世界一初恋 ~小野寺律の場合(11)~

sekaiichi hatsukoi

世界一初恋 ~小野寺律の場合(11)~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神16
  • 萌×218
  • 萌23
  • 中立11
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
22
得点
232
評価数
74
平均
3.4 / 5
神率
21.6%
著者
中村春菊 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA
レーベル
あすかコミックスCL-DX
シリーズ
世界一初恋
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784041041543

あらすじ

出版社・丸川書店エメラルド編集部勤務の編集者・小野寺律の上司は、「初恋の人」でもある編集長の高野政宗。ある日、他社少年誌の編集長・灰谷とうっかりまた会うことになった律は、灰谷に付き合わないかと告白されてしまう。「小野寺君はお前のものじゃねーだろ」と灰谷に挑発され、不安定になる高野に、どうしても好きだと言い出すことが出来ない律。そんな時、エメラルド編集部が社長賞を取り、なぜか編集部一同で旅行をすることに。皆で温泉に入ったり、美濃が息子と大ゲンカをしたり、高野が高校時代を過ごした場所に同行することになったりと、社員旅行も波瀾万丈で…?
敏腕編集長x新米編集者が贈る、編集者が青ざめるほどちょこっとリアルな出版業界ラブ☆
描き下ろしも収録!

なんだか最近ドキドキしすぎていて。
ーーーそろそろ心臓がもたない気がするんです。

表題作世界一初恋 ~小野寺律の場合(11)~

高野 政宗 丸川書店エメラルド編集部・編集長
小野寺 律 丸川書店エメラルド編集部

その他の収録作品

  • あとがき
  • カバー下マンガ(吉川とエメラルド編集部)

レビュー投稿数22

エメ編旅行編

律っちゃんが心のモノローグでよく、高野さんはずるい。と言ってるけど、あなたの方こそ思わせぶりで好きと言わないくせに顔にはばっちり好きと書いてあってずるいよ〜と思うわたし。
そしてそして、なんと律っちゃんが高野さんにフェラするとは〜!受けの顔真っ赤にしながらのフェラが好きなのでご馳走様でした笑

で、今巻のメインは旅行編です。
エメ編で唯一、恋愛事情が謎だった美濃さんですが、まさかバツイチ養子持ちだったとは!そしてノンケで少し安心…だってここもホモだったらエメ編ホモしかいなくなるじゃん。いくら腐女子といえど、そこまでいくと…なので良かった笑
まだまだふたりの関係性は進んでませんが…続きも楽しみです。

あと、カバー裏でトリチアが出てきて嬉しかった(⸝⸝ˊ࿀ˋ⸝⸝)

0

世界一初恋(11)

11巻は丸ごと「小野寺律の場合」です。
そして、今回のテーマは「思っている事はちゃんと云わないと伝わらない」。

展開としては、灰谷さんがじわじわアプローチしてきて、ついに高野本人とバチバチ!
高野はイラついて、またまた強引に…の流れ。
律はイヤイヤ言って抵抗はするけれど、これまた結局は受け入れる…
だからいつまでも高野は言葉を欲しがって、パワハラ的に強引に、の流れなわけで。
いい加減グルグルなんだけど、逆によく毎回シチュを変えつつ堂々巡りできるな〜と感心もしつつ。
井坂社長の余計な御世話でエメラルド編集部全員で温泉旅行に行く話、編集部の美濃さんがバツ一養子持ちだった話と絡めつつ、まだ律は高野に「好き」と言えず。
つづく。

0

そろそろ進展して~!

編集長:高野政宗×新人編集:小野寺律です。
すみません・・・「純情ロマンチカ」同様で、長い・・・。って思いました。
何巻目からか忘れましたが、律ちゃんいい加減に高野が好きって認めて!って言い続けてるのですが、まだかよ!って思いましたね・・・。
ホント申し訳ない。
ていうか、普通に高野が可哀想になってくる・・・。頑張れ高野!
今回なんて、もはや「恋に(完全)に堕ちるまで~」の文言すらなかったですからね・・・。

一応、やることはやっていますが、今回は今まで謎だった美濃さんの話でした。こういう風に考えるのはよくないとは思うのですが、丸川書店はBLあるあるで周りがみんなホモなのできっと、そのうち美濃さんメインのBL話とかあるのでは!?ドラマCDでは緑川光さんだし!と期待していたのですが、まさかの子持ち(しかも養子)とは思わなかったですね~。(でもまだちょっと期待しています。)
他の姐さん方も思っているとは思いますが、正直そろそろ進展してほしいと思ってます。

2

牛歩の如く!

