コミック

  • 世界一初恋 ~小野寺律の場合 3~

世界一初恋 ~小野寺律の場合 3~

sekaiichi hatsukoi

世界第一初恋 小野寺的场合

  • 紙書籍【PR】

表題作世界一初恋 ~小野寺律の場合 3~

高野政宗,エメラルド編集部長
小野寺律,エメラルド編集部新人

同時収録作品世界一初恋~木佐翔太の場合~

雪名皇 書店バイトの美大生
木佐翔太 少女マンガ編集部員(30歳)

その他の収録作品

  • あとがき
  • カバー下マンガ(井坂専務)

あらすじ

恋も仕事も「ダメだし」ばっかり。--ホント、むかつく!!

出版社・丸川書店の少女漫画編集部に勤務する小野寺律の天敵は、「初恋の人」でもある俺様編集長・高野政宗。悩みつつも「ちゃんとした漫画編集者になりたい」と目標を持ち始めた律だけど、初めて自分が担当したコミックスの売れ行きが気になって立ち寄った書店で、偶然営業部の横澤に出くわしてしまう。
おまけに、高野と付き合っていたことを横澤に聞かされて…!?
ヤリ手編集長×新米編集者が贈る、編集者が青ざめるほどちょこっとリアルな出版業界ラブ☆
王子様書店員×メンクイ編集者の「木佐翔太の場合」も収録!

作品情報

作品名
世界一初恋 ~小野寺律の場合 3~
著者
中村春菊 
媒体
漫画(コミック)
出版社
角川書店
レーベル
あすかコミックスCL-DX
シリーズ
世界一初恋~小野寺律の場合~
発売日
ISBN
9784048543712
4

(116)

(50)

萌々

(25)

(39)

中立

(1)

趣味じゃない

(1)

レビュー数
35
得点
468
評価数
116
平均
4 / 5
神率
43.1%

レビュー投稿数35

小野寺律の場合+木佐翔太の場合 でしたね♪

律が気になって仕方ないのですが、今回は律が少なめでしたね。
ちょっと残念でした。
律ちゃんの方は相変わらず、熊との攻防戦(?)があるのでドキュンドキュンしながら読んでます。
今回はついに!律ちゃんと高野さんがベッドインしたー!!と興奮していたのもつかの間、律ちゃんは朝起きたら覚えてないとか。
お酒の力っていろんな意味ですごいね☆
まだまだ恋には落ちません、あと251日!
まだ200日切らない(涙
私から見ると充分恋に落ちてるようにも見えるんですが・・・(汗

さて、木佐翔太の場合!
これもまたドキュンドキュンなお話でした。
まず木佐さんが30歳だった事に驚き!そして乙女部代表みたいな性格に胸キュンでした。
最後雪名が木佐の気持ちを知ろうと粘るところが好きです、よかったです。
木佐さんの初恋もとっても素敵なお話でした。
ぜひこちらも続きが読みたい。

5

今回もときめきました~!!!!

今さらながらはまった世界一初恋!!!
毎回もうびっくりするぐらい胸キュン!!!かつ笑わせて貰い・・・と、本当に大好きな作品です。
ただ恋模様が繰り広げられるだけでなく、お仕事にウェイトが置かれているのも、お仕事BL好きとしては嬉しいです。
今回は、高野さんと律のお話よりも、雪名と木佐カップルのお話の方が若干分量が多くなっています。
初見の時は、律と大分タイプの違う木佐さんに苦手意識を持ってしまったのですが、現在刊行されている巻を全読したのちに再び1巻から読見直したら、木佐の可愛さと、雪名の斜め上な感性の虜に。
このカップルの事も絶賛応援して見守りたくなりました。

4

超・童顔!遅咲きの恋愛体質に…希望を見た…

丸川書店シリーズ第3巻です。
さあ、新カップルの登場です。
律ちゃんの先輩・木佐さんと、ブックスまりものカリスマ店員・雪名君のお話。
木佐さん、実はタチの悪い恋愛体質で…超面食い!
顔で恋して、体で関係して、その場でおしまいという…
…刹那的な恋だけで、30歳を迎えてます(しかも超・童顔のゲイ!)。
次のお相手・雪名君とも、いつものパターンになだれこみたいのですが…
今回ばかりは、どうにもこうにも…うまくいきません。
相手のレベルがあまりにも高いと(もはや男同志云々どころじゃなくって)、
思わず自分の姿を顧みてしまうのでした。
もう、いたたまれなさすぎる恋で…雪名君が1歩近づいたら、1歩引いてしまい…。
そう、これが初恋であることに、やっと気付いたのですから。
ああ、やっぱりね…恋愛体質の人って、こうなんですねぇ。
恋人がいたらいたで次の恋になだれ込み、
片思いすればしたで、日々が明け暮れる…。
もういい加減、学習しろよと思いつつ、このループから抜け出せません。
なのに仕事は、そこそこはデキてしまうから、よけいに抜け出せません、このループ。
けれど仕事のデキは、あくまでもそこそこです、あくまでも!
だって彼らは恋愛体質だから…!!!
普通の人が仕事に全力投球しているときに、仕事8割くらいにとどめて…
いつも恋ばっかりしていましたから。
いつか後悔するときがきますよ…いや、木佐さん、今まとめて後悔してますね?
それでいいんですよ、恋愛体質は本命をゲットしてからが本番ですから。
だからかどうか判らないけれど、彼らはとても遅咲きです。
そして異様に若い!
木佐さんの30歳童顔のルーツは、このあたりにあると見ました。
さあ、木佐さん、君は世の遅咲きさんの希望です。幸せになろうね☆

3

早く!早くくっついて!

本当にじれったくて、可愛くて、切ない2人の恋はどうなるの!?
早く続きが見たい!!
読み終わって最初の感想がこれです(笑)


横澤に、高野と付き合っていると聞かされ、2人の関係を一人悶々と考えてしまう律。
好きじゃない。
好きじゃないけど…気になる。


そんな中、律が初めて担当した漫画の発行記念に、高野とお祝いすることに。
気まずさに耐え切れず、お酒を飲み過ぎた律は、泥酔してしまう。


その後2人は――




はい、早くも3巻目ということで、段々と2人の距離も縮まってきてる……かな?という感じで。


相変わらず律は可愛いです!
あまりの可愛さに、高野に限らず読者の理性も切れてしまうのではないでしょうか(笑)

ちなみに私は切れっ切れです(笑)



番外編、
本屋のイケメン店員×メンクイ童顔30歳編集のお話も、本編に劣らずキュンキュンです!!

喫茶店でのハプニングも、直球(すぎる?)告白も、萌えない訳がないでしょう!!(笑)


買ってない方は、ダッシュでお近くの角川書店へ(・ω・)b

2

再読してテンション上がったぁぁぁ!

素直になれない律っちゃんに萌えすぎてヤバい。
純ロマの美咲もそうだけど、好きだけど悔しいし認めたくないっていう葛藤が可愛い可愛い(*´∇`*)

酔った勢いでのアレなシーンで、律っちゃんが「先輩」って呼んだところ泣きそうになりました(>_<)

そしてそしてそして!
これだよ!
木佐さんだよ!
可愛すぎるだろ!!!
『木佐翔太の場合』はアニメ→漫画の入りだったので、読む度ノブぼいすが耳をかすめます。
悶え殺す気か。

久しぶりにじっくり見たら雪名まじ男前。
まつげ………!
基本受けキャラを愛する私ですが木佐さんと同じぐらい雪名も好きだわ~(^q^)

アニメでは描かれなかった2人のえちシーンの木佐さんの積極的なところとかあぁもう!!(≧▽≦)
臆病で控えめなくせにそこはグイグイいくのかよ!
やっぱノンケ×ゲイって最高っすなぁ…

1

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP