恋に堕ちるまであと26日。ちょこっとリアルな出版業界ラブ☆第14巻!

世界一初恋 ~小野寺律の場合(14)~

sekaiichi hatsukoi onodera ritsu no baai

世界一初恋 ~小野寺律の場合(14)~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神9
  • 萌×215
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

231

レビュー数
9
得点
123
評価数
30
平均
4.1 / 5
神率
30%
著者
中村春菊 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA
レーベル
あすかコミックスCL-DX
シリーズ
世界一初恋
発売日
価格
¥639(税抜)  
ISBN
9784041081419

あらすじ

「俺さ、やっぱお前のこと好きだわ」高校時代、失恋した後のことを唯一知る友人・清宮尚に改めて告白をされたエメラルド編集部の編集者・小野寺律。自分を恋愛対象として見て欲しいと言う尚に戸惑う律だったが、元恋人で上司の高野政宗のことをまだ好きなのかと問われたことで、自分の中にある認めざるを得ない高野への気持ちを思い知る。しかし、自分との関係はデメリットしかないと尚に言われたと聞いた高野は、律の反応に憤り「いっその事、体だけの関係の方がお前も割り切れんだろ」と言い出して…⁉︎
「恋に(完全に)堕ちるまで、あと26日」
ーーー敏腕編集長x新米編集者が贈る、編集者が青ざめるほどちょこっとリアルな出版業界ラブ☆「雪名皇の場合」&描き下ろしも収録!

こんな些細な日常も、
いつかきっと、僕らの大切な思い出になっていくからーーー。

表題作世界一初恋 ~小野寺律の場合(14)~

高野政宗、丸川書店少女漫画雑誌の敏腕編集長
小野寺律・小野寺出版社御曹司丸川書店少女漫画編集者

同時収録作品雪名皇の場合

雪名皇、イケメン美大生で書店の名物アルバイト
木佐翔太、丸川書店少女漫画雑誌の年齢不詳な編集

その他の収録作品

  • あとがき
  • カバー下マンガ(羽鳥芳雪)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数9

尚が気持ち悪い

もう少しですね。あと26日で終わってました。
高野さんの焦ってる姿良いです。
そして律は何を迷ってるって感じでした。

高野さん贔屓なので、尚のあの態度はかなりイラつきました。

次巻ではキッパリ振られて凹みまくる姿を見てみたいほど自分の中では嫌いです。
そこはかとなく気持ちも悪いキャラ久しぶりです。

あと何巻で完全に恋に堕ちるのでしょうか?

雪名が大学院に進学することになって、木佐との仲も色々と変化して行く気がしました。

0

た、高野さんが……(;///;)

あ、あ、あ~~(;///;)
高野しゃん…ッ(;///;)
切な萌え供給でキュンキュンが痛い(;///;)

ずっと同じところグルグル回ってる律っちゃんの変化も
少しず~~~つだけど見られるようになって、
(完全に)恋に堕ちるまでが近づてきましたよ…!

もひとつの収録は「雪名皇の場合」
高律は雪木佐を見習うといいよ…と思うね。うん。
こちらも安定感があってとても良かったです♪


◆小野寺律の場合

カウントダウンはあと26日まできましたヾ(*´∀`*)ノ

前巻で高野さんに宣戦布告した清宮はグイグイとアピール開始。
律っちゃんが断るの下手なのを知っていて清宮はとても強引に押し、
案の定、律っちゃんは押しに負けて清宮の思う壺にハマるという…;

これは見ていて歯がゆいというか、渇を入れたい!
マジでシッカリしようよ!( `д´)⊂彡☆))Д´) パーン

律っちゃん好きだけど、こういうトコはなんだかなーと思う。
自分のことばっかりで高野さんが傷つくとか思わないのかな…。
(14巻まできて今更ですが;)

でもですね。律っちゃんの行動はさておき、
個人的に傷つき萌え属性持ちなので高野さんにめちゃくちゃ萌えたんです…ッ!
(高野さんごめんよ…;)

以前、横澤さんが合鍵を持ってた一件。
律っちゃんが気にしてることを知り、しおらしい表情で謝るのにキュンキュン。

改めて律っちゃんが清宮に告白されたのを知って、
苛立ちを抑えられず律っちゃんに詰め寄るとこも、あ~~~堪らん(;///;)

「あと何回抱いたらお前は俺のもんになるの?」

このセリフは一撃でやられましたね…!
このあとペットボトルの水を煽って口移しで飲ませるのがエロいのですよ////
高野さんのセックスアピールが強くてキャーーー!(∩´///`∩)ってなる。

