仁義なき嫁 情愛編

jinginaki yome

仁義なき嫁 情愛編
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×23
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
37
評価数
8
平均
4.6 / 5
神率
62.5%
著者
高月紅葉 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
猫柳ゆめこ 
媒体
小説
出版社
三交社
レーベル
ラルーナ文庫
発売日
ISBN
9784879198877

あらすじ

こおろぎ組の佐和紀が組長の入院費を工面するため、大滝組若頭補佐の周平に男ながらに『嫁入り』してからまもなく一年。
それぞれの組の思惑が絡んだ茶番のはずが二人して恋に落ち、季節がぐるっと廻ってしまった。
そんなある日、こおろぎ組の松浦組長から「そろそろ戻ってこい」と言われ、佐和紀は爆発寸前に……。
実の父同然の松浦と組を捨て周平と暮らすか、それとも別れて古巣に戻るのか――佐和紀は決断を迫られ……。

表題作仁義なき嫁 情愛編

岩下周平,暴力団若頭補佐で佐和紀を娶った男
新条佐和紀,元こおろぎ組の狂犬。組長の為に花嫁となる。

レビュー投稿数1

シリーズ五冊目!

スカッとしたり、萌えたり、毎回読後気持ち良く浸れるシリーズなんですが……情愛編はモヤモヤ感残りました〜(*_*)⁂°.・。

もう誰も彼も、本音と建前が入り混じって誰の言ってる事が本当?どれが本当の気持ち?
みんな何かに溺れてて苦しい!溺れる先は例えば、佐和紀だったり、佐和紀だったり、佐和紀だったり……。人により思惑の違いはあるけれど、みんな周平から佐和紀を取り返したい。

個人的に、いつもどこかキメきれない岡崎(若頭)は、やっぱり憎めず好きなキャラ(^-^)

周平×佐和紀は、お互いに惑溺、耽溺という感じで、心体共に溺れるだけじゃなくて溺れて沈むのも厭わぬ様子。どうしてそう刹那的な方向へ向かうのか。
まぁ、周平も佐和紀もあんな人です。タダで転ぶ事のない腹黒さが周平にはあり、強さが佐和紀にはある。だからきっと大丈夫。

次巻でスッキリするそうです。
早く読まねば。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う