体感予報

taikan yohou

  • 体感予報
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神506
  • 萌×276
  • 萌29
  • 中立8
  • しゅみじゃない18

2

レビュー数
76
得点
2929
評価数
637
平均
4.6 / 5
神率
79.4%
著者
鯛野ニッケ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
発売日
ISBN
9784799760086

あらすじ

「明日は晴れなので、この男は俺を抱くだろう」
人気上昇中のイケメン気象予報士・瀬ヶ崎の正体はとんでもない暴君だ。
崖っぷちエロ漫画家の葉はそのことをよく知っている。
なぜなら葉は瀬ヶ崎と同居し、家事全般…その他いろいろを担っているから。
こんなことになったのも、漫画家として売れない葉の衣食住を保証してもらうため
『瀬ヶ崎の言うことを全部聞く』という契約をしてしまったからで!?
描き下ろしは嫉妬と溺愛の嵐吹く一夜

表題作体感予報

瀬ヶ崎瑞貴,ウェブメディア出演気象予報士
棚田葉,売れないエロ漫画家

その他の収録作品

  • 「ただいま」って言うから(描き下ろし)
  • カバー下漫画 (紙書籍版)

レビュー投稿数76

理想的

あまりにも自分が欲していた理想的なBL過ぎて、どうしても神を押したくて思わず初評価投稿してしまいました。お互い大好きなのにそれを表に出さない(出せない・気付いてない・出すのが壊滅的に下手)中での甘々加減と描写が素晴らしかったです。攻めくんの顔も飛び抜けて美しく、それだけでも何周もできます(美術品を何度も見たくなるのと同じような感じ?)。もっと早く買うべきだったと反省してます。

5

あまりにも好きだし最高でしかない

普段使わない電子書籍サイトに登録までして追っていたので、紙の本にまとまった時は感動もひとしおだったし幸福なボリューム感にむせび泣きました。

瀬ヶ崎瑞貴めんどくせえ男で大好きです。
愛が重いうえに言葉の足りねえ野郎からしか摂取できない栄養があります。

ダヨちゃんがこれまた最高に不器用さんなので、瀬ヶ崎瑞貴のめんどくささと素晴らしく化学反応起こしちゃってお互い大好きで仕方ない癖して拗れまくるの、見ててもどかしいけど滾るものがありますね……!!

えっちシーンはどこをとっても最高極まりないんですが、潮吹きがあるのが個人的性的嗜好に優しくてペンラ振りまくりでした。

その他に個人的に好きだったのは、マンションちゃんがちょこちょこお喋りしてるところと、瀬ヶ崎瑞貴が何故豚肉のカレーにこだわってるのかが描き下ろしエピソードで補完されちゃうところですね……。
ぜひともそこまで含めてお楽しみ頂きたい一作です!!

2

好きすぎる

色んな角度からグサグサとツボを突かれて、とにかく好きな作品!
瀬ヶ崎さんが素直じゃないみたいになってるけど、ダヨちゃんも素直じゃないっていうのがまた良いですよね。
二人揃って言葉足らずの不器用で、二人揃ってお互いのことが大好きで、無自覚イチャイチャが繰り広げられているのが最高です。お似合い!

いや〜良すぎる!良すぎる!!
続編も首を長くしてお待ちしております。

2

納得のレビュー投稿数と神率

両片想いで見たい、と私自身が思う描写が完璧に表現されていて、近年稀に見る読後の満足感!!

先の読めない話の展開、すれ違いを演出する2人それぞれ視点の情景描写、そして全ての納得性を高める作画力、、、!

これはハマらない訳がない作品、いや、神作品ですネ!

先生の作品は良い意味で「王道」ではない事が素晴らしいといつも感銘を受けています。

どの作品も鯛野先生の唯一無二。

登場させる人物をじっくり描き上げて下さっているからこそ「心」と『息づかい」が感じる『生きた作品』としてどれも忘れられない作品として私の心に残り続けています。

そしてこの体感予報も間違いなく何度も読みたくなる作品となりました。

瀬ケ崎さんの拗らせ具合が愛し過ぎました。
イケメンは正義!

4

1話がめちゃくちゃ好き

 宣伝されていた1話を単話で電子書籍で購入するほど好きだったので、そこからは我慢してコミックが出るのを待ってました!
 が、1話の擦れ違ってるのが好きすぎて、まだもっと擦れ違って欲しかったぞっと。そこから意外と二人仲良しだな…?溺愛増し増し場面にニヤつきながらも、なんか…もうちょっと切なくなってもいいんだよ…?とあの1話から入ったにしては、ちょっと物足りなかった気もしたのでした。すごく可愛かったのですけれど…変な方向に期待しすぎちゃったです。

1

まごう事なき神作品!そうッ!!もはや先生が【神】!!!

先生の作品は常に【ONLY ONE】!!!

設定や切り込み角度が唯一無二!!!
そして全ての作品から感じる【匂い立つエロス】!!

それぞれの作品から個々それぞれ、作品毎の独特の雰囲気が薫ってくるんです、、、
体感予報はそれこそおひさまの香りもあれば雨が降る直前のあの水気を含んだ匂いや雨上がりの日差しが混じった土気だったり、、、

それらが2人の体温を帯びてこちらに伝わると、、、
アラ♪不思議Σ(・ω・ノ)ノ!
何故か生々しいエロスとしてクンクン薫って来るんデス(´∀`*)ウフフ♡

人物の目線ひとつ、指先ひとつの表現でそのまとう空気と薫りを醸し出す画力!
表紙にもダダ洩れちゃってますからぁーーーー(;'∀')!!!
エロいぜ!瀬ヶ崎さん!!(直球で褒めてます!)

やっぱり神作品だし、先生も神で間違いないですな!!!!

もしまだ悩んでる方がいらっしゃれば神様に会いに行きませんか?
貴方の側にいますよ、GODが・・・(*'ω'*)☆彡
(ココだけ切り取るとえらい怪しげやな・・・w)

冗談はさておき!(本気で言ってますが!)
1人でも多くの方と潤いを共有出来たら嬉しいなーーーー♡
是非、読んで下さいませ♡♡♡

5

最高

本当に大好き。もう最高。

初めから最後まで葉しか見えてない瀬ケ崎が最高!嫉妬するとすぐ噛んじゃうのが本当に執着って感じで癖に刺さりました。

葉も一見弱気なうじうじ系に見えるけど(実際そういうシーンも少しあるけど)、瀬ケ崎と気まずい空気になったときも言葉で伝えられないなら行動でってちゃんと自分で選べるあたりに強さを感じて大好きになった。つい応援したくなっちゃう。

あと他の登場キャラクターが厄介じゃなくて良かった。個人的に攻め受けどっちでもヤキモチイベントを引き起こす存在はいて欲しいけど、性格悪い人とか非常識な人がいるとすぐ萎えてしまうので、結構評価ポイントとして大きいです。この作品では万さんだったので本当に文句なし。ユニークだし強いしオタクだし、万さん大好きです。

この作品は完全に瀬ケ崎が刺さるかどうかですね。俺様系なので苦手な方はいるかも。私はド癖です。続編お願いします!!!!

5

性格の読めなさがよかった

最初の印象
受け→むりやりセフレ奴隷みたいな感じにされてる不憫卑屈
攻め→外面がいい実は性格がわるいセフレがいればいい傲慢野郎

か思ってたら本の分厚さの7ぶんの1くらいのところで
「アッこの人らおたがいくそすきやんけ」となった 
おもってたより重たくなくてにっこりしました

とはいえなんかお互い言葉がたりんのでは?お前何考えてんの?
みたいな感じ 読んでてもは?どういう感情?みたいな感じだったので
バチバチに最初からハマりきってるこいつはこういう性格!!!!!
っていう路線かというと、ちょっと予想が外れる感じで読んでて良かった

攻めは思ったより甘えた受け大好きだったし、
受けは思ったより人間活動ができないボロいかんじでよかった(つぼ)

内容何だったんだ?というと言葉足らずですれ違ってて結局どっちも
おたがいだいすきでしたよええ。
っていう。好きになったきっかけっていうのもめちゃくちゃ自然に読めた。
感情の起伏みたいなのがあったのかな?というとすごく自然に読めたので
あれ?って感じなんだけど、たぶんこれは当人の気持ちになる読み手ではなく
あくまで外野視点にしかなれない読み手の位置だったのかなと…
読んでる我々の視点・感情もなんか言い表しにくいけどほかの漫画には
ない感情だった…面白かった…
よくあるパターンとはちょっと違う感じで買ってよかったと思います。

ほんの分厚さはもりもり分厚いです!(当社比)
読み応え抜群だと思います。
かませ犬みたいなやつは、間接的に出てきますのでかませ犬キャラが地雷の人は
読みやすいかもしれないです!
攻めに言い寄る第三者!そして受け攻めのすれ違い!とか事案は起こりません!
ただ、受けのオタク友達として理解ある女性が出てくるので女性が出てくるのNG
だったらちょっと注意かも?ですが、基本我々と同じ立場の女性なので
読んでて不快感とかは全然なかったです。

えっちなところは申し分ないでございます。どえろうございます。
回数多めな気がします。描写はがっつりかというとやさしめかなと

おもしろかったです^^

4

疑いようのない神本♡

単話、めちゃくちゃ読みたくても基本買わないんですが、こちらはどーしても待てず、単話追いし、単行本に書き下ろしがついているというのでこちらも購入・・・。

「『萌』ってなんですか?説明してください」と言われたら、迷わずこの本を差し出したいと思うくらいには!萌えます_(:3 」∠)_

俺様攻と、根暗受。

攻くんは「この世の全てを手に入れてる!」感のあるお顔で(喩えがわかりにくすぎる)、その顔で言われたら/されたら、そりゃ、許しちゃうよねえ、、という感じのツヨツヨなキャラです。本当はお腹の中黒いとわかっていても、抗うことのできないイケメン、、KING of 雄(ダサいがすぎる)

受ちゃん、性格的には必ずしも好きなタイプではないんですが(ウジウジ系)、めちゃくちゃにエッチでほっとけない感じなんですよねえ、、めちゃモテ系攻くんがズブズブにハマっちゃうのもなんかわかる。

そんな、個性もエッチさも強すぎなカップルが、盛大にすれ違って、ケンカして、エッチする話・・・萌えないわけがない!

萌えるところがいっぱいで絞り込めないんですが、強いて言えば・・・瀬ヶ崎瑞貴の言葉攻めが大好きです♡

4

全世界の腐女子の気持ちを…!!

