしても外川の気持を受け入れる事が出来ない嶋。
本当に不器用で繊細で、なんかもう可哀そうで痛かったです・・・

そして外川が去った後、ある日偶然外川が残した煙草を見つける嶋。
急に今までの色々が関を切って溢れだし、泣き崩れるシーンは、
もう涙なしでは読めませんでした・・・
雪の舞う中での嶋の不器用な告白は、もう私までキュンキュンしました。
遠距離恋愛になりましたが、本当にハッピーエンドで良かったです!

ところで、短編の「小野田課長は憂鬱」は笑えます(笑)

4

感動。1度は読むべき。

ほんと、とにかく泣けた。
シリアス系大好きな私にとっては最高でした
買ったのはだいぶ前ですが、今でも読み直して感動しています

受けの嶋くんが無口だったぶん心理描写で感動しました
過去のことがあってノンケと付き合うのが嫌、相手も過去にいろいろあって、男と付き合うことで人生を台無してほしくないない。でもこの人のことが好きで、…
一歩踏み出すのが怖くて、踏み出した先に見えるものも怖い。
そうゆう繊細な嶋くんの感情に泣きそうになりました。
私的にはもうちょっと嶋くんの過去の話を掘り下げて書いてほしかった(^^;;

いまさらレビューするのもどうかと思うくらい有名な作品ですが買おうか迷ってる方はぜひ読んでみたほうがいいです(*^^*)

4

涙無しでは読めなかった

シリアス系を読むこと自体があんまりないからなのか、
切なさともどかしさがこみ上げてきて、
泣かずにはいられませんでした。

嶋の過去を辛く思う気持ちや、
外川さんに対する嫌われるのが恐いと思う気持ちなど、
本当に外川さんを好きになっていく心の変化すら切なかったです。

それに対して外川さんの、
嶋の不安を取り除いていくやり方が大人の男らしさに溢れていて、
とてもかっこよかったです。
タバコの止め方は本当に心に刺さりました。

最初から最後までずっと面白かったです。
萌えなどの評価をするような内容ではないと思うのですが、
私の中では神評価以外はありえませんでした。

とても大好きな作品です。

4

触れたくて仕方ない

私がBLの世界に嵌るキッカケとなった大事な作品。
好き過ぎてレビューなんて恐れ多くて、繰り返し読む事もいつの間にかしなくなっていたこちら。
今更私があらすじ等々説明する事は要らないと思ったので、好きになって数ヶ月、改めて読んでみて思った事を。

淡い色使いの表紙。
自ら触れようとする外川に、触れないでとまるで拒否するかのように彼の手首を掴む嶋。
風が入り込み靡く、レースのカーテン
嶋の頭上と外川の指の隙間から差し込む、明るい光。
儚く戸惑うような雰囲気が溢れている画と色使いに心が捕らわれます。

前の会社できっと死ぬ程辛い思いをした嶋は、ノンケである外川に惹かれる自分を止めようとする。
それでも自分に踏み込もうとする外川に、しては駄目だと思いながらも期待してしまう。
そして外川の栄転。離れ離れ。
もうこれで最後だと会いに行ったのに、まさか告白されるだなんて思いもしなくて。
嶋の怖さと弱さが最初から出ていて、不安定さが滲み出ています。いい意味で。

外川は嶋自身に降りかかった事や過去、トラウマ、ゲイである事を真っ向から受け入れようとする。
けれど、怖さ故、外川の過去を理由に離れる為の御託を並べる嶋。
どちらも正解だと思うのです。
怖いと思う物は人それぞれ。二度と傷付きたくないと思う気持ちも人それぞれ。

嶋は、自分の本心に触れて欲しくないのだと思う。
きっと好きになって近付いてしまったら、嶋は二度と離れられないと自覚しているのだと。
でもそれではだめだ、外川の未来をつぶす事になる。
家族愛が薄く、「家族に憧れて居る」と口にする外川の、ささやかな夢を摘み取る権利なんてない。
だから、もう踏み込まないで。触れないで。
そんな言葉が、嶋の悲痛な思いなのだと感じるのです。

