仁義なき嫁3 〜旅情編〜 【新装版】

jinginaki yome

仁義なき嫁3 〜旅情編〜 【新装版】
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神9
  • 萌×22
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
59
評価数
13
平均
4.5 / 5
神率
69.2%
著者
高月紅葉 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
中田恵 
媒体
小説
出版社
ネットワーク出版
レーベル
スイート蜜ラブBL文庫
電子発売日
ISBN

あらすじ

「よくなかったら、こんな状態になるか」
 こおろぎ組存続のために大滝組若頭補佐・岩下周平に嫁入りした佐和紀は、平穏な日常を過ごしていたが、京都の組からの誘いを受けて京都旅行へ出かけることに。
 お披露目で女装することに疑問を抱く佐和紀は、姉嫁の京子から裏の理由を耳打ちされる。それは周平の過去の恋、過去の傷に関わることだった。恋とは何なのか、そして自分の気持ちも本当に恋なのか。迷いの中で周平にとって価値のある人間になりたいと願う佐和紀は、周平が立場上受けて立つことの出来ないケンカを、成り行きで代わりに受けることになるが……。チンピラ佐和紀の腕力を使わない、嫁らしいケジメのつけ方とは!?
 今回は二人の視点で進行するややシリアスめのストーリー(但し、旦那の欲望炸裂エッチ含む)。
 色事師ヤクザ×美人チンピラの第三弾、旅情編。人気シリーズ、装いも新たに! 書き下ろしSS『夜祭り』も新規収録。

表題作仁義なき嫁3 〜旅情編〜 【新装版】

岩下周平,大滝組若頭補佐で佐和紀を娶った男
新条佐和紀,元こおろぎ組の狂犬で周平の元へ嫁いた男嫁

その他の収録作品

  • 夜祭り

レビュー投稿数2

京都編は媚●で。。。

シリーズ3作目は京都編。
周平をこの道に落とした女性が登場。2作目はオトコだったが今回は女。相変わらず旦那の男女関係にふりまわされる佐和紀でした。

そのくせ者の女性にだまされ、お薬を仕込まれてしまう佐和紀。しかし、周平の体に絵を描いた彫り師によって助けられる。逆にその彫り師が拉致されるも、恩返しとばかりにバットを持って奪還に行く佐和紀。今回はタンカをきるだけでなく大立回りでした。しかし前作ほどのチンピラっぽさはなく、やや好感度アップ。

これまでは嫁として地位を築くまでの課程だったが、嫁の座が安定してきて、二人の関係に視点が定まってきた感じ。自分を抑制することをよしとする周平と、純情すぎるチンピラ、佐和紀。
二人のエロは、今回お薬を仕込まれて大進展、なのかな。。

乙女のように悩みながらも気っ風がよく江戸っ子の佐和紀がいいですね。
この作品は受けのキャラが独特。
そして抑制の効いた周平の心をのぞきたくてついつい続編を手に取ってしまう。

1

濃い!ヤクザ味とエロ味で胃もたれしそう。

濃いですね〜。
ヤクザ度とエロ度が強かったです。

周平の過去と元カノと因縁と。京都には魔物がいるらしい。

結婚して5ヶ月、京都の関連組織に顔見せに行く周平と佐和紀と石垣。
しかしそこには色んな思惑があって…。

今回は二人のヤクザぶりやエッチ度が詳しく書かれていました。

前作でも思ったのですが、同じメンバーの間で懸想したり、煽ったり、ほのめかしたり…、場所をわきまえず致したり、そろそろもうよくないですか?
萌えないというか苦手です。なら読むななんですが、読んじゃうんですよね。

キャラも良いし、生き方もこれまでが最後の恋の伏線だったりとか。周りの人達に身につけさせてもらったこととか。

本当に濃い内容だったんですが、ずっと言いたかったのは、「普通のセックスじゃダメなんですか?」です。
どうも周平が満足できないみたいですね。これからは佐和紀一筋なので仕込まれていくんでしょうねえ。佐和紀もやっと恥ずかしくて無理ってのがなくなってきたかな?
次作からは佐和紀もお仕事させてもらえそうですね。

どうしようまだあと4~5冊まとめ買いしちゃった。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う