純情ロマンチカ(1)

junjou romantica

纯情罗曼史

純情ロマンチカ(1)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神49
  • 萌×222
  • 萌29
  • 中立6
  • しゅみじゃない7

--

レビュー数
38
得点
426
評価数
113
平均
3.9 / 5
神率
43.4%
著者
中村春菊 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
角川書店
レーベル
あすかコミックスCL-DX
シリーズ
純情ロマンチカ
発売日
価格
¥560(税抜)  
ISBN
9784048536066

あらすじ

『恋に落ちなさい 愛を語るのはそれからだー』

兄の友人で超有名小説家の宇佐見に、なぜか家庭教師をして貰うハメになった美咲。ところが、訪れた宇佐見の自宅で、兄と宇佐見を主人公にした「ボーイズラブ小説」を発見!
思わずキレた美咲だが、寝起き最悪の宇佐見が襲ってきてしまってー!?
命令口調で強引な色男×やんちゃ高校生のドッキドキ☆ファーストラブレッスン。
野分×上條編『純情エゴイスト』も収録!

表題作純情ロマンチカ(1)

宇佐見秋彦(小説家、美形、強引だが意外とおちゃめ)
高橋美咲(高校生→大学生、可愛い系、10歳年下)

同時収録作品純情エゴイスト

草間野分 大検を目指すバイト(17歳)
上條弘樹 野分の家庭教師をするT大生

その他の収録作品

  • カバー下マンガ(孝浩と宇佐見の会話)
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数38

人気の理由がわかりました

アニメ化おめでとうございますww(遅
人気の純情シリーズをようやく読み始めました。

史上最年少で直森賞をとり、BL作家の別名を持つお坊ちゃん小説家大先生とオバカな高校生の出会いから~なお話。
初っ端からテンション高いな~というのが印象。
1話~の展開がちょっと速いです。
高校生の兄に長年片想いを続ける先生。
しかし、兄が結婚したいという女の人を連れてきた。
長年秘めた想いを知ってしまった高校生は・・・・!?

作風はコメディチックで、ばたばたしてます。
コレがマタ面白い。
生粋のお坊ちゃん設定の先生が、「普通」を求めて~のくだりもいいです。
クマちゃんが可愛いヾ(*´∀`*)ノキャッキャ♪
持ってる理由が「カワイイから」じゃないのもまた乙。
今度、もしもぬいぐるみを買うことがあれば、苗字で名前をつけてみたいとおもいます。
愛着が・・・沸く・・のか?


>>純情エゴイスト。

基本的に、半分半分で、2カップルが書かれている感じです。
その後半。
どちらかといえば、コッチのカップルのほうが好きですね(笑
この受が先生が好きww
片想いの連鎖からの奪還なるか!!?
という形でしょうか。
私もあの社長さん達の仲間に入りたいwwジュルリww

上條サンがかわいいです。
なによりも!
俺様で。プライド高くて。
でも、ほだされやすくて。
照れた顔が続きますがこれまたカワイイのですよww
絵的には好みじゃないな~と思ってたんですが、読むほどに可愛く見えてくるから不思議。
コミックス読み終わったら小説も考えよう(ノ′∀`*)

8

いろいろなものが詰まっている

僕もようやくこの純情ロマンチカを読み始めました。

この純情ロマンチカの1巻だけをまず読んだのですが、この1冊にものすごくいろいろなものが詰まっていると感じました。

身代わり、嫉妬、プライド、素直になれない、羞恥心、独占欲などなど、人の感情がこれほど多岐にわたって描かれているというのがすごいなぁと思いました。
さすが、BLを代表する作品ですね。

純情ロマンチカという題名ですが、この1巻の中身は純情ロマンチカと純情エゴイストという作品です。
そして、この二つの作品が微妙にリンクしているのが良いですね。
この先、このリンクがどういう展開になっていくのかも楽しみです。

僕がこの1巻で一番印象に残ったのは、純情エゴイストの中でプライドの高い弘樹が花屋の店員の野分を喫茶店から見張っているという場面です。

男の僕でも、「あぁ、分かるなぁ~」と思いました。
自分も、もしものすごく愛おしいと思う人がいれば、気になってその人を監視(語弊があるかもしれない)しに行ってしまいそうな気がします。
ただ、おそらくほとんどの人がそういうストーカー気質を少なからず持っていて、それをうまく作品の中に表現しているのがこの作品だと思います。
つまり、自分の心の奥底にある欲望を、自分の代わりに作品中のキャラクターがしてくれているというのが、キャラクターや作品に対する愛着だとか同情のような気分を引き立たせているのではないかと僕は思います。

内容的にとても厚みがあるので、そりゃ1巻だけで終わる作品じゃありませんね。
そして、とても人気がある作品だというのがこの1巻を読んだだけでよく理解できました。

とっとと次を読まないと。

6

年下攻のポイントを心得た「純情エゴイスト」

エロス:★☆☆☆☆
好み度:★★★★★(MAX!)