※ただの限界オタクの感想です、、、
今まで俺様な攻めの作品を読んだことがなかったのですが、もうミズキさん(攻め)の一つ一つのセリフがギュンギュンさせるので大好きになりました笑笑 ミズキさんの一見、愛のない奴隷に対するような言葉でもヨウくん(受け)はドキドキしちゃってほんとに可愛かったです♡♡♡後々それが愛あるゆえだったこともわかり…
そして何より全世界の受けの本当の気持ちを代弁してしまっているミズキさん(攻め)が天才!(^_^;)
[一部抜粋]…「「やだ」は「して」だろ。」など、これは腐女子も全員思っていたことだろうと、もうオタク魂全開で見てました笑笑
とにかく終始ニヤニヤが止まりませんでした…
まだ読んだことない方は是非!!!

4

もうメロメロのツンデレ!!

ツンが、デレが!たまらない!!もうメロメロです!!電子で読んでてやっと紙になって嬉しすぎる!

5

神作品

めちゃくちゃえっちで最高です…。
すれ違ってるんだけど、すれ違ってないというか…(語彙力)
尊いので全世界に広めたい…。

5

画力、表現力、ストーリーすべて完璧では

体感予報は電子の頃からよく名前を聞いていた作品で、気になっていたので紙版が出たタイミングで購入しました。
この作品の内容を簡潔にまとめると、大学時代の先輩である瑞貴に自分の言うことを聞く条件で衣食住全て養うと言われ同居している葉の日常BLです。葉くんからしたら、天気予報番組で何食わぬ顔で自分とのセックスの予定言われてるみたいなもんだから恥ずかしいよね。(笑) 最近は評価の高い作品を読んでも面白くないと感じる事が多かったのであまり期待していませんでしたが、体感予報は本当に最高でした。

まず、エッチのシーンが凄い。今まで読んだBLの中で1番好きかもしれないです。葉くんの泣き顔が刺さりすぎて悶えたーーー!瑞貴さんの感じてる顔もヤバかった...色気あり過ぎて溜息出そう...。

次に、絵柄がどタイプです。先生の画力もあってか、瑞貴さんと葉くんの表情がコロコロ変わるのが良すぎる。とくに瑞貴さん、外面と葉くんの前でしか見せないデレや嫉妬とレパートリーが多くて読んでいて楽しかったです。(笑) さらに、身体もとてもお上手でした。瑞貴さんの方が肩幅があり筋肉質で、葉くんは不健康気味な痩せ型で2人ともセックスしてるときは汗かいて身体が火照ってるのがエロかった!!

あと、攻めが激重なのが好きです。きっと瑞貴さんには葉くんしか見えてないのだろう...。自分の言うことを聞く条件で衣食住全て養うってことは大学生の頃から相当惹かれていたはず。でも、言葉足らずなせいで想いが伝わってないっていうね。まあ受けもかなり不器用なんだけど。万さんに旦那がいると知った時の瑞貴さんの安堵した表情が、もう独占欲丸出しで可愛く見えました。

正直、ここまで語っても満足できません。それくらいハマりました。この2人を見守れて本当に幸せ...。ありがとう先生。私は体感予報以外に君香シャーレのみ持っているので、これを機に他作品も購入したいと思います。

6

足らない言葉

お互いに言葉足らずで生き辛く、『好意』が伝わってないもどかしさを部屋の壁となり見守りつつ、時々漫画家仲間万さん目線に首がもげる程頷き、色々な観方が楽しめる作品。

言葉足らずしすぎるだろう!!!!!!!!
ってくらいの言葉足らずなふたりの噛み合わない日常に突っ込みを入れたくなるのをじっと耐えて、耐えて、耐えて、、、
やっとお互いがお互いの気持ちが通じ合った後のギャップに萌えて悶えること間違いなし!!!!!!

イイお顔のmen'sが嫉妬に歪ませる顔は大変美味しゅうございます!!

4

一途

物語の中盤まで瀬ヶ崎さんの思惑がわからなくてこの2人の関係性は一体…と思って読んでいたところ過去の話が明らかになり瀬ヶ崎さんのダヨちゃんへの想いがとにかく一途で愛おしくなりました。
天気予報を見るたびにどきどきしてしまうダヨちゃんが、実はかなり意志を持っていて先輩の瀬ヶ崎さんにも強気なところのギャップもまた最高に魅力の一つです。

鯛野先生のやわらかな絵のタッチとこまかな表情、心理描写はいつも惹き込まれます。

4

1話配信時は神

シーモアで1話配信を読み、めちゃくちゃ刺さって速攻手紙書いて続編希望した作品です。
3話まで読んでアレ?ちょっと違うとなりその後は読んでいませんでした。

友人が盛り返すから!って言ってたのでコミックス読んだんですが
何かが合わない。
多分、ギャグ的な所が自分のノリと合わなくてクスッとしない上に
お互いが勘違い?相手をあまりにも理解出来ていないところが都合良すぎてモヤモヤが残る。
後付け的ストーリーにどうしても感じてしまった。
単話1話のあの印象が強過ぎた

4

言葉足らずの二人


お互いに言葉が足りないせいで常にすれ違っていた二人が、誤解を解いて心を通わせていくお話でした。

オレ様攻め様はクソデカ感情を拗らせていると相場が決まってるんですよね、私の中で。どう考えてもいつも「葉〜」って帰ってくるの、愛でしかなくて泣きました。あまりにも愛おしくて。言葉で愛を語らないけど節々から隠しきれてない(本人には隠してる気は無い)の、可愛くてたまらないですね・・・。

葉くんは、自分ばっかり好きなのを認めたくなくて、嫌いだって口に出してなきゃ耐えられなかったんだろうなと思うと、切なくて苦しいです。

誤解が解けて晴れて両思いになった二人、これまでの分も甘えて甘えられて、本当に幸せそうで良かったです。普段口下手な葉くんが酔っ払って素直になってんのも、それが可愛くてたまらない瀬ヶ崎さんも、可愛くて、多分一番幸せです。私が。

7

天気予報士‪✕‬ドS…!

分厚い漫画なので読み応えはあると思います。内容が伴うかは別ですが。
注意としては、芸能人×推しといっても過言では無い構図(?)組み合わせ(?)なのでそこが苦手な方は地雷踏む可能性高いので自重してください…。
受けがワガママで少し鈍感なので苦手な人は苦手。
私はもしこの漫画が少女漫画だったら地雷てんこ盛りでした。
多分この作品きっかけで24時間やってる天気予報が気になったのは私だけじゃないはず笑
普通に拘束とかSMシーンあるのでそっちが好きな方にもおすすめー!

5

イケメンの気持ち

イケメンの気持ちは難しいですね。
2人の出会い、というか瑞貴が葉を好きになったきっかけを知り、イケメンって大変なんだなという思いと、イケメンってひねくれてるなっていう気持ちになりました。

イケメンって目立つから、人気者になりやすいけれど、やっかみを受けやすいんですね。
自分をちゃんと見てくれているボッチな男、から気を許せる男になり、好きな男に変化したんですね。

イケメンあるあるなのかもしれないけれど、受けの子の気持ちを置き去りにしている。葉の気持ちを確認しないでプロポーズした気になってるし。そして受け入れられたと思っている。
でも、そんなイケメン、嫌いじゃないです。
受けの子が大好きで、愛情表現が不器用なイケメンさん、大好きです。

不穏な感じで始まった作品ですが、結局はラブラブなお話でした。
葉くんも、もう少し素直になってもいいかもね。

5

シリアスなのかと思ったらラブコメだった

いつも好んで読んでいる系統のCPでは無かったので、売れているのは知っていたけど読まずにいました。が、先生の別の漫画を読んで、ストーリーが好きだったのでこちらにも興味を持ち購入。

まず分厚い!!ボリューム満点はありがたいです。

そして、とんでもない秘密でもあるのかな〜と思っていたら、晴れの日しかしない理由が可愛過ぎて頭を抱えてしまった…

不器用×不器用のラブコメでした。

万さんになりてぇーーー

メンズのイチャイチャ間近で浴びてえぇーーー

と思いながら読みました。
攻めの、不器用通り越してモラ感がちょっと気になりますが……
大変面白かったです!

3

イケメンだからかろうじて読めた感

いやーいやーずっと読みたかった作品がやっと単行本になったので読めましたが、最初のモラハラのインパクトが全然消えてくれなくて…読み勧めていくとモラハラの内側にストーリーがあったことがわかるし、二人の関係もわかっては来るんですけどね?!それでも甘えてるから〜とは違うと思うんです?!
モラ男としか思えない…
もう感情が不安定になりました(笑)

絵がめちゃくちゃ綺麗で、エロそうだから是非!と思ってたんだけど、腹黒とコミュ不足と、陰キャひねくれがコラボレーションしちゃ駄目ですね。。
どれか1つくらい解消してほしい。
物語の進みとともに、攻め様に変化…いや、受け様の受け取り方に変化がでて、見えてなかったものが見えるようになっていくという話でもあると思うんですが、通常だと嫉妬とかもうご褒美でしかないシチュエーションなのに、溺愛攻めとか執着攻めへのシフトチェンジが頭の中でもできませんでした。
モラハラ×奴隷が強すぎた…。

自分的にはこの作者様の作画だから読めただけだったな、、(;_;)

8

神!

神!

1~6巻+描きおろし一気読みしました甘々貴い~!

・言葉が足りなすぎ、のあとに「お互い様」ってつけるところに最高に好感もてる
瑞貴「言ったじゃん」「言ってるのに」
葉「言ってねぇ~」「言葉足りねぇ~!」(お互い様)←お互い様だよって注釈つける作風がとても好き
片方だけじゃなくてお互い様っていうのがいいんだ…お互い様なのをちゃんとわかってるってところがめちゃいいんだよ…(拝む)

・葉が瑞貴のこと嫌いとかとか言うけど瑞貴には「俺のこと好きだろ」ってわかられてるのがとても好き
好きなのに嫌いって言っちゃうのがかわいいなーって見守られてる感じがすっごい愛深くてによによする

・葉がえぐいオナホで暴走してたり落ち込んだりお酒でデレたりするたびに激しく動揺しまくったり焦ったり照れたり嬉しそうな瑞貴が最高すぎる
幸せになれましたありがとう…俺様が愛しの受けに振り回されるのは良いものです幸せそうな攻め様は本当に見てて嬉しくなります、ここが天国か

・絵柄大好き、美しい&可愛い!ぎゅーって抱っこしてちぅちぅチューしてるところとかもふんってお布団の中で大切そうに(嬉しそうに)抱っこしてるのとかちょっとしたコマに萌えが止まらない、常にべったりしてきてかわええ、甲斐甲斐しくお風呂入れて洗ったり乾かしたり嬉しそうにお世話するオレ様萌える、オレ様の溺愛最高ってなる、受け攻めの相互バブみたいなお互い甘えて甘やかすの見られるのが神

・シーツを買うんじゃなくて晴れの前日だけってなる発想、お仕事とも絡めてて面白くてセンスが神

・葉がとにかく可愛い、漫画売れて…(涙)
即売会を知らない瑞貴にいつか即売会で行列ができる大人気売れっ子作家状態の葉を見てほしい(妄想)

