爆モテイケメン×奥手ピュアボーイの、勘違いから始まるハプニング・青春ラブ♡

コミック

  • ちぐはぐなキス
  • ちぐはぐなキス
  • ちぐはぐなキス
  • ちぐはぐなキス
マンスリーレビューランキング
65

ちぐはぐなキス

chiguhagu na kiss

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作ちぐはぐなキス

笹原碧(ささはら あおい)、爆モテイケメン、高校3年生
熊井陽翔(くまい はると)、奥手ピュアボーイ、高校3年生

その他の収録作品

  • 描き下ろし

あらすじ

高校三年、最後の青春を謳歌したいと願う熊井(くまい)は、彼女が欲しいと思いながらも過去のトラウマのせいでなかなか踏み出せないでいた。
そんなある日、仲のいいクラスメイトの女子が最近彼氏と別れたと聞きスマホで連絡を取ってみると、とんとん拍子でお付き合いすることに。
翌日そわそわしながら待ち合わせ場所に行ってみれば、なぜかそこに現れたのは学校一のイケメンモテ男子・笹原(ささはら)だった!
メッセージの宛先を間違えていたことに気づいた熊井だが、言い出せないまま笹原と付き合うことになってしまって……。

爆モテイケメン×奥手ピュアボーイの、勘違いから始まるハプニング・青春ラブ♡

作品情報

作品名
ちぐはぐなキス
著者
末広マチ 
媒体
漫画(コミック)
出版社
ホーム社
レーベル
アイズコミックス.Bloom
発売日
電子発売日
ISBN
9784834265453

マンスリーレビューランキング

65

4.5

(337)

(225)

萌々

(83)

(21)

中立

(3)

趣味じゃない

(5)

レビュー数
45
得点
1523
評価数
337
平均
4.5 / 5
神率
66.8%

レビュー投稿数45

【好きだから・・・本当の事ちゃんと伝えたい(熊井)】

エロス度★★

おやおや、爆モテイケメンと勘違いから恋人になってしまうとは・・・まさにドリームランド。

本当の事が言えない罪悪感を抱えながら笹原と恋人関係をスタートさせた熊井。
しかし、笹原の人柄を知れば知るほど彼の事が好きになってしまい、本当の事を話して彼を傷つけてしまうのが怖くなってしまう熊井の気持ちが刺さりました。
また、奥手なピュアボーイの熊井のペースに合わせてくれたり、ありのままの自分を受け入れてくれる笹原にもキュンが止まらなく、恋人の時間を心から楽しむ2人の姿が微笑ましくて心が浄化されますね。

0

王道の甘い高校生カップル

末広先生らしさがあふれる可愛い高校生カップルのお話です。
勘違いから始まるお付き合いは本当のことがバレたらどうなっちゃうの?
どうしてもそこが知りたくてDK設定なのに手を出してしまいました。

普段クールで大人っぽく見えた碧が弟の前では高校生らしい幼さがあったり。
ラインは間違いだったと正直に言おうとしている陽翔がだんだん本気になって行く様子に恋の始まりの良さを感じて楽しかったです。

すれ違っちゃうシーンは予想よりあっさりしていて
コットンキャンディみたいに甘くて軽いお話なのが良さでもあり、少し物足りない感もありましたが安心して読める可愛らしい作品です。

3

可愛いんだけど…

いやもう自分の年齢のせいもあるかと思うんですけどね、DKもので可愛さ全面に打ち出してる作品に萌えるのが難しくなってきた。
末広マチ先生の絵はめっちゃ好きだし、ストーリーはありがちっちゃありがちで多少某BL作品を思い出さなくもないけど纏まってるとは思うんです。ボリュームあるけどダレることなく最後まで読めるし。
攻めも受けもいい子でピュア、可愛いよ、可愛い!でも感想がそれだけなんだよなー。
何かもっとガツンと印象に残るエピソードとかセリフとかあると良かったかなーと。
BL入門書としてはおすすめかも。

6

ふんわりかわいい青春の恋物語

勘違いから交際がスタートする2人、というこれぞ漫画、というスタート。

まじめで優しくていい子の熊井くんが、勘違いから交際することになった笹原くんとふれあい過ごしていくうちに、どんどんと惹かれていきます。
これまたこれぞ漫画、というどきどき展開。


悪いことをしている、正直に話して謝らないと、とずーっと悩んでいる熊井くんの言動にとてもきゅんきゅんします。
相手のことをよく知らないときの罪悪感、惹かれはじめてからの罪悪感、恋心を自覚してからの罪悪感、うしろめたさ、相手への想いがとても伝わってきて、すごく切なくなりました。

笹原くんの心情は途中までほぼ描かれていませんが、勘違いだと最初から気づいていたということ、振り返ってさらに切なくなります。

2人とも優しくて純情できれいな恋心なのがとても素敵です。

細かいことは気にせずに漫画だから、と思って読むのがいい作品です。
これぞ漫画、という、ちょっと無理のある展開も萌えポイントでした。

2

No Title

Just look at the cover, I know for sure that I have to read this story. It's so freaking cute and wholesome at the same time. Haruto must be the most adorable uke I have ever read. I understand why Aoi can't hold back the urge to mess up with his baby most of the time.

2

応援して見守りたくなる

はー、とんでもなくかわいかったなあ…!
ボールが弾むような恋のわくわく感と、高校生らしさあふれるちょっぴり青いときめきがぎゅぎゅっと詰まりに詰まっていて、これ1冊で萌えがフルチャージできる非常に満足度の高い作品でした!
すっごく萌えた…!恋って最高!

なんでしょうか…勘違いから始まった恋の芽吹きの行方を追っていくうちに、いつのまにか受けにも攻めにも愛着がわいていて、なおかつ2人のその先を自然と応援したくなる素敵仕様なんですよ…!
お話の内容的にも、なにか特別な出来事もものすごく大きな事件も起きません。
メインに描かれているのはごく普通の高校生たちのはちみつレモン味の恋なのだけれど、ページをめくる度に不思議と多幸感でいっぱいにさせてくれる魅力があるんだなあ。
碧も陽翔も人間性の良さがとっても魅力的なものですから、読んでいて心が躍るといいますか…なんだかもう2人のことがかわいくてかわいくて仕方がなくなってしまうんです。

少しずつ相手のことを知って、徐々に大きくなっていく素朴な「好き」の気持ちにむずむずとする。
こんなのキュートすぎます。思わず頬がゆるむかわいさ。
あちこちにときめき要素の欠片がうまく散りばめられていて、拾っては悶えを繰り返し、本を閉じる頃には最高の恋が待っていました。

勘違いからの恋愛のスタンダードといえば、本当のことが判明すればもっともめてしまったり険悪な雰囲気になったりしそうなところですが、そうはならない彼らだったのも魅力のひとつだったのかもしれませんね。
気持ちと言葉遣いがやさしい子たちだったのも好印象でした!
末広先生作品で過去1番萌えに萌えた作品かもしれません。最高の青春と最高の恋に出会えてうれしいです。

7

壁になりたい

高3の熊井は過去のフラれたトラウマを抱えていたけれど、意中の女子に思いきって交際を申し込みOKを貰う。ところが待ち合わせ場所に現れたのは学校一のモテ男笹原で…。
勘違いから始まるお付き合い。本当の事を言わなきゃと思いつつ本気で笹原を好きになっていく熊井。超イケメンの笹原は実はゲイで辛い過去も抱えていて、だからこそお互いに人の痛みがわかるから優しかったり傷つく事が怖かったり。2人のピュアさとひたむきさにもうキュンキュンしまくり。初Hから何まで可愛いがすぎる〜!
続編も決定しているそうで嬉しい限り。壁になって見守りたい。

7

本当のことを言いたいけど、言えない。青春ですね。

【作画】
シンプル線で丁寧、終始安定していて見やすい作画でした。流行りのBLの絵柄とも言える印象でした。


【ストーリー】
コミュニケーションアプリで同じ学年の女子にメッセージを送り、付き合うことになったと思ったら、実は間違えて男子に送っていた、という事故から始まる話です。

大学受験を控えた高校生カップルのストーリーで、ピュアで甘酸っぱい「萌え〜」な作品でした。

1〜5話までは日常やキスをするところまでの展開で、6話で初めて本番行為に挑みます。最後まで引っ張ってようやく一つになれたね!良かったね!とお祝いしたくなる流れです。

ただ冒頭部分には違和感もあり。「実は男でした」という展開は確かに驚きがあり面白いですが、主人公の熊井は女子生徒・林さんのことを「林さん」と呼んでいたのに、何故林さんと連絡を取ろうとした時下の名前で検索したのか?また、熊井は笹原とあまりしゃべったことがないのに連絡先を知っているのは何故なのか?という違和感が同時に湧いてしまいました。
また、笹原との絡みが始まる(メッセージをご送信していると気づく)までが少し長く感じました。女子生徒の登場頻度が少し多い印象です。