『俺はヒロさんの泣き顔に惚れました。
 でもヒロさんには、笑っていて欲しいんです。』

幼馴染で、同じ「男」である宇佐見秋彦の事が好きな上條弘樹。
だが、宇佐見には、別に片想いの「男」がいる。
互いに、報われないせつない片想い。
そこで弘樹は、
その片想いの相手を想像させてやるっと、宇佐美を誘い、
一度は肌を合わせる事になるのだが…
結局、弘樹の本当の想いは、宇佐見に伝わる事もなく…。

そんな時、弘樹は、草間野分と言う4歳年下の浪人生と出会う。
野分は、掴みどころがなく、ほわほわした印象を受けるが、
時々強引で、かと思ったら、こっちが驚く程の笑顔を見せつけてくる。
ふらっとやって来ては、いつの間にか消えている、まるで通い猫のような野分に、弘樹は…。



「純情ロマンチカ」と、同時収録されている「純情エゴイスト」
宇佐見×美咲の「ロマンチカ組」も面白くて好きですが、
個人的にお薦めなのは、この野分×上條の「エゴイスト組」(>▽<)
両方語りたいところではありますが、文字数制限の関係上そう言うわけにもいきませんので、私はエゴイストの方の感想を語らせてもらいます。

エゴイストは、ともかく弘樹くんが激ツンデレです(笑)
野分があまりにも直球な言葉を選びすぎるからって事もあるのでしょうけど、
それにしても、弘樹くんのテレ表現の激しさ(部屋を転げまわったり、ちゃぶ台を返したり。)には驚き、そして思わず笑っちゃいます…(笑)

そして、さらに素敵なのは、そんなテレ屋な弘樹くんに惚れてる野分!!!
中村春菊さんのストーリーの運び方が上手すぎる所為なんでしょうけど、
純情エゴイストの冒頭部では、
大抵、野分に対して疑問符だと思います。
「一体何を考えて、野分はこんな事を言ったのかな?」っとか、
「何で野分はこんな態度をとるのかな?」っとか、
でも、後からそれを全部ひっくり返すようなどんでん返しが待っているんですよ!
そんなこんなで、凄く楽しめます!
笑いあり、驚きあり、胸キュンあり☆

草間野分。
無表情っぽく見えて、実はくるくると表情と変わる、カワユイ子。
弘樹くんだけを愛し続ける一途な攻。
4歳年下なので、丁寧語ですし、弘樹くんのことを「ヒロさん」呼びなのもポイント高いです☆

キュン死にしちゃいそうなくらい、ハートを鷲掴みする、まさに「神」評価に相応しい作品です。

※なお、個人的には、漫画のカバー裏漫画(兄とウサギの4コマ)も大好きです!
中村春菊さんの笑いのセンスは凄まじい…(笑)
知らなかった方は、ぜひカバーを外して一読してみてください♪

6

めっちゃ面白いよさすがだよこのシリーズ

萌えが詰まりまくってました。
めっちゃ面白いです。
BLを読みはじめてから、なぜか後回しにしてた(食わず嫌いではない)ロマンチカシリーズに、やっとこさ手を出すことができました。
すごいね、さすが人気作というべきか何というべきか、ストーリーも絵も、なにもかもが完璧です。
初心者から上級者まで、万人にオススメできます。
けど別に、エロ描写がぬるいというわけでもない。
特別に特殊な設定を使ってるわけでもない。
なのに、なぜか新鮮なんですよ。

なんで??
見せ方が上手んだろうか。

私この作品で認識したんですが、体位はバックが好きみたい。(あくまでも漫画の話ですよ~)
受けがうつ伏せでぺちゃってなって(四つん這いはあまり好きじゃない。あくまでもぺちゃってなってるのが好き)、攻めが後ろからのしかかってるカタチにやたら萌える。

ロマンチカシリーズをストーリーからレビューするのもいまさらな気がしたので、超個人的なエロ目線からの感想を書いてみました。
すみません。

5

人気作品の1巻、試しに読んでみてはどうですか?

純情ロマンチカ・純情エゴイスト・純情テロリスト(テロリスト組は1巻にはまだ出てません)と3つのCPの物語が入ってる漫画なのですが、どのCPも面白さに偏りがないのが凄いなぁ~と思います。しかもそれぞれに違った面白さがあるので飽きがこなく、良質な漫画3つが1つの漫画に入ってるようなお得感がありますよ☆1つで2度美味しいじゃなくて、3度美味しいと言った感じです。

それに色んなタイプのキャラがいるので、ツンデレも年下攻めも俺様系も年の差も...など、色んなタイプを楽しみたい!という方にはピッタリかと。きっとお気に入りのキャラが見つかりますよ(*´∀`)あと、3つのCPがあるけどキャラ同士はリンクしてるので他のキャラとの絡みがあるのも嬉しいです。

作者の中村春菊さんの事で、Wikipediaにも書いてましたが『単なる萌えだけに留まらないテンポ良いギャグ要素やストーリー性、心理描写も重視された作風には定評がある』と、まさにそのとおりだと思います。テンポの良いギャグ要素で読みやすく、色々なストーリー展開にハマり、丁寧な心理描写でキャラへの感情移入はバッチリかと。

笑い ・ 萌え ・ 泣き  全部あります!この3つの要素がバランス良く話の中に入ってるのが私のお気に入りなポイントでもありますね。泣きの部分はほんと泣ける;それと、キャラが1人1人個性があって魅力的な所も大好きです。好きなキャラは?って聞かれると「全員!」っていつも答えるぐらいみんな良いキャラしてるので

人によっては王道な内容に思うかもしれませんが、丁寧な心理描写と個性あるキャラ性、セリフ選びなど細かな所まで気を使ってるので不思議とありきたり感?それを感じさせません。素敵セリフにはいつも胸キュンさせられてます♪最新巻まで読みましたが飽きるどころか、どんどんハマってる状態ですwやっぱり色々起こるストーリー展開が面白いので。

テレビアニメ化にもなった人気作品という事で、とりあえず1巻だけでも読んでみる価値はあると思います。

5

ド迫力の画面

落ち込んだ時に読むと、必ずハイテンションにまで浮上できるおもしろ作品。
登場人物がいちいち激しく突っ込みをするのがいいです。ダイナミックなコマ割りに、ハイテンションな登場人物が画面から飛び出さんばかりの勢いが、まるで映画かなにかを見ているような臨場感に浸れ、まさしく「読ませる」作品です。おもしろいだけではなく、根底にある切ない想いが読み手に感情の幅を広げてくれて、某キャラメルのキャッチコピーさながら。
表題スィートカップルも大好きですが、「純情エゴイスト」ビターカップルも激萌えツボです。ものすごい俺様なのに切ない顔がたまらない。

5

初心者向けや子供向けだと侮るなかれ

 最新刊21巻のカバー下4コマが、1巻の描き下ろし『純情ロマンチカ』act.2.5の時の裏話だったので、久しぶりに引っ張り出して読み始めたら止まりませんでした!
 当時人気作であることは知っていたのですが、すっかり大人だった私には子供向けな印象だったし絵柄は好みじゃないし、どちらかと言うとシリアスな作品が好みだったのもあり、まったく眼中になかった作品でした。ところがある日、若い腐女子に勧められて暇つぶしのつもりで読みはじめて、ベタを通り越したウサギさんのキャラに苦笑混じりに読んでいたのに、気が付けば夢中になっていました。

・『純情ロマンチカ』act.1~2.5
 とにかくお話のテンポが良くて、ドタバタコミカルなストーリーの中にしっかりとキャラの性格や背景が描き込まれていて、ウサギさんの魅力も美咲の戸惑いや健気さもぐいぐい心に響いて来ます。
 ウサギさんのために涙を流す美咲との電信柱のシーンや、「もう好きな奴を目の前でとられたくない」と初めて美咲と結ばれるシーンは、BL名シーンに投票したいぐらいに好きなシーンです。何度読んでも初めて読んだ時と同じぐらいに感動してしまうんです。