・瑞貴の愛のあるオレ様っぷりが最高!&なんで外面良い二面性男になったのかの理由付けが丁寧で納得、良いキャラすぎる…萌え!
「なんかほしいもんあるなら買ってやる」とか「お前は稼がなくていい」とかもう最高だなオレ様の溺愛ありがとう

・万さんが良いキャラで攻め受け両方が嫉妬する&実は既婚者でライバルではないのでご安心くださいって美味しすぎる&誰も不幸にならない優しい神展開をありがとう天才

・エロがえっろい…ストーリーも関係性も最高でエロもえっろい…なんだこの…神…

神でした
本当にありがとうございました

一生ついていきます(ひれ伏す)

6

晴れと聞く度に

あらすじは上記をお読みください。

自分のことを話さなくても伝わっていると思っている瀬ヶ崎と、それに従うしかないと思っている葉。
話せば、あっという間に解決することも、この二人だから勘違いして、遠回りして、あ〜!!もどかしい!!でもそこが良いんだよ。
瀬ヶ崎の表情の変化の描き分けが、凄いと思いました。目線やちょっとした微笑みでその時の瀬ヶ崎の心情が伝わります。
結果的に、見ていて幸せですが、勘違いが分かるまでは、モヤモヤ。このモヤモヤがあるから、気持ちが通じ合った時のHは良かったぁ〜。

王様か?!と思うくらいの暴君だった瀬ヶ崎が、先に葉を好きになっていたなんて知ったら、読んでいて、萌え上がる気持ちを抑えるのが大変でした。
幸せな一冊です。

4

外面紳士が素になれる拠り所。 

作中で「顔面がいい!」と推される程に、瀬ケ崎の顔がいい!というか、これはもぅ、スタイルがいい!脱いでも良いけど、細っそりと腰の細いスーツ姿。如何にもしなやかそうな、無駄の無い筋肉。この細腰での絶倫っぷり。鬼畜っぽいオレ様攻め、且つ、ほんのりヤンデレ要素を湛えた執着っぷり。この我儘っぷりにブンブン振り回されてる様でいて。内心は、葉くんにデレデレ過ぎてヤバい。ヤバ過ぎて伝わってすらいないという。情けなさ。
葉くんは被害者ぶっては泣かされてはいるが、葉くんを好き過ぎて振り回されてるのは瀬ケ崎の方なのだ。
それでも。葉くんは言葉が欲しい。優しくされたい。自分たちの関係にいつも不安。
瀬ケ崎の方は、葉くんが自分を好きなのだと解っている。解っていて少し。意地悪をしてしまう。

瀬ケ崎が、元々ノンケの葉くんの、オタ友達の万さんを牽制しまくるところが余裕が無くて良き。牽制してるのは瀬ケ崎の方なのに、そんな瀬ケ崎を見てヤキモチ妬いてグズグズの甘えん坊になってしまう葉くんも良き。なんだ、ラブラブバカップルじゃーん、ってなもんですが。万さんは瀬ケ崎推しのオタクだけれど、フツーに旦那さんがいて、仲の良い夫婦だったりするというので。瀬ケ崎の牽制も、葉くんの嫉妬も、意味が無かったというオチなんだけど。それは可愛くて一番好きなエピソード。タイトルは正に。「日の出前、薄明の空の様子です」。

後半には、割とあるあるな瀬ケ崎の拗らせ人格形成と、葉くんとの出逢いが語られる。
ホントにこれはあるあるなので。も少し捻って欲しかった気もする。だって。外面紳士の拠り所なんて。本当にありすぎないか。そんなこんなでイケメンは簡単に落ちてしまうんかいっ!それなら単に「一目惚れ」で全然良いのに。なんて思ってしまう。

「明け方にかけてはにわか雨、恵みの雨となるでしょう」なんて。粋なタイトルで締め括ってはいるけども。本作はまだ続いて行くのかな。互いの本心をそれと知りつつも、まだ互いに「完全」では無い様子。まだまだ彼等の色っぽい「体感予報」の続きを、見届けて行きたいです。

7

両片思い大好き!

広告がたくさんながれてて、思わず読んじゃいました。
かわいいし、受けの子えろいし、攻めは暴君だけど溺愛で文句なし!

4

尊いの極み

攻めの愛重すぎて好きです!!
序盤受け目線で物語が進んでいくので一見無関心な攻めに見えますが、、、、攻めの本心が明かされていくにつれて、もーー尊いっ!!!!2人とも言葉足らずなのがいじらしくもあり2人のすれ違いポイントです!!!

3

買って損なし!

単行本化をずっと楽しみにしていた作品!!最初から最後まで尊い、萌、愛が沢山溢れていました(*^^*)

2人とも恋愛に対して少し不器用なのが良かったし、お互いの事本当は大好きなのがこっちが叫びそうになるほど尊かったです!もう晴れの日も雨の日も大好きになりました。カレーもお肉を気にして食べるようになってしまいそうです。
読んでいてほんとずっと口角上がりっぱなしでした。また、周りの人との関係も素敵でした〜

読み応えのある、読み終わったあと読み返したい!!と思えるとっても素敵な1冊でした。

6

圧倒的ナンバーワン

今まで数々の作品を読んできましたが、ここまで好きになった作品ははじめてです。

5

買おうか迷ってる人絶対買った方がいい

今まで買ってきたBLの中で受けをこれまでに推したことがないくらい推してます♡

4

大好き両片思い

お互いが意地っ張りで言葉足らずで
すれ違っちゃうけど
ちゃんと両思いの両片思いです!!

もっと素直になれよ!お前ら!!!(笑)
と突っ込みたくなります(笑)
葉も瀬ヶ崎もなんでそうなるねん!!とツッコミを入れたくなる2人でもどかしい(もどかし過ぎる)のですが、お互いちゃんと大好きなので
あたたかい目で見守ってあげてください(笑)
そしてめちゃくちゃえちえちです。
葉がぐずぐずです。
とても良い表情を見せてくれるます(笑)

6

大好きすぎる

普段は単行本になってから買う派なのですが、「体感予報」だけは毎回すぐ買ってます!!めちゃくちゃどタイプで絵も綺麗できゅんきゅんします!!

4

まーじでさいこうでした

ココ最近でいっちばんぶっ刺さりました‍♀️‍♀️‍♀️

3

攻様も受ちゃんも美人♡

実はこの作品電子で見てちょっと良いな~紙本にならないかな~と待ってたら紙本になってて感激です。
鯛野先生の作品全部好読んでます。大好きです!

こちらの作品はまずタイトルが良いですね。そして目次のサブタイトルが、気象予報に関することでお話もそれにあっててなんか洒落てる

さてこの2人の関係ですが、俺様×地味っ子かと思ってたら
瀬ヶ崎の執着と愛の重さがすごいですね。ダヨちゃんを溺愛してます
ダヨちゃんはちょっとツンデレ気味
美人攻とかわいこちゃん受なんですよね~目の保養になります
特に瀬ヶ崎さんのダヨちゃんを見る目が優しいところがなんともいえません!
後の方に2人の馴れ初めがあって、ダヨちゃんは絵を描く子なので、観察眼鋭くて瀬ヶ崎さんの化けの皮が剥がれちゃって、それでも普通に接するダヨちゃんにはまっちゃった瀬ヶ崎さん見て
好きな理由はカレーが不味かったからというのが分かりました
続編ではもっと2人の気持ちを掘り下げてくれるのでしょうか?楽しみです。

5

続編も決定しています

続編も決定しています。このふたりはどうなっていくのか!

5

人気天気予報士✕売れない漫画家

最初は瑞貴が俺様攻めだと思いましたが、最後まで読んだら、印象が変わりました。
葉を甘々に溺愛していて執着が凄いです。溺愛執着攻めです。
しかし、プロポーズの台詞が全然プロポーズになってなかったりと圧倒的に言葉が足りてないので瑞貴の話を読むまでは読んでる側も、どうして瑞貴は葉が好きなの?って疑問に思うと思います。

瑞貴が葉を好きになった理由にとても引き込まれました。そんな理由があったら好きになっちゃうよね、と納得です。とてもキュンとしました。

また、葉のお友達の万ちゃんが大好きです。
モブ目線からBLを見ることが好きな方に絶対に刺さると思います。オススメです。

最後に、葉が瑞貴を好きな理由がはっきりと語られてないので、続編で語られると良いなと思います。
よくスケッチしちゃうくらい見た目が好みだったのかな?とは思うのですが、それだけじゃないと思うので……!!
かなり先になってしまうようですが今から続編が楽しみです!

12

ありがとうございます!

感謝の言葉しかない。
大好き。
先生の作品はどれも良いけど、個人的には一番。
始まりこそ俺様なんだけど、すぐに甘々フラグが!
嫉妬したり独占欲剥き出しだったり、拗ねたり寂しがったり。
かと思いきや甘々だったりエロモードだったり。
切なげな表情とか叫びそうなほど色っぽい!
こんなに魅力的な攻め様がいるだろうか。
萌え、って言葉の塊を吐き出しそうなほど、胸にキュンを抱きながら読みました。
2人とも言葉足らずだから気持ちの伝え方がまた萌えを誘うー。
そして間違いなく、カレーといえば体感予報、になるでしょう。
学生時代のエピソードとかたまらない。
もう好き好き好き、しか書けません!
で、万さんが可愛くて良い女!
BL読むにあたって登場する女性って凄く影響するから、そういう意味でも素晴らしい作品!

12

萌えてんこ盛り

ニッケ先生が描くと、王道恋愛マンガがこんなに読ませる作品になるんですね!

みんなが憧れるキラキラなイケメンなのに受けちゃんだけには俺様で、強引で、ひねくれてて、でも言葉のはしからこぼれる執着…
すれ違い、あまあまお世話、看病きっかけなど、あれどっかで…な少女マンガでよく見る王道。
が、それが軽すぎず重すぎずとてもいい塩梅で、しかも説得力があるのです。

男女だと、俺様な彼氏なんてムカつくだけなんですがね。
この二人は愛のあるソフトなSMって感じだからかな

いやとにかく先生さすがです!

15

この最低な攻めが最高に好き!

色んなところでプロモーションされてて、単話の試し読みもしてから、コミックス化したら読もうと心に決めていた作品です。

亭主関白気味な俺様攻め。
実社会ではそういう男が1番好かんのですが、創作上となると話は別。
顔のイイ攻めが受けに執着するのが堪らんでした。

圧倒的に言葉足らずで、言葉はすれ違ってしまいますが2人とも態度に好きがダダ漏れているため大きくすれ違わずに済むのも安心設計。

何故晴れの前の日だけに…なのかが気になってましたが、理由がすんごい現実的っていうかそんなこと⁉︎で力が抜けましたw
前もって抱くぞって予告されて、その日一日中ソワソワしちゃう葉が可愛かった。

素直に好きって言えない葉も、シーツ大量買いしたり酔っ払ってヤキモチ全開になったりして可愛いです。
あと、漫画家さんの描く漫画家キャラが楽しかった。
漫画家あるあるとか、売れない漫画家の苦悩とか絶望感ね。鯛野先生にもそんな時期があったのでしょうか?

