ちょこっとリアルな出版業界ラブ☆第15巻登場!

世界一初恋 ~小野寺律の場合(15)~

sekaiichi hatsukoi onodera ritsu no baai

世界一初恋 ~小野寺律の場合(15)~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神24
  • 萌×213
  • 萌5
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
11
得点
189
評価数
45
平均
4.3 / 5
神率
53.3%
著者
中村春菊 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA
レーベル
あすかコミックスCL-DX
シリーズ
世界一初恋
発売日
価格
¥640(税抜)  
ISBN
9784041094785

あらすじ

「体だけの関係の方が割り切れるだろ」と言われ、高野に一線を引かれてしまった律。普通の上司と部下として接してくる高野に悩む律は、ついに決意をするが――。

表題作世界一初恋 ~小野寺律の場合(15)~

高野政宗,丸川書店少女漫画雑誌の敏腕編集長
小野寺律,小野寺出版社御曹司丸川書店少女漫画編集者

同時収録作品木佐翔太の場合

雪名皇,イケメン美大生で書店の名物アルバイト
木佐翔太,丸川書店少女漫画雑誌の年齢不詳な編集

同時収録作品横澤隆史の場合

桐嶋禅,漫画雑誌「ジャプン」編集長
横澤隆史,丸川書店営業部

その他の収録作品

  • 小野寺律の場合 No.29.5(描き下ろし)
  • カバー下漫画

レビュー投稿数11

このまま前に動き出してくれ~~!!

特装版購入です。

本の厚み的には薄いんですが……
なんかもぅッッッ
なんかもぅッッッ
なんかもぅ~~~~~~+゚。*(;///;)*。゚+

え?なにこれ。すっごい。すっごいよ。
めっっちゃ萌えた。いよいよですか?(ゴクリ)

これは起承転結でいう「転」になるのかな?
毎巻お決まりのカウントダウンが消えました。
1話目が「小野寺律の場合」
2話目が「高野政宗の場合」
と、それぞれの視点でストーリー展開し
ラストページの2人のモノローグを並べるとキュンキュンMAX…!!!

すっごい良かった…すっごいの…すっごい…。

雪木佐の進展ぶりもニヤニヤしちゃいます♡
他、桐横CPのショートも収録されていました。


◆小野寺律の場合

14巻は恒例となる茶化した終わりがなく、
高野さんの表情が掴めないまま切なさが残りました。

気まずさをかかえたまま出勤すると高野さんはごく普通。
ただの「上司」「部下」として接してくるのですね。

なんかね、これ悲しいです。
まるで見えない壁があるような、空気になってしまったような感覚。
高野さんの目に律っちゃんが映っていないようで泣きたい気持ちになる。

これには律っちゃんもダメージくらっててですね。
ちゃんと話さないと、謝らないと、気持ちを伝えないとって。
も~~~心臓キューーーって痛かった。

「それでも俺はアナタに好きですと伝えたい」(帯より)

うんそうだね。大事なことだよ。
ガンバレ!!律っちゃん!!!(;///;)

◆高野政宗の場合

高野さん視点って…
い、息切れするね(∩´///`∩)ハァハァハァ…

律っちゃんと出会った時。
瞳からは高野さんへの想いが溢れていて、
そこで愛される喜びを知ってしまったんですね。

律っちゃんが消えて荒れてた頃。
早く、早く、早く忘れたいと願いながら
律っちゃんの溶ける瞳が焼き付いて焦がれて。

過去と交錯しながら「今」の高野さんの想いがギュッと濃縮されています。
律っちゃんの瞳と高野さんの家の鍵がキーアイテムになってて、
キューーーーってくるのですよ!!!!心臓痛い。

律っちゃんに振り回されて何度も何度も傷ついて。
『俺に期待させてしまう、お前はずるい』のモノローグはもぅもぅ…。
ああああ痛い…(;ω;)萌えシンドイ…。

このまま「上司と部下」で距離を置くべきか、
律っちゃんに期待してしまう気持ちを信じるのかーーー。


律っちゃんも高野さんも昔のこととか全部取っ払って
シンプルな答えを出すラストページにグッときました。
恒例カウントダウンも茶化しも一切無し!!!
長かった膠着状態から動き出す瞬間ですかね…?(∩´///`∩)

