刑事に決め手のプロポーズ

keiji ni kimetano propose

刑事に決め手のプロポーズ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
24
評価数
5
平均
4.8 / 5
神率
80%
著者
高月紅葉 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
黒埜ねじ 
媒体
小説
出版社
シーラボ
レーベル
ラルーナ文庫オリジナル
発売日
価格
ISBN

あらすじ

組対の若手刑事の弱みを握れと兄貴分から命じられ強姦したことから始まった、大滝組のインテリヤクザ・田辺恂二とマル暴デカ・三宅大輔の関係。情報源のヤクザと刑事…という利害関係はいつしか崩れ、いまでは恋人同士となったふたりだが…。自分のせいで大輔が傷つくことを懸念した田辺は大滝組を脱退し、組長のひとり息子でありながらカタギの投資家・悠護のもとへ行くことを決めた。一方、そのことをまだ知らない大輔は、逆に田辺を守ろうと自分が警察を辞めることを考えていた。最終結論を出すために田辺と旅に出た大輔。行く先は別れた嫁・倫子のところだった。四年前、クスリに溺れ破滅寸前だった倫子も再婚し、一児の母となっている。その暮らしぶりを確認してけじめをつけたい…そう考えた大輔だったが…。大輔と田辺――ふたりが下した決断とは果たして…? シリーズ第二部終了!

表題作刑事に決め手のプロポーズ

田辺恂二:インテリヤクザ
三宅大輔:組織犯罪対策課の刑事

レビュー投稿数1

あらたな展開への序章

このシリーズ大好きです。
今作も良かった!
本当に先までよく練られたストーリーだと思います。

今回は、まるで「賢者の贈り物」のような話で、
大輔のために足抜けする田辺と、
田辺のために刑事をやめようとする大輔。
お互いの思惑は知らないまま、
それぞれがお互いを思い、守るために行動します。


倫子に会いに行き、けじめをつけようとする大輔と、
それに同行する田辺。 
しかし、大輔は朝から不機嫌で……

倫子の子どもと接するうち、
子どもが欲しいくなった時に自分が側にいるのは……と悩む大輔。
一方で、田辺は逆のことを考えていて……

本当にこの二人、お互いのことしか考えていません。
そういうところが男らしくもあり、
キュンとするところでもあります。

大輔の不機嫌さの理由は何かと思ったら、
田辺にプロポーズしようとする大輔の緊張からくるものでした^^;
なんて可愛い!

大輔のプロポーズは思いの外カッコよくて、
給料三ヶ月分のエンゲージリングもうらやま〜

そこで、ついに足抜けすることを明かす田辺は、
大輔に仕事を辞めないように言い聞かせます。
悠護の下につく事になった田辺にとって、
大輔が刑事だということは、
大きなメリットになるというのです。
そして、抜けたあとの岩下や佐和紀への牽制のためにも……

ヤクザの足抜けって、やめたら終わりじゃないんですね……
足を洗っても、完全にその世界から抜け出すことはできない。
ヤクザの怖さを感じさせられました。

悠護のしたについた田辺がどうなるのか?
岩下と佐和紀の動向は?
大輔の先輩・西島の思惑とは?

……などなど、まだまだ長いシリーズになりそうです。

それにしても、二人のお互いへの愛情は今回も深かった。
田辺が大輔以外には冷たいところは最高だし、
今が一番幸せだという大輔にも萌えました。

次回作も楽しみにしています‼︎


2

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う