1巻の記載があるので続くんですよね?
うれしいなー♡

16

待ってました!!

買いましたよー!みなさん笑
ずっと1位ですので購入せざるを得ませんでした笑 他作品を購入して欲求を抑えていたのですが勝てませんでした。
さて、内容ですが、葉くんかわいいのなんの。だんだん素直になっていくところ!!!最高でした!かわいすぎます。
正直瑞樹がなぜ葉くんにここまで執着するのかが気になって読んでいたので、その経緯もしっかり描かれていて良かったです。過去の恋愛経験も聴きたかったなー
エロシーンもたくさんあって満足です笑

12

ほっこりする

受けと攻め、どっちもかわいい…!
なんか日々の疲れから解放されると言うか、癒し効果がある作品でした。
すれ違いネタは定番ですが、今回の二人は性格とキャラデザが極めて自分好みでとても楽しめましたね。
それに攻めの表情が大変良くて。受けに対する愛がもうビシバシ伝わってきます。酔っ払った受けにしがみ付かれた時の表情なんてもう!これだけで寿命が延びる!世界って美しい。
受けの泣き顔も素晴らしくて、こりゃあ攻めが惚れ込むのも無理ないですねっ。外面いい攻めが受けの前でだけろくでなしの人間性を出すとこも大好き。
受けのオタク友達もよきでした。友達に嫉妬しまくりの攻めも大変よきでした。

10

イケメンの嫉妬最高〜!

圧倒的に言葉が足りない。
帰ってくるなり眉間にシワ寄せて「飯。」って‥昭和の夫??
それでて実は受けを溺愛&受けの友人(♀)に嫉妬からのマウント発動ってオチなので安心して読んでください。笑

攻めの幼少期がとんでもなくかわいい♡
お顔など高スペックすぎて誤解を招いた事をキッカケにトラブル回避術(笑顔対応)を身につけた5歳児。頭良すぎぃ!

なんだかんだと流されるチョロい受けちゃんはちょっと腹黒で可愛いのだが、おかっぱボブ?がいただけない。
年齢的に大人なのに見た目が子供っぽ過ぎて少々違和感。(個人の感想です!)

病人にカレーのくだりで笑った。
あの笑顔製造機なイケメンに素で怪訝な顔をさせた功績は大きい。
で、その不味いカレーを葉に気付かせない為の神対応にスタンディングオベーション(๑´ω`ノノ゙✧
やれば出来るのに普段は言葉足らず…なんだ!?この矛盾!笑笑

12

萌えなかった…

絵の綺麗さがとても素晴らしく、神率も高いですが、なぜかイマイチ気にいることができませんでした。
結構期待し、単行本化するのを待っていましたが、思ってたのと違う…となってしまい残念でした。しかも、値段も高かったのでちょっと落ち込んでいます。

二人の馴れ初めや初えっちなどが描かれていたら、もっと良いものになったなと思います。
あと、攻めに流れっぱなしの受けの性格があまり好みではなかったです…。何もかも攻めに頼りっきりで、それなのに自分の意見はまともに言えなくて、攻めに誤解ばっかり与えて…。攻めが可哀想だと思いました。そもそも葉ちゃんはゲイなのかな?でも女体が好きとか、女が好きだと書かれてあったので、バイってことですかね…?攻めも男と付き合うのに抵抗がなかったのかな?
そのあたりの説明を明確にしてほしかったです。
また、漫画内でのテンションの差が、上がったり下がったりで、読みにくかったです。

逆に良かったところは、攻めの不器用さがとても可愛かった!生意気な俺様キャラも良かった!束縛しちゃうところも最高!
えっちシーンで受けがとろとろになるの可愛いかった!
サブキャラ?の万さんの性格も好きです!


所々、説明不足な点があったり、受けの性格が気に食わなかったりしたのが原因かもしれません。続編でそのような部分がどう補われるのか期待してます。

18

単話配信だったから、毎話えっち♡大満足

電書で単話配信されてて
1話無料で読んで心鷲掴みにされた今作。
いつになったら単行本出るんだろー?と首を長くして待つ事2年。とうとう単行本になりました。祝!
(単話は買わないので続き読んでませんでした。すみません。)

もうもう!大満足でした。
私の好きなのが詰まってました♡

【好きなところ】
・意地悪な攻め。でも、ちゃんとお世話もしてくれてスパダリ

意地悪な事言ったり偉そうにしてるけど、実は受けに対しての大好きが溢れてて意地悪しちゃってんのなー。


・受け視点だけかと思いきや、友達の腐女子視点、攻め視点もある。双方の視点ある作品大好き!

両視点ある事で、両片思いの勘違い拗らせってとってもよくわかる。言葉が足らないのと、言い方が悪いのと、勝手に思い込んじゃってる事でお互いの気持ちが伝わってないの。
受けの葉くんのオタク友達、万ちゃんもまたいい味出してる。
攻めの瑞貴が嫉妬から万ちゃんと会ってみたいって言い出してお家ご招待からのやりとり面白すぎた。
オタク丸出しのテンションで割と失礼な事言いまくってる。(こーゆー時、対人と接してる感覚じゃなくなっちゃって画面越しの相手に独り言言ってる感覚になっちゃってんだろなって思った)鯛野先生オタクの心情表現上手だわ〜。
しかし、漫画の作業通話中に話してた、推し(瑞貴)と彼氏の話が同一人物って知った後のパニックからの過去会話のあれこれ反すうしてのニヤつきったらないだろーな。マヂ実録系漫画描きたくなるレベルの興奮案件。
アップしたらSNSでバズるわ。

瑞貴視点は、なんで葉を好きになったのかの種明かし。
葉と瑞貴の出会いから興味を持つまでのお話。
これ読むと、なんでカレーの具がシーフードや鶏肉の日に、豚肉じゃねーんだよっ!キレてんのかわかります。読者的には瑞貴のこーゆーとこ可愛いけど、全く葉には伝わらないよ?

・二人共のキャラデザが好きすぎる。
優等生サラサラヘアの草食男子に見えて細マッチョ(運動してなさそうなのに、こんな腹筋割れてる人いないでしょうが)で、絶倫テクニシャンのS攻め。
マッシュヘアのモブ男子に見えつつもかわい子ちゃんで泣き顔がめちゃくちゃソソるM受け。
私は、SMのSはサービスのエスだと思ってます。
なので、Mが望む事を汲み取ってしてあげるのか良いSなので、実はMに奉仕するのがS。
瑞貴くんは良きSです。
SM作品ではないですが、いじめていじめられての関係性の二人はライトSM。
全編通して泣き顔がそそりますね。そそられてる攻めの満足そうな顔も良いです。

電子連載作品だからか、元から修正の要らない構図で、ちんが描いてないにも関わらずしっかりエッチでした。ソルマーレ編集部って電書専門のところで連載していてビーボーイコミックスとして発売するのってどういう契約なの?って変な感じします。ドラマCDと同じような感じなのかな?
全然関連性のない会社から発売される。

14

いまいち萌えきれない

電子で読んでて最初はめっちゃ良い!と夢中になってたのですがやっぱり攻めの言葉足らずがこの先いざこざを引き起こしそうで少し不安です笑
とりあえず受けが攻めが自分を大好きなことをわかったし、カレーの話はまだ電子で買えてなくて萌えました…自分をまっすぐ見てくれて不器用なとこが好きなんですね、
ちょっと物物足りなくて次入れて!って思ったのは初エッチ…!!!
単行本や特典にもないですよね?!?受けはゲイではなく普通に女の子が好きということだったので初めてとか開発とか嫌がらなかったのかとか(それだと幾ら奴隷でも従順すぎるし初エッチ無理やりなら個人的に萌えないなと………)
ニッケ先生の絵柄は大好きだけど、横暴俺様言葉足らず攻めにいまいち萌えきれなかったのと初えっちがどうなってるかによるので中立にさせて頂きます…

13

圧倒的ひねくれ溺愛攻め

言葉足らずなのに、どうしてこんなにも甘いのー!

お互いに大好きで大好きで仕方ないくせに、
周りからみればそんな気持ちバレバレなくらい溢れちゃってるのに、
通じ合えずすれ違ってばかりの二人にじれもだ時々キュンしっぱなしでした。

二人のちぐはぐなやり取りをみていると言葉って本当に難しいし、
大事なんだなぁと改めてしみじみ感じ入ってしまいました。

人気のイケメン気象予報士・瀬ケ崎に養われている売れないエロ漫画家の葉。
生活の面倒を見てもらう代わりに料理に洗濯をし、瀬ケ崎の我儘をきき、
果ては瀬ケ崎に抱かれ、葉曰く奴隷契約のような関係性の二人。
そして、瀬ケ崎が自分を求めてくるのはなぜか決まって翌日が晴れの日で…。

とにかく俺様で異常なまでの執着体質でひねくれまくりな瀬ケ崎ですが、
口や態度はイジワルでも終始葉への溺愛っぷりが滲みでておりました。

葉には可哀想ですが、葉がオタク友達の万さんの家にアシスタントで
泊まると知った瀬ケ崎が執着&ヤンデレを爆発させるシーンは控えめに
いってもう最高!
完全に勘違いではあるのですが、どんなことをしてでも葉を
手放したくないという想いがひしひしと伝わってきてキュン不可避!
でも、結局はプルプルと震える葉(天使)を前にするとひどいことなど
できるわけもなく、拗ねてしまう瀬ケ崎がヘタレみがあってやっぱり
憎めないのです。

嫉妬してしまうのも、束縛してしまうのもひとえに葉への愛ゆえ!
てっきり葉ばかりが振り回されているのかと思いきや、瀬ケ崎もまた
葉の一言一句に振り回され、いつ捨てられるのかと怯えているのかと
思うといとおしさが溢れてしまうのでした♡

葉のデレや嫉妬、甘えてきたり、そんな些細なこと一つで
とんでもなく嬉しそうだったり、意外と甘えたな一面があったり、
読めば読むほどに葉の前でだけ見せる瀬ケ崎のギャップが増えてゆき、
怒涛の萌えに心臓ってこんなにぎゅんぎゅんするものなんだ…と
己の心拍数に危機を覚えました。

そして、これだけ葉大好きーなくせに、
安易に「好き」とは口にできないところがまた良いのです。
一度だけエッチの最中にエッチにかこつけて「俺も好き」とは
言っているものの、そのとき以外は見事に素直じゃないんだから!
「俺の寵愛を一身に受けておいて…」だとか
「どうしたら俺だけのものになんの」だとか
「未来永劫他の誰ともしないと誓え」だとか、
それだってほぼ告白のようなものだけど、こんな恥ずかしい台詞は
吐けちゃうのに好きの一言だけは言えないって可愛すぎではないですか///

