刑事に甘やかしの邪恋

keiji ni amayakashi no jaren

刑事に甘やかしの邪恋
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神13
  • 萌×25
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

140

レビュー数
3
得点
91
評価数
22
平均
4.2 / 5
神率
59.1%
著者
高月紅葉 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
小山田あみ 
媒体
小説
出版社
三交社
レーベル
ラルーナ文庫
発売日
価格
¥700(税抜)  ¥756(税込)
ISBN
9784879199690

あらすじ

県警の組織犯罪対策課・通称マル暴の無鉄砲刑事、三宅大輔はひょんなことから情報源であるインテリヤクザ、
田辺に犯されるハメに…。大滝組の資金源の一端を担う田辺は、
主婦層相手の株式詐欺をシノギにしているイケメン。初めは、犬に噛まれた…くらいの関係だったのに、
組の情報と交換に田辺から身体を要求されているうち、いつしかどっぷりと深みにハマってしまった大輔。
田辺と二人、温泉旅行にまで行くようになり…。

表題作刑事に甘やかしの邪恋

田辺、情報源であるインテリヤクザ、27
三宅大輔、組織犯罪対策課の無鉄砲刑事、28

その他の収録作品

  • インテリヤクザと甘い代償
  • baby step(書き下ろし)
  • そして今夜、恋を(書き下ろし)
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数3

二人の会話がコントなみに笑えたりするので

で、インテリヤクザの意外な程の受けへの甘やかしっぷりが楽しかったりします。
甘やかされてる当の本人は分かってないけどね!!

こちら新シリーズでヤクザと刑事ものになります。
『仁義なき嫁』と世界観を同じくする作品で、そちらは未読。
『仁義なき~』のキャラが結構重要な役どころで出ては来ますが、そこまで腑に落ちないと言うことは無く読めました。

ところで、小山田あみ先生のポップな表紙イラストが素敵なんですけど、ディテールにまでとても凝ってるんですよ。
地味な覆面車両で、ちゃんと道路標識を守って通行してきた大輔(刑事)。
対して、派手な高級車で一方通行を逆走してきた田辺(インテリヤクザ)。
で、互いに「譲らねーぞ」的に腕を組んでの睨み合い。
これ、めちゃくちゃ二人の関係を的確に表してるから!
小さすぎて二人の表情が良く分からないけど、絶対大輔はしかめっ面で、田辺は薄ら笑いなんかを浮かべてるハズだから!! 多分ですけど。


内容ですが、インテリヤクザ×無鉄砲なマル暴刑事によるジレジレの身体先行ラブです。
わりとシリアスな部分もあったりしますが、二人の会話がコントなみに笑えたりもするので、ラブコメの分類でいいと思うのですが。

組織犯罪対策課の刑事・大輔。
ひょんな事から情報源であるインテリヤクザ・田辺に犯されるハメに。
最初は組の情報と交換にイヤイヤ寝ていたのに、いつしか田辺との関係を心地良く感じるようになりー・・・と言うものです。

既に電子で配信されている『インテリヤクザと甘い代償』と『刑事に甘やかしの邪恋』に加筆修正。
更に『baby step』・『そして今夜、恋を』の書き下ろし短編2作を加えて一冊にまとめたものになります。

実は作者さんの他作品を、つい一昨日に読んだばかりでして。
それがあまりに好みだった上、今作も元々好きな設定で気になってたので購入したんですよね。
で、面白かったのです。

内容自体は中編が2作+短編2作なので、印象としてはまだまだ序章と言った所。
薬を盛られて前後不覚になってる大輔を、田辺が犯してと言うのが始まりなんですよね。
個人的にこの、受けが気付いたら既にエッチの真っ最中と言うのが大好きだったりするのです。
また、強姦同然の目に遭ってる大輔の反応が最高でして!!
何だろう・・・。
彼は超強気な上に、何だかズレてる反応が面白いんですよね。
気が付いて一番に言う台詞が「てっ、め・・・。灰が落ちるだろうが!」ですから。(田辺がタバコを吸いながらヤってた)
で、サイドテーブルをバンバン叩きながら「遠慮しろ!ちょっとは遠慮しろよ!」みたいな。
おかげで強姦されてるのに、悲壮感どころかプッとなってしまう・・・。