で!律っちゃんが…律っちゃんが…///
自分で下着脱いだよ。スゴイよ。
このときの恥ずかしそうな殺し文句がヤバイよ。
あ、あ、あ~~~~~~!(∩´///`∩)壊

そして後半部分。
やっぱり清宮絡みで律っちゃんの落ち度がキッカケで揉めます。
もちろんキレるんですけど、いつもと少し様子が違うのです。

今にも泣きそうな淋しそうな目で眉根をギュッと寄せてて…(;ω;)
この表情は高野さんの痛みがダイレクトにきて胸に刺さりました。

思うように重ならない気持ち。
高野さんが無表情で律っちゃんを手酷く抱きながら
「何で俺たちはこうなるんだろーな」とポツリ零すのが(泣)(泣)(泣)

先に見える希望としては、
原因が自分にあると律っちゃんが素直に自覚してることですかね?
この自覚が長い長い遠回りから前に進むキッカケになるといいな。

また普段の喧嘩ならエッチして終了→翌朝は職場で茶化して~終わり~が恒例パターンだけど、
今回はエッチの途中から高野さんの表情が見えないままなのです。
翌朝は不在。今どんな気持ちでどんな顔をしているのかわからない。
個人的にはなんだか落ち着かないままで次巻が待ち遠しいです。

そして律っちゃんにはいい加減シッカリして欲しい…。


◆雪名皇の場合

卒業制作真っ最中。
絵に迷いが生じ始めた雪名は木佐さん断ちをすると決めます。
それが雪名の為ならばと木佐さんはアッサリ了承。
会いたくても会えない気持ちで自分を追い詰めてーーーと展開します。


気付いたら大人なカップルになってますね。
最初の頃は木佐さんもかなりテンパってマイナス思考の人だったけれど、
会えなくても心で支え合うような素敵なカップルにジンワリします(;///;)

あと下世話な話でスミマセン。
雪名の072を見られると思わなくてビックリご褒美でした///

7

やっぱり高律。。。

私がBLの世界に踏み込んだきっかけとなった作品。初めて読んだときのあの衝撃と切ないトキメキはどこへ。。となった今でもやっぱり大好きな作品の一つで、いつも新刊を楽しみにしています。

ところが最近はもう、恋に落ちなくてもいい、エロもなくてもいいから、高野さんと律の笑顔が見たーい!!という欲望が抑えきれません。特に律はここ数巻はほぼ困った顔とプンプン顔ばかり。高野さんはわからないなりに、一生懸命手探りで健気に頑張ってるのだけれど。。恋ってもっと甘くていいじゃん!ハッピーな2人が見たいのですよー!

長期連載のため顔が変わってきてるし、ストーリーもマンネリになってきてますが、今回は律がようやく少〜しデレてました!激甘のニコニコ笑顔の2人を見たいので、15巻に期待しています。

1

いつかこうなるとは思ってましたが・・・

14巻は高律が2話、雪木佐が1話収録されてましたが、今回は木佐さんたちの方からレビューを書こうと思います。

雪木佐の方は雪名視点で、教授の言葉をきっかけに卒業制作と大学院試験に向けて自分を追い込むために「木佐さん断ち」を決行するお話でした。

私は芸術に関してはさっぱりなので、あくまで想像になりますが、極限まで追いこむことで自分の中のイメージを煮詰めて形にしていくってことなのかなーと思いました。
芸術にはそういう過程も必要なのでしょうけど、絶対に寂しいはずなのに、その決意を黙って受け入れて応援する木佐さんはやっぱり大人だし、雪名のことが本当に好きなんだなと感じました。

それに、以前ならここですれ違いが起きて拗れかけてもおかしくなかったのに、今はお互いに信じて支え合えるような関係になりつつあることも、何だか嬉しく思いました。
ちなみに大学の教授たちによると、雪名のハマった時の絵は意味もなくエロいらしいです(笑)

本当にこっちの方は安心して見ていられるのに・・・ということで、高律の方に移ります。

いつかこうなる予感はあったのですが、とうとう高野さんが爆発したというかキレてしまい・・・というところで今巻は終わってしまっています。
こうなってしまったのは、改めて律っちゃんに告白して積極的に動き出した清宮くんの存在が、高野さんの大きな不安要素であること、そして自分のことを好きなのは間違いないはずなのに、いつまでも律っちゃんがハッキリしてくれないからというのがやはり大きいのだと思います。