二人の出会い編では瀬ケ崎が葉に惚れた顛末が描かれています。
はじめはキモっとか言っていたのに、ちょっと素の自分を見抜かれて、
ちょっと看病されたくらいで落ちちゃうなんて意外とベタなんだから(* ´艸`)
同時に葉のいいところに瀬ケ崎だけが気づいちゃったんですね。
初めて外見だけじゃない本当の自分を見てもらえて、嬉しかったんだろうなぁ。
葉にも伝えていないみたいだけれど、ぜひ瀬ケ崎の口から伝えてほしいです♡

基本的に登場するのは瀬ケ崎と葉の二人のみですが、
唯一その他の登場人物として描かれているのが葉のオタク友達である万さん。
瀬ケ崎はこの万さんに幾度となく嫉妬してしまうのですが、
当の本人は気象予報士である瀬ケ崎の大ファンなのです。

そして、瀬ケ崎の嫉妬のあまり万さんを自宅に招いて対面するのですが、
そのとき第三者である万さんの口から「恋人同士」という言葉が出ることで
初めて二人の関係が恋人であることを実感することができました。
それまでも恋人ではあったのだろうけれど、あまりに二人が素直じゃなく、
この関係をどう受け取ればいいのか迷っていたので、万さんのお陰で
そうだよね、この二人って恋人同士だよね!と、彼女のポジションの
重要性を再認識しました。
ちなみに瀬ケ崎は一方的に嫉妬しまくりですが当て馬臭なんて皆無の
人柄の良いきれいでオタクなお姉さんで大好きなキャラでした♪

この1冊で既に完璧すぎるくらいのハッピーエンドではあるのですが、
ぜひこの二人のイチャ甘続編を読みたく候…そっと正座待機しております!

12

最高に言葉足らずな溺愛

初めて単話で追いかけた大好きな作品( ^ω^)
言葉足らずなんですけど、そこがまた面白く心の中でずっと突っ込みを入れてしまう位でした❤️
1話ごとに変化してく2人を主(マンション)と共に見守って萌え悶えて幸せを噛み締めておりました❤️
葉の自覚に喜びと、瀬ケ崎の嬉しそうな笑顔と照れには昇天という心の忙しさは必須( ^ω^)
紙本の分厚さには感無量と感謝❤️
何回も単話と紙本で繰り返しの読み返し( ^ω^)
本当に素敵な作品をありがとうございます❤️

11

晴れ

評判だけあって凄く良かったです、攻めが気象予報士でその設定がきっちり濡れ場に生かされている所が良かったです。SEXはBLの命ですし。

モブ女が団扇作るほどの攻めの推しなので揉めるかと思ったらそんな事も無く、むしろマウントされてご褒美のようでした。オタクの女性は懐が深く、素晴らしい。

10

期待以上

正直言ってアニメイトさんで送料無料になる為に選んだコミックスでした。
鯛野ニッケ先生ならそこそこには面白いだろうと思っていましたが、期待以上に好みで夢中になって読みました。

嫌よ嫌よも好きなうちというか、まさに体現したような葉の言動と、明らかに葉を溺愛をしてるだろう瑞貴の態度に激萌でした。
何度かクスッとする場面があって、いつの間にか「何コレ面白い!」って思っていました。

素直じゃない葉が密かに反省する様子にニヤッとしてしまい、そんな葉を理解しながらも執着と独占欲を見せる瑞貴が格好良くてキュンと来ました。

瑞貴みたいなキャラが好きな人には堪らない作品だと思います。現に私は凄くハマりました。

初めは瑞貴がどうして葉を好きなのかが分からなかったのですが、終盤にちゃんとキッカケと理由があって納得でした。瑞貴は見る目があるわ!www
酔った葉は素直で激かわなんです。

葉のオタ友である万さんが羨ましいし、推しとの距離感が正常な彼女に好感を持ちました。

凄く面白かったので是非とも続編をお願いしたいです!漫画家として再出発する葉とか、推し漫画でバズる万さんとか、更に人気者となった瑞貴の活躍するお話が読みたいです。

10

夫夫生活

ニッケ先生はストーリーテラーのイメージがありまして、今回キャラが好みかも(気象予報士攻は魅力的…)というのと、タイトル萌えして購入。

率直に言って期待値高すぎたのかもな~というところでした。言葉足らず同士の同棲生活、日常の役割がきっちり分担されてて、ほぼ夫夫生活みたいな印象でしたね。衣食住の費用を攻が負担してることだし…。家事担当の受にあまりハマれなかったのが私の敗因です。察しが悪すぎw。攻以上に”何したいの?”がわかりにくかったというか、全然コミュニケーションの努力をしないあたりがなんだかな…、いろいろ甘いんでない?って冷静に思ってしまったのでした。圧倒的に攻が優しいと思うんですけど!?というわけで、口が悪くて外面王子で高給取りな攻はやっぱり好みのタイプでした♪

好きすぎて素直になれなくて、ついつい露悪的な態度とっちゃう、でも嫌われたら立ち直れないかも、でもうまく成立してる共依存だからずっと現状維持…まぁ割と幸せってことですよね。めちゃ気になったのが、もし受さんが漫画引退するんだったら、一回就職してみたらどうだろう?

12

萌えがたくさん

単話で追っていた作品を紙本で読める喜びに浸りながら、ふたりのやり取りにめちゃくちゃ萌え…!
萌ポイントがありすぎて苦しくなってしまうほど、ガッツリ楽しませてもらいました。

言葉足らずなふたりの交わらないやり取りに振り回されたところはありますが、少しずつ心が解れていく葉の表情にこちらまで幸せを感じたし、瀬ヶ崎のわっっかりにくい愛情表現もそれはそれでクセになるような。
瀬ヶ崎のビジュアルが自分のタイプど真ん中だったというのもあるんですが、めちゃくちゃ不機嫌そうな顔をして独占欲丸出しに愛を伝えるとか最高すぎんか…!?と、色々な場面でガチめに悶えてしまったのでした。

万十さんもすごく良いキャラでした。葉が瀬ヶ崎のことだけでなく漫画に対してもぐだぐだと悩んでしまった時も、彼女は的確にズバッと意見してくれるのでそれによって葉も救われ、こちらもモヤモヤすることなくスッキリ!
男友達とかではなく、女性キャラだったからこその良さがあったなと感じました。

最初の方はなかなかに不穏な空気が漂っているふたりなのだけど、そのハラハラが長く続くことはなく。
ふたりとも自分の気持ちをうまく伝えられていないからすれ違っていただけで、お互いの気持ちがわかったあとはあっという間に糖度が増していくのが最高でした。
一冊にまとまるのを待っていて本当に良かったです。

7

神ですよー

最高です。
すれ違い愛、言葉が足りない
相思相愛、この物語のモブになりたい

6

攻めが好きになれればハマると思います

普段シーモアを使用しています。単話配信時点でシーモア独占だった記憶ですが、やたらサイト内でプッシュされていたと思います。
「明日晴れ予報なら抱かれる」という設定、体感予報というタイトルも相まって「なにそれエッッッロ?!??」と大興奮でした笑
どういうこと??と気になるし、単行本化をとーーっても楽しみにしていたのですがハードルを上げすぎたのか、読後あれれ…?もっと萌える気満々だったのだけど…という肩透かし感があったのが正直な感想です^^;

気になっていた「晴れ予報なら抱かれる」の理由もすんなり一話で種明かし、しかも結構単純な生活感溢れる理由だったのでちょっと残念。
攻めがお天気キャスターという職業なのでもっと捻ってくれるポイントかと勝手に期待しておりました…。

そして、私が萌えきれなかった最大の理由が攻めの優しさがよくわからないこと…w
お天気キャスターの攻めは世間では爽やか好青年ですが、受けちゃんの前では暴君、俺様な態度です。
愛情をうまく表現できない不器用な攻めは嫌いではないのですが(夜●帳のス●ホはだいっっっすきです…!)、なぜか今作に限ってはそこまで萌えられず。
ヤキモチ焼きな一面など、攻めの可愛い部分もあったのですが…。
もっと受けに必死にすがる姿が見られれば感覚も違ったかも…?
とは言えここまでの神評価の嵐、私のような意見を持つのは少数派かもしれません。わがまま攻めが好きな方や、たまに見せる優しさとのギャップなんかがお好きな方は性癖に刺さるかと!

絵柄はさすがニッケ先生、最初から最後までとっても美しかったです…眼福。

14

神作です!(ややネタバレあり)

鯛野ニッケさんの漫画は作者買いすることが多いのですが、今回の作品はニッケさんの作品の中で個人的に一番好きです…!!
最初は肝心な部分すらすれ違う意思疎通のできてない2人組みという印象でしたが、お互いが嫉妬したりちゃんと愛情を確認したりできてやっと恋人らしくなれた感じが初々しくて可愛いかったです!
瀬ケ崎君に至っては取り繕うプロの筈なのに葉のことになると取り乱して余裕が無くなるのが超超超ギャップ萌えです…!
また脇役の万十さんもいい味出してました…あの方が居たからこそ今回の話が盛り上がりました
ベスト脇役賞です!

11

瀬ヶ崎瑞貴の魅力!これに尽きる

確かに萌えるって話題になるの分かる~って作品でした。昔少女漫画で見てたーってなるタイプの嫉妬がすごい!フ〇ワーコミックスあたりが得意そうなやつ笑。あと友人に見せつけ展開とか看病とか、人気シチュが盛り盛り。絵もめっちゃ綺麗だから、なるほど人気出るわ~って思えました。
キャラはメイン二人とも相手に対してだけ言葉が足りてなくて、とてもめんどくさいです。でもこの二人の場合、だからこそくっついたというかくっつけたというか。ちゃんと話し合えるなら、葉が言いたいことを言える子なら、そもそも始まってなかったかも…っていう二人っぽい。まあ瑞貴がどうにかしてたかもだけど。
個人的萌えポイントは瑞貴の魅力に尽きます。恋人にだけ見せる顔のギャップが良い!不安がってたり甘えただったり、ふいに照れたりするときの表情なんかが全部綺麗で可愛くて見惚れます。まさに漫画の中にしかいない王子様!お顔の作画が素晴らしい…。
二次元から摂取でき得るきゅんきゅんを存分に堪能できた気がします。葉にも萌えられるところがあれば神だったかな。

7

カレーに始まりカレーに終わる

単話を追っていまして、コミックスになるのを心待ちにしていた作品です。
イケメン気象予報士と売れないエロ漫画化。
お互い言葉足らずがゆえに勘違いしてすれ違って喧嘩して、そして苦しくなるくらい大好きで。
何だろう…読んでいてこんなに幸せな気持ちになる作品久々でした。

自覚なく実は瀬ケ崎さんのことが大好きだったダヨちゃん。
重すぎる愛がダヨちゃんには全く伝わっていなかった瀬ケ崎さん。
お互いの想いがわからぬまま不安になって嫉妬して気持ちがぐちゃぐちゃになって。
だから相手の気持ちがわかった後の想いの通じあったエッチは最高でした!
まぁそこでも瀬ケ崎さんドSなんでイジワルなんですが。笑
愛のあるイジワルは尊い!ダヨちゃんも喜んでたし。
あと万さんがいいですよねー。大好き。
脇キャラの女子がいい仕事してるBLはだいたい面白い!
描きおろしもすっごく良かったです。「おかえり」言ってほしかったんだなー。瀬ケ崎さん可愛い。
表紙裏の「瀬ケ崎瑞貴の解剖」「棚田葉の解剖」も面白かった。

あとやっぱりこの作品で何を置いても外せないのは「カレー」ではないでしょうか。
瀬ケ崎さんがダヨちゃんに惚れた理由もカレーだし、コミックスの最後・描きおろしを締めるのもカレー。読み終えて最初から読み返すと、なぜ瀬ケ崎さんがシーフードカレーにがっかりしていたのかもわかる。

連載の続きは当分先になるとのことですが楽しみに待っています!

