純情ロマンチカ(2)

junjou romantica

纯情罗曼史

純情ロマンチカ(2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神19
  • 萌×26
  • 萌16
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
17
得点
167
評価数
41
平均
4.1 / 5
神率
46.3%
著者
中村春菊 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
角川書店
レーベル
あすかコミックスCL-DX
シリーズ
純情ロマンチカ
発売日
価格
¥560(税抜)  
ISBN
9784048537025

あらすじ

なんとか大学生となった美咲は、兄の友人で超有名小説家(兼ボーイズラブ小説家)の宇佐見のマンションにワケあって同居中。「好きだ」と囁かれ、なし崩し&強引に宇佐見と初エッチをしてしまい、自分の気持ちに戸惑う美咲だけど、宇佐見が信頼を寄せる編集者・相川が現れて!?
傲慢で純情な色男x素直でやんちゃな大学生のドッキドキ☆ラブレッスン第2巻♡
甘く切ない恋物語「純情エゴイスト」も収録!

好きで、好きで、大好きで。
ーーー多分、もう二度とこんな恋はしない。

表題作純情ロマンチカ(2)

宇佐見秋彦 超有名小説家
高橋美咲 大学生

同時収録作品純情エゴイスト

草間野分 医大生
上條弘樹 M大文学部助教授

その他の収録作品

  • カバー下マンガ(孝浩と宇佐見の会話)
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数17

どっちかといえば

エゴイスト側が主な一冊でしたね。

大学生になった美咲。
相変わらずのテンションで楽しませていただきました。
1巻の段階でやっちゃったので、思い通じて?と思ったら勘違い。
気持ちは二の次だったようです( ´∀`)ゲラゲラ
ただまぁ、明らかに自分が主人公のエロ本を読まされる気持ちって言うのはどうかとおもいますね。
反応良すぎて、なおさら描いてヤリタイっていう気持ちになりそうだ(ぇ

今回は、美人の担当さんを織り交ぜての、美咲のヤキモチップリがかわいかった。
え?おれ・・もしかして・・・・先生のこと・・好きなの?
という気持ちの動き方も良かったですが。



そしてメインはエゴイストです。
上條サンの俺様ツンデレ受がとにかく可愛くてしかたない。
突然目の前から消えて。
現れてはまた消えて。
それでも待ち続けてしまう純情ぶりにちょっと泣けた(´つω・`)シュン...
最後の手紙はツボw
手紙っちゅぅか、手紙を見ちゃった上條さんの反応がww

4

巧みな王道

僕は2巻まで読みましたが、今のところ、純情ロマンチカと純情エゴイストの二つの話が平行して続いています。
この二つの話の微妙なリンクが「鬼の上條」というフレーズでピンと来ました。
が、そんな話のリンクもそれぐらいで、今回はそれぞれの話が互いに絡み合うことはほとんどありません。

絡み合うといえば、男同士の絡みは普通にありました。
絡みで言えることは、それぞれ恋人同士で必ず絡んでいます。
恋人以外で絡むことがないというのは、恋人同士の愛を確かめ合うということのようで、この純情ロマンチカの2巻は、お互い(というか主に受けの人)が相手に対して不信や疑いなどを持ち、それが大きくなりやがて爆発し、相手から離れようとしたり断ち切ったり暴力的になったりしながら、結局は元の鞘におさまるという話の展開だと思います。

話の展開はいかにもよくある感じで王道なんですが、その表現方法が「うまいなぁ」と思わせますね。
この純情ロマンチカ2巻の中での僕のお気に入りは、弘樹が雨の中で野分を待つシーン。
よくあるパターンだと思うんですが、なぜか心打たれます。
何なのでしょうね。

4

ほんとにかわゆい(^^)*

純情ロマンチカ第2巻です♪
裏表紙はかなり萌えます(^^) ヒロさんと野分がびしょびょになっています!!!

私が今回良かったなぁ*と思ったところは
美咲が秋彦さんにむりやり触られちゃったあとの
「俺 本気でホモになったのかも マジで心臓破けるかと思った――――」
・・・ほんとにほんとに萌え萌えです(*´ω`*)
特に表情とか「ドキンッ」「ドキンッ」←効果音とか★
あとはみさきちんが『完全乙女モード全開☆』だったときもたまりませんね♪

エゴイストの方はヒロさんが雨の中、野分のことを思っている姿が好きです。
「自分で拒絶しておきながら 自分が一番期待していた 恥ずかしくて バカバカしくて 情けなくて」「それでも まだ好きで―――」
・・・ほんとに泣けてきます。。。
そのあとのエッチなんてもうものすごく恥ずかしいです(∩ω∩)♪

最後のきわめつけは野分が今までヒロさん宛に出してきた手紙がヒロさんに
見られたとき、ヒロさんの顔が真っ赤なのと、野分とヒロさんが同居し始めて野分が家に帰ってきたときの二人のやりとりが好きです.+ もうむちゃくちゃかぁいくて.....♪♪♪

