ちょこっとリアルな出版業界ラブ☆第12巻登場!

世界一初恋 ~小野寺律の場合(12)~

sekaiichi hatsukoi

世界一初恋 ~小野寺律の場合(12)~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神6
  • 萌×211
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

210

レビュー数
10
得点
96
評価数
25
平均
3.9 / 5
神率
24%
著者
 
媒体
コミック
出版社
KADOKAWA
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784041057841

あらすじ

社長賞祝いの旅行から戻り、エメラルド編集部は地獄の修羅場中。そんな中、律は以前留学中していた時の同級生・清宮尚と再会する。律の失恋時を知る唯一の友人の出現に高野は…?ちょこっとリアルな出版業界ラブ★

表題作世界一初恋 ~小野寺律の場合(12)~

高野 政宗 丸川書店エメラルド編集部・編集長
小野寺 律 丸川書店エメラルド編集部

同時収録作品世界一初恋~雪名 皇の場合~No.3

雪名 皇 芸大4年
木佐 翔太・エメラルド編集部編集者

その他の収録作品

  • あとがき
  • カバー下漫画「木佐に初めて会った時」

評価・レビューする

レビュー投稿数10

まだまだ

まだまだだと分かっていても、律の過去を知る清宮の登場に横澤みたいな立ち位置そのままで、今さら感。
どうしようもないほど落ち込み、ひどい状態だった律の過去を知らしめる為としても、その段階はすでに過ぎてしまっているような?
さらに、灰谷の拗れた感情もうすうすは分かっていたせいか、正々堂々とライバル宣言されても今さら何をするつもりなのか。
オープンにしても、こそこそしても、需要がないような設定に首を傾げてしまいます。
恋に落ちるまであと53日。
まだまだ波乱の展開が用意されているようで、食傷気味。
好みの問題かもしれませんが、いい加減次のステージを見せて欲しいです。

・・・それなのに、雪名のきらっきらした笑顔だけは無敵だなと思う始末。

1

早く進んで(;;)

初めは「トランスフォーマー」のキャラみたくキャラクター1人1人がカッコよく、アニメの声優陣も素敵だと思い、続きも気になっていたので買い続けていました。

ですが、横澤さんが入らなくなってから何刊も出ているのに、まだ53日もあるという事実。いい加減進んでくれと思い、今回、表題作は「しゅみじゃない」と評価しました。

ですけど、木佐さんと雪名の年の差カップルはお互いの親子事情が木佐の兄貴が出たことで虚ろに出たので、内容的によく、雪名の王子様ぷりにメロメロになりました♡♡♡ですが、自分の家族関係も木佐に似た感じだったので、今回は「萌」よりの「萌え萌え」と評価しました。

2つを総合にして「中立」と評価しました。

0

マンネリ化が

もういい加減くっつけよ~、というのが政宗×律への感想です。
このままでいくと純ロマのごとく似たような展開で停滞しずっと引っ張られそうで、ちょっともういいんじゃないのという気持ちに。

当て馬が登場するのはいいんですが、一つ難所通り越したらエッチだけで終わるんじゃなくてしばらくご褒美として二人に焦点を当ててイチャイチャしてほしいものです。過去に何があったのか具体的にお話しにしてほしいし、むしろその伏線をもう回収してほしい。

ただ今回は政宗がお願いする形であれど、律から政宗に触れる場面があったのでエッチも同じパターンから少し脱したと思いました。いつもは政宗だけフェラして律マグロだったんで…。

2カップルのお話が収録されてますが、連載物だし表紙が政宗×律なんだから9割ぐらいは政宗と律の話にしてほしいと常々思います。
雪名木佐カップルが半分近くコミックの内容を締めるのならば、番外編や同時収録ではなく一冊のコミックとして雪名木佐版の世界一初恋を発売してほしい。
政宗×律が読みたいのに、コミックの半分しか読めないのであれば、コミック自体もう少し発売を遅くして収録内容を凝縮してほしいなぁ。