とは言え、それをカバーできるくらい全体の糖度が高く、熊井と笹原のやりとりや心情の変化などが描かれており「まあ、二人が幸せならいいか」と思ってしまいました(笑)。


【登場人物】
主人公・熊井の恋愛対象は女性のはずなのに、突然男性の笹原が現れても、熊井は「間違えて送っちゃった」だけでドキドキしていました。ジェンダーフリーの世界なのか、熊井は「笹原は男なのに」とか思わなかったのだろうか。なぜ笹原のことを好きになったのか?顔?
笹原が熊井のことを前から「いいな」と思っていた理由も少しあっさりめです。


【その他】
書店で大きく取り上げられていたので表紙買いした漫画です。私が読んだのは特装版でした。読み終わるまで著者名をよく確認せず読んでいたのですが、まさか広末マチ先生だったとは。最終的には応援したくなるカップルで、いい作品でした。

3

No Title

末広先生は「ヤキモチはきつね色」が大好きでした。こちらの作品は試し読みで女子と付き合うってBLなのに⁉︎と思いきやイケメンに誤送信していたのが面白そうで購入しました。(ライン画面の前の会話で分かるじゃん?とか、笹原のアカウントがすぐ出てくるほどやり取りしてなさそなのにな、はさて置き…)
割とゆる目の可愛いお話に合わせてなのか、絵柄が前より平面的な印象を受けました。
キスにも赤くなるような高校生は可愛かったし、お家の行き来や会話でお互いをじっくり知っていく様子は素敵でした。嫌な人は出てこないし、良いところだけな感じでした。
個人的にはもう少しキャラの区別とかがしっかりあるものが好みでした。イケメン笹原と可愛い系?の熊井がもう少し顔や体格違ってもいいのになと。偉そうですみません。

5

かわいいが大渋滞

かわいすぎてニヤニヤ顔から戻れない!

はじまりから終わりまで、
ピュアとピュアのぶつかり愛に胸キュンし通しでした。

奥手すぎて彼女からフラれてしまった高校生の熊井はある日、
メッセージで思い切って気になる女子に告白してみると付き合うことに。

けれど、翌日約束の場所で待ち合わせているとやってきたのは
校内でも人気の男子生徒の笹原で…。

奇跡的勘違いからイケメン男子とお付き合いすることになり、
動揺しまくりの熊井でしたが、いざ恋人生活を送ってみると
勘違いとは思えぬ甘々っぷりにオキシトシンが分泌されちゃいます…。

もういっそ本当のことは明かさずこのままでよくないか?と思うも、
そこは純粋な熊井、笹原に打ち明けてしまうのですが、
笹原の口から意外な真実が語られます。

それは実は笹原もまた熊井の勘違いに気付いていたということ。
全てを知っていた上で恋人同士になったものの、
そこには熊井への恋愛感情はなかったという笹原。

数秒前まで肩に頭を乗せてイチャついていた二人だけに、
どうしてこんなことに…!!!?

幸せいっぱいから一転し、別れの危機が訪れる二人ですが…。

これまで受け身だった熊井が自分から行動を起こし、
二人の心がもう一度繋がるシーンはこれぞアオハル感満載で胸熱です♡

恋人同士になった後の二人もがっつり描かれ、満足度も満載!
1冊完結の作品ではありますが、大学生編とかの二人も見てみたいな♪

2

ちぐはぐなキス

最高でした
めちゃめちゃ良かった
ピュアでアオハル
最高のDKでした

きっかけが誤解から始まるのですが、バレ方が好き
変に拗れないでちゃんと向き合う熊井くんがカッコイイ
笹原くんの人柄もすごく素敵
こんな可愛い格好いいDK、さすが末広先生でした

二人の飼ってるワンちゃんも対照的で可愛かった
兄弟も個性的で友人のキャラも良くて本当に平和で和むし、キュンキュンするし健気で可愛いし、最高でした

お付き合いしてからの二人もとても良い
大満足の一冊でした

4

読むほどピュアが沁みてくる❤︎

マチ先生だし、安心安定の明るさなんですけど、
2度、3度と読み直していくうちに
DKらしい彼らの恋が丁寧に描かれている本作に魅了され
これは、レビューしなければ!と思い立ち
3度目に本を閉じた後、サイトを立ち上げた次第です。

なんというか、読み慣れてしまってるが故の弊害?なのか
王道の良さを今一度味わわせてもらいました。

タイトル通り、というか
ちぐはぐってどゆこと⁇から始まりますよね。
ご存知の方も多いかと思いますが、
単話リリース当時、いきなり一話無料だったんですよね。今はそれほど珍しくもないかもですけど、
その時はマチ先生の作品が⁈と、
びっくりしながらも
飛びつくように読んだ記憶があります。笑
そして、1話で見事にカウンターをくらい
ちぐはぐってそゆことー!と掴まれてしまう訳で、この先生のストーリーテラーぶりは
存分に発揮され最後まで一気に読ませてくれました。

なんですけど、第一印象は読みやすい感じの印象が一番強かったんですよね。
今でも、泣けるとか、心が揺さぶられるような感動とかとも違うんですけど、
そこは2人が普通の幸せな家庭で育ってきて
どこにでもいる、悩み事といっても誰もが抱えるくらいの重さだからなんでしょうが
(セクシャル的な悩みの種類は個人差ありますけど)
それでもやっぱり素晴らしいと思うのは
DKの初々しさが見事に作風と合って、また素敵に描かれてるというところなのかな、と。

まだ学生のうちは、悩み事なんて
勉強、進路、友達、恋愛と数えるくらいなわけで。
その贅沢でキラキラした3年間のあいだにある
ひとときを切り取った彼らの物語は、
ほんと眩しいばかりで。
初めてのことにドキドキしながらも行動力は
尋常じゃなくて、恥ずかしい思いもしながら
周りに見守られるようにして行きつ戻りつ
そして誰もが何かを、良くも悪くも手にして卒業していく…
失敗があっても、若気の至りとかいって
いい思い出にできたりしちゃう、でもどれもが一度きりの出来事だったりする尊さ。

なんかいいですよね〜、しばらくDKものを
読んでなかったので、久しぶりに読みたくなってしまいました。

勘違いから始まった2人ですが
ちゃんと伏線もあって、そのことが
物語に奥行きをもたせていて
お互いに好きになっていく気持ちが
モダモダするんですけど、すごく良かったです。

あと、好きってなっていく過程も
ポイントになると思うんですけど
そこはDKってところなのかな、
意外とすぐ好きになっちゃう感じなんですけど
2人共、ほんと根は優しくて普通にいい子なんですよね。出会っちゃったら始まりそうな相性の良さを思わせるものがありました。
特に受けのコなんかは、受け気質のケが多分にありそう。

続きも読みたくなっちゃう。
素敵なエピソードで2人の成長を
また読ませてもらいたいなぁ。

楽しいストーリーと、初々しい2人のピュアっぷりを浴びて色々チャージしたい方、ぜひおすすめです❤︎

4

最高過ぎて召されました

単行本の特装版を購入させて頂きました。
まず、キラキラの表紙が可愛すぎます。そこにも感動しました。

ストーリーは始終可愛すぎました…
個人的にめちゃくちゃ好みのストーリーでした。
発売前の試し読みの時点からこの作品は絶対に買わねばと思っていたのですが、今回購入して全て読ませていただいて、余韻しかありません。
可愛すぎて冗談抜きで泣きながら読みました。可愛いもう尊い。。。

笹原くんのお顔立ちは綺麗でかっこいいし、熊井くんも可愛らしくて、もう読んでて全ページため息が出るほど最高でした

本当にご馳走様でした。癒されました。

4

間違いの告白から始まる恋

今回は超モテメンな校3生と奥手で振られた高3生のお話です。

名前間違いで攻様にお付き合いを申し込んでしまった
受様の恋の顛末とその後を描いた短編を収録。

受様は今年で3年生になる高校生です。

最終学年では最後の青春を謳歌すべく
恋愛に走る生徒が人間が増えつつあるらしく
受様も最後の青春に憧れる1人です。

仲の良い友人にも彼女ができて盛り上がりますが
受様は入学してできた彼女にキスしかできず
「ピュアすぎる」と振られた事から
立ち直れずにいたのです。

そんな時に体育の時間に
ボールが当たってけがをした受様を
心配してくれた女子生徒がいてなんとなくイイ感じです。

彼女もちとなった友人にも
「連絡してみたら」と後押しされてラインをしてみたら
思いがけずフレンドリーな返事が返ってくるのですよ。

告白待ちな感じの返事に「付き合ってみる!?」と返すと
「いいよ」との返事が!!