 私はこの作品がBLにハマるきっかけだったので、過去のレビューを見て、この作品に批判的な方が多いのはちょっと意外でした。連載が十年以上続いているのに、未だに二人の関係性が進展しないのが一番の理由でしょうが……。
 確かに、場面場面で、「早く高野さんを幸せにしてあげて!」と律ちゃんに対して思ってしまうことも多々ありますが、よく考えると、作中の時間軸では、高野さんが高校の時に付き合っていた嵯峨先輩だとわかって、「もう一度好きと言わせてやる」と宣言されてから、まだ一年も経ってないんですよね。十年間否定し続けてきた思いを根本から引っ繰り返すことに加え、実家のこととか、跡継ぎのこととか、真剣に考えれば考えるほど、足がすくんでしまうのは、仕方のないことだと思います。待っている高野さんと読者にとっては、もどかしいところですけどね。何より、もしまた別れることになったら、本当に立ち直れなくなるんじゃないか、ということを一番不安に思っているところが、律ちゃんなりの一途さなんだと思います。

 そんな高律ですが、今回も牛歩の歩みでちょっとずつは距離を縮めています。
 灰谷さんの律ちゃんへの告白(を装った挑発ww)で、一時不安に襲われた高野さんですが(今更、灰谷さんごときの告白で不安になるところが高野さんの可愛らしいところでもあります)、棚からぼた餅の律ちゃんからの初○ェラで心身ともに自信を取り戻したようですし(笑)、今回、香川へ旅行したことで、勘違いで別れた十年前のお互いの喪失感を再認識できたようでした。箸休め的な感じもある今回の香川旅行ですが、二人の距離を縮めるためには、互いに高校生の頃の原点に戻る必要がある、ということを仄めかしているような気がします。

 恋に落ちるまであと75日です。
 この二入には、これからも、互いのペースでゆっくり丁寧に、心を通わせていってくれたらいいなと思っています。
 その上で、そんなもどかしい恋模様を応援してくれるセカコイファンの方がもっと増えてくれたら嬉しいです!!

3

エメ編の旅行も!!

遅ればせながら「世界一初恋」にはまり、既刊一気読み、アニメも一気見、小説も一気読み。
リピもしています。

私はこの2人のお約束なやり取りや、今の曖昧な距離感も結構好きなので、もう少しこのまま2人の攻防戦を見ていたいな~と思ってしまいます。
大好きな高野さん(律のことでメンタル的にダメージ受けやすいので・・・)にはかわいそうですが・・・
今回も、律の口からはっきりと好きという言葉を聞いていないがために、当て馬というか危険因子の(高野さん的にトラウマな)灰谷の存在に、激しく心乱されている高野さんです。
そんなぐるぐるしちゃう高野さんも、独特な男の色気を感じてドキドキします。(横澤さんの気持ち、分かる!!!)

今回は、ちょっとしたインターバル的な雰囲気もある、エメ編の温泉旅行(という名の社長命令の強制旅行)エピソードも収録されています。
案外、こういうお話、今までなかったので面白かったです!ちょっとホロっ・・とくる場面もありました・・・
編集部の仕事以外で、編集部のみんなでバタバタするお話も楽しいなぁと感じました。

2

頑張ってほしい

様々な販売サイトのレビューで低評価だったので、何かあったのだろうかと思いつつも春菊先生のファンなので読みました。
正直ビックリしてます。一体どうしちゃったんでしょうか……
最初は絵の変わり方に驚きました。高野さんは黒髪でほとんどトーンが使われることはないはずなのに、黒髪ベタ塗りとトーン髪のバランスが悪すぎ。
唐突にトーンになったかと思えばベタ塗りに戻っていたり。
絵を描く側の人に聞いてみたところ、時代に合わせて試行錯誤してる途中なんじゃないかと言われて納得しました。
でもいつもよりも絵の描き方に雑さを感じたのは私だけじゃないはず…。
なんだか辛辣なことばかり書いてて申し訳なくなってきたのですが、中村春菊先生の大ファンだっただけにこの変化は正直悲しいです。
律っちゃんのツンツン感も相変わらずで、全く距離の縮まらない二人の関係に、正直グダってきてしまったなぁというのが本音です。
ここら辺で展開をガラリと変えるような事、起きないですかね。
律→→←←←←高野 な話が毎回続くとやっぱりどうしてもマンネリ化すると思うんです。
これからどうなっちゃうの!?と単行本組が雑誌を追いかけたくなるような展開、欲しいです。
せっかく本物のエメラルドも発行されるようになったのに、このままじゃ勿体無い。
ファンの隙をつくような春菊節を出してきてほしいです。

4

ズルいのは、律っちゃん

お互いに「好き」と言わなければ脱出できない部屋に閉じ込められたら、一生出てこられないような気がする高野さんと律っちゃんです。
学生時代に置いてきた素直さと健気さと可愛げを、律っちゃんが少しずつでも取り戻せたら良いのに。
そうでないと、あまりに今回の高野さんが不憫でかわいそうで・・・
黒髪眼鏡のイケメン編集長で、エロい事した翌日もいつだって律っちゃんより早く起きて朝食も用意してくれていたりする、何気にスーパー攻め様なのに今頃、高校時代の得意科目とか 好きな肉の種類とか質問されて喜ぶ高野さんが切ないです。

あっ、電車のシーンは良かったなぁ。二人が穏やかな表情のまま(居眠り中なので)くっついている姿を見るのは、とても新鮮でした。

一冊通して読んで感じたのは、律っちゃんが高野さんに甘え過ぎているという事。それも悪い意味で。何だかんだで四六時中一緒に居るせいで 学生時代に経験した、喪失の痛みを律っちゃんは忘れかけているのでは?
もう(完全に)恋に堕ちるきっかけなんて、大切な人が自分の側から離れていってしまう、くらいしか思いつかないよ。

1

次に期待

絵が少し変わったかなという気がします。
しかし、気になって読めないというほどではないですし、私はすぐに慣れました。

今回は、美濃さん回という感じでした。
世界一初恋では、子持ちキャラはいらっしゃるので、
BLで子どもが出ても、違和感はなかったですね。

ですが…こんなに子どもの話いるかな??
あくまで小野寺律の場合なので…

横澤さんの方はひなちゃんも重要人物にはいると思うので
全然、良かったのですが
私的には、高野さんと律の進展が欲しかったです。

木佐さんやトリの出番がいつもよりは多かったです

1

どーしちゃったんでしょうか・・

BLでは一番はまった作品です。
何度読み返したか分かりません。
だからこそ今の状態が残念でなりません。
4巻くらいまでは律っちゃんの高野さんにたいする気持ちの葛藤からツンデレになる気持ちも分かるのですが7巻あたりでほぼ両想い状態で、後のお花見回ではいい感じにイチャイチャ
ホントに楽しかったです読んでて。
でも今は・・・横澤さんにまで認めた高野さんへの思いはどこへいったのか
1巻のふりだしに逆戻り
こうなるとスーパー攻め様の高野さんがストーカーぽく見えてしまい萌えません。
絵もずいぶん変わってしまって8巻あたりで両想いで終わった方がよかったんじゃないかと思ってしまいました。
うーん残念です。

3

つまらなかった

10巻から萌えなくなってたけど、11巻でいよいよ律のこと嫌いになってきた。
高野に「四六時中顔見たくない」とか、人のこと傷つけといてまだ「どこが繊細なんだよ」とか思ってるし。ツンってレベルじゃなくて性格悪いよ。昔の「先輩辛そうだから」って心配してた律とはえらい違い。根本的なところは変わってないって高野は言うけど、そうかな?
散々やることやっといてまだ認めない。人には渡したくないけど付き合いはしない。ズルイのは自分なのに、高野のことズルイと考えてる律にイラっとする。
そしてストーリーが進展しなさすぎです。
高野のことが好きなんてもう6巻で他人にまで認めてるのに、11巻でまだこれ?高野のこと知らないから何かないかって考えたとかもう6巻で言ってるでしょ。「墓穴をほる」「ヤブヘビ…」とかもう飽きたよ。
高野のこともっと知りたいと思ってるわりには、香川に行きたい気持ちもあまり見えなくて何となくついてく感じ。
エッチも唐突で、ノルマでエロ入れときましたーみたいな。絵もひどくてほんと萌えない。律の心のポエムすら劣化。
高律大好きだったのに。
6巻から8巻は楽しくて、特に8巻は何回読んでもキュンキュンしてましたが11巻は一回しか読んでません。

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う