本当は触れて欲しくてたまらない。
あたたかい気持ちで包み込んで欲しくてたまらない。
少し頑固で感情を表にあまり出さない嶋は、人一倍、そんな愛に飢えているんじゃないかと勝手に思えてしまう程、かげのある子だな、と思います。

外川だって、触れたくてたまらない。
明るくおちゃらけている彼だけれど、本当は当たり前にある筈だった愛情が薄い。
隣にいて熱や思いをしっかり感じられる人を欲しているじゃないかな、と。

同性である事、体を重ねる事、相手がゲイである事、栄転を受け入れる事。
外川は怖いものをまるで知らないかのように向かって行ける不思議さがあります。
それは、なくしたくない強い思いから来るもの?
でも、そんなに簡単なもの?
それが少し、疑問に思ってしまいました。


2013年には、脇役として出てきた小野田さんと、本作同人誌でメインとして出てきた出口さんのお話がスピンオフとして描かれると知りました。
(同人誌はほぼ小野田さん目線。これからスタートする連載は出口さん目線だとか?)
『どうしても触れたくない』のメインの2人の他にも愛されるキャラクターが居るだなんて凄い事だと思います。

BLの世界に嵌るキッカケを与えてくれた事に感謝。
暫くぶりに読み返してみても、特別変わった話ではないけれど、機微な動き、繊細さ、細やかさ、それらは健在でした。
心に触れる為の困難を乗り越えていくような、そんなお話に感じました。

2

今の気分に合った作品なのでしょうか

作品自体は悪くないのですが、今更私がポイント追加するのは本意ではないので。本音は中立レベルです。
否定的意見はあまり書きたくないのですが、ここでの評価の高さのに同調できなかったので、あえて厳しく書かせてください。

私がBLを読み始めた頃は、とんでもなく泣ける作品や心が痛くなるようなキツい作品が幾つもありました。胸にずっしりときて、苦しくてのたうち廻ってしまうような感覚を与えてくれる、そういった作品がもてはやされる時代だったのでしょう。
今はよりリアルを追及し、痛みをえぐりだして見せる手法でなく痛みを感じ取る方向がもてはやされるのだなぁと妙に納得してしまいました。
約10年前から台頭していると思われる、リアルさを感じれる設定や、ある意味そっけない描写の集大成的作品がコレなのかなぁと。

なかなかいい作品だと思いますよ。素敵なシーンもある。
でも私は彼らに感情移入しきれず仕舞いで、残念です。もっと過去のトラウマを感じとれる描写であって欲しかった。もっと多くを語る画面、もしくは紙面を尽くして彼らの心情を見せて欲しかったなぁ。いい設定だと思うのに。
そういうことを求めること自体が、世代のギャップなのでしょうか。。

人物について言わせてもらうと、嶋があまりに女々しくてですね、せめてあの職場で泣き崩れるシーンだけは止めて欲しかった。リアルにやられたらドン引きですよ。外に出て、泣いてください。

全体の質は高いと思うし、よく纏まっているとも思います。でも、えらいこっちゃと思ったり、ずーんと胸にきて残り続けるまでではなかったのです。泣きたかったんだけどな。
むしろこのあとの作品がどうなっているのかが気になります。偉そうに申し訳ないのですが、今後に期待します。

18

普通・・・?

レビューが相当だったのでハードルが上がったのか
読後の感想は・・・・「普通・・・?」

絵も綺麗で切なくて(ちょい設定が重い)読み応えもありました。
買おうかどうしようか迷っているのなら「買いなよ」と言います。

最後の 最後の
小野田さんに向ける嶋くんの表情が どーーーしても今一歩のように感じて
残念でなりません。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う