そして「明日一緒に屋上でご飯を食べよう」と誘うと
「OK」の返事が返ってきて
受様は今度こそ男を見せるのだと難く誓って
彼女を待っていたのですが

現れたのはイケメンで超モテメンな同級生の攻様で!?

WEB雑誌連載作をまとめての紙単行本化で
純すぎて彼女に振られた受様と遊んでいると噂の攻様の
ピュア恋ストーリーになります♪

受様は"なぜ攻様が!?"とグルグルしますが
攻様が話す内容は彼女に連絡した内容で
受様が彼女と攻様の名前を間違って連絡した事に
気付いて真っ青になってしまいます。

しかも攻様に「冗談だったら殺すよ」なんて言われて
固まってしまうのです Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

もちろん、それは攻様の冗談でしたが
「普通に傷つく」と言われてしまい、
間違いとは言い出せなくなってしまうのです。

告白間違いから始まる恋物語って
お付き合いするうちに本当に好きになってしまって
ぐるぐる&ドタバタするのか鉄板であり

最初の間違いをどう訂正するのかorしないのか、
間違いから始まっても今恋しているならいいのじゃないか、
いろいろと波風が立つのがどうなっていくのかが
楽しみどころかなと思います。

本作は受様の告白で始まり
不本意ながらも攻様とお付き合いする流れですが

攻視点になる事で攻様事情が語られ始めると
受様と読者の想定がガラっと変わってしまって
おぉ~!!って感じでさらに面白くなりました。

受様と攻様の恋が実るまでドキドキ&ワクワク、
とても楽しく読ませて頂きました。

受様がピュアすぎる設定ですが
そんな受様だからこそ攻様も告白に乗ったと思うので
オールハッピー♡ で読了感も良かったです。

3

凄く良い!

小説の挿絵でも人気のある末広マチ先生ですが、やはり丸々一冊先生の絵で漫画が読めるって最高ですよね。今回はDKのお話だという事でとても楽しみにしていました。凄く好みにドンピシャな作品でした。

この作品の好きなところは背伸びしていなくて等身大のDKらしさに溢れている点でした。他作家さまの作品のように校舎のあちこちでセックスとかしてません。実に初々しいんです。

最近のエロに重きを置いた作品とは一線を画していて、それでいて彼等の心の機微がちゃんと描かれていて凄く萌えました。まさに今の私の好みにドンピシャでした。

2人が付き合うキッカケとなった出来事はありがちな設定でしたが、陽翔(はると)が徐々に碧(あおい)に気持ちが傾いて行く過程が丁寧に描かれているのと、陽翔が碧に誠実にあろうと真実を話そうとする姿にキュンと来ました。

ここで陽翔が知らなかった碧の一面によって2人はすれ違ってしまうんですが、このすれ違いもお互いの真摯な気持ちによって乗り越えて行くシーンにトキメキました。碧の弟くんグッジョブでした。

余りにもモテ過ぎる碧と一見平凡な陽翔の組み合わせも良くて、これぞDKBLだと真髄を読んだ気持ちになりました。
恋人同士になっても陽翔の大学受験が終わるまで交際を控えてたのも好感が持てました。

因みに最後の最後にセックスしてましたが、学生らしく微笑ましいものでした。
この2人のその後のお話が読みたいので、続編をお願い致します♪

4

今作も最高をありがとうございます

末広先生の新作はもう安心して楽しめるの確定なので、今作も供給ありがとうございますの気持ちです。

今作は高校生同士のカップリング。
2人とも高校生なのは初でしょうか。初々しくてキラキラしてて眩しくて可愛くて素晴らしかったです。

攻めの碧は見た目よりもずっとピュアで真面目で優しい一途な男の子。女の子にモテモテな攻めって大好物なので、そこにも紳士的な態度で、好感度上がりっぱなしでした。
受けの陽翔もピュアっピュアの、純粋培養されたような男の子。でもちゃんと男らしい一面もあり、人当たりも良くて、そういったところが碧に刺さったようでした。

途中からはもうずっと碧はデレデレに惚れてるように見えました笑
だからこそお互いすれ違っていてなかなかうまく行かないことがもどかしくてこちらとしては美味しくて…
お祭りでうまく行ってからの初エッチまでの過程もとても良かったですね。
すぐに…とならないところに真剣さを感じましたし、長期間我慢したあとのって描写もまた一興で何度も最高が散りばめられていました。

限定小冊子も最高のおかわりでした。
あんなにかっこよくてイケメンでモテモテの彼氏が自分にだけ甘えてくれるんだもんな…
でも陽翔はそれに対して驕ったりしなくて、そこがまたいい。自分も同じだけ返そうとしてる。健気で、だから余計に愛される。
意地悪!にグッと来すぎてる碧まじで良かったです。

専門学生×大学生編、もしくは社会人×大学生編もできれば読みたい!お互いに(特に碧に)余裕ができて本気になったところも拝みたいものです。

5

良い良い…良かったよぉ~ その瞬間が来るのを見守って待ちわびる楽しさいっぱいの1冊

たまらないかわいさ…!
もう小難しい事考えずにDKの真剣なすれ違い修正LOVEを見守ってあげたい(≧▽≦)
違うな・・・うん、見守らせて欲しいーー!!!
これぞ壁になりたい漫画でした♡

どうだ!この可愛さ!!きゅるるん~♡
みたいな直球ストレートな可愛さもいいなって思う時もあるのですが、今作の2人は至って普通の年相応な感じのDK感そのものがかわいいんです!
自然体に見える2人だからこそそっと見守りたくなっちゃう…もぉこれぞBLを読んでて素直に「萌えるーーー」と思える瞬間です

そんな瞬間がずっと続いて読み終われる!!
何だろう、、、決して目新しいエピソードでもないし設定でもない
なのにこんなに満足感が高いのはやっぱり漫画の構成力が高いからなんだろうなぁ~と感心しかない
心が離れるような表現が無くて、どうなるんだろう…?きっと大丈夫だろう、どうにか絶対なる筈って分かっていても先がドキドキ気になる展開が程良いのです
すれ違いから始まったけど「嘘」な訳じゃない
「ちぐはぐ」なだけだからこそピッタリカチっと合う瞬間を待ちわびながら見守っていくのが楽しかったんだろなぁ~と実感

ほんとに良かったなぁ~
あと、熊井家の姉弟の距離感もなんか良かった♪
そう、ほんと登場人物みんな良かったな~
嫌な所が1個もなかったです!!
そう、つまり文句なしの神作品でした♡

8

かわいい高校生BL!

マチ先生の作品にしては、高校生同士も受けの子が黒髪って珍しいですよね。
黒髪のため、とってもピュアでいい子に見えるので大正解だと思いました。
ここまでチョロくていいのか!って心配になっちゃうくらい受けの熊井がいい子なんですが、攻めの笹原もとても魅力的だからしょうがないのかなと感じました。
実は笹原もいろいろあって……ということもありますが、高校生同士らしいとても爽やかでかわいいBLでした。

物語は、気になる女の子「碧(みどり)ちゃん」とラインして付き合うことになったと思ったら、実は隣のクラスの「碧(あおい)くん」だった!という勘違いからお付き合いがはじまります。
熊井は笹原を傷つけたくなくて勘違いだったと伝えられないまま、笹原のいいところや繊細なところなどを知っていきます。友だちのように一緒に楽しいことをしつつ、恋人らしいドキドキすることも経験しながら、だんだんと好きになっていくふたりの過程が丁寧に描かれていました。

もちろん簡単にハピエンにはなりません。実は笹原は熊井の勘違いを最初から知っていて、ふたりはすれ違いになってしまいます。でも……。
この時の笹原と熊井の気持ちと行動、とてもよかったのでぜひ読んでみてください。

ブルームでのマチ先生の作品はほんとかわいいですよね!マチ先生初の高校生BL。ほんとにかわいくて楽しくてキュンキュンするBLでした。

5

かわいい2人とおもちとマメ太に癒されてほしい

笹原くんも熊井くんもとにかく可愛かったです。間違いのメッセージから始まって、早く言わなくちゃって思うのにどんどん惹かれていって言い出せない…切なさもあり、トキメキもあり…高校生らしくて、青春だなぁって思いながら読んでました。特に笹原くんは見た目から派手なイメージを持たれがちだけど中身が真面目な子なのもいい。思いやりがあって…実際付き合い始めたら熊井くんを大事にする発言があちこちにあってますます好きになりました。おもちとマメ太2匹もめちゃくちゃかわいいのでめっちゃ癒されました!!

