空を抱く黄金竜

sora wo daku ougonryu

空を抱く黄金竜
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神14
  • 萌×29
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
8
得点
127
評価数
33件
平均
3.9 / 5
神率
42.4%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
リンクスロマンス(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥855(税抜)  ¥923(税込)
ISBN
9784344830561

あらすじ

小国の王子・エイプリルは国が貧乏なため、隣の強国に出稼ぎ騎士として来たが、そこで騎士団長・フェイツランドに執拗に構われ…!?

表題作空を抱く黄金竜

フェイツランド36破壊王と呼ばれる騎士団の騎士団長
エイプリル16小国ルイン第二王子ながら騎士団に入団

その他の収録作品

  • いつも一緒に
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数8

すれようがない無敵の16歳

世話焼き天然王子(受けさん)がすごく好きなタイプでした!
それにほれちゃうおっさん(36歳)も超不器用そうでめちゃ可愛い。
バーとかあれば、酒のまして ぐちらせて 慰めてあげたい(笑)
それで萌2.お涙頂戴系があれば、多分神。
キャラがあっさりしてるからですかね、さっくり読めました。
いろいろ書き込まれていて、他のキャラもちゃんと書き分けてあって生きてる感じがして
読み物としてとても面白かったです。

やっぱ育ちがいいと、あんないい子(受け)になるのかなあ。
いい子過ぎると けっ ってなっちゃう時もあるおばさんなんですが
この子は大丈夫。(筆者の筆力?) 頭ぐりぐりで いい子いい子したくなりました。
攻めさんおいといて、この子が息子にほしい・・・
というように癒されたい方にはオススメです!

1

20歳差に萌えるー!

表紙のイラストですとかなりショタ風味ではありますが、中の挿絵を見るとそこまでではありませんので、ショタ苦手…という方でも問題ないのではと思います。
わたしはバッチ来い!なのですがね。
美味しい20歳差ですし!
ああ、30代攻めと10代攻め…素敵(うっとり)。

********************
受けのエイプリルは、極々小国なルイン国第二王子で、出稼ぎ(涙)のためにシルヴェストロをたった一人で訪れた16歳。
実はその出稼ぎには隠された秘密があって…

攻めは大国シルヴェストロの騎士団長、フェイツランド(フェイ)、36歳。
破壊王という異名を持ち粗暴で大柄ですが、畏敬の念を周囲から持たれる戦士でもあります。
********************

どうやらいわゆるショタ趣味(笑)らしいフェイは一目でエイプリルを気に入ったようで、顔合わせ直後に自分の世話係に任命します。
まあ、それが幸か不幸かわかりませんが(苦笑
このふたりの関係、実は色々混み入った話があるのですが、それは中盤までフェイの趣味というものに目隠しされております。

このお話、あまり続き悪い人って出てこないのです。
騎士団の宿舎が中心なので最初から登場人物が多めなのですが、こいつ実は裏では嫌なやつ?というわたしの捻じ曲がった穿った考えはことごとく否定されました。
それは『月神〜』の方でもそうでしたので、作者さんの持ち味がそういう方向にないということなのかもしれませんね。
なので、安心してキャラたちの作り出す世界観にひたってOKなのです。
まあとにかく、騎士団副長のノーラヒルデと師団長のマリスヴォスも気になりますし、武具管理を任されるジャンニも気になるーということで、萌えキャラ満載。
ぜひ、スピンオフ希望です!

ただその分、登場人物が多い場面では誰が喋っているのかわからないシーンが多々あり、その辺りをちょっと読者に気遣って欲しいなあと思います。
そして地の文。
すべてがエイプリル視点というわけではない(エイプリルの心情は()内で表現)と思われるのですが、しかしエイプリル視点であろう部分、そしてそんなエイプリルを見ている人間の思うことがゴッチャに書かれています。
もう少し淡々と第三者(天の視点)視点で表現されるとファンタジーを読んでいる感が出て、違和感がないのになと。
ただこればかりは作者さんの書きやすさがあると思うのでなんとも言えないのですが、ただ読んでいてそこがひじょうにファンタジーとしては残念でした。
ファンタジーはどうしても世界観の説明が必要なので、登場人物から離れた視点の方が違和感が少ないかなと思うのですが。