3

もこ

はじめして。こんばんわwもこです。
コメありがとうございます。
ロマンチカいいですよね~w最近は美咲たんの恋もかなり動きっぱなしでかわいくて仕方ない。
はっ!アニメ2期。録画ほうちしてたorz
久しぶりに見たくなりました。ウズウズ

萌える王道を描く力量

 新刊(21巻)発売を機に久しぶりに読み返したら、やっぱりあの1巻がどうしようもないほどに萌えて止まらなくなったので、このまま読み返してレビューしていこうと思います。
 
・『純情ロマンチカ』act.3~3.5
 ウサギさんとの接触にこれまで以上にドキドキと意識してしまう美咲。担当編集の相川とウサギさんの関係が気になって…。
 1巻で初Hしてしまった美咲が自分の気持ちを自覚するお話です。1巻に引き続き萌えまくりです!!無意識に嫉妬して好きだと気が付くなんてストーリーは、王道過ぎる王道じゃないですか。だけど描き方が上手すぎるんです。美咲のぐるぐるする気持ちが切なく時にコミカルで、これでもかときゅんきゅんするところに、ウサギさんの真っ直ぐな告白で美咲のぐるぐるが止まって、素直な心の中が垣間見えてくるエッチシーン。初期の頃のエッチシーンは最近のエッチシーンの100倍萌えるな。体格差があるとしても「ウサギさんの手がデカすぎるだろ」みたいなバランスの悪さとか絵柄が好みじゃないとかはあるんだけど、そんなことなんかもうどうでも良くなってしまう。ドキドキ、ドキドキと切なくて、なんだか泣きたくなっちゃうぐらいに心が揺さぶられてしまうんです。

・『純情エゴイスト』act.3~5
 出会いから6年後の二人のお話。野分は口数が少なく上條は人の話を聞かないのですれ違ってしまう二人。悪い方に考えては落ち込む上條がとても可哀想なんですが、野分のことばかり考えてあれこれする度に見えてくる、普段は強がりな上條の素顔が可愛くて切なくてたまらない気持になりました。「好き」「好きだ」「好きなんだよ」「好きで悪いか、チクショー」のシーンは何度読んでも萌えるなぁ~(*´д`*)
 この巻で上條の上司として後の『純情テロリスト』の主人公、宮城教授が初登場しました!テロリストでは年下の忍にオタオタする宮城ですが、初登場では上條相手に「牡」くささを見せてます。これがあーなっちゃうのかーって思って読むと楽しいです( ´艸`)クフ

 ロマンチカもエゴイストも間違いなく王道なんだけど、ドタバタコミカルとシリアスの緩急の付け方といい、台詞のチョイスと切ないモノローグの破壊力、中村先生の力量は本当にすごかったなと思います。

3

恋はときどき裁かれる

純情シリーズの第2巻です。
前回のお話で、なんとか恋人らしくなったエゴイスト組、
6年後です。
野分君は研修医、ヒロさんは大学助教授に…とまあ、
設定だけは大人の恋人同士みたいです。
…が、現実はそれほど甘くも大人でもなく、それでも…
紆余曲折の末に、死ぬ思いで同居にこぎつけるまでが描かれてます。
コレを読んで、どきっとしたカップルは多いはず!
そう! 恋人同士になって、SEXに流されて…
大団円ってほどは恋愛は甘くないんです。
プライドとか、行き違いとか、言葉の足りなさとか、
放置して進むと、とんでもないツケが廻ってくるんですよねぇ。
エゴイスト組の修羅場は、裁きのように、それはそれは大変!
(図書室でのSEXは凄かった…。)
それでもラストは、追いかけていたつもりが追いかけられていた…
…とこれまた、鮮やかな名裁きが待ってましたが。
ロマンチカ組より大人味な(やや生々しい)エゴイスト組、
いい勉強させていただけましたっ。

2

素敵な裏表紙

エゴイストマンサイでやっほーいvな1冊です。うきうきして新刊を買いに行ったら表紙がアレだったので、裏返してレジに出したらとんでもない羞恥プレイが待っていたという伝説の1冊でもあります。
エゴイスト、ものすごい詰まったストーリーに感動の嵐でした。オチというか、全ての元凶を知ったときはコケましたが(笑)男前の野分とか、回を追うごとに切ない表情になってゆく扉絵の弘樹とか、たまりません。手紙の件なんて胸がじんわりとあたたかになりました。あ、後片付けをしてくれた教授も好きです。

2

ヒロさんが可愛すぎる。

純情ロマンチカ2のみどころは、純情ロマンチカシリーズの
"純情エゴイスト"ヒロさん、こと、上条弘樹。
宇佐美先生と幼馴染で美咲の大学の教授。
この人間関係の繋がりも、純情ロマンチカのいいところですね。

そして、もう一人が、野分こと草間野分。ヒロさんより年下。
特徴は、ストレートな愛情表現をするのと、ぶっ飛んでる

個人的には、シリーズで一番切なくて、
キュンキュンしまくりなカップルさん。

美咲と宇佐美さんのお話も、もちろん入ってるし
これまた楽しめました。

2

雨降って地固まる

1巻の終わりに初エッチをした宇佐美と美咲。
その事で美咲はものすごく宇佐美を意識しながらも、
この期に及んでまだ自分はホモじゃないと言ってます(笑)
でも、編集の相川と親しげな宇佐美に嫉妬する事でやっと自分の気持を自覚します。