で、ここから組の情報と交換で身体を要求されるようになる大輔。

二人の会話なんかが面白いのです。
大輔がですね、たとえエッチの最中だろうと、絶対に強気な態度を崩さないんですね。
で、悪態をつきまくりの大輔に対して、からかいまじりながら怖い事を言う田辺。「逃げられないよ、あんた」みたいな。
彼の言ってる事は甘いんですよ。
甘いんだけど、時々ゾッとするほどの執着を感じてゾクゾクしてしまう。
あと単純に、「ほら、あんよを持って」とかいいように大輔をおちょくってるのが笑える。

で、この後、徐々に田辺の本心なんかが分かるのですが、実はこう見えて結構健気だったりするんですよね。
大輔を守るために危ない橋をわたったりもする。
まぁ、自分で「こんな酷い目に遭ってかわいそう」アピールをして、大輔の同情をひいたりするのが如何にもしたたかで彼らしいんですけど。
そして、絆されてく大輔がチョロいよ!!てなもんですけど。

とりあえず、そんな感じの絆され受けと、飄々としてるのに意外と一途な執着攻めが楽しい作品になります。
あと、如何にもヤクザて感じのエピソードなんかもご注目。

注意点ですが、実は大輔が妻帯者です。大輔の刑事と言う忙しすぎる職業柄、関係はとっくに破綻してるのですが。
この設定自体が上手い事生かされてて、個人的には萌える要素だったんですけど。
気になる方はご注意下さい。

6

宝物のような作品。

このシリーズ、電子版で、もう何十回も読んでます。
でも、飽きない、何度読んでも、胸がキュンとなる、、、
そんな大好きな作品です。

今回、紙の本になって、ステキなイラストがついて、
もう、また、初めて読むような気持で読めてしまう。。。
特に『インテリヤクザと甘い代償』は、
電子版より、読みやすく、分かりやすくなってます。

2本のSSも、本当に良かった。
田辺、大好きな私は、大輔が田辺に惚れて行くのは、
すごく理解できるんだけど、
田辺が何故、大輔に惚れるのか、固執するのかが、分からなかったんだけど、
このSSで、何となく理解できました。

『強がっているのに、それに気づかないで虚勢を張る人間に弱い。。』
きっと、田辺は、誰よりも強がって、虚勢を張ってるんだろうなって。。。
田辺の悲しさに触れたような気持ちなりました。

本当に大好きな作品です。
同じイラストで、続きも、一日も早く、読みたいです。

4

続編も文庫化してほしい

好みの設定だなーと軽い気持ちで読み始め、あっという間にハマりました。
仁義なき嫁シリーズは未読でしたが特に問題なく読めました。

他の方もおっしゃっていますが、大輔と田辺の会話がテンポも良くて面白いです。目覚めたら突っ込まれてたという状況で「灰が落ちるだろうが!」と言っちゃう大輔に冒頭から笑わせてもらいました。
お父さんも警察官だった大輔は、組対の中で若手として隙を見せればつけ込んでくるようなヤクザを相手にがむしゃらに頑張ってきたんですが、その反面、奥さんとの関係は破綻してしまっています。大輔は仕事を全うし家庭を持つのが男の責任だと思ってる人で、自分の弱さや孤独には気付いてないようなところがあります。
一本気で真面目だけど不器用で鈍感なんですよね。私は大輔のそういうところがもどかしくもありつつ、好きだなと思いました。

インテリヤクザ×刑事という設定ですが、攻めの田辺が組織の幹部とかではなく、上には組長やら兄貴分がいるヒラ(と言ってもいいのかわかりませんが)の構成員というのも良かったです。
田辺は投資詐欺でシノギをあげてるだけあって口も上手いし飄々としてるんですけど、そんな田辺が一本気で不器用な大輔に、からかいの中に本気を潜ませるようになっていくのがたまらないなぁと思いました。
上には絶対的な存在がいて、それでも守りたいものがあって、大輔をその強がりごと抱き寄せたいと思ってる田辺が切なかったです。
田辺の組織内でのポジションも、私は萌える要素になりました。

この一冊で物語は完結ではなく、続きが電子配信されているので出来ればそちらも文庫化してくれたらなー。
この本ではまだ大輔は自分の田辺への気持ちを定められないでいます。田辺はもう腹括ってるんですけどね。この先の二人もイラストと共に紙のページをめくって読みたいです。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