あと余談なんですが。
今回はこんな状況なのでエロがない…かと思いきや。
律っちゃんが高野さんを想って072するし、
高野さんはセックスを反芻するシーンがあって、
どちらも妙にエロかったです/////

◆木佐翔太の場合

同じ所をグルグルしている高律に対し、
こちらは確実に歩みを進めていて今回もまた1歩近づきました♡

雪名が女の子に…なんてシーンに出くわしても
以前のようなウジウジモードに入る木佐さんはもういません。

木佐さんが素直な気持ちを伝えて、
雪名は話して貰えて嬉しいと応える。
キチンと対話して誤解が起きる前に確かめ合えるカップルって良きですね///

今回のお話は木佐さんのバースデー!
雪名が用意したプレゼントは「俺」www
さすが雪名皇や…。さまになるっていうか雪名にしか言えないセリフやん…。

というわけで「俺」をプレゼントするために
とっておきサプライズが用意されていました♡
雪木佐はラブラブご馳走様です+゚。*(*人´∀`*)*。゚+
(高律が切ないモードなので甘々摂取♡)

◆横澤隆史の場合

12Pのショート番外編。
高律の「桜」繋がりで、こちらもお花見のお話でした。
横澤さんにとって桜が前向きなものになって良かったです(﹡´◡`﹡ )

ちなみに。
特装版の小冊子は3CPのデートが見られました。
高律はトキメキ担当♡
とりちあはほのぼの担当?
雪木佐はアダルト担当www
ほぁ~~~大ッ満足+゚。*(*´∀`*)*。゚+

2

あとすこし

あぁ、もどかしい(´;ω;`)ウッ…
もう少し、もう少しとおってきて
ようやくカウントダウンが外れましたね。

ここまでじょうずにすれ違っていた、
掛け違えていたものを元通りにかけなおしてほしい。

口では抵抗するのに
身体は素直に受け入れ求めてくる。
そこがなんだかとても真意な気がしてきた。
お互いにお互いを想う気持ち。

始めて出会ったとき
始めて言葉を交わしたとき
はじめて・・・
ところどころに散りばめられた「初恋」
そこがなんとも胸を締め付けるのです。
あと一歩、あと一歩

1

やっぱり大好き

ずっと待っていた世界一初恋の15巻!ついに、、!
内容は切ないキュンキュンでまたまた最高でした、、人によっては物語を長引かせすぎなど言ってる方もいるそうですが私は現実味があって好きです。好きなんてましてや同性で社会人で。。気持ちに任せてすぐ言えるわけでもなく、、ずっと学生から思いあっている2人、、すれ違いして絡まっての繰り返しで見てるこっちが切なくなります。。
こんなにキュンキュンするBLは初めてです。
16巻を楽しみにお待ちしております。

0

ようやくここまできたか。

いやー、やっとという感想しかないですね。
ページを開いてしばらくして、『ん?前ってどんな所で終わったんだったかな?』と前巻を引っ張り出してきましたよー。
セカコイはカップルで三本立てだから高×律を推している私にとっては本当に本当に長い道のりを経ての15巻なのです。
同時進行はもう脳みそがついて行かないのよね。だから今回も買うかどうしようか迷いに迷っての購入でした。

しかし、春菊先生!えちシーンがけしからんことになってるじゃないですか!!!それにはびっくりしましたよねマジで!!!

終わって欲しくないけど、このままズルズルまたすれ違いとかなってくるとさすがにもう付いて行けなくなってしまうなぁとか、思うの。
全カプ推しの方には申し訳ありませんが
なぜなら私は高×律が最推しだから!!!