・『純情エゴイスト』act.1~2
 ウサギさんにむくわれない恋をする幼馴染の上條と彼に一目ぼれした野分のお話。ロマンチカと打って変わりシリアスから始まる物語。
 最初は風変りな野分がストーカーみたいであまり好みではなかったのですが、寝ている上條に覆いかぶさるようにしたキスにめちゃくちゃキュンとして、訊ねてきたウサギさんから「ヒロさんは俺がもらいます」と奪ったコマに釘づけにっ!!このシーンで私も野分に恋してしまいました( ´艸`)クフ。後ろからグイッと奪い去るシーン。一時流行った壁ドンみたいに名前を付けたいぐらいにキラリと光るコマです。
 野分に恋した上條の可愛さもメガトン級な破壊力がありました。“ムカツク、ムカツクムカツクー大好きだー”ですよ!なんて可愛いんだ~ヾ(≧∇≦)ノ
 
 ああ、やっぱりこの巻はすごいな。人気出るはずだよ。萌え心を刺激されまくりだもん。初心者向けや子供向けだと侮るなかれ、真っ直ぐに心に響く名作です。

5

一度読んだら必ずハマる!!!!!

初レビューです*

純情ロマンチカはなんといっても絵がかぁいいですよね(*´∀`*)
私のお気に入りは受けの美咲くんです♪
最初に秋彦さんにやられちゃったときの「気持ちい―――・・・」は
最高です!!! めちゃくちゃ萌えますッ♪♪♪

エゴイストの方はヒロさんの反応が好きです♪
いつも野分のバイト先に来ていたことが野分にばれたときのヒロさんの顔が
ほんとっにかわゆいッ♪♪♪

...この作品は私の恋をしている感情と同じなんですよね。
たとえば、秋彦さんのために美咲が泣いてるときの感情、
ヒロさんが野分に対して最後の方に
「コイツムカツク 俺のプライドメチャクチャにしやがって ムカツク ムカツクムカツク ――大好きだ――」
など、本当に今の私の気持ちを代弁してくれてるなぁって思います。

なんかレビューって言うより個人的な感想になっちゃいましたね。。。
純情ロマンチカはただ萌えるだけじゃなくていろんな感情がつまっていて、
とてもいい作品だと思います。かなり泣けてきます。(´;ω∩`)
でもやっぱり一番いいところはあのかわいい絵ですかねぇ♪
美少年っぽくないところがさいこーです、笑

ってことで(笑)甘酸っぱい恋愛が好きな方にオススメします♪
一度読んだらかなりハマリますよ★

4

ミルクティー猫

はじめまして、ミルクティー猫です☆
同感です、ロマンチカはハマりますよー。
ある意味、ベッドシーンのエロを吹っ飛ばすくらいの…
大き目の文字で書かれた、あの決め台詞がたまりません。
読者に対する言葉攻めですねぇ(笑)
あ、あさみんさんの似顔絵、
ロマンチカの美咲君ですねっ☆可愛い☆

初読み!

私が初めて読んだBL作品。
初レビューはこれしかない!と思い、レビューします。

もともとは世界一初恋のアニメが大好きで、中村春菊さんのほかの漫画も読んで見たいと思い購入。もう最高です!
私の人生を変えた一冊です。


【純情ロマンチカ】
ウサギさんがかっこいい!こんな人、現実にはいないだろうなと思いつつ、そこは漫画なので.....。
美咲に一途なところが素敵です。やっぱり一途が1番です。

【純情エゴイスト】
やっぱりいいよね年下攻め!
野分がいいです。大きい犬みたいで(笑)

4

普通であることの凄さ…

セレブ小説家で家庭教師のウサギさんと、
受験生・美咲君の出会いから始まるロマンチカ。
第1巻は出会いから、初めて肌を合わせるところまで。
怖いくらいに急展開ですが、恋に関して言えば…
不思議と取りこぼしが無い!
BLだからといって、耽美に逃げていない!
(まあ、美咲君では耽美になりようがないですが…。)
セレブであっても、普通に恋に悩んでます。
(ウサギさんの恋心は、よくよく見ればまっとうです。
 やり方は、まっとうでないにしても。
 今時、珍しいくらいに!)
そして、セレブ相手でも決して…シンデレラ展開しない。
(美咲君、ブラヴォです。
 甘えるでなく、逃げるでなく、庶民感覚で愛を育んでます。)
ようするに、普通に、等身大に恋をしてるんです。
(設定は普通とはかけ離れてるけど…)
ここが1番凄い!
恋なんて語り尽くされた感がある今の時代に、
また恋をしてみたくなるようなストーリー。
いやはや、中村春菊は巧い!

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