4

へたれ子犬ゆるふわ〜

作家買いです。フェイクファクトリップスが大好きでした。
1話のほとんどが彼女つくりたい〜な会話、熊井のピュアゆえのトラウマ話で進み、どうなるのかと思ったら名前間違えで付き合うことになるという。そうきましたかと。

で、熊井は笹原に間違いだと言わなきゃと思いながら言えない×何回あっただろう。
本気で好きになったなら別に言わなくてもいいんじゃ、かえって笹原を傷つけるかもよと思ったところへ。
笹原は最初から知っていたというのがおもしろかったです。
なんかずっと浅瀬でぱしゃぱしゃやってるのを見せられてる感じでしたが。
トラブルもなく両思いになり受験合格して結ばれてよかったですね。て感じです。

5

最高に可愛いDKBL

表紙から可愛い。マチ先生の学生BLということでとても楽しみにしていましたが最高でした!電子と紙両方で購入するくらい最高です。ゲイ攻め×ノンケ受け。攻めの名前と同じ女の子がいてそこから勘違いで付き合うことになるというお話。お互い気づいてはいるけど少しずつ気になって好きになって高校生ならではのキュンキュンがいっぱい詰まっているとてもとても可愛い作品でした。攻めの余裕そうな感じなのに垣間見える照れ顔だったり受けのあざと可愛い感じが一生ニヤけて止まりません。マチ先生、編集部の方々、続編をぜひ何卒お願いします。まだ読んでない方はぜひ特装版を手に入れてください。

1

可愛い2人

熊井くん、相手が林さんだったとしても上手く行きそうだったけど、見惚れるほどかっこいいと思う程の相手と付き合えることもあんまないから良かったんでしょう
笹原くんは勘違いに対してのちょっとした意地悪で付き合うことにしたのに、好きになっちゃったのね
互いに好きになっちゃったんだから、発端の出来事を本当ってことにしちゃえば良かったのに、子供って潔癖だよね
熊井くんの恥ずかしがりとか、可愛いのに熊井くんみたいな人と付き合っておいて熊井くんらしさを理由に振るとか、意味分からん女子もいたもんだな
高校生なんてキスで死ぬ程ドキドキできるお年頃なんだから、その期間を楽しんだら良かったのにね

1

萌えて、悶える

メッセージの送り間違えから始まったふたりの関係。
最初は恋になる予定ではなかったものの、一緒に過ごして笹原の色々な表情を知っていくほどに惹かれていく陽翔の気持ちが真っ直ぐ読み手にも伝わります。
でもドキドキだけではなく後ろめたさもはらんでいるので、切なさとせめぎ合う様子にも引き込まれました。

真実が明かされた後のすれ違いにはギュッと苦しくなるところもありましたが、それほど拗れることはなく両想いになってくれるのでそのハラハラも逆に楽しめたところがあったかもしれません。

受験も無事に終えて、恋人としてもステップアップして。
これからもずっと仲良しでいるんだろうなーとほっこりしました。

笹原はカッコ可愛いし陽翔は可愛くていい子だし。ものすごく心が潤いました。
そして「おもち」もめちゃくちゃ可愛かった…!
可愛いやらキュンキュンするやら、ものすごく忙しない気持ちになりつつ。
DK同士カプにこんなにも心を掴まれたの初めてかもしれない。と思うくらい、ふたりの尊さに悶えて萌えまくった一冊でした…!

1

最初の男より最後の男♡

先生の「フェイクファクトリップス」がとても好きなので新刊もとっても楽しみにしていました

ある行き違いから流れでお付き合いが始まる2人
一方はその勘違いを自覚していて引け目を感じている
そしてもう一方は、、、???
というすれ違いからの始まりです

悪意のある行き違いではないからもどかしい。。。
言わなきゃいけない、でも傷付けたくない、あともう少しだけ、、、
、、、色んな感情が渦巻きます

少し切ない展開ではあるのですが重苦しい感じにはなっていないので先を読むのがツライ、、、というような感じではないのが救いです
むしろ読めば読むほど2人を好きにならずにはいられない・・・‼‼

碧君も熊井君も最初のパートナーでは苦い思い出が出来ちゃったけどそれも若い内だからきっと大丈夫!
そんな事もあったねって笑い合える存在が居る事の方がきっと大事
最初より最後!!
最初の男より最後の男
そんな先の長い未来さえもこの2人なら、、、!って思える感じがすごく良かったです

桜を一緒に見て、先ずは次の夏祭りを目一杯楽しめるといいね♡

2

電子特装版◎

電子書籍は通常版と特装版(28ページ小冊子(描き下ろし漫画24p入り))両方が売っているのでご注意ください。表紙が違います。特装版の表紙の方が好きだな。小冊子の時間軸は本編後でエッチシーン有り。

試し読みを読んだらまんまとすぐ買いたくなりました。罰ゲームで付き合うパターンは最近倫理観NGなのか減ってきましたね。ちょっと捻った勘違いスタート。ストレスなく可愛いを摂取できて満足。特に陽翔くん(受け,思わず君付けしたくなってしまう)のピュア受けなんだけど卑屈すぎない、明るい良い子なところが癒し。碧くん(攻め,思わず君付けしたくなってしまう)のイケメン俺様系ではなく、恋愛に憧れる男子高校生っぷりも可愛い。

萌2〜神

1

No Title

熊井くん可愛すぎて燃えるかと思いました。
個人的にBLにしては珍しい方のキュンを味わえた作品でした~♡

なんて言うんだろ、熊井くんみたいな可愛いしちょろめだけど結局男らしい子がとてもささります、熊井くんがいい意味で高校生らしくてBLだけど少女漫画みたいなテンションで読んでました๑ ᷇ ᷆๑)

1話の時点で熊井くんのピュアさは十分なくらいに伝わってくるんですけど!!、
読み進めるほどに熊井くんの素直さとピュアさにまた打たれる感じで、、、ちょいちょい大胆なところとかあってウォォってなりますし、、、
めっちゃキュンキュンしました笑


笹原くんも見た目クールだし大人っぽくて学生には見えない!って思うくらいだけど中身は結構可愛いところもあり実はしっかり高校生っぽいところが最高でした(ꈨຶ˙̫̮ꈨຶ)!!!


2人の始まり方がなかなかに複雑だったし、途中少しすれ違ってしまったりもするけれど無事にくっついて良かったです(⸝⸝⸝ᵒ̴̶̷̥́⌑ᵒ̴̶̷̣̥̀⸝⸝⸝)ナイス弟くん!!
そしてよく頑張った熊井くん!!! ̖́-‬
最終的には熊井くんから笹原くんに想いを伝えたのが個人的にすごく好きです.ᐟ‪.ᐟ

ぜひこれから買う人には特装版を買って欲しいな….ᐟ‪.ᐟ
いちいち熊井くん可愛すぎるし、笹原くんセクシーなんですよ!!セリフが良すぎました♡

熊井くんのもつ生粋の受けの素質に乾杯します

2

胸キュン案件多発!ピュアラブストーリー♡

こちらの作品、シーモアの単話が纏まるのを待って購入しました。0時過ぎに購入し、夜中なのに3回もおかわりする程胸キュンで尊い作品でした!
受けの熊井くんは女の子とのすすんだお付き合いが中々出来ず、元カノに罵られたせいで心に傷を抱えたピュアボーイ。
他クラスの碧(みどり)ちゃんと碧(あおい)くんを間違えて携帯で告白し、次の日屋上で待ち合わせ、碧くんに碧違いだった事を言い出せず、そのまま碧くんとお付き合いが始まるお話しで、読み進めていくうちに読者は「これは両思いだよね?!」って感じる流れなのですが、当の2人はそんな事に気づかずに両片思いで話が進み、勘違いから始まったお付き合いだった事が分かると破局?してしまいます。
その後熊井くんが思い直し、勇気を振り絞り碧くんにメールを送り、かつて約束していたお祭りで碧くんを待つも、待ちぼうけしてしまう所でとっても切なくなりましたが、想いを伝いあえて両思いに♡♡
熊井くんの受験もあり、ピュアボーイ熊井くんのペースを尊重する碧くんの愛にもキューン!としてしまいました。
受験後のエチも本当に可愛くて推せます!!
碧くんも熊井くんも本当にピュアラブで、可愛くて自分の語彙力が乏しくて気持ちが上手く表現しきれないのですが、読了後尊いもので満たされる作品でした。
特装版はエチもしっかり入っているので、電子購入これからされる方は特装版おすすめです!