相川、美人ですごく魅力的。
女性が魅力的に描かれているBLは、私は大好きです!
そして、エッチ中の美咲は本当にカワイイ!
少し素直になった美咲は、やっと宇佐美に「好き・・・かも」と、
ちょっと微妙ながらも告白します(笑)


この2巻はどちらかと言うと「エゴイスト」の方がメインですね。
1巻で付き合い始めた二人の、いきなり6年後の話です。

お話は野分が留学から帰国した所から始まりますが、
どうやら野分は上條に何も知らせずいきなり1年間も留学し、
しかもその間音信不通だったらしい。
そりゃ上條でなくても怒るでしょう(笑)
その後の二人のエッチは、上條の切ない気持が溢れていて・・・
本当は野分の事が好きで好きでたまらない上條、
何を考えているのか分からない野分を待つ事に疲れ、とうとう分かれる決心をします。

一方、何故上條が分かれると言い出したのか分からない野分。
必死になって上條に追い縋ります。
あまりの野分の剣幕に、もう一度だけと待ち合わせ場所に上條は行きますが、
野分はトラブルで間に合わず、深く上條は傷つきます・・・

二人とも、本当はお互いを深く想い合っているのに、
歯車が上手くかみ合わずに誤解で傷ついているのが、切なくて痛かったです。
特に上條が、繊細で可哀そうなほど一途で・・・
最後はお互いが気持をぶつけあう事で誤解も解けますが、
この図書館のシーンは本当に感動です!
「俺はもう二度とこんな恋はしない」に、胸をわし掴みにされました・・・!!

それにしても、なんとも不器用な二人。
特に野分、言葉が少な過ぎ。上條じゃなくても誤解するでしょう(笑)
今後の展開も、目が離せません。

2

エゴイスト❤︎

この巻ではエゴイスト組が大半を占めてますね。
ロマンチカ組ではハラハラドキドキというものがないので、エゴイスト組でハラハラドキドキしてました。笑
いや〜本当にヒロさんは可愛いですね。まさにツンデレ代表!というかんじです。ヒロさんのツンにキュンキュンしてます。
そして、一番素敵なのは野分ですね!年下なのにあの包容力。素晴らしいです!!
どうして野分はあんなに落ち着いているのでしょう?あの年齢であの落ち着きは現実ではあまりいないような気がします。でも、ヒロさんのことになると必死に追いかけるところはいつ見ても素敵だなぁって思います。
野分はそのギャップがいいです。ヒロさん一途なのが可愛いです。

今回はエゴイスト組を愛でるお話でした。面白かったです!

0

生徒会シリーズが何気に気になる

前回でめでたく両想いになったのかと思いきや、なかなか素直になれない美咲の足掻きで、話が少々ややこしくなってしまう第2巻。
ラブコメならではの展開で、秋彦と親しげな女性が登場し焦りまくる美咲の巻、なのだが・・・よくよく考えればBLってライバルが男だけではなくて女性という可能性も十分にあり、なかなかサバイバルな世界なんだなあと改めて思い知らされる。
今回は「好き・・・かも」という美咲のちょっぴり苦しい告白で、ふたりの仲は丸く収まるのだが、いつになったらウサギさんのことを大好きだってことを認めるんだろう・・・こいつは(笑)

そして一方、エゴイスト組。
ページ数的にいくとこちらの方がメイン扱いになるのか。
どうにも素直になれない上條の勘違いというか行き違いというか・・・とにかく上條の暴走で色んな事がややこしくなる。
美咲も勝手に解釈したり想像したりで暴走しがちなのだが、所詮はウサギさんの手の中。
しかし上條は野分が追いかけても追いかけても、常に先にいるよな出来るオトコなもんだから、なかなか扱いが難しい奴である。
けどもそんなガチガチのプライドを崩され、その上かなり格好悪いことになってでも好きでたまらない野分への気持ちというのは、なかなかに愛おしい。
それが野分がいつも言う「ヒロさんはかわいい」なんだろう。

また男女ならテーマになりにくい『対等になりたい』という気持ちは、男同士ならではだ。
少女漫画的なラブストーリーかと思いきや、こういう部分はBLでしか表現できないおいしいところ。
そうは言いつつ、雨の中で待ちぼうけとか、野分からの届かなかったラブレターの束を抱きしめて、これだけで150歳位まで生きられると顔を赤くする上條は超絶オトメだから始末が悪い。
基本的にデレが野分にバレていないと思っているであろう上條なので、バレたら逃亡確実・・・ぜひ野分には知らない振りをしていてほしいところだ(´∀`*)

やっとのことで同居に漕ぎつけたテロリスト組と、やっとのことで両想い(的な感じ?)になったロマンチカ組。
もちろんこれでめでたしとなる訳はなくて、波乱含みの日々は続くんだろうけども、ラストはもちろんハッピーエンド。
これでなきゃあ「純情ロマンチカ」じゃない。
読めば読むほど人気の理由が解る気がする。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