5

そろそろ進展して~(2回目)

編集長:高野政宗×新人編集:小野寺律です。
すみません・・・正直、えー!まだ53日もあるの??です。

しかも、灰谷の件が解決していないまま、律ちゃんが留学していたときの友人という新キャラの登場・・・。ちょ~~っとしつこいかな?って思いました。
ごめんなさい。
確かに、人気作品とは思いますけど、かなりマンネリ化してると思います。
どうせ、灰谷も清宮も振られるんだからさ~。(それは言ってはいけない。)
そもそも、あんだけ長いこと待たされてる高野が可哀想でならないので早くくっついて!と思います。

杏(律ちゃんの元婚約者)の件は完全に解決しましたが、正直、登場したときは、そこそこ性格が悪かったと記憶してますが、そんな短時間で人間の性格なんか変わるか?とマジレスしてしまいました・・・

【雪名皇の場合】
大学生:雪名皇×少女マンガ編集:木佐翔太です。
こちらのCPは高野×律と違って、ちゃんとお付き合いしていますが・・・(高野も律も、もう付き合ってるようなもんですが・・・)
今回は木佐の実兄が出てきます。
木佐はお兄さんは自分のことを嫌っていると思っていましたが、実はただのブラコンだったというこれまたどこかで読んだ事のあるような内容でした。
ていうかお兄さんが弁護士で弟の周辺を勝手に調べるって完全に職権乱用ですし、これまたどこかで読んだ事あるし・・・って思いました。←すみません。

3

さすがに安定の面白さですよね。

もうここまで来ると、「トータルではいつものような感じ」としか言いようが無いような定番シリーズですが、今回の巻では新キャラが登場して少し動きましたね。「恋におちるまで○○日」のカウントダウンもゆっくりですが、順調に進行してます。(なんだかもうよく分かんなくなってますけど、何年かけて何日分を描いてるんだろ?)

しかし、「いつものパターンだよな」とか思いつつ、読むと楽しいしキュンとしちゃうのが流石なんですよね。うーむ、やはりポイント押さえてます。

もうそろそろトントンと進行して、大団円を見たい! という気もするのですが、その日が来たら来たで寂しさを感じるのでしょうね。複雑だ…。

1

ひたすら待ちます!!

 1巻から追いかけてる大好きな作品の一つです。
 今巻は高律が2話+雪木佐が1話+高律描き下ろしとなっておりました。雑誌「エメラルド冬の号」で掲載されていたもう1話が今巻に収まらなかったのは、すごく残念でもありましたが。

 今回は良かった点と不満に思った点が一つずつ。
 まず良かった点は、律の留学時代の同級生・清宮尚君の登場です。
 留学してしまう程辛かった失恋の痛みを、慣れない異国で律ちゃんがどうやって乗り越えたのか、そして何故、大好きだった先輩のことを忘れて、性格も捻じ曲げてしまったのか、そこに立ち戻らないことには律ちゃんは高野さんとのことを前向きに考えられないのではないかと思っていたので、今回、そこを掘り起こしてくれそうな人物の登場に期待しています(そして尚君は最新話でその期待に120%応えてくれるのですが、それはまた次巻の話…)。

 不満に思った点は灰谷さんの扱いですね。
 灰谷さんが高野さん狙いなのは前巻くらいから匂わせてあり、それが今回、本人の口からはっきりと告げられるのですが…、にしても、作品中の台詞をお借りするなら、「当て馬にもちゃんと恋愛させて下さい!」ですよ。アース時代の高野さんは灰谷さんにとってライバルでもあり、秘かにその才能を妬ましく思う相手でもあり、そんな相手に惹かれてしまって屈曲した思考と行動パターンになるのは仕方ないにしても、その辺の灰谷さんなりの恋愛事情が今回の展開では全く見えてきませんでした。あれじゃ、ただのヤンデレですね。横澤さんや杏ちゃんにもちゃんと見せ場を用意して下さる先生のことですから、灰谷さんにも、きっと最後には救いの手を差し伸べて下さると信じております。