2

とにかくかわいい

告白のメッセージの送信間違いから始まる関係
同じクラスだったことはあっても話したことはない二人が付き合って、お互いを知っていくうちにお互い好きになる でもその反面、間違って笹原に送ってしまったことを伝えなきゃって思う陽翔
このもどかしさがたまりませんでした

末広マチ先生の作風がとても好きなので、ほぼ表紙買いでしたが、とてもとても良かったです

同級生 モテ男×ピュアボーイ かわいい 勘違いから始まる恋 が好きな人におすすめです

3

素直で初心でかわいい

ひょんなことでとんでもないイケメン攻めと付き合うことになってしまった受けくん。
ちょっとした勘違いに戸惑うけども、どんどんと攻めのことが好きになっていくのがかわいらしくて、とてもドキドキしました。
でもきっかけがきっかけなので、とても頭を悩ませてそれでも相手に対して誠実に向き合って関係性を進めようとする両者が尊いことこの上ございません。

攻めまでピュアかましてきたときはなんなんこいつら可愛すぎるだろ...と頭を抱えたのは私だけじゃないはず。
特装版買いましたが、番外編もとっても良かったですよ~!!!マチ先生のピュアDK素敵です!

4

とにかく2人共可愛いよ!

メッセージの送信先を間違えてしまったことから始まる、勘違いがスタートの青春ラブです!

主人公である熊井くん、この子がとにかく可愛くていい子ーーー!
The受けの可愛いタイプという訳ではなくて(そもそもノンケだと思う)普通にいい子で、でも可愛い。
そしてお付き合いすることになる笹原くんは周りが色々勘違いの噂をしてしまうくらいの爆イケ、モテモテ男子です。
でもその噂はあくまで噂で、この子もかっこいいだけじゃなく可愛い〜

この辺りの描き方が天才的で、男子高校生のピュアで可愛い青春がたまらなくよかったです。
勘違いから始まった恋が成就して、その後もゆっくり進んで、そして結ばれるまでの流れも完璧。
最終のエッチシーンもめちゃくちゃよかったです。

周りの友達、家族もいい人たちばかりで、2人の高校卒業後のお話もぜひ読みたいなー

4

キラキラ青春

ザ青春!ザ高校生!!!
疲れた心に染み渡ります…

ボリュームたっぷりで読み応えがありました!
とにかくとにかくかわいい
2人の真っ直ぐさ故に心がぎゅっとなるところも
お話の流れが綺麗な作品でした

登場人物みんないい子
末長くお幸せにね泣

特装版が最高すぎるので強くオススメします!

3

ぜひ、俺の本気を見せていただきたいです!!(帯の煽りへ勝手にアンサーする腐女)

嬉しいときーー!
特装版のお表紙がキラキラだったときーー!!


嬉しいときーー!
1冊の厚みがずっしりで読み応えたっぷりだったときーー!!


ということで、マチ先生の新刊待ってました⟡.·

今回はDK同士。
学校イチのイケメン笹原×過去のお付き合いで奥手ピュアボーイとなってしまった陽翔、とのお話です。

偶然、トークアプリの送り先を間違ってしまったことで始まる勘違いLoveです。
以下、話数ごとの超独自感想込みのレビューです。(ご注意を!)

◆第1話...出逢い。
この出逢いがなければ、恋は始まらなかったわけで。
DKくらいのときって、とにかくそんなに話したことなくても、知り合いの知り合いは友達だよね?! 気軽に連絡先交換しよ?!! 的になりましたよね??(まりあげはだけかな??焦)

だからこその惜しい間違いと、気軽な告白ノリ。

笹原チャラって思いつつ、なんだかカワイイ印象。
で、これから陽翔どーすんのよ?! と、当然なる。


◆第2話...笹原へウソをついている罪悪感。

早くこれは間違いだと訂正せねばと焦る陽翔。
そして、成り行きで笹原のバイト先へ。
バ先の店長でもある叔父から、友達を連れてきたことがない発言などから、心情の変化が。

こ、これは...♡

◆第3話...冒頭からキス攻め(カワイイやつ)な笹原にトゥンク///(まりあげはが)

お互い過去の恋について暴露。

笹原には傷つくことに慣れて欲しくないと思う陽翔。

そして笹原が、苗字から陽翔と名前呼びしていいかと提案。
ますます笹原への特別な感情が育っていく陽翔。

これはもう恋!しか!ない!でしょ!! と興奮するまりあげは。(脳内BGMはCH○.R.RY)

アオハル感がとてもいい!!


◆第4話...そして休日に私服で笹原の家へ遊びに行く陽翔。
緊張!!
でもそこで待っていたのは、、、??

そしてやっと2人きりになれ、甘ッ...イチャ...となった瞬間、とうとう陽翔は自覚してしまいます。

笹原のことが好きだ、と。
だからこそ、誠実に向き合いたいと。
1番最初の勘違いを伝えようとすると、まさかの知ってたよ、返しが。

4話は途中まで甘ァ...という感じだったので、最後ハラハラ展開になってしまって、まりあげはもアワアワしてしました。



◆第5話...笹原視点からもあの告白メッセージが届いた日の回想が。

間違いだと気付いていたのに、揺れる心。
いい奴止まりだった陽翔と、でももう少しだけこの関係を続けてみたいと思った笹原。

本音のところは今すぐ陽翔へ謝罪しなくちゃと分かっていても、いざその場で、相手と接すると変わってしまうゆらぎはあるよね。
若いモノ...と勝手に納得するまりあげは。

同じく陽翔へ罪悪感を持つ笹原。

そしてそれから笹原と連絡が取れなくなる陽翔。
フラレたってことか...と落ち込みます。

落ち込んだ陽翔は、以前の会話の流れから祭りで話したいことがあるから来て欲しいと、笹原にメッセージを送りますが既読になりません。

ずっと待ち続ける陽翔。
その様子を見かけた笹原弟が帰宅後、笹原へ伝えます。
慌てて神社へ急ぐ笹原。

からの!
の!!
告白!!!!!

晴れてホンモノの恋人同士に♡
(...よかったよぉ涙)


◆第6話...恋人同士になった2人ですが、陽翔の受験が終わるまでは一線を越えないということになります。
待ては得意なほうだと発言する笹原。

いい恋人です!!



◆最終話...いよいよ受験が終わり、合格発表。

そしてついに2人は.....♡!!!!
余裕ない笹原、良き!!
からの、卒業式で陽翔の友達に2人の関係をカミングアウトするのがとても良かったです。
多様性だねぇ、としみじみ。


◆描き下ろし...ベッド!! 買いに来たよ!!(爆)
限定小冊子のあのベッド!!(興奮)



ということで、送り間違えたことから「ちぐはぐ」なキスを笹原から受け、始まった関係が、最後にはこんなにもエモく、ピュアな交際になるとは...!

今の陽気にぴったりな作品です。
DKモノ好きな方や、結果、春めいた(?)作品が読みたい方にはとてもオススメです!!

そして、限定小冊子付きの特装版がオススメです!









3

身長差萌えの正解を見た

前情報皆無の作者様買い作品です!
途中のモヤモヤ含め最初から最後まで萌え倒した1冊でした…

まずもう2人ともなんやかんや恋愛慣れしてないからピュアで可愛いし、真実を告げる前もちゃんと付き合ってからもずっといちゃいちゃはしてるから1冊通して糖度高めで大変良い。

正直勘違いから始まった恋でもお互い両思いになってるのほぼ確実なんだからもはや本当のことなんて知らぬが仏では!?ってめっちゃモヤモヤしてしまった…結果碧が陽翔の勘違いを知ってたから告げてスッキリ、ちゃんと心から付き合えてよかっただけど…こういう勘違いから始まったやつはいつでもそこでモヤモヤしてしまう…

個人的推しポイントはなんと言っても身長差です!!碧の隣に並んだ時、常に陽翔の顎が上に向いてるんですよ!そこがちゃんと描かれていて爆萌えしたし、卒業式の時内緒話するのに陽翔がちょっと上向いて碧が屈んであげてるシーンにもう発狂です!!

本当に可愛くてずっと激激に萌えまくった1冊でした。最高!!