10

だーーーーーいすき!!なお話です!!!!

大大大好きな「体感予報」のコミックス発売すごく嬉しいーです!
ずっーーーと待ってました!!

2020年連載開始し、単話の1話を読んですぐはまり、すぐお手紙書いたあの日を今でも覚えています。
葉くんの「キライ」がもう「好き」にしか聞こえないです。
しかも好きで好きでたまらないてすごく伝わってきます!!
最初の頃のギスギスした雰囲気の2人から今は甘々のラブラブな雰囲気の二人に!
たまらないです。
もう読んでいキュンキュンとまりません!
もう最っっっっっ高です。
葉くんに甘える瑞貴くん可愛いすぎです。
また葉くんが素直に瑞貴くんに好きといったところに興奮しました!
「キライ」しか言わなかった葉くんから「好き」ていってもらえて瑞貴くん良かったね!て思ってしまいました。

二人の馴れ初めもたまりませんでした!
出会い〜現在までの二人の歩みが本当にステキ!
本当に尊い…
何回読んでも幸せな気持になれます。

11

エロ可愛い

作家買いです。

ストーリーもエロもキャラも所々笑っちゃうすれ違いもめっちゃ良かったです!
独占執着攻めで顔面強強は最強ですね。
受けのえっちな時に、普段のマシマシで可愛くなるのも…可愛すぎる…。

受けのお友達に女の子出てきますが、良い子(旦那あり)なので安心して下さい。純粋に推しているだけです。

もともと1話目が、完結しているお話なので試しに読んでみての購入もオススメです。
二人がラブラブになるとこや、さらにラブラブなとこが見れます。盛大にすれ違う両片想い最高です!

続編も楽しみです。


アニメイト小冊子はお漏らし(放尿)プレイなので、気になる方はお早めに。
とら小冊子はエロなしイチャイチャギャグです。
本編は、拘束プレイくらいで特殊プレイはありません。

10

げきしこ

 滅多に攻めに魅力を感じないのですが、独この作品の占欲激強攻めにはすごく惹かれました。
 独占欲が強いだけじゃなくて、俺様で横柄で言葉足らず。
 二人の馴れ初めの、カレーのくだりには尊すぎて昇天しそうになりました。
 お互いの気持ちが通じあってから、セックス中の受けの言葉のレパートリーがエロくて最高。特に「しつこく奥の方いじめられてから〜」が好きです。

 メスイキで体が死んでる葉に、「今日疲れてるなら晩飯カレーでいいから」と言った瑞貴へ対し、心の中で「作らなくていいよ、じゃないんかい!」ってツッコミしてたのが不意打ちで面白かった。

 受けのオタク友達で女が出てきますが、仲のいい旦那がいるので安心できる女です。

8

カレー漫画に心を鷲掴まれた


瑞貴さんが葉くんを自分のものにしたいと思ったエピソードがすごくキュンとしました。
外面大魔人の内面を意図せず見抜いたズレたやつ・それに惹かれる外面大魔人、という構図はよく目にするものかもしれませんが、ニッケ先生の画力、鈍な葉の言動に悲しんだり拗ねる瑞貴さんと 瑞貴さんのことが好きな葉くんという描写が相まって、とても心を鷲掴みにされました。

葉くんの漫画がヌけない理由が良いなと思いましたし、カバー裏まで認識の齟齬がおもしろく、全てが関連しているストーリで、読んでいて設定などに引っ掛かりを感じることなく、味わえました。

瑞貴さんは言葉が足りな過ぎますし、葉くんは鈍すぎますが、ちゃんと理解した葉くんとちゃんと言葉にした瑞貴さんをたくさん見たいと思いました。

13

満足感高し

おお〜!
面白かった〜!
スパダリ執着攻大好物。満足。
ちるちるとか電子でいっつも広告入っててずっと気になってて我慢しててやっと!充実の一冊。

少女漫画に出てくる王子様のみたいな外面ヨシオで受けの前だけ本性出すみたいな攻め様だな〜受けが女の子だったらTLだなーと、、でも女の子じゃ萌えないな、なんでだろう…あ!いっけね!アタシ腐ってたんだ!と謎のノリツッコミを2秒くらい頭をよぎりました(独り言)

小冊子は4話の後。

12

ジタバタするの♡

電子の時から楽しみに読んでました。このCP、ホント可愛いーよぉーっ!てリリースされる度にジタバタしてたんですがこの度、紙書籍版になってあらためてまとめてジタバタした次第です♡個人的に読んでいて思わずジタバタしてしまう程の作品なので迷わず神☆評価です。続編も予定があるそうなので、より一層ジタバタ出来る事を期待しています。

8

きゅんを超えると胸が痛くなる

作家様買い。

恐らく今までのニッケ先生の作品の中で、一番エロいと思います。
(私の体感では)

イケメン気象予報士の瑞貴と、エロ漫画家の葉は一緒に住んでいて
エッチもする関係なのですがー…。


これねー!!!!
ほんとに最高のお話なんですよ。
すれ違いっぷりがすごくて。

葉も鈍感でアレだなぁって思う部分があるんですけど
それ以上に瑞貴がすごくて!
葉は付き合っているつもりないのに、瑞貴はプロポーズしたつもりだったり、
雨の日に抱かない理由は葉を思ってだったりと
言葉にしないからとにかくすれ違ってて
でも意味がわかると葉のことすごく好きなのがわかります。

特に万さんに対するマウントに
さいっこう…!!!!って思いました(*´ω`*)

どっちも素直じゃないからすれ違っちゃったりするんですけど
そもそも瑞貴は葉を全く手放すつもりがないので
安心して読むことができました(*´ω`*)

執着攻めやっぱりいいわ〜!(*´ω`*)
続編出るのも今からすごく楽しみです(*´ω`*)

17

しゃらんらー°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°大好き

電子配信の時から超好きだったお話。やっぱり最高です、瀬ケ崎さん&万さん。何度読み返しても面白いので、まだ購入していない方がおられるなら是非。これは買っても損しないと思うのです。面白い。最高。電子配信分+描きおろし11P+カバー下(攻め受けの解説図)。

天気予報流しているライブチャンネルに出ているイケメン解説員を一日中見ながら、エロ漫画を一生懸命描いているダヨちゃん(棚田葉)。そのイケメン解説員とはなぜか同居する羽目になっているのだが、配信中の爽やかさはどこへ?帰宅するなり俺様炸裂で・・・と続きます。

攻め受け以外の主な登場人物は、万ちゃん(エロ同人屋さん、♀)ぐらい。モブはいますがほぼ3人。万ちゃんがさいっこー------に好き。いいわあ、万ちゃんになりたい。もしくは攻め受けが住む家のソファか観葉植物。楽しい、いつまでも見ていたいこの二人。

++好きなところ

お話が「あっそうくる?!?!」という感じの展開が複数個所あって、とにかく楽しい!そして瀬ケ崎さんのビジュアルがきっらきら、ほんとに「シャランラー♪」という効果音ついていそうなイケメンなのが猛烈に好き。ニッケ先生の描かれる垂れ目イケメン、すごく好きなんですよねえ・・微笑まれるとほんとに腰砕けるよぅ。そんで外面紳士&内面毒舌あるところがさらに良い。ああ大好き、こういうタイプの方。

受けはごくフツーの売れてないエロ漫画家、崖っぷち状態。追い込まれていて、なんかようわからんが一緒に暮らすことになっていて衣食住(ついてはシモの世話まで)させられることになってて、ほんで攻めは何考えてんだかさっぱりわからん、とあれこれ超大変、混乱状態。ああ可笑しい。

その二人に加えて万ちゃんがとっても良い味を出しているんですー---万ちゃん主役回では?と思う第5回なんか、腹抱えて笑ってしんどかったー描きおろしにも万ちゃんちょこっと出てくるので、嬉しかったです!

そんな二人があれこれあって、というお話なんです。ほんとこれ読んでいない人がいたら、騙されたと思って是非読んでいただきたいなあ。こんな面白いコミック、そうそう無いと思います!続きもしばらくしたら出ると漏れ聞いているので、楽しみにお待ちしています!!!!!!!!!!

11

溺愛×不器用×両片想い

電子配信で話題の気になっていた作品です。

「溺愛×不器用×両片想い」どれが好きならきっと好き、そして相まってもっといい!上手く掛け合わされた作品でした。
どちらかに感情移入しながら読むよりは、二人の関係や変化を眺める外の存在に読者を置く作品かと思います。

瑞貴はオレ様、自分勝手、横暴な印象ですが、葉を前にして甘えたがりや不安の裏返しで全ての行動に意味がありました。幼いというか、葉の前だけ素でワガママになれるのは好きポイントです。

葉は自己肯定感低め、瑞貴を嫌いだと言いつつしっかり見ていて、途中に嫌いを列挙するシーンがありますが好きと言っているようなもので、瑞貴の機微を感じ取れる葉にも、葉にそのような顔を向ける瑞貴にも、なぜそれですれ違うのか身悶えました。全ては言葉足らずと思い込み笑

後半、個人的には失速でした。
電子って1話無料とかよくあって、そこで興味が出て買っても、試し読みがピークってよくある話。同じかと不安になります。

瑞貴が葉に惹かれた理由。外面のいい瑞貴が陰キャの葉に奥まで見破られで関心を持つ。弱っている時に気づいてくれて、不器用ながら懸命に介抱する。うん、何度見てきたものか。
万さんのお家招待。テンションがそれまでのストーリーと違ってついていけなかった。瑞貴がマウントとったり、葉が素直になるシーンはよかったんです。突然のコメディタッチに身構えてしまいました。

描き下ろしでは、カレーや玄関描写の回収があってよかったです。

そんなことでいいの、そんなことに囚われるの、そんな言葉尻を、、と一見「そんなこと」が残るのが溺愛や執着でグッとくる点かと思います。それが随所に詰められている作品で、萌え要素も多く全体的には満足な作品でした。

7

不器用が積み重なって爆萌えに!

