ちょこっとリアルな出版業界ラブ☆漫画&小説のスペシャルコラボ第2巻!

世界一初恋 ~羽鳥芳雪の場合(2)~

sekaiichi hatsukoi

世界一初恋 ~羽鳥芳雪の場合(2)~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
17
評価数
5
平均
3.4 / 5
神率
20%
著者
中村春菊 藤崎都 
媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA
レーベル
あすかコミックスCL-DX
シリーズ
世界一初恋
発売日
価格
¥779(税抜)  ¥842(税込)
ISBN
9784041057834

あらすじ

ーーー責任とってそばにいて。
きっともう、キミがいなきゃ呼吸もできない。

出版社・丸川書店エメラルド編集部の副編集長・羽鳥芳雪の担当作家である吉野千秋は、『吉川千春』というペンネームで少女漫画を描く超売れっ子漫画家。そして、羽鳥の幼馴染み兼友人兼ーー恋人だ。ある日、吉野を女性作家だと思い執着する男性ファンから、結婚式場のパンフレットや指輪が『吉川千春』宛てに届く。行き過ぎたファンの好意を警戒する羽鳥だったが、そんな中、実家から見合いをセッティングされてしまい…⁉︎
出版社・丸川書店を舞台に繰り広げる、編集者が青ざめるほどちょこっとリアルな出版業界ラブ☆かき下ろし小説&漫画も収録して第2巻登場♪

表題作世界一初恋 ~羽鳥芳雪の場合(2)~

羽鳥芳雪、エメラルド編集部所属で吉野の担当編集者
吉野千秋、超売れっ子少女漫画家「吉川千春」

その他の収録作品

  • comicside~羽鳥芳雪の場合~
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

世界一初恋〜羽鳥芳雪の場合(2)

「羽鳥芳雪の場合」の2巻目です。
と言っても内容は「吉野千秋の場合」の続きと考えてもいいわけですが、「羽鳥」の視点が「吉野」と違うところは、やはり恋愛感情の深さの違いや、恋人になった今の「抱きたい」という欲求の大きさなのかな。
そして「2」では前作に増して積極的になってきた吉野の姿があり、以前のように無自覚に煽るだけでなくはっきり自覚的に誘ってくる吉野にますます性欲を直撃される羽鳥が描かれます。
そしてその結果…
忙しいのにやはり吉野を抱いてしまう自分、いつも甘やかしてしまう自分、一方危機感の薄れている吉野。
羽鳥は、このままでは作家・吉野に悪影響かもしれないと悩みます。そして、担当替えをした方がよいのではないか?と高野に相談し…
…というのがメインのエピソードですが、2人で歩んできて結果を出してきたからこその羽鳥の悩みには、これから物語に変化が起きるかも⁉︎と期待したのですが。

やはり吉野の泣きが入り、担当替えの話は無いことになりました…
2人はこれからも担当編集と作家、幼馴染で恋人で、という関係性です。ネーム遅れは当たり前、毎回四苦八苦の作品作り、それをフォローしたり尻を叩いたり尻拭いしたり、私生活(食事や掃除)の世話を焼いたり、という羽鳥の小言オカンの口うるさい生活は変化無しなのかな。

後は羽鳥のお見合いエピソード(←よくあるネタですね…)と、吉野が女性と思い込んでるストーカーを撃退するエピソードでした。

0

さらさら〜っと。

人気の「世界一初恋」シリーズの羽鳥&吉野カップルの羽鳥視点版2冊目です。メインのコミック版と同様に、こちらも安定で定番&安心のおもしろさ。
今回は、人気作家らしくストーカー事件などの展開などもありです。そして吉野が随分とラブ方面で積極的な動きを見せたりして、感慨深かったりもします。毎度むっつりながらもなんのかんのと悩む羽鳥もいじらしいですね。

そしてふと気付いたのですが、BLノベルを紙で読んだのがちょっと久しぶりでした。こちらは特に判型も大きいし字も大きめだし、とーーっても読みやすいですね。さらっと短時間で読めました。後半に収録されているマンガパートもコマ大きめですしね。
小説を読み慣れない人でもサラッと読めるのではないでしょうか?
しかし、やっぱりこの一連のシリーズは、やっぱり電子書籍版出さないままなんでしょうかね? そろそろいいんじゃないかしら?とも思うのですが。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