何より、過去の失敗があったからこそ今度は二人で一緒に未来を見つめていきたい、と伝え続けている高野さんに対し、過去に囚われるあまりに頭で考え過ぎてしまっている上、自分たちの社会的立場や先の見えない未来への不安を抱え続けているが故に躊躇してしまう律っちゃん、といったお互いの想いのズレが長いことネックになり続けている状況に問題があると思いました。
なので、いつか高野さんの方がその状況に耐えきれなくなるであろうことは想像がついていたのですが、見ていてかなり辛かったですし、高野さんが本当にとても気の毒でした。

でも、形は違えど10年前もそうだったのかなと思ってしまうところもあるんですよね・・・。
確かに律っちゃんの勘違いが元で、想い合っていたにも関わらず、二人は別れてしまっています。
でも私は、10年前の破局の要因はむしろ高野さんの方にあったんじゃないかな、と結構前から思っていました(他の方は違う意見かもしれませんし、もし不快に思われてしまったら申し訳ありません)。

なぜなら、10年前も「肉体関係にはあるのに、気持ちに応えてもらえない」という不安定な状態だったように見えたからです。
過去編からも伺えるように、昔は律っちゃんだけが一方的に「好き」の気持ちを伝えていて、心ではちゃんと思っていても、高野さんの方は面と向かってハッキリ「好き」という言葉を律っちゃんに伝えてはいませんでしたし、明らかに言葉足らずでもありました。

そしてそんな状況が続いたならば、いつか不安を感じるのではと思いますし、その状況に不安を感じているサインこそが「自分のことが好きですか」という問いかけだったならば、笑われたことを曲解して、気持ちに応えてもらえなかったと思い込んでしまうこともあるんじゃないかなと思ったんです。

そして実体験からもそう思うのですが、一旦心が傷ついてしまうと、再び傷つくことに臆病になるがゆえに(イギリス時代の回想の律っちゃんがまさにそんな感じだったように)、心に壁をつくってしまい、他人に心を簡単には許せなくなってしまうようになるんですよね。

そう考えると、ただでさえ生真面目で頑固な一面がある律っちゃんの場合、勘違いとはいえ一度大いに傷ついているがゆえに、自分の気持ちを認めて受け入れるのに「一年」という時間がかかってしまうのも無理はないのかな、と個人的にはそう思っていたんです。
しかし、高野さんが過去のことも、律っちゃんのそういう所も理解した上で、二人の距離を縮めようと懸命に行動していたのを長年見ているだけに、今回ばかりはどうしてもいい加減にハッキリしろよ、と思ってしまいました。

まあ残り30日切ったことですし、律っちゃんにはそろそろしっかりと覚悟を決めてもらって、一刻も早く高野さんと二人で笑い合えるような関係になってくれるのを期待して次巻を待ちたいと思います。


1

世界一初恋(14)

14巻になっても、高野と律の間には大きな溝がありますね…
12巻から新たに登場した留学時代の同級生でルームメイトの清宮尚。彼は最強当て馬となるのか?
または、灰谷と同様、本当のところは律を好きなわけではない、というオチになるのか?という疑問がぬぐえない。
というのも、尚が律を心配してるのは本当だと思う。だから自分の想いをちゃんと自覚させる為に引っかき回してる?という可能性もなきにしもあらず。
でもそれは灰谷の二番煎じだからやって欲しくない展開パターン。
ともかく、本作では尚は律に告白をし、律は否応なく過去の自分、過去の自分と嵯峨先輩の関係性を振り返る、という展開になっています。
新たに尚というライバルが出現して、どうしようもなく弱る高野ですが、私から見ると高野は話も聞かずにすぐにセックスに持ち込んできたツケが回ってきているのだし、律は律で話すべき話をぐずぐずと飲み込んで中途半端な思わせぶり。この2人、イラつくわ〜。
1巻から11年。
読んでる読者は11才大人になりましたよ。
作品の中の時間軸は1年くらいにしても、描き始めた頃の構想とは変える方がいいんじゃないかな、と感じます。大人が読んで「なんだこんなことで。」ってなるようなグルグルは作品を下げてしまうことになりかねない。
高野の絶望、というところで「つづく」になって、更に「恋に堕ちるまであと26日」。
そろそろビシッと。

「雪名皇の場合」
美大生の雪名が、卒展や院への入試とかで悩む話。
こちらは周りの状況がどうあろうとお互いの気持ちは通じ合ってるCPなので、安心して読める。
雪名は大学院に合格し、絵で食っていく一歩を踏み出しました。がんばれ。