こちら『月神の愛でる花』の派生作品かとは思うのですが、イラストを描かれている方は別の方です。
『月神〜』の千川さんも素敵なのですが、個人的にはこちらのひたきさんの方が騎士の服装やファンタジックな世界観がとても合っていて好きでした。
甲冑はもちろん、ふだんの服装や挿絵の構図もとても良いのです。
基本はBLのファンタジー作品は苦手なのですが、こちらのシリーズは地の文にどうにも気になることが多いとは言えるもののとても面白い。
本編よりも、わたしはこちらのカップルの方が好きかもしれません。
神よりの萌×2です。

3

改めて再読して。

発売された頃にざっと読んでたけど、改めて再読。
なんで発売当時にきちんと読んでなかったの!?ってくらい大好きになった(*´ω`*)
笑ったし、泣きそうになったしw
そして騎士団!!
本当にいいですね(*´∀`)
月神シリーズの騎士団のみんなも大好きなんだけど、シルヴェストロ国騎士団も個性的な人が揃ってて。
団長が普段どうしようもないような感じのひとなんだけど、みんなから尊敬されてて好かれてるのがすごく伝わってくるし、戦のシーンでは本当に格好良かった。
隻腕の魔王の異名の副長も強くて美しくて。
マリスヴォスもいい加減ぽっいけどやる時はやるし、エイプリルを坊や呼びするの好き。
王様もなかなかいい感じw
今回は挿絵がすごく素敵だった(*´ω`*)
口絵のカラーのシーンも本当に大好きなシーンで、何度も見ちゃう。
朝霞月子さんの本は(読んだことあるものだけに限るけれど)、安心して読める印象があるので好き。
ヤーゴ君みたいなキャラが出た時は最初うわっと思ったけれど、彼には彼なりの思いもあってその後エイプリルと仲良くなったみたいだし。よかったよかったw
月狼もこの黄金竜も続き本当に続編が読みたいー!!
そういえば今回タイトルの黄金竜が幻獣の事かと思ったけど、そうではないんだよね?
翼竜が出ては来たけど。(黄金竜は団長の事でいいんだよね?)
今回の幻獣にあたるのはエイプリルが助けたプリシラなのかな。プリシラは幻獣ではないってことだけれども。

3

BLだけでないファンタジー

きちんと話が作り込まれていて、その物語にすっと入っていけるファンタジーでした。
普通に生活している場面が描かれていたり
訓練していたり、ご飯食べていたり、仕事をしていたり
物語の登場人物たちの息遣いがきちんと聞こえるような作品だと思いました。

破壊王と名付けられてる攻は名前の通り受を破壊してるのですが
その強姦シーンが痛ましくて、若干強引に話を持っていくなーっと思ったりもしました…
が、まー横暴な攻というスタンスを守っているような感じでしょうか…
その分、受の素直さや純朴さが際立っていて
この二人はこれでいいんだと思えました。

もう少しおセックスシーンがあって欲しかったというのが正直な願望。

2

お子様と純情オヤジ

ファンタジーでありながら年の差オヤジが出てくる作品でオヤジに今ひとつ萌えない私も
全然OKな年の差カップルで設定が騎士団と言うのも萌えツボです。
同じような世界観で月神シリーズがありますが、月神騎士団長と血縁関係の騎士が
今回の作品には登場してるらしいのですが、それを当てるのも作品の広がりが想像できて
面白いものがありますね。

内容的には軍事大国みたいな大きな国の騎士団にそれは貧しい小国の王子が
出稼ぎに騎士団に入団すると言うおかしな展開で王子様にも色々あると妙に納得。
庶民的で真面目でちょっと天然だけど素直で優しい王子様と傍若無人で破壊王と言われる
騎士団長とのラブは微笑ましい感じもするけど、可愛くて仕方がない相手を何が何でも
守りたいがために逆に手酷いことをしてしまう大人の男の不器用な純情を感じます。

大きな斧型の武器を持っている団長のイラストには思わずカッコイイなんて感想抱き、
作品に出てくる個性派ぞろいの騎士キャラが主役を殺さずにそれぞれ魅力があって
読み進めていると煌びやかで勇ましい騎士団の勇姿が目に浮かんできました。
たった一人の愛する者の続きために騎士団長が戦場へ、でもこの団長ショタの疑いありかも!
20歳差があるのですが、舞台が架空の異国だからなのかオヤジ臭もしないし、
王子の成長と騎士団の活躍、ちょっとだけ出てくる可愛いモフモフが癒しの雰囲気で
月神シリーズよりも個人的には楽しめた作品かも知れません。

3

当たりでした!

ファンタジーは好きなのですが、ゴテゴテすぎる設定だと覚えるのが大変だし嫌になるのですが、今作品は、設定がすっきりしていて分かりやすいし
世界観に入り込みやすい作品で
ファンタジーものとしては当たりでした!
少し名前がカタカナなので、それを覚えるのが苦手な私には苦労がありましたがw

受け様の国を愛する気持ちとかBLものとは別格で
感動するし面白いところもありましたし かなり楽しく読めた作品でした

関連書籍があるようなので、そのほかも読んでみたいです!

4

ファンタジーとしても楽しめるBL

ぽややん受と大らか攻の組み合わせの妙とでもいうんでしょうか、全体を通してのBL部分とファンタジー部分のバランスがよく、最後まで一気に読んで楽しめました。

受は健気という言葉より頑張り屋さんの方がぴったりで、食いしん坊だったり庶民的なところはあるんだけれども、純粋で無垢なところもあってやっぱり王子様。
攻は押せ押せムードで受を可愛いっていうのが丸わかりなんだけど、そこはそれ、節度と欲望の狭間に悩みながら、煩悩が勝って触りまくるは構い倒すはするし、周りから見たらバレバレな愛情なんだけど、肝心の受がぽややんな子なので通じない。

全編通して二人の会話ややり取りがとても楽しく、読みながら光景が浮かんでニヤリとしたことが何度もあります。
そんな二人の周囲も個性的な人たちが揃っていて、文字の中の騎士団と主人公の生活や日常を身近に感じられました。

BLだから愛がテーマではあるんだろうけど、愛だけで生きてるわけじゃなくて、ちゃんと地面に足を着けて生活している風景をいろんなシーンで見せてくれるから、主人公や登場人物たちを身近に感じたり、親しみを覚えたりするのだと思います。
そうして続き前半で人物や背景を固めて怒涛の後半へ。

戦闘シーンや流血表現はあるけど、逆に避けたら不自然なところをきちんと書いているのも、BLに限らずファンタジー好きには嬉しいです。
別にそのシーンが好物ってわけじゃないんですが、騎士と戦があって、流血がないのは逆に変だから、主人公の成長を読者に意識づけるためにも、必要不可欠な場面だと思っています。
その戦闘シーンなんですが、挿絵に悶えました。
作者もあとがきで書いていましたが、確かに萌える。そしてカッコいい。
ファンタジーって、挿絵が大事なんだと再確認させられました。

後半に入ってからの激情をぶつけ合うシーンは印象に残ったし、受が真実を知らされた時の数ページのやり取りには涙腺が緩んでしまって。

読み応えは十分、すでに続きが読みたくて仕方ありません。
ちらっとだけ出て来た竜が続編ではたくさん出て来ると嬉しいです。

5

ほんわかあったかBL

前のシリーズも好きだったので、朝霞さんの本ということで楽しみにしてました。

大柄な大人の騎士様の攻め×小柄で初心な天然王子様です。
体格差と年齢差は大好物なので、読んでて楽しかったです。

受けのエイプリルは王子様といっても、国庫が豊かとはいえない小さな小さな国の第二王子なので自分の身の回りのことは何でもできる子です。
騎士になって仕送りするため、攻めが団長になっている大国にやってきます。

受けのエイプリルは、16歳にしてはすれていなくて性のことに関してだけはぽややんとしているので、攻めをはじめとした大人の騎士団の個性豊かな面々が受けをからかいながらあったかく見守る感じもほのぼのしてしまいます。
団長のお世話係り兼騎士見習いになったエイプリルの日常を中心にお話は進んでいきます。
攻めと結ばれてあれこれとなるのは後半の方です。
なので、全編通して攻めとラブラブというのを求めている人にはもどかしいかもしれませんが、朝霞さんの書かれるファンタジーの世界が好きなのでとても楽しく読めました。
イラストも本編の雰囲気ととてもあっていて、素敵です。
以下ちょこっとだけネ続きタバレなので下げます。


エイプリルと団長が初めて結ばれる場面ですが、祖国に行こうとしている受けを止める為に無理やりイタさなくてもほかに方法がなかったのかなとか、それまで受けのことを大事にして我慢してたのにと、ちょっと唐突で残念でした。

受けと攻めが心を確かめ合ってからの方がお話が短いので、その後の二人の様子ももっと読んでみたい気がします。




5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