キスぐらいさせてください

  • 紙書籍【PR】

あらすじ

大滝組若頭補佐・岩下周平の『カバン持ち』こと岡村。
朴訥としたこの男が岩下の嫁、佐和紀の世話係を務めて二年が経った。
見た目の清楚さを裏切る『狂犬』佐和紀への想いは、いつしか抜き差しならぬところまで来ていて…。
そんなある日、海と船が見たいと漏らした佐和紀の言葉に乗る形で二人は広島・呉へと突発旅行。
ドMで行儀のいい犬、岡村がまさかの豹変!?
暴走する横恋慕の行方は…?

作品情報

作品名
仁義なき嫁 片恋番外地
著者
高月紅葉 
イラスト
高峰顕 
媒体
小説
出版社
三交社
レーベル
ラルーナ文庫
シリーズ
仁義なき嫁
発売日
ISBN
9784879199997
4.7

(12)

(10)

萌々

(1)

(1)

中立

(0)

趣味じゃない

(0)

レビュー数
2
得点
57
評価数
12
平均
4.7 / 5
神率
83.3%

レビュー投稿数2

シリーズ十冊目!/第二部・第四巻

萌え転がった今回の本編は、なんと岡村(舎弟)視点。
くすぶり続けていた岡村の佐和紀への想いをメインにお話が進みました(´⊙ω⊙`)♡
番外編らしいのですが、仁嫁の本編に関わる事象もあるとの事で文庫化されたそうです。嬉しい。
書き下ろしは周平視点の、萌え萌えエロエロなショート。

普段は先にレビュー読まないようにするのですが、今回チラッと目に入っちゃいました。そして、激しく同意。私も岡村の盗聴ワンダホー!となりました!笑
周平と佐和紀のえろシーンを盗聴している岡村にうっかり激萌えしてしまい、どんどん自分が危ない方に向かっている気がしないでもない。

佐和紀の憂さ晴らしにと、広島呉行きを提案した岡村。日帰りのつもりが、まさかのふたりきりでのお泊まり展開。
このチャンスを逃したくないという我欲に負けそうになったり、佐和紀の期待に応えたいと思うのに、いっそ嫌われたら楽だと思ったり。
岡村の揺れ動く気持ちに、佐和紀のすべてを好きだと思う岡村の気持ちに、やっぱり読者は同情を禁じ得ないと思う。
佐和紀に「おまえは、中学生か」と笑われていたのですが、岡村、佐和紀とキス1つするだけに必死になってて、なんともかわいいやら切ないやら。
感情は岡村びいきになりつつも、一線を越えない二人の関係が好き。

佐和紀念願の舎弟3人と露天風呂に入るシーンが今回出てきました。
それぞれの行動がかわいく微笑ましかったです。岡村の下半身事情は、やっぱりね…なんですけどm(_ _)m

「刑事に」シリーズの攻めさま、田辺の登場にテンション上がりました。(刑事にシリーズ読んでいなくても大丈夫です。作中とあとがきの説明で田辺のことはだいたい分かるかと思います)

刑事にシリーズの時にも思ったのですが、今回、岡村視点の周平を見て、そういえばこんな怖い人だったなぁと思い出しました。
最近ずっと佐和紀に接するメロメロな周平ばかりみていたから余計に。
まぁ田辺に接する周平が一番怖いので、岡村って本当周平に可愛がられているんだなとも思うのですが。高月先生の書き分けが凄いですよね。さすがです。

星花(情報屋/周平の元遊び相手)という、とびきりの美丈夫に誘われても気にも留めず、むしろ不快気な周平の姿に、うんうん、良いぞ。
星花が佐和紀に接触した時に、ネクタイを結ぶのも忘れて駆けつける姿には、どんだけ佐和紀のこと大切なの〜と悶えました!!(//∇//)
岡村萌え巻ではありますが、萌えを語るうえでこのシリーズでは周平は外せませんね。


最後に。
岡村もひとまず、想いの落としどころを見つけました。
これからも岡村の気持ちは変わらず、静かに燃え続けると思うのですが……意図せずの、事故で良いから、佐和紀と一回キスさせてあげて欲しい。笑

5

今回の主役はシンさん

番外編という事で人妻佐和紀へ絶賛横恋慕中、ドMのシンが主役です。なんと表紙も3ショット。冒頭から周平と佐和紀のカーセックスをシンが盗聴するというワンダホーなシーンが(笑)挿し絵も素敵。

色々思い詰めたシンがなんと佐和紀と2人きりで広島まで旅行に行ってしまいます。さあどうなる?!シンの命は?まあ結果はドMのシンだからねー…という所です。でもシンの佐和紀へ対する気持ちを知った上で佐和紀や周平のとる態度って残酷であまり好きではない。

このカップルは色んな意味でスーパースターすぎるしモテすぎる。だから佐和紀の人たらしぶりに大分やられてても性的には興奮しないから一緒に風呂に入れるであろう支倉さんが好き。支倉さんも夫婦生活を盗撮してるらしいけど絶対佐和紀じゃなくて周平目当てだと思う。

そしてとうとう本編より大好きカプの「刑事に×××」シリーズの攻め・田辺が仁嫁文庫シリーズに初登場!シンとの気を許してる自然体な友人関係に萌えた。2人共いい男!でも大輔の話になるとガードの堅い田辺にまた萌える。側にいなくても「大輔さんは俺が守る!」っていうスパダリ精神?が垣間見れて嬉しい限りです。シンも佐和紀じゃなくてもこんな素敵な恋が…できるといいんだけどね。体も心も満たしてくれる人が。

4

マンスリーレビューランキング(小説)一覧を見る>>

PAGE TOP