4

全体の流れや関係性は凄く好みです。ただ……(長文です)

初めての漫画家さんを意欲的に開拓している最中で、こちらの先生も既刊は未読です。
好印象も悪印象も培われてない状態での、新規読者のレビューとして、参考にして頂ければ幸いです。

今作は、Xでの試し読みが初見だったのですが、その時点で圧倒されたのは絵柄の完成度でした。
元々、BL界では人気がある先生らしいという前提からも、安心して読めるだろう、と感じさせて貰える空気。
序盤で登場したワンコの愛らしさにも心を擽られ、よし、と紙本の購入に踏み切りました。
ですが、実はこの時点で、作中の情報に『?』と首を傾げる部分があったものの、そこはきっと読む内に解答を得られると考えた次第です。

発売日、書店で御本を早速入手し、じっくり読み進めました。
当初抱いた感想通り、人物の描線などは本当に細部まで端整で、その方面では不満は一切ありません。
序盤から終幕までの一連の雰囲気もとても私好みでしたし、エロに偏らずあくまで二人のペースで一歩ずつ育む恋という点だけなら、神評価もつけられたと思います。

しかし、試し読みの段階で湧いた疑問は、結局、最後まで解答が得られず。
更に申し上げるなら、攻めが『最初から受けの勘違いを知っていた』とわかった瞬間、そこに至る攻めの全ての行動に『う~~~ん???』と唸ってしまいました。

ちなみに、疑問とは、受けの陽翔が『何故、送信先を間違うようなミスをし得たのか』という点です。

今作では、女子の名前と男子の名前が『読み方が違うだけで漢字は同じ』という設定が最も重く働いています。
が、そもそも、LINEへ登録する名前を、笹原は何故『碧』にしていたのでしょう?
友達からも苗字で呼ばれている様子ですし、特に名前呼びをするような親友もいない彼が、敢えて、誰も呼ばない名前で登録するでしょうか?
しかも、笹原よりずっと交流範囲が広そうな陽翔は、逆に、LINEの登録名をフルネームにしていますよね?
(笹原がLINEを受け取った際、画面の『熊井陽翔から新規の受信がある』表示が作中で確認出来ます)
勿論、真面目な性格を反映して、とか、諸々の理由で、陽翔はフルネームでの登録を選んでいたのかもしれません。
が、笹原の環境なら、級友に通りが悪い名前ではなく、周囲の全員から呼ばれる苗字のみか、陽翔のようにフルネームでLINE登録しておく方が自然なのでは?……と。
それでは(今作の根幹となる)大いなる勘違いネタを発動させられない、と理解は出来ても、伝わり難い名前で登録する不便を避けない子だろうか、と、違和感が強く湧いてしまいました。

また、別の視点からだと、陽翔は何故、林さんの連絡先として『碧』のアドレスを入手していたのかも疑問です。
作中でわかる範囲だと、同じクラスではない(過去になった事はあるかもしれない)レベルの異性のLINEを、事前に全て登録していたのでしょうか?
クラス用のLINEなら存在しても、学年が同じだけの、違うクラスの女子まで網羅させるのは(利便性の面で)多過ぎませんか?
それなら、むしろ、手元に既にある『碧』は、同じクラスにはなった事がある笹原(同性の同級生)のアドレスだ、と覚えている可能性の方が高くはないでしょうか?

以上の疑問から、試し読みをした際、どうして陽翔は『碧』の連絡先を林さんだと最初から思い込めたのか、正直本当に不思議でした。
男子よりも女子の方が、苗字ではなく名前で気軽に登録したくなるものかもしれませんが、クラス用のLINEなら苗字の方が相互に認識し易い気もしますし。
今作のような、名前のみの登録の『碧』を『異性の林さん』だと疑わず誤認する為の、もう一段階(間違えても仕方ないと読者が納得する)『林さん本人から教えて貰ったアドレス』と記憶違いするような描写が欲しかった、と感じます。
単純に考えたら、そこまで(林さんだと思い込んで)会話を始めるには、登録の仕方の説得力が(あの冒頭だけでは)弱いかなぁ……という惜しみが猛烈に残りました。

また、上でも触れましたが、私は、笹原が真実を告げるまで完全に『彼は知らない』と信じ込んでいました。
だからこそ、初めて真っ当に同級生と恋を始められた彼の高揚、恋人に理解して貰える歓喜、キスしたくなる衝動、全てすんなり読めました。
それが、なんと、交際前(初回のメッセージ)の時点から『勘違いに気づいていた』とわかり、笹原の印象が激変してしまったんです。
自分を(淡く想う)女子と間違えていると察した上で恋人となった笹原が、陽翔に仕掛ける何度ものキス。
交際の入口で、笹原は、陽翔が(ほんの軽いキスや接近でも)真っ赤になる程に初心だと酌めていますよね?
その上で、本当は自分に恋情など抱いてないと知りつつ(※陽翔に芽生えつつある思慕には気づかぬまま)唇は積極的に奪う彼の心境に、私は『抵抗』を感じてしまいました。
告白は勘違いでも、極度に初心な子だと察したのなら、キスはもう少し抑えて欲しかったというか、言うに言い出せなくなっている陽翔の唇を大事に(なるべく奪わず)扱ってあげて欲しかったというか。
全く事情を知らなかった時点では共感一色だったキスシーンが、全て承知しながら(益々陽翔に真実を言い出せなくさせるかのように)重ねていく笹原に、当初の彼との印象が乖離してしまって。
恋愛に不慣れだからこそ、不器用な接し方になってしまったのかな~と好意的に見られはしても、苦手意識が滲んでしまうのが否めませんでした。

笹原も、陽翔も、かなり奥手で互いに一生懸命に慕い合える人物像そのものは凄く好みでした。
それでも、LINE登録の仕方の違和感、笹原の察しの良さから生じた後の言動への抵抗は消えませんでした。
なので、全体の評価としては、萌、で留めさせて頂きます。
笹原が陽翔の勘違いに気づくタイミングが、もっとずっと(互いに後戻り出来ない位に)相愛になってからなら良かった。それが本音です。

9

全方向可愛い二人♡♡♡

全方向可愛い二人でした!

勘違いから始まる恋愛だったけど一緒に居るうちに最初に持っていたイメージと違う所に気付いてどんどん好きになっていく過程がゆっくり描かれていて、普通の(漫画によくある即Hじゃなく) DK達ってこんな感じなんだろうなって思える二人でした♡♡

碧くんの見た目からイケイケチャラい子がグイグイ奥手な陽翔くんを引っ張るお話なのかなぁと思っていたので(碧くんごめん)見た目や周りの噂で決めつけなくてちゃんと碧くんの本来の性格に気付いてあげられた陽翔くんは素直でいい子だなぁって思いました

二人ともガツガツしていなくて慣れていそうな碧くん(これまたイメージ)もキスひとつするのにもちゃんと緊張してドキドキしてるのが可愛いすぎました。
いくら見た目がかっこいい子だって人間だもの。好きな人なら尚更ドキドキするよねぇ、、、!
色んな所でこっそりするキスが可愛いかったです。二人のペットのワンコ達も可愛いけど、二人の恋人としての最終目標(えちち)は『待て』できるのに、キスになると我慢できなくなる碧くんも可愛いかったです。

陽翔くんが素直でいい子なのは分かりきっていたけど、碧くんみたいなかっこいい子に可愛い面があるの、、、もはや最強すぎました。
描き下ろしは奥手だった陽翔くんの男らしい部分も見れてニヨニヨしました。
進路が違う二人だけど、卒業後ももっと見てみたかったです♡

電子白塗り

2

勘違いからはじまる青春ラブ♡

作者買いです。

さすがは末広マチ先生!美しい作画+センスあふれるファッション、そして何よりキュンとせずにはいられないストーリー!

BL界隈は大人びた経験豊富なDKも多いですが(そして彼らも大好物ですが)年相応か、ちょっとピュアなくらいもたまらなく可愛い!今作では超絶イケメンの碧くんが意外と・・・なところがたまらないです。

“勘違い”の件は、たらカムアウトまでした碧くんが可哀想すぎて辛い・・・と思って読み進めていたので、この展開でよかった!お互いドキドキしながら距離を詰めていたのだと思うと、完璧イケメンがすごく可愛く思えてきます。

マチ先生ならもう一歩いけてのでは?!との感覚から萌2です。体温低そうなイケメンがお好きな方にはめちゃくちゃおすすめです!

1

かわいい

勘違いからはじまる恋
奥手で素直な陽翔がピュアのかたまりです。

ちょっと流されすぎ&出来過ぎ感はありますが
男子高校生の青春だと思うとほほえましいです。

あと先生はとてもワンちゃんお上手…!!!
ビションフリーゼのおもちちゃん、もっとおもちちゃん見たかった!素晴らしいお目々、ふわふわなボディ。かわいい……
末広先生が描くたくさん動物出てくる作品読みたいです。

誤解からはじまって、勘違いしてたことを言えずにいっしょに過ごすうちに好きになってしまう自然さ、すばらしいです。

実は碧のほうが陽翔のことを前から気になってて…というお互い知らずの両片思い。高校最後の恋が生涯のパートナーになりそうな感じがたまらなくよかったです。永遠に幸せでいてくれ…と願ってやまないCPでした。

2

かわいいが止まらない

心の中がかわいい!で溢れて叫び出したくなるような作品でした。もう、ふたりがそれぞれにかわいい。かわいさの方向性がそれぞれにあって、かわいいの大渋滞でした。

碧のことは読む前はスンとしているクール系の子なのかなと思っていましたが、スパダリの風情がありながらもちゃんと高校生の幼さというか、擦れすぎていない素直なかわいさがありました。特に名前を呼ばれたいシーンが都度かわいすぎました。
陽翔の方は明るくてピュア、全方位死角なしのかわいさがあります。

勘違いから始まる関係だからこそ、好きと自覚したなら尚更本当のことを言わなくちゃという葛藤が大きくなる陽翔の真面目さが苦しく、
勘違いだとわかっていながらも始めた関係だからこそ、気持ちが大きくなっていくうちに不安を募らせていく碧のやわらかさが切なく。
それぞれの心をちゃんと打ち明けた告白シーンの甘酸っぱさが良かったです。

特装版は一人暮らしの碧の部屋におじゃまする陽翔のお話。
彼氏の部屋ですることといえば……な新しいベッドでの2度目ですが、恥ずかしくて碧の顔を見られない陽翔はやっぱりかわいいし、強引すぎずにちゃんと言葉で気持ちを通わせながら進めていく碧が良きだなぁと思いました。

とにかく終始かわいいふたりを特装版なら289ページたっぷり楽しめました。

7

最高でした!!