脱落しないうちに完結を望みます。


3

桜の思い出

うーん?
あんまり進展してないよ。
律っちゃんの気持ち的には少し前向きになったと思います。
ちゃんと高野さんの事が好きだって自覚したし、高野さんを想って風呂場で一人……ふふ。

小野寺律の場合2話、草野政宗の場合1話、木佐翔太の場合1話、横澤隆史の場合1話という構成。

肝心の高野×律が少ないよ。読み足りない。
正直、サイドストーリーはいらないんだよね。
小説でやってくれ!
実際、桐嶋×横澤とカバー下の羽鳥×吉野は、小説読んでないと関係性分からないですよね。


今回、りっちゃんは常に風邪っぴき^^;
高野さんに一線引かれて、今度は寂しくなっちゃってる。
押してダメなら引いてみな!の定説が効いてます。
ただ、風邪で寝込んでるから高野さんとの直接対決?は次に持ち越しです。
りっちゃん素直になるの?と思ったら、「お前俺のこと好きなの?」って言われて、また強がっちゃう。
もうそろそろデレて欲しいよ〜
 

個人的萌えは、高野さん目線の話。
期待しない律を好きになった高野さん。
なのに、今ではりっちゃんに自分が期待してるんだね。
それが、本当に好きってことなんだろうな。
好きだから好きになってほしいんだよね。だから期待する。
振り回してるようで振り回されてるのは高野さんの方なんだよ。

早くラブラブな二人が見たいよ。
Hはなしで、りっちゃんのソロプレイと高野さんの思い出しHだけでした。


木佐と雪名はラブラブだわ。
このラブ、ちょっとでいいからメインカップルに分けてあげて〜
木佐の誕生日をサプライズで祝う、可愛いお話でした^^

桐嶋×横澤は、二人でお花見です。
過保護な桐嶋を上手く宥めて受け止めてるなぁ。
横澤好きだわ♡


なんだかんだ、早く続きが読みたい。
私の中の攻め様No. 1は、永遠に高野さんです♡

1

やっとか、律っちゃん‼️

今回は雪名くんと木佐さんで一話、そして横澤さんと桐嶋さんの短編が一つ、そして高律両方の視点でのお話が掲載されていました。

先の二組に関しては「もう何も言うことはないよ」ってぐらい甘々だし、至って順調なんですけどね。

高律組の方は・・・・・まあ結論から言うと、前巻からあんまり進んでいません。
高野さんは相変わらず誤解したままだし、お互いにキチンと話し合いすらできていない状態が続いています。

ただ気持ちの面に関しては、二人ともにちゃんと動きがあったように思いました。

まず律っちゃんの方は、高野さんに距離を置かれてしまった事で、「仕事だけの付き合いなんか本当は望んでいなかった」という気持ちをハッキリと自覚します。
そして、もう高野さんを傷つけないためにも、きちんと誤解を解いて、自分の気持ちを伝えようと決意するに至ります。

正直「ここまで長かったなぁ」と思ってしまいましたが、やっと律っちゃんが頭で考え過ぎる事をやめて、勇気を出そうとしてくれているのは、素直に嬉しかったです。

そして高野さんの方は、先の誤解だけでなく、律っちゃんに心を許されている清宮くんの存在もあり、一時は「もう諦めた方がいいのだろうか」という気持ちになりかけてしまいます。

しかし、熱を出した律っちゃんの言葉と、自分が渡した鍵の件もあり、やはり希望と期待を捨てきれず。
さらに、出社してきた律っちゃんとの会話の中で、昔と重なる真っ赤な顔を見て、やっぱり律っちゃんがほしいのだ、という結論に達していました。

あと、昔どうして律っちゃんと付き合おうと思ったのかについても、今回出てきていたのですが。
律っちゃんが与えてくれた、見返りを求めない無条件の愛情こそ、当時の高野さんが一番求めていたものだったから、という事が大きかったみたいですね。

そういえば6巻でも「本気ではないけど、冗談でもない」ということを言っていましたし、無意識ではあったんでしょうけど、その時点で既に律っちゃんに惹かれていたのかもしれないですね。
そんな高野さんの気持ちを知って、ますます切なくなりました。

ただこの二人の場合、昔の事だけではなく、お互いの不安について、ちゃんと話ができてないような印象があったんですよね。
律っちゃんはずっと意地を張っていたし、高野さんは律っちゃんの話を最後まで聞かずに、すぐがっついちゃってましたから。

そして今回の場合も、早とちりと言葉足らずが間違いなくすれ違いの原因ですしね。
なので、次こそはお互いにきちんと話ができればいいなと思いました。

そして、色々と掻き乱してくれた清宮くんですが。
律っちゃんへの好意だけでなく、純粋に心配しているのもあってか、高野さんに色々と言っていましたね。
ここら辺はやり方は違えど、昔の横澤さんと重なりました。

まあ正直、これ以上邪魔しないで欲しいなとは思いましたけど、二人の関係をきちんと進めるためには、やはり必要な存在だとは思うんですよね。
なので、律っちゃんには高野さんだけでなく、清宮くんともきちんと話をしてほしいです。
まぁ、告白をハッキリ断ってほしいというのが一番ですが。

1

やっと本当のリ・スタート

本シリーズは大手出版社少女漫画編集部の編集部長と
転職で攻様の編集部に配属された編集者のお話です。

主カプは受様視点、攻様視点でこれからのお互いの関係を模索する展開、
書店員×編集者カプ、編集長×営業マンカプ、受様の過去の小話を収録。

受様はイギリスで攻様への消せない想いを抱えて悶々としていた時を支え
てくれた友人と再会し、今も昔も受様を苦しめる攻様よりも自分と恋を
しようと告白されます。

友人は攻様に攻撃的で、攻様もまた受様に近しい友人いとの関係に嫉妬し
受様を傷つける行動に出てしまいます。そして攻様は受様の望んだ通りに
上司と部下という仕事仲間という立場で、受様と私的な関りを取らなくな
ります。

攻様のそんな行動は受様が攻様を忘れるなんてできない事、自身が本当
に望んでいる事とは何なのかを思い知らせるのです。

そして攻様もまた再会した受様との恋に思い悩みます。受様の言葉と態度
はいつも裏腹で、期待して近づけば逃げられる関係に距離をとりますが、
受様への想いを断ち切れません。

攻様は改めて攻様と向き合おうとする受様に昔と同じ言葉を向ける事に
なるのです♪

お前 俺の事好きなの

真っ赤な顔をした受様に攻様は・・・

雑誌掲載作2話に描き下ろし1話を収録した『世界一初恋』シリーズ
15巻になります。

季刊誌掲載なのでまとまるまで時間がかかるのに、今回収録話数が少なく
て薄い!! 特装版で小冊子付をGETしましたが、小冊子を合わせてもいつも
のコミックスより薄くて軽くショックを受けつつ、読み始めました。

カウントダウンも前巻から進んでいない・・・というか、2人それぞれが前巻
からのダメージを引きずってのスタートとなります。

しかし同僚としての関係のみを願われてリ・スタートした攻様も、私的な
関係を断ちたいと願った受様も、お互いに対する想いを断ち切れません。

受様が攻様への恋をやっと自覚するに至り、攻様も新たな気持ちで受様に
対するところでの幕引きでは消化不良すぎですぅ·°(৹˃ᗝ˂৹)°·

ただやっと"完"が見えてきたのでそういう意味では萌えた1冊でした♡

気になって雑誌前号をひっくり返しましたが続きで終わっても微妙さは
変らず、今号は本カプじゃなかったです。まぁ、セカハツ本カプは今まで
もどこで切っても気になる展開でしたので、それはもう定番で仕方がない
かな。

美大生×編集者カプは院生となった美大生が新たなステップに踏み出し、
編集長×営業マンカプも娘の成長を喜ばびながらも悶々とする編集長が
楽しいお話です。こちらの2カプは順調に進展してます。

今回のカバー下は編集者×漫画家カプの小話です。締め切りに追われる
漫画家の日常と変わらない関係と定番のオチまでセットで笑えます♪

1

焦ったい15冊目

単行本が発売されると必ず購入するのですが、雑誌でも読んでいるので話の進み方の差を忘れてて??ってなりました。

15巻長いですよね…
でもこの先を知っているので新鮮な気持ちで読めました。

律の友達の尚が好きじゃないので、読んでてこのヤローって思いました。律が断ろうとする気配を感じると、サラリと躱して自分の都合の良い方に話の流れを誤魔化して来る奴が嫌いです。
当て馬にすらならない存在なのに、妙に上からの態度で高野を挑発してくる奴が嫌いです。

律のアワワってなって自分の気持ちが伝えられないままにお話が終わってしまうのは毎回残念に思いますが、これを世界一初恋様式美だと自分に言い聞かせて毎回読んでます。

木佐翔太の場合では雪名のキラキラ王子のモテ具合がお約束で毎回楽しんでます。
雪名が木佐を良く理解してて、不安にならないくらいに接してるのがとても好ましいと思いました。木佐の誕プレが近くに住むことだと目の前の一軒家に越して来るサプライズと、古くてあの声が外まで聞こえてたと大家に注意された木佐の顔が面白かった。

横澤隆史の場合は相手が大人なので、とても落ち着いた感じでした。
横澤さん良い人と巡り逢えて良かった良かった。




特装版の小冊子は社長がアミューズメントパークタワーとのコラボを決定したけど、中身を社員に丸投げした為に各編集部で市場調査をすることになったお話です。

編集部全員で行く筈が皆都合が悪くなって、高野と律が2人でデートのように施設をまわったお話。

羽鳥と徹夜明けの吉野がアシさん達から聞いて前から行きたかったと一緒に施設をまわったお話。

雪名が一緒に行きたいと言ったので、編集部と行くのを断った木佐編でした。


0

うん、

皇×木佐、桐島×横澤は仲睦まじくてよろしいので
高×律。

読み終わった第一声は全然進んでねええ!でした。
両片思いがこじれにこじれてます。
ずいぶんと前から自分の思いは分かってるのに全然進んでくれません。
りっちゃんは早く高野さんに好きって伝えてあげて欲しい。
高野さん思って一人でしちゃうくらいなのに、、

けど、高野さんが思い出していた学生時代にりっちゃんに告白されたときの顔と、最後の俺のこと好きなのと聞いた時の溶けそうなりっちゃんの顔が、同じなので全て悟ってくれ!という感じでした。
最後のコマの下半身だけ、表情もわかりませんが次でりっちゃんがちゃんと思いを伝えてくれて、できればらぶらぶえっちが見たいな、と思っています。

このモヤモヤを抱えたまま
また1年コミックの発売を待つ日々が始まりました。

3

世界一初恋(15)

高野と律の間に亀裂が…!という所での15巻。
高野はスッパリ切り替えたように、職場での態度は淡々としている。
一方律は、そんな高野に、え?え?本当に?とうろたえてる。
で、今更本心を伝えなきゃ、と焦る律。
ですが体調を崩してまたまた伝えるタイミングを失う。
は〜〜あ。
あのさ、手紙書けば?
直接顔合わせて口で言うのが、いっつもいっつもいっつもいっつもアワアワで言えない。
言えないなら文字にしてみたらいいんじゃないのかしら?
…なんてマジメに考えちゃいけないのよね。
それができたら15巻まで来ないわよね。

…と色々言いたい事はあれど、私は所詮この「世界一」に関して超にわか読者。
だからもう何も言いません。
多分「世界一」はこのグダグダがいいんだろうし、高野と律がどこまでも行き違いながらもアツく抱き合うのがいいのでしょう。
だからもう何も思わずに無になって読むよ。


「木佐翔太の場合」
木佐がすぐくよくよ考える事を知ってる癖に、またやきもきさせるような行動をとる雪名。
サプライズって諸刃の剣だと思う。結局は嬉しい結果でも、初めに不安や不信を与えるのってどうなんだろう?

「横澤隆史の場合」
お相手が子連れだという事がこれでもか!と強調されるね…
いくら横澤が日和の事大好きであっても、日和の事ばかり話すのは如何なものか、と私は思っちゃうけど。
ただ、お花見に対する記憶が自分自身の恋に上書きされたのは良かったです。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う