1

いよいよ1ケ月を切りました

本シリーズは大手出版社少女漫画編集部の編集部長と
その編集部に配属された編集者のお話です。

受様の友人と攻様の対決編第二幕と書店員×編集者カプが距離を置く話に
受様の日常的な小話を収録。

受様の担当作家が上京し、受様と攻様が通った母校の最寄り駅近くに
新居を定めます。打ち合わせを兼ねて作家宅を訪れる事にした受様ですが、
調度仕事で丸川書店を訪れていたカメラマンの友人と行き会い
動向を申し出られます。

最寄り駅から高校への道は受様が毎朝攻様の背中を追って通学した道です。
今さらながら自分は攻様のストーカーだったと己の黒歴史を恥ずかしく
思っていた受様に隣を歩いていた友人は改めて告白してくるのです。

ボロボロな受様を見ていて告白も出来なかったけど、
また受様が攻様に傷つけられるなら黙ってみていられない。
自分の方が受様を大切にする自信があるから。

高校時代の攻様への思い、再会して知った攻様の思い、そして今、
受様が思いを向けている相手は・・・

雑誌掲載作3話に描き下ろし1話を収録した『世界一初恋』シリーズ
14巻になります。

主カプはやっと残カウントが1ケ月を切って残りは26日になり、
美大生×編集者カプは美大生が院生となり新たなステップに踏み出します。

主カプは前巻で攻様に宣戦布告した友人が改めて受様に告白したことで、
受様と攻様の間に波風が立つ展開です。
前巻を読んで攻様は何を言われても揺るがずドーンと構えているのか
と思っていたのですが、けっこう攻様も切羽詰まってきてますよ。

でも、ライバル宣言した友人じゃなくていつまでもウダウダな受様のほうに
苛立ってるのでそこはやっぱり攻様らしいですね。

残り26日、受様がどうやって覚悟を決めるのか!?
読者も攻様と一緒に待つしかないですね @(ー_ー)

美大生×編集者カプは卒業を控えた攻様が次のステップに進むため
受様断ちをして打ち込むというお話です。
こちらの2人も前回が受様のユレユレ、今回は攻様がグルグルな展開です。

でもこちらは2人の関係は前向き検討なのでその過程でバタバタしても
最後はオールOKなので心配無用で読めました。
むしろ接触を断っていた分、2人の絡みはいつもよりエロ度高め♡
攻様もキラキラ度倍増し♡♡

今回のカバー下の小話はあとがきイラストの続きぽい感じですので
ココもしっかりチェックです!!

個人的には小説版のカプの方が好みなのです。
編集者×漫画家カプの続きは期待しても良いのかな!?

今回はカバー下に登場した編集者の恋のお話で藤崎都さん
「世界一初恋~吉野千秋の場合~」をお薦めとしますね。

0

あと・・日

まだか(;´Д`)いい加減長い、じれったい、と思いつつも
このもどかしくメンドクサイところが可愛いと思ってしまうのもまた事実。
そしてどんだけスパダリなのよ高野さん。
炊事洗濯に掃除までやってくれて
何より一途で絶倫。
何かといえばセックスで抑え込もうってところが玉に瑕ではありますが
今回も少々感動したわ、あるいみw

話の展開としては
過去、傷ついたりっちゃんを知っている男からの
言い寄られ展開引き続きなのですが
なんかなー・・見た目が受け付けないんだよな。
高野さんのレベルが高すぎてかすむ(スマン;

とはいえ、カウントダウンも見えてきたので
もう少し見守りかな

0

表紙の小野寺律、めっちゃ顔変わってません?

まだ読んでないのにコメントしてすみません。
表紙の律ちゃんの顔が違うのでちょっとびっくりしました!
ちゃんと読んだらまたコメントします☺

1

もうそろそろ。

そんなことを呟き続けて14巻。
清宮の存在がどんどん高野に追い討ちを掛けているのか、修羅場感半端なく漂っています。
過去律を立ち直らせた自負からか、付け込む清宮のエグさも際立ち、どんな愛情からなのか計りかねてしまう事もしばしば。
特別進展していることもなく右往左往する律と、その手を引こうと強引になってくる高野。
まだまだ終わりが見えそうにないけど恋に堕ちるまであと26日。
ただ、ハッピーエンドがみたい!
それだけです。

同時収録雪名皇の場合。
雪名の進路に直面しているせいか、雪名ばかりなのは仕方ないのかもだけど。
できれば会わないと言われて瞬間やさぐれる木佐とか、よくよく考えて手紙を書くことにした木佐とか、想像できるけど見てみたかったな。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