陽翔が女子とメッセージのやり取りをして告白したと思っていたら、間違って笹原に告白していたと気付くところから始まります。

キッカケは勘違いからでしたが、段々と距離を縮めていく二人が微笑ましかったです。
しかし、勘違いから始まった後ろめさでこの関係が長く続かないと思っているところに胸が締め付けられました。

だからこそ、改めて好きだと伝えあったときはキュンと来ました!!
お互いを尊重し合う姿勢にも好感が持てます!!
笹原と陽翔のこれからの幸せを祈ってます!!

シーモアはフチにトーンがある白抜き修正でした。
初夜の陽翔がとても可愛いです!
特装版限定小冊子は笹原が一人暮らしをする部屋に陽翔が遊びに来るお話で最高でした!!

3

絶叫するほど可愛いーーーーーー!

末広先生の新刊!!!!!!DKBL!!!!!これはすごい!涙が出るほど可愛い!!!!!!!キスシーンが盛りだくさん!!!!!!(美) "胸がキュンとする感覚"を味わいたい方は、今すぐ!ぜひ。

元カノの一言がトラウマになり、恋愛に奥手になっているピュアな高校3年生熊井くん。友人たちから背中を押され、クラスメイトの碧(みどり)さんに連絡をすると付き合うことに。しかし、次の日に待ち合わせ場所に現れたのは、学校一のモテイケメン碧(あおい)くんで…!?

同級生2人の恋愛が描かれる本作。距離が縮まり、お互いのことを好きになっていく過程がとても丁寧で自然です。末広先生の可愛らしい絵柄も相まって、"同級生で違うグループだった2人の恋"感が強く素敵でした。受験やお祭りなど、学生らしいイベントが盛りだくさんなところも最高です♡特に卒業式のシーンはお互いへの大好きが溢れててよかったーー!

碧くん、ベスト可愛いDK攻めに君臨するのでは…?超美人系のお顔に加え、柔らかい語調や、熊井くんに見せる優しい表情の数々が素敵すぎました。「だから今 かなり嬉しいかも」のコマ、美しすぎて息止まるかと!!!こんなに柔らかいDK攻めってちょっと珍しいかもしれません。さらに、物語の後半にそんな碧くんの"""""余裕のない表情""""が出てくるのですが…。これが健康に良すぎる…。がっつり沼にハマりました。。

2人のわんちゃん・マメ太とおもち、わちゃわちゃ家族も可愛らしい〜。
甘くて爽やかで、あったかくて…読むと幸せな気持ちに包まれる末広先生作品の魅力が詰まった一作でした♡(ぜひ続編をお願いします!)

9

透明感のある甘酸っぱいアオハルBL

ピュアピュアな高校生BLがお好きな方は是非!
あとキス萌えの方も!チュってする可愛いやつ!

もぉぉぉぉ~~~~~ッッッッ
めっちゃ可愛いくてキュンキュンするお話でした。
攻めも受けも一途系で等身大の高校生の恋愛です。
間違いから始まるんですが、
モダモダと自覚して恋が始まる様子が大変良き!!

ちなみに本編だけでも250P越え、
描き下ろしや小冊子分含めると280P越えてます。
ボリュームがあり捲っても捲っても可愛いが続く。

個人的に高校生BLが大好物なのも加わって
可愛い可愛い可愛いハァハァハァ…しながら読みました。


たくさん素敵レビューが上がっていますので
内容は割愛して個人的に萌えポイントをば…。

攻め:碧は爆モテイケメンなんですが
恋愛で1度失敗したあとは恋をしないままで、
とってもピュアなボーイっていうギャップ…!

作中でもモブ女子に言われまくってたけど
恋愛に手慣れてそうな雰囲気があるんです。
(碧自身は身勝手な想像で傷ついてるのにスマヌ)

でもキスで頬赤らめてドキドキしてたり、
陽翔と一緒にいると浮かれてるっぽさがあったり、
純粋で透明感のあるアオハルっぷりが良いッ…!

あと私が傷つき萌え属性持ちなので、
碧が落ち込む姿に切なキュンキュンキュンキュン。
ウルっとしながらめっちゃ萌えてしまった…////

受け:陽翔は奥手ピュアボーイ。
性欲よりも一緒にいる安心感で満たされるタイプ。
キス1つとっても"わーー!"ってなるのが可愛い。
陽翔はワタワタしててひたすら可愛い(﹡´◡`﹡ )

そもそも間違いの発端は陽翔にあるので、
碧への恋心が芽生えながらも罪悪感を抱えててね。
碧を傷つけたくないし、自分も傷つくのが怖くて、
そういうのが等身大でグッときました。

告白シーン、めちゃ良かったですねぇ…。
プルプル震えながら一生懸命伝える姿に萌える。
学生の時とか特に告白って怖いのわかるから、
ガンバレガンバレしながら読みました(;///;)

恋人になったあとは2人で歩調を合わせるところも良くて…!!!

お年頃だしやっぱり性的な欲求はあるけれど
2人で話をして、相手の気持ちを慮って、
ちゃんと伝え合って愛を育む姿が見られました。

ちなみに本編に少なめのエロなんですが、
特装版小冊子はそれより濃いめのエロ有りです。

自然と1年後2年後の話をしてるとこが良きです。
陽翔がナチュラルに言葉にしたあと、
碧が言葉の意味を噛みしめてるとこがグッとくる。

陽翔は碧の言葉に救われたって言っていたけれど、
碧も同じように陽翔の存在は大きいんだろうな…。

透明感のあるアオハルBL、
爽やかで甘酸っぱい胸キュンが味わえました♡♡
面白かったーーーー!!!ヾ(*´∀`*)ノ大満足

4

また大好きなDK BLに出会えました(ღ˘͈︶˘͈ღ)幸せ~♡

高校3年生、冒頭から溢れるDKっぽさを感じさせてくれる仲良しイツメンが体育館にジャージで恋のお話し…♡
1ページ目から掴まれまくりです٩(♡ε♡ )۶
……早速ですが…、、、嘘を吐きました…
…実は…もぉ既に表紙からガッツリ掴まれてましたっ‼ワタシ♡
通常版の表紙では分からないですが特装版の表紙だとしっかり笹原くんの口元のホクロが分かる仕様~♪
このビジュアルに完全に私、一瞬でわっくわく♡♡(o→ܫ←o)♫

絶対このクールっぽいイケメン、色気あるでしょーーー⁇?
と、期待値爆上がり⤴⤴⤴
そんな期待で進むページ、このイケメンがなかなか出て来ない…!
だけどかわいいDK'sの恋バナに癒されるから期待は薄れず進みます♪

そして満を持して登場のイケメン、笹原くん♡
憂いを帯びたモテ男くん… ((*♡д♡*))
やっぱり…!!とホクホク気味で更に読んで行き私、ビックリ!!!!!
この子、、、トンデモなくかわいいのですが…⁇?!!!と。。。Σ(゚Д゚)

色気とか憂いとか、、、そういうのもあるけれど、ソコじゃなかった!この子の魅力、分かってなかった……・・・
笹原くんの見抜けなかった魅力が漏れる度にきゅんきゅんします

「ちなみに俺は碧  呼んでくれないの?」

このおねだり、、、ヤバかった……!!!
このキャラで攻め、、、
最高です
何度でも呼びますが???!!!
碧ーーー!あおいーーー!!A・O・Iーーー!!!(ワタシジャナイ…知ってますw)

笹原くんへの想いが溢れてしまいお話しに関して一切書いてないのですが、、、
このお話しは作品タイトルからも分かるように「ズレ」がポイント!
なのであんまりお話し内容書いちゃうと面白くないかな?と思うので笹原くんの「ズレ」た魅力を思う存分語ってしまいましたw

このお話しの「ズレ」の特性上仕方ないのかも知れませんが、お話し中盤まで位は私は少し100%楽しいーーー!!!って思ってワクワクは仕切れませんでした(´ 。•ω•。)
大好きなDK BLシチュ満載のキスも少し切なく感じたりしました。。。
だけど、、、この切なさがあってこそのストーリー展開!!!
という1冊の中で自分の中に沸き起こる色んな感情を楽しめる1冊です♡
そして間違いなく読後はにっこりです(♡´∀`♡)