 あと、そろそろネタがつきてきたんじゃないかと勝手に心配していたエチシーンについては、今回、これまで以上の萌えを提供してくれました!
 1話目の律ちゃんの同級生の出現で嫉妬した高野さんが「律、律…」と名前を連呼するシーンもいいですし(律は俺のものって確かめてるような顔が特に!!)、2話目の灰谷さんに絡まれた後のお風呂場でのエチシーンでは、なんと高野さんのあの端正なお顔に律ちゃんのがっ!!!激しく動揺したのは律ちゃんだけで、ぺろりと舐め取る高野さんは安定の高野さんでした(笑)。律ちゃん至上二度目のおふぇらも今回のが断然良かったです。前巻での「俺のもやって」は、傷ついた高野さんがその衝動で律ちゃんの気持ちを試そうとしているような苦しさがあったのですが、今回のは、「気持ちよくさせたんだから俺にもご褒美ちょーだい」的な甘えてるような雰囲気で、律ちゃんも一瞬途惑いますが、嫌そうな様子はなく、高野さんを気持ちよくさせようと一生懸命ご奉仕してる感じが伝わってきました。途中でもういいと言われて「気持ちよくなかったですか?」ってちょっと気落ち気味に聞く律ちゃんが可愛すぎてっっもうっ!!あの時点で出さなかった高野さんの高野さんは流石だと改めて思いました。そしてそして、12巻目にして初めて、「中出させて」と宣言する高野さんww!あの瞬間、「今まで聞かずに散々出してたやんけ!!」と全読者が叫んだに違いない(笑)。とりあえず、私は、「もしかして私が気づかなかっただけで、ちゃんと外に出してたのか!?」と1巻から読み直しました(もちろんそんな描写はない)。

 牛歩の歩みですが、少しずつ自分の気持ちを許容し始めている律ちゃんと、待つことを覚え始めた高野さんで、カウントダウンは残り53日!次巻では、ラスト1ヶ月に突入してくれると信じております!!

 
 3話目は雪木佐で〜雪名皇の場合〜
 こちらも新キャラ、木佐兄登場で、勘違いした雪名と雪名の見た目の華やかさで誤解した兄の間で一波乱起きるのですが、こちらの二人はもうちょっとやそっとのことじゃぶれませんね。安心して見てられます。公衆面前で兄に雪名のことを説明する木佐さんは男前でした!!
 そしてどうやら雪名にもお兄さんがいるらしい。今度、雪名家一同で東京に旅行に来るらしいので、最新作の雪木佐の場合は今回と逆パターンになるのでしょうね。

 次号の「エメラルド 夏の号」は雪木佐の場合が掲載されるそうです。
 高律追っかけの私としては、半年間、ひたすら待ち続けるしかないようです(泣)。

4

モテモテな2人の受難

12巻の目玉はやはり清宮の出現でしょうか。前巻までの高野・律・灰谷の三角形に加えて新たに高野・律・清宮の三角形が加わったかたちですが、新キャラの清宮はどう見ても立場の変わった横澤と言ったところですね。高律空白の10年間の高野サイドを知る横澤に対し、律サイドを知る清宮…正直、またこの展開かとため息が出ました。一方で灰谷は自分が本当に狙っているのは高野であるとあっさり白状し、堂々と律に宣戦布告します。最終的には高野と律が当て馬を各々1匹ずつ従えるというような状況になり、読んでいるだけでかなり疲れました。この2人モテすぎだろ…横澤と杏ちゃんの時代が終わり、再び灰谷と清宮の時代がやって来るというような…展開が循環している感じ、激しくデジャヴです。しかし、律の方は一見相変わらずグズグズしているようでいて、杏ちゃんのナイスな一言が効いたのか自身の恋愛観に多少の変化がもたらされたようです。高野はずっとブレません笑今回も清宮に対して嫉妬と敵意が丸出しですし、律にちょっかいを出す灰谷も激しく牽制しています。個人的に今回の1番の萌えポイントは、清宮に嫉妬する高野が独占欲を露わにして律を抱きしめ、「律」「律」と名前を連呼するシーンでした。「独占したい」という子供っぽい感情を隠さないところが素直で可愛いですね。
つい長々と文句ばかり書き連ねてしまいましたが、この作品が実際に完結してしまったら寂しくて絶対に泣いてしまうと思います…高野と律が早くくっついて欲しいような、もう少しグズグズして欲しいような…複雑です。

1

前巻で酷評してごめんなさい。

11巻にがっかりして、それをそのままレビューにも書き、12巻はどうなる事かとかなりの不安とちょっぴりの期待を込めて購入したのですが、がっかりがかなり払拭されました\(^o^)/

前巻で「ロクに活躍していない当て馬」と評した灰谷は、実は高野のことが好きだったという後出しは、そうだろうねーと思っていたことなので驚きも無ければ、高野が今更律以外の男に目を向けるはずもないので、さらりと読んでしまったのですが、新たに登場した律の留学時代の友人の尚が、新たな萌えを運んで来てくれました。尚も中村先生がいつも描かれる強引なタイプで、他の当て馬同様に挑発的なキャラなので、ペラペラと10年前の律のことを高野に話すのですが、それで律の留学時代の様子がよくわかるのがとてもいいのです!そして話を聞いた高野が激しく嫉妬して、律を抱くんです。これがいつもと同じ展開のようで違いました。律のこれからを手に入れようとする当て馬への嫉妬と違い、自分の知らない律を知っていることに対しての嫉妬です。未来は変えられても過去は変えられないものね。そのどうしようもないやるせなさが良いのです。その後のHも大いに盛り上がりました。

そして前巻で「初めてがあれば良いってもんじゃない」と酷評してしまった律の初フェラですが、ここにきて奇跡の萌えに転じましたヾ(≧∇≦)ノ"。灰谷のことをきっかけに始めたお風呂場でのHで、高野はたっぷりと律を舐めた後に「おまえも舐めて」と催促して、戸惑い顔で赤面する律に「前やったことあんじゃん」と…。いつも口答えばかりの律も、この時ばかりは無言のまま高野自身を口に含んで、一生懸命にお返しするんです(//∇//)
初フェラの時は高野の反応もサラーっと描かれてしまったので、ちょっと肩透かしだったのですが、今回は良いっ(*゚∀゚*)イイネ!!ここを見せるための初フェラのサラリ展開だったのだとしたら、先生すごいや。前巻で酷評してごめんなさい。11巻と12巻は続けて読むのが良いと思う。

この先、尚をどう動かすかが気になるところですが、お互いの知らなかった10年間に思いを馳せて、律が目の前の高野にしっかりと向き合ってくれるといいなと思います。
私は前巻の酷評の分を加味して萌2を付けたい。
恋に(完全に)堕ちるまであと53日…。このまま盛り上がって欲しいです~!!

同時収録は雪名&木佐。木佐の兄が登場です。

5

少し進展したかな・・・?

 今回は結構いろいろなことが分かりかけてきた感じでしたね。同時にまたややこしくなりそうな予感が・・・・・、カウントダウンは近づいてますが。
 今になって律っちゃんの留学時代の友人が出てくるのは少し意外でした。しかもどうやら律っちゃんの事情をよく知っている感じで、高野さんにとっての横澤さんみたいな人のようですね。
まあ性格はかなり違うようですが、何となくこの人もかつて横澤さんが高野さんのことを想っていたように律っちゃんのことが好きなのかな・・・と感じました。高野さんのこともすぐに気づいてましたし。
 それにしても、灰谷さん・・・。
本当は高野さん狙いなんじゃないかと薄々思ってましたけど、拗らせ過ぎで何か危ない感じでしたね。
高野さんでなくともちょっと引きました。
 反面、肝心の二人は何だかんだ言いつつも近づいている感じがして良かったと思いました。流されて・・・と言う感じではなく、お互いにもっと近づこうとしてる感じだったので。
まだもう少しかかりそうですが、気長に待とうと思います。
 雪名と木佐さんの方は何だか安心して見ることができるので、お兄さんが出てきたことは意外でしたが、何だかんだ上手くやれそうなのかなと思います。

3

相変わらずだけど、わずかな変化…?

今回もちょっと絵が安定してないような。
線が細くて印刷薄いページがちょこちょこ見受けられました(´-ω-`;)
お疲れなのかな…?
無理をされてるなら少し休ませてあげて欲しいなーと思いつつ。

12巻は
高律が2話+描き下ろし・雪木佐が1話となっておりました♪


◆〜小野寺律の場合〜

さて、カウントダウンも残り53日\(^o^)/
ぶっちゃけ今回もグルグルしてます。

灰谷の立ち位置がハッキリし、新キャラ登場です。

うううーん。この新キャラ・清宮が。。。
律がどん底だった10年前に隣にいて支えてくれた友人で、
高野さんでいう横澤さん的ポジション。

新キャラが高野さんに絡むセリフのデジャヴ感よ(ФωФ)
ああ、律っちゃんが横澤さんに何度もグチグチ言われてたヤツやん…。
また同じ会話を聞くことになるのね;;

灰谷の狙いがハッキリしたのは良いけど後味悪し。
最後のセリフがストーカー拗らせみたいちょっと怖い。
清宮の登場で一旦消えましたが、今後また絡んできそうです(;´Д`A
高野さん、周辺にはくれぐれも気を付けて全力で逃げてー!!

萌え的なLOVE面は良かったー( ´艸`) ♪

2人のセックスは"高野さんの抑えきれない激情×律っちゃん抵抗しつつ流される"ってイメージですが、今回はほんのちょーーーっと違いました!!!

一番印象的だったのが律っちゃんの服を脱がすコマ。
抵抗することなく大人しく受け入れて、向かい合ってセックス開始してる;:(∩´///`∩):;
高野さんがキスして、一呼吸おいて反応見て、静かに服を脱がすのに萌えた!!!

あとですね!
律っちゃんお口ご奉仕2回目あるのですが、
途中でもういいって言われて「気持ちよくなかったですか?(´;ω;`)」って!
まさか12巻にして素直可愛いセリフテンプレが聞ける思わなかったw
それには高野さん辛抱堪らんくなって中ry(^///^)ふふふ

今までの激流のような一方的な行為ではなく、2人でシテる感がすごく良かったです♡♡
終わった後の見つめあってチューも珍しくて萌えた///
相変わらずの律っちゃんだけど、すこーーーーーーしずつ素直になってて嬉しい。

今思い返せば6巻が一番素直で気持ちの距離が近かったですねぇ…。
倍数の12巻になっても、あの時のセリフがまだ聞こえてこないぞー(;∀;)
頑張れ、律っちゃん!!


◆〜雪名皇の場合〜

こちらも新キャラ、木佐さんのお兄ちゃん登場です。

雪名は見た目が華やかなせいか、誤解されやすくて可哀想ですね。
チャラチャラしてるとか、遊びで付き合ってるとか。
これには流石の雪名もカッとなってましたが、個人的にこの時の表情がすごく好きv
(傷つき萌え属性発動)

木佐さんはカッコよかった!!
前は将来が見えないってウジウジしてたのが嘘のよう。
強くなりましたねぇ。偉い。(律っちゃん見習って!)

そして木佐兄。最初嫌なヤツと思ったら、話が進むにつれ笑ったw
木佐兄弟のゴタゴタを1歩離れたとこで冷静に分析してる雪名との温度差ww
ラブラブカップルご馳走様ですヾ(*´∀`*)ノ

ちょーっと雪名のキラキラ減っちゃってるのは気のせいかしら?
フサフサまつげも減量してた(´•̥ ω •̥` )

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