結局全編イチャイチャかよっ、ケッ(爆萌!)

電子書籍で4話まで読んでてもうすぐコミックスが出そうだったので、待ってました。

すれ違いって言うのかな?なんてやなやつ!って思ってた瀬ヶ崎、実は素を出して甘えてたの〜?
鈍い葉に大変だったね!
なぜこんなに瀬ヶ崎は言葉が足りないの〜?わざと?わざとなの?こんなに好きなのに全然伝わってないじゃーん!
こんなギスギス過ごすより素直に気持ちをちゃんと伝えて仲良く暮せばいいのに。
でもそうしたらここまでの爆萌えはなかったのか…。

葉のことをよくわかってる瀬ヶ崎。
葉の言う嫌いの意味。葉がわかってない葉まで理解してて。

万さんとの初対面、萌えましたよ!
友達だって言ってるのに、マウント取りまくりで。
ヤキモチ焼いて飲みすぎて甘える葉と、最後のマウントのトドメをさす瀬ヶ崎。万さん撃沈だよ〜。

葉を好きになった理由。そっか〜、そっか〜、そんな背景があったのか〜。おれのにしたいって、葉の人権!もうジャイアンなんだから♡そんなに好きなら優しくしてよ〜。

あんなに葉にキツく当たるのに、抱きしめたりチュッチュしたり、何だこの人?と思っていたら、とんだ萌えの宝庫なお話でした!

カバー下も最高!葉がいつも同じ大きめのパーカー着てたの、そうだったんだ〜!!!

11

最高のすれ違い

↓ネタバレ含みます!

待ちに待った単行本発売です!普段単話買いしない私ですが、こちらの作品はどうしても待てず単話で追っていました。そのため本編の内容は既読済みでしたが改めて紙単行本としてまとめて読めるのも楽しみにしていたので発売嬉しいです!


超言葉が足りない溺愛執着攻め瀬ヶ崎さんと、自分の気持ちにも相手の気持ちにも鈍感な葉の、すれ違いつつも相手の気持ちを知っていくストーリーです。

瀬ヶ崎さんはとにかく言葉が足りない…!晴れの日にしかしない理由といい、同居している現状でお互いの受け取り方が全然違うことといい、言葉たらずのせいで1話からすれ違いまくってて笑いました。2話以降も相変わらず言葉たらずですが、葉への溺愛執着感がどんどん溢れてて最高です。瀬ヶ崎さん視点の過去編もあり葉と出会い、惹かれたきっかけがの話大好きです。
葉は好きなのに自分の気持ちに気付かず、そんななので瀬ヶ崎さんの重い愛や嫉妬や拗ねにもなかなか気付きません。ちょっとずつ素直になっていき、酔った時もですが最終話の素直さは可愛すぎました。
そんな2人なのですれ違いまくりますが、ある意味とてもお似合いな2人です。

最終話まで読み、葉の「嫌い」という言葉が意味することを知った上で1話を読み返しました。そして晴れの日にしかしないで始まった2人が、お互いいつもより素直になって雨の日にもしてる最終話の対比が良かったです!

描き下ろしでは瀬ヶ崎さんの要求が可愛かったです。少し必要な会話ができるようになった瀬ヶ崎さんと少し素直にできるようになった葉。最後の感じを見るにこれからもすれ違いは絶えなそうですが、以前よりも恋人らしく仲良く暮らして行くのだろうなと思えました。

瀬ヶ崎さんからしたら当て馬?枠の万さんがキャラ濃くて普通に良い人で面白かったです。お宅訪問での推しとの遭遇でするオタク反応が好き!

カバー下は2人の裏話でした。面白かったし知れて良かったのでめくるのをお忘れなく。本編の予備話とかもあったので読後推奨です。


単話はを何度も読み返していましたが、やっぱり何度読んでも大好きな2人でした!だいぶ先にはなるそうですが続編も決まってるとのことで今からまた2人で会えるのが楽しみです。先生がTwitter(ポイピク)で単行本を買えば分かるパスワードで見れる小ネタをあげてくださっていたのでぜひ!

10

執着バブみ攻め最高かよ

ツンデレというか自分の気持ちに無自覚で画像認識能力高いけど若干社会不適合者の受けちゃん奏くんと
クズでバブで執着凄いのに顔面偏差値の社会適応能力高得点で言語理解能力高い社会的には超絶好青年な天気予報士の攻め瀬ヶ崎の変形両片思い(というか片方は自分が相手を嫌いと思い込んでる)
二者の対比がめちゃくちゃ良くて互いが互いに振り回されてると思い込んでて、自分がわかってることを相手と共有しようとしない、ある意味似たもの同士の恋の駆け引きにもならない、側から見たらイチャイチャなのに本人達はモヤモヤしてるという…ご馳走様でしたとしか言いようがないお話
単話で追いかけ電子コミックを購入し小冊子欲しさに紙も買いましたが後悔はありません
全力で楽しめるお話です!

8

こういう攻め、最高だ

多くは語れないから、読んでほしい。

「衣食住は保証するから」と言われ人気お天気キャスターと同棲している売れないエロ漫画家。
家では、お天気解説している時とは全く違う顔を見せる彼を「嫌い」だと思っていたーー・・・

素晴らしく気分がいいです。絵もすごく綺麗。
エロも最高。ブワッと鳥肌が立つほどの愛。

7

何度読んでも心臓鷲掴みにされます!

単話で配信されていたときから追っているこの作品の大ファンです。

1話のみ配信されていたとき、あまりに話の起承転結が美しく、(続きを見たいがこれはこれで)綺麗に収まっているなあと思っていたのですが
2話以降も毎回毎回死ぬほどきゅんきゅんして心臓が痛くなりました。両片思い最高ですね….

きゅんポイントは沢山ありますが個人的には酔って甘えて離れなくなった葉を見てぶわって瑞貴が赤面するシーンですかね…
色々俺様溺愛発言はあるのですが、素で喜んじゃった顔の瑞貴は珍しく、本当に葉が好きなんだな〜としみじみ感じられて素敵だなと思いました。

あと瑞貴が葉を好きになった過程を語る上でのモノローグが泣けます。言葉のチョイスが素敵。

続編も決定とのことで、続きがとても楽しみです!

9

疲れ果てた身体に沁みます

作家さま買いです
なんですが お話如何によっては好き嫌いでちゃって いまだに攻略できていない作家さまでもあります

電子で単話みつけてずっと気になってたんですが紙待ち 長かった Orz

 
で 読んでみてどうだったか

高慢チキチキマシーン猛レースでスタートダッシュかましてくれてんのかと思いきや

いるよね この界隈
仕事以外はすべてポンコツ 不器用甚だしいヤツ

それが 双方不器用だってんだからシビレちゃうw


てかさ クソ意地悪の悪い攻めに流される受け
至福しかないんだが どうしてくれよう

噛み合わなさも ずれップリも焦れったすぎてモゾモゾしてくるッ!

あぁぁ いいッ!
イカれお子さま粘着彼氏を知れば知るほど その不器用さが不憫で全米が泣くわッ!

はぁ なんかもっとめんどくさいヤツなのかと思ったけど 大概甘かったな
ただただ 甘えて拗ねてヤり散らかして

でもすき なんも難しいことなくさら~っと読めたし
いやぁ 紙待ち一気読みしたかいはあった

あったんだけども なんならもっと ぐるぐる空回るハムスター彼氏を溺愛越えて盲愛の限りこねくりまわしてくれてもよかったのかな

続きがあるなら絶対買うわ ほんとなんも考えなくていいこの気楽さ 
癒し以外のなにものでもなかったし  ッ最近本読む時間もなくて ッ日々に疲れた自分ご褒美の読みものだったな

6

想像してた攻めと違ったけど良かった

広告で流れていて単行本化をずっと待ってました!!やっと読めて嬉しいです!!
広告を見た感じ攻めがクズなのかなーと思っていたんですけど、違いました!!執着攻めな感じでした!!

お互い言葉が足りない場面が多いと、いやさすがに不器用すぎん???って少しモヤモヤしながら読みましたが、ストーリーは面白かったです!!

結局受けくんは初めから攻めくんを好きだったんですかね??(ゲイ設定ですか??)
そこら辺がちょっと分からないので、話の内容的にもう少し説明を入れて欲しいところではありました。

すれ違い系ではないと思っていますが、お互い気持ちを伝えるのと受け取るのが下手な2人のお話だと感じるのでモダモダ系が苦手な人には不向きかもなと思います。
えち描写も結構あるので、気持ち複雑系エロを求めてる方は是非!!

8

溺愛執着の極み

言わずと知れた超超人気作品!単行本化を心待ちにしていました(≧∀≦)
単話でも追っていたほど大好きな作品。私のように単話買いしている方も多いのでは?単話が配信されるたび心が躍りましたが、単行本を書店で購入したときの高揚感。ワクワク止まりませんでした♪


体感予報の内容は、既に多くのがご存じなのではと思います。ちるちるの広告でもよく流れていましたよね(私もそっちからです)。イケメン気象予報士・瀬ヶ崎と売れないエロ漫画家・葉との、言葉足らずのジレジレラブストーリーです。

ジレモダ系はやり過ぎちゃうと私の好みから思いっきりズレるのですが、これは逆にすごくハマりました。何でだろ?…って思ったら、やっぱり瀬ヶ崎の葉への突き抜けた執着溺愛が、やり過ぎるくらいあったらからですかね。
葉が意地っ張りで、もー!素直になりなよって思ったし、いつもマイナスに勘違いするからムムム…となるけど、瀬ヶ崎がそれを上書きするくらい執着溺愛攻撃をガンガンけしかけるので、いつの間にか忘れてしまいました。むしろ最後はニヤニヤで終わる。

ほわぁ〜…瀬ヶ崎がGOODすぎる…すごい好き(♡▽♡)
私の中で執着溺愛の筆頭株。
「未来永劫誰とも〜」のシーンの破壊力たるや…萌えの暴力でフルボッコされました。


ずっと気になっていた2人の出会いや、瀬ヶ崎が葉を好きになったきっかけも分かると、葉が特別な存在なのが分かりました。葉の前では仮面を被ることなく素直になれる居心地の良さが瀬ヶ崎には嬉しいんだな、と。葉は瀬ヶ崎に媚びることもないし、おそらく瀬ヶ崎に唯一「嫌い」と言える人物。そういった意味でも瀬ヶ崎は葉が大好きなんでしょうね。


瀬ヶ崎の意地悪も愛情表現の1つだし、葉の「嫌い」も愛情表現の1つ。……全部逆になっちゃっていて、ストレートに意味を解釈すると喧嘩しかしないであろうことが、この2人なら絶妙にうまくいく。この独特の恋人関係が心をくすぐる感じで面白かったです。
万さんのキャラもツッコミも大好き!
ついでに言うと「体感予報」っていうタイトルも好き。レトロで官能的な風合いのある素晴らしい四字熟語ですね。


萌えの過剰供給で、心臓ぶっ壊れるかと思いました。……幸せしかない。
ウルトラ神作品。全方位で最高でした。

12

「こんな攻めが見たかった!」を叶えてくれました。

※一番下に電子と紙の違いを追記してます

単話配信の時からすごい存在感を放っていましたね~!

しょっちゅうやってる1話目無料を読むと人気も納得。
とにかく萌えがすごい。萌えしかない。
好み的に「こんな攻めを見たかった~!!」に尽きた。

個人的に今まで鯛野ニッケ作品を読んでいる中で
端々に『キャラクターの生き様』を感じる部分が好きで。

ストーリー内で言葉で説明するのではなく、
ふとしたセリフや表情でなんとなく垣間見せるのが上手い。
練って山のように積み上げた設定の一角だけを漫画にする。
キャラクター自身から自然に出る感情をBLに昇華してく。
そんな印象でした。

しかし、今回は
鯛野ニッケ作品の概念をガツンと覆された気がします。
なんか……、超個人的にただ感じただけなんですけど、

細けぇことは全て置いていけ!気にするな!
とにかく萌え!!!萌え要素詰め込む!!!
全力で最高の萌えをお届けします……!!!╭( ・ㅂ・)و ̑̑

と (ニッケさんが思ってたかは知らんけど)、
そんなパッションを感じたんですよね(∩´///`∩)

《腐女子に聞いた萌えランキング》なるものがあったら、
1位~10位を独占してそうなシチュがてんこ盛りでねー!
(読み終わったあと「こんなん全人類好きでしょ……」って天を仰いだもん←)

何に萌えを感じるかは人それぞれ好みがありますが、
個人的にそう思わずにはいられない最高の作品でした。
特に「こんな攻めが見たかった!」を叶えてくれてて…!
は~~~~!!命延びる~~~~~~!!!(∩´///`∩)


というわけで、
以下 語彙力が飛んだ萌えを叫ばせて下さい。

個人的にめっっっちゃ最高に萌えた攻め・瑞貴。

 ・溺愛してるくせに俺様
 ・他人の前では好青年だけど受けの前だけ素
 ・受けのことがめっちゃ好きなくせに冷たい態度
 ・受けのことがめっちゃ好きなのに誤解されてる
 ・ブツブツ文句いいながらベッタリバックハグ♡
 ・俺様態度で受けを愛してるとこ、一周回って健気すぎ
 ・時々"好きがダダ漏れめちゃクソ甘い顔"するのヤバイ
 ・受けに意地悪してる時、最高に楽しそうだね…(好き)
 ・受けに近づくヤツには威嚇マウント…!(∩´///`∩)
 ・執着拗らせてて監禁しそうなほど受けが好き
 ・ただただ受けを自分のモンにしたいだけなんだよ…!
 ・なのに愛情表現が下手すぎるっていうね…!(ド性癖)
 ・は!?それがプロポーズ!?(伝わらねぇよ~~~!好きぃ~~~~!!!)

などなど。これ、ほんの一部ですよ?
このまま100個ぐらい余裕で箇条書き出来るほど萌えた。
何度も書くけど「こんな攻めが見たかった!」の坩堝…!

そんでニッケ作品なのでもちろん心理描写も丁寧で。
なぜそんなに受けを好きなのか、
愛情表現が下手っぴで歪なのか、
ちゃんと裏付けあるのでキュンキュンする!(∩´///`∩)

特に「切なさ」と「愛おしさ」の混ざった表情とかねー!
もう堪らんですよ。受けへの愛の強さにめちゃ萌えるッ!

で。受け・葉は色々と誤解してるわけですよ。
(瑞貴は意地悪なとこもあるし言葉が足りない人なのでw)

攻めに奴隷扱いされてると誤解したまま、
嫌われないよう恋心を隠して抱かれる受けって最高萌えませんか…!?

私はMAXニヤニヤしながらキュンキュンしてました♡
(葉の場合は隠しきれていないのでバレバレですがw)
(瑞貴の愛情を完全に誤解してるから、)
(俺だって好きじゃねぇし!嫌いだし!って意地張るw)

んで ずっと瑞貴の気持ちを誤解してたけれど、
"あれ?もしかして好かれてる?"と気付き始めるのも最高に萌えた。

瑞貴も言葉足りないけれど、葉も下手でね。
対話をする前に自己完結しちゃうとこがあって。
(葉は逃げの姿勢だったりするけど瑞貴がガッチリ逃がさないとこも好き~!)

そこからジワジワと瑞貴の想いを知っていくのが、
もうッ!もうッッ!!!両片想い萌え爆発です!!!
(ううう、語彙力ぅ…)

あとさ、葉さんはとってもエッチなのがね/////
トロントロンになるとこも、
エッチになると素直になるとこも、
まぁぁぁぁぁ可愛い。可愛い以外の語彙がない。
「アンタなんか嫌い」って言いながら好きがダダ漏れてて可愛すぎる。

そういえば葉は今のとこ瑞貴を名前で呼ぶことがなくて。
続編が決まってるとのことなので、
彼等が更に恋人らしくなっていくのが楽しみです~!!

◆紙本版に収録されてるカバー下について
 ・棚田葉の解剖
 ・瀬ヶ崎瑞貴の解剖
と題して、それぞれの思考回路プチ解説がありました。
これを読むとすれ違いを拗らせた元が理解出来ますw
(オタクと一般人の壁が想像以上にぶ厚いwww)
(万さんわかってるね!推せる!ってなる)

◆電子特装版と紙書籍の違いについて
 ・電子特装版…発行元:ソルマーレ
 ・紙書籍版……発行元:リブレ
と、発行元が違うせいか、
シーモア先行電子特装版と紙本でお値段が少し違います。
(100円ほどの違いだからクーポン駆使すれば電子のが安くなるけど)

本編・描き下ろし漫画の収録内容は同じです。
でも紙本は少し安い上にカバー下があるというバグ発生。
(電子特装版にはカバー下はなかったYO!)

なので媒体に制限がなければ紙本がオススメです。

26

拗らせ両片想い

「明日は晴れなので、この男は俺を抱くだろう」
ネットのバナー広告でずっと気になっていましたが、単話は買いたくないのでずっと我慢していました。でも2話の広告を見て、ダメでした…。
とにかくキャッチーでエッチでかわいい絵柄で、鯛野ニッケ先生の他の作品は読んでいませんが、これだけはホントにハマりました!
単話で全部買っているのに、単行本も特典が読みたくて買ってしまいました。
いや~、ホントいいです。
今まで「単話だったから」と我慢していた人、ぜひ読んでください!

もともと声優さんの朗読イベントの為に作られた作品で、1話のみ予定だったようですね。確かに1話でお話としては完結していますが、もっとふたりの話を読みたい!もっとふたりのことを深く知りたいと思えます。
2話からも違和感なくスムーズに話が繋がるので単行本1冊を通して楽しめます。


ふたりの言葉の少なさ、素直になれない性格、すれ違いの両片想い。
1話で攻めの瑞貴が受けの葉にプロポーズしたってわかっているのに、互いに「好き」の一言がいえないんですよ。もうなんてかわいい拗らせカップルでしょうか!!!!
口じゃうまく言えないからがんばって行動で示す葉も、わかっているくせにいじわるしちゃうドSの瑞貴も、時々デレたりするのがホントいい!!

エッチなシーンもとてもエッチです。瑞貴はかっこいいし、葉はかわいいです。
普段は葉が瑞貴の暴君に仕えているようだけど、葉の調子が悪くなった時に瑞貴がずっと葉を可愛がりたくて尽くしたかったんだと分かるのも萌えます。
またまたすれ違いで束縛しちゃう瑞貴の暴走も笑っちゃいます。駄々こねているイケメンって!!!かわいすぎますよね。
その後の互いに「好き」「好き」って言い合うエッチは最高のシーンとなっています。

ふたりの大学時代の出会いと、どうして瑞貴がああなのかわかる過去のお話も読んでいて楽しかったです。葉の無自覚な熱視線もすでにこの頃からなんですね。
酔っぱらったり調子が悪い時って、いつもは言えないことを言えたり、ホントの気持ちに気づいたり、ふたりの気持ちが近づくのが自然に読んでいる方も分かるのもよかったです。
そして、暗い部屋の中でちゃんと自分の気持ちを言葉で言い合えたふたり!おめでとう!!!

続編も決定しています。このふたりはどうなっていくのか!
ああ、つづきが待ち遠しいです!!


葉のオタク仲間の万さんの言葉や行動、そして当て馬的な感じもBLに出てくる嫌な女性ではなくて、とても魅力的に描かれているのも、この作品のいいところだと思います。

あと、間に出てくるふたりのマンションの顔やセリフがかわいいです!

11

好きすぎてしんどいを描き切っている!

いいという噂は聞いておりましたがやはりよかった、期待を裏切らない神作品ぶりでした。決してシリアスすぎないのにモノローグが泣ける。眼差しが泣ける。赤面が泣ける。お互いの好きが伝わってきてしんどいほど。鯛野ニッケ先生の漫画はなんか泣けてくる。絵が上手いだけじゃなくて気持ちを眼差しで表現できる素晴らしい先生だなと思いました。

瑞貴さんが恋に落ちた過程がすごく説得力があってずっと葉くんをそばに置いて自分だけを見てほしいというのがよくわかる。恋に落ちた瞬間がこれほど手に取るように描かれた作品は珍しい気がします。葉くんを見つめるその悲しそうにも見える眼差しが愛に溢れていて泣きそうでした。縋るような目をするの。
葉くんは本当は瑞貴さんが自分を愛おしく思っているのを知っているし自分も好きで好きで仕方ないんだけどブレーキをかけないとやばいってなっている、でも好きが漏れ出してシンドイ感がビシビシ伝わってきてこちらも泣きそうでした。

気持ちをちゃんと描いているのにえっちもどえっちでびっくり、葉くんが体がおかしくなっちゃってどうにもならない感すごかったです。

2巻すでに早く読みたいです!買って損はないと思います。

9

言葉が足りない者同士の甘えろBL

作者さん買いで購入。

めちゃめちゃ甘えろでした!溺愛系スパダリの瀬ケ崎さんが葉くんのことになるとすごく必死になるのが最高でした。葉くんも瀬ケ崎さんのことが好きなのは丸わかりなのに素直になれない感じが可愛すぎました。そして生まれ変わったら万さんみたいに推しカプを見守るポジに就きたいです。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う