碧くんがさ、熊井くんを好きになっちゃうの、分かるよね~
なんかちゃんと愛されて育った子ってやっぱりズルくないんだよね
ズレていたってズルくない!!
お姉ちゃんsの存在も楽し気だったしおもちはかわいいし♪
側に居たくなるし、居て欲しくなっちゃうよね

あらすじや展開から大凡の期待を満たしてくれる内容です♡
DK BLの萌えときゅんが詰まった可愛らしい~お話しなので強烈なインパクト!とかって感じではないと思います
でも、このカテゴリーが好きな私には大喜びなCPに出会えた嬉しさに満ち足ります
おススメするなら先ずは可愛らしいキャラがお好きな方、そしてDK BLの初心さや一生懸命さが好きな方には是非おススメしたいです
そしてBL読み始めの方にもおススメし易いかな?と思います

私は小冊子付き特装版を購入です
2人の肌色多めが見たい‼と思う方は断然特装版が良きですよ♡
本編でも絡みはありますが着衣ですので…(ΦωΦ)フフフ
あ、もちろん小冊子のお話しもとっても2人の仲良しさん具合が伝わって来るので読んで良かった~って思える内容です

電子の描き下ろし1ページ漫画も超ーーー可愛かった‼
これが最終ページっていうだけで幸せ度が更に上がりました~


修正|本編は完全白抜き、、、小冊子は薄いグレー枠線ありなので少しだけ緩め(シーモア)

5

勘違いから始まる、可愛い二人の本気の恋

単話で追っていた、末広マチ先生の新刊!アオハルの一冊・:*+.

ちょっとした勘違いから、気になる女子と同じ漢字(で違う読み方)の碧(攻)にLINEを送ってしまった陽翔(受)。
勘違いを訂正する暇なく、付き合う流れになってしまいー!?

と続くお話です。

本編の内容とは関係ないけど…犬好きとしては彼らの飼い犬としてビションフリーゼの”おもち”やミニチュアピンシャーの”マメ太”が出てきて、テンションが上がりました⤴︎
マメ太いい子だな可愛いな(*´˘`*) 大人しく足を拭き拭きされるのを待ってるおもちも、おもち(に似てる)ストラップも可愛くて…犬好きさんは激しく萌えて癒されること間違いなしです。

で、本題のほうのレビューを。

勘違いして告白したことになってしまったことを、なかなか言い出せずに悩む陽翔。今日こそは…!って決意して家を出るものの、タイミングを逸して言えないのはお約束展開だけど、
「いつ!どのように!バレてしまうのか!?」ってことが気になって気になって、ページをめくりました。

で、読んでいるうちに「あ!これ(碧)、確信犯だな」「受けの勘違いって知ってて告白に乗ったな」って気付いて、碧目線の話が始まってから物語が俄然面白くなった…!!
いや、それまでの陽翔目線の話も面白いんですけども、個人的には攻め目線で読めるのが最高でした◎

そしていざ本当の恋人としてのお付き合いが始まってからの、ちょっと意外な碧の可愛さよ。クールに見えて、「浮かれてるかも」って赤くなっちゃったりするのは反則です。ギャップ萌えってやつか…

勘違いから交際へ、そしてそれが本気の恋になり…というのは王道で、二人の初エッチも攻めの家族が旅行で不在(なんで碧は一緒に行かないんだろ…)の時に…など、正直なところ、ところどころ都合よく思える展開はありつつも。

好感しか持てないふたり(と2匹)の姿ににまにましてしまう、可愛いふたりのお話でした◎

2

全細胞が喜ぶ神作品が舞い降りた

何という可愛さ。
何という爽やかさ。
何というピュアさ…。
軽やかに吹き抜ける男子校高校生たちの清涼感ある恋の饗宴に発狂しそうでしたぁぁぁ〜!

読んだ側から好きが溢れすぎて軽くトランス状態になってしまいましたが、それもこれも限界突破な面白さのせい。萌えの過剰摂取で頭が幸せでどうにかなっちゃいそうでした。
ストーリーが良く、絵も素敵。切なさもあるけど、それを上回るキュンの要素がたっぷりな豪華作品です。ウルトラ最高でした♪( ´▽`)


勘違いから始まる2人の出会いが、いつしか特別な想いへと発展していく恋の芽生えにドキドキ…
読んだそばから身体中の全細胞が喜びに満たされていく、そんな心地よい快感に包まれながら最後まで大事にページをめくりました。
この勘違いがあとあと良くない展開に繋がっていくのは明白でしたが、それでも2人の距離がグッと近づいていく"お付き合い"のシーンが良すぎるほどに良くて、ネガティブとポジティブの感情の狭間でで揺れ動いていく熊井の心理描写に次第に引き込まれていきました。
罪悪感がベースにある交際でしたが、それでも交際中はどう見ても幸せに満たされた恋人同士のそれ。それがまた爽やかで清らかで、心の内を明かす信頼まで生まれてと、どんどん深くなっていく笹原と熊井の関係に私の心臓の高鳴りはすでに臨戦状態です。
はー…もう最高過ぎて堪らんでした。

両想いになっていくのに、どちらも片想いの気持ちで過ごしているのが切なくて。熊井の視点で語られるストーリーだけど、熊井を通して笹原の感情も見えてくるから余計に切なさが増しますね。
好きになれば好きになるほど、罪悪感の重石が熊井にのしかかってくる悪循環はとても苦しいものがあります。どう見ても相性最高の2人なのに、真実が明らかになる未来がこれからやってくると思うと更に胸が苦しくなりました。

こうした苦しいシーンと恋が育っていくドキドキのシーンとが複雑に絡み合い、話がどんどん面白くなっていく頃にはこの作品に沼堕ちです。彼ららしい誠実な態度で問題を乗り越え、その壁を乗り越えた先の景色があまりにも見事すぎて膝がガクブルしました。
恋人としての歩みはゆっくりペースだけど、それだから良いんだと思える2人です。とことんピュアで爽やかなイメージを崩さない笹原と熊井に、応援と盛大な拍手を送りたいです!


この作品には通常版と特装版がありますが、私は特装版を激しく激しく推します!!
糖度の増したイチャイチャもありますし、2人の交際がこの先も続いていくだろう明るい未来を感じさせる余韻に浸ることができるからです。
2人の甘さをおかわりしたい方はぜひぜひ^ ^

3

甘酸っぱいピュア恋の真骨頂

笹原×熊井


非常純情ノンケと、超絶イケメンゲイ。
高校最後の一年で、
勘違いから始まる2人の恋。

ドキドキしながらもモヤモヤする惹かれあう感情の中、
不慣れなキス(萌える!)・・・すれ違い、そして純愛の誕生が、
末広マチ先生のふんわりとした画力で胸キュンの空気感が描かれている
甘酸っぱいピュア恋の真骨頂!面白かったです!


ピュアすぎるがゆえに、彼女に振られてしまい、
恋に臆病になった熊井だが、
高校最後の青春を恋で存分に味わいたいと思って、
気になる女子と間違えて告白してしまうのは、
校内でトップの人気者の完璧イケメン・笹原。
そんな2人が付き合うことになるという始まり。


「奥手ピュアボーイと爆モテイケメン」、
一見正反対な2人だが、
共通しているのはーー
・超純粋な心を抱えていること!
・ずっと前からお互いに憧れていること!

遊び人だと噂されている笹原だけど、
実はただの普通な男子で、
真剣な恋愛態度や真の恋への憧憬を持っている!
その一瞬見せる恋しげな寂しい表情にグッとくる!

そんな笹原の素の一面を次第に知っていく熊井が、
笹原を傷つけたくないから付き合うことにしたのに、
笹原のアツい行動に恋に導かれて、
隠した「告白の誤解」に悩みながらも、
笹原への気持ちが溢れていく様子が可愛い!

熊井の「告白の誤解」の事実が、
実は最初からわかっていた笹原の方が、
熊井から事実を伝えてくれないことに悩みながらも、
熊井のことを本気で大切に思って、
拡大していく純粋な恋心にキュンとしちゃう!

もどかしい焦れ焦れ両片思いのような進展で、
ついに晴れて気持ちを通じ合って、
本物のカップルになってからの
ウキウキ甘いやり取りや、
心が踊るような初エッチにも目を潤わせる!

予想外のお付き合いが、
お互いのことを知っていく度に、
2人の恋の予感の心理描写がリアルで、
笹原に躍動的に恋爆発する熊井が可愛い!
熊井のことになると照れ照れになる笹原も可愛い!
2人の恋が青春のページをめくるように、
最後までトキメキが止まりませんでした!